パソコンの処理速度を上げる方法

お使いのパソコンは動作スピードが遅く、課されたタスクを必死で処理しようとヒューヒュー、ブンブンと音を立ててはいませんか。何万円あるいは何十万円というお金をかけて新しいパソコンに買い替える前に、簡単な作業を少し行うだけでパソコンの処理速度を速めることができるかもしれません。

ステップ

始める前に

  1. 1
    バックアップを取りましょう。大切な思い出の写真や好みの変遷がわかる音楽ファイル、学校の宿題や確定申告の書類、さらには仕事関連の一切合切など、パソコンの中に人生のすべてが詰まっているのではないかと思える人はたくさんいます。パソコンに大きな変更を行う前に、大事なファイルは必ずバックアップを取っておくことが大切です。[1]
    • バックアップ元のハードディスクよりも容量が大きな外付けのハードディスクを購入しましょう。[2]外付けハードディスクをUSBでパソコンに接続すると、それをバックアップ用として使用するかどうかを尋ねるメッセージが自動的に表示されるはずです。
    • 外付けハードディスクを紛失したり壊したりしてしまうのではないかと不安な場合は、インターネット上に重要なファイルのバックアップを取ることも可能です。「Carbonite」や「SOS Online Backup」などの安全なバックアップサービスに登録しましょう。クラウドへのバックアップはスケジュールを設定して定期的に行うことも、またファイルに編集を加える度に行うよう設定することも可能です。[3]
    • もちろんCDやDVDにもバックアップを取ることは可能ですが、その場合は割ったり傷をつけたり、あるいは損傷したりすることのないように安全な場所に保管しましょう。
  2. 2
    パソコンを再起動します。処理速度が遅いパソコンは、メモリをリフレッシュすることで一時的に速度を速めることができる場合もあります。パソコンを再起動するか完全にシャットダウンした後、数秒おいてから再び電源を入れてみましょう。[4]
    • パソコンをシャットダウンする前に、作業中のファイルは必ず保存しましょう。
    広告

2の方法1:
Windows

  1. 1
    はじめにハードディスクの空き容量を確認します。「マイコンピュータ」をクリックして「ローカルディスク」を右クリックし、「プロパティ」を開きます。パソコンの空き容量と使用領域が円グラフで表示されます。ディスクにほぼ空きがない場合は、プログラムやファイルを削除する必要があるでしょう。まだ十分に空きがあるようなら、OSに問題があるかもしれません。
    • パソコンを快適に動作させるには通常、最低でもハードディスクの15%に当たる空き容量を確保しておくことが望ましいでしょう。
    • 単純に容量を増やす必要があるようならSSDを購入してインストールし、これを追加もしくは代替ハードディスクとして使うことを検討しましょう。SSDはHDDよりも高速で、安全性もずっと優れています。
    • 大抵の場合、ノートパソコンにSSDを増設するスペースはありません。
  2. 2
    使わないプログラムはすべて削除しましょう。「コントロールパネル」で「プログラムの追加と削除」(OSによっては「プログラムのアンインストール」)をクリックして、パソコンにインストールされているプログラムの一覧を探しましょう。一目で不要とわかるものはすぐに削除して構いません。見慣れないものがあれば、いくらか調べてみる必要があるかもしれません。
    • プログラムの使用頻度を見るのも効果的です。プログラム一覧の上部にある項目をどれか一つ右クリックすると、プログラムを整理する際の基準となる属性を追加できるはずです。「最終使用日」を選択すると、各プログラムを最後に使用した日付を示した欄が表示されます。この欄を見れば、よく使うプログラムと何年も使っていないプログラムとをすぐに見分けることができます。
    • 「ごみ箱」も忘れずに空にしましょう。
  3. 3
    パソコンの起動と同時に不要なプログラムが起動しないように設定しましょう。パソコンの電源を入れると同時に起動して、開いたらすぐに読み込めるように背後で動作しているプログラムもあります。「スタート」メニューを開いて「msconfig」を検索してみましょう。「スタートアップ」のタブをクリックしてパソコンの起動時に開始するプログラムの一覧を表示し、不要なもののチェックをすべて外します。
    • 起動時に開始するプログラムをタスクバー上で確認することも可能です(見落としがないように、必ず「隠れているインジケーターを表示します」をクリックしましょう)。
  4. 4
    デスクトップパソコンの場合は、電源オプションを「高パフォーマンス」に切り替えます。「コントロールパネル」で「電源オプション」を選択します。電源オプションの一覧(一般的には「バランス」「省電力」「高パフォーマンス」)が表示されるはずです。ここでは電源の寿命を最適化するために動作能力を低く設定したり、電力を多く使用してパフォーマンスを最大まで高めたり、あるいはその中間を取ったりというように、パソコンの電源使用方法を管理します。「高パフォーマンス」に設定すると、パソコンの動作速度や全体のパフォーマンスが改善することがあります。[5]
    • この方法は、使用しているパソコンがデスクトップタイプの場合にのみ有効です。ノートパソコンで「高パフォーマンス」を選択すると、電源を一気に消費してしまいます。
  5. 5
    「コンテキストメニュー」から不要な項目をすべて削除しましょう。コンテキストメニューとは、何かを右クリックした際にポップアップ画面で表示されるメニューのことです。メニューに追加するようユーザに促すプログラムもあれば、自動的に追加されるプログラムもあります。プログラムを削除するには、 Win+Rを押して「ファイル名を指定して実行」の画面を開きます。「regedit」と入力して「OK」ボタンをクリックします。[6]「HKEY_CLASSES_ROOT」→「*」→「shellex」→「ContextMenuHandlers」の順にクリックします。コンテキストメニューから外したいアプリケーションを一覧から削除します。
    • 「レジストリ エディター」で編集を行う際は、常に細心の注意を払いましょう。方法を誤るとパソコンのシステムを損傷するおそれがあります。「regedit」を扱う自信がなければ、コンテキストメニューを編集できる無料のソフトウェアを探してみるとよいでしょう。
  6. 6
    ウイルス対策プログラムやスパイウェアスキャンソフト、マルウェア対策ソフトをインストールしましょう。対応しなければならない有害プログラムやウイルス、アドウェアなどが少なければ、パソコンが他のタスクの処理に割ける時間はそれだけ多くなります。[7]
    • Windowsを最新状態に保ちましょう。Windowsそのものの動作をスムーズに保てるだけでなく、更新が入手可能になった後、かなり時間が経ってからダウンロードするWindows Updateに紛れ込む(ゆえに対策が手薄になっている)ウイルスにも対処できます。[8]
  7. 7
    ディスクのクリーンアップを行います。一時ファイルや不要なシステムファイルを削除したり、「ごみ箱」を空にしたりすることで数百MBも減らせる場合があります。[9]「マイコンピュータ」をクリックして「ハードディスク」を右クリックし、「プロパティ」を開きます。「全般」タブで「ディスクのクリーンアップ」をクリックします。削除するファイルを確認するポップアップ画面が表示されます。削除したいファイルを選択してクリーンアップを行います。[10]
    • ゲームファイル(あえて削除したい場合を除きます)やセットアップファイルは取っておきましょう。
    • 複数のハードディスクやパーティションがある場合は、クリーンアップを行う対象を選択する必要があります。[11]
  8. 8
    ディスクのデフラグを行います。データが断片化すると、パソコンはハードディスク中に散乱している可能性があるこうした断片を探さなればなりません。ディスクのデフラグを行うとデータが整理されてハードディスクの空き容量が増え、パソコンがデータに素早くアクセスできるようになります。[12]「マイコンピュータ」をクリックした後、「ハードディスク」を右クリックして、さらに「プロパティ」→「ツール」→「ディスク デフラグ」の順にクリックします。
    • 断片化したデータはハードディスクの他、USBやフラッシュドライブなどといったリムーバブルディスク上にも存在します。[13]
  9. 9
    視覚効果を無効にします。有効と無効を切り替えることができる視覚効果は20個あります。これらすべてを無効にしてパフォーマンスを最大限まで向上させるには「コントロールパネル」→「システム」→「詳細設定」の順にクリックして、「パフォーマンスを優先する」を選択します。[14]
    • 視覚効果をすべて無効にしてしまうのが嫌なら、「コンピュータに応じて最適なものを自動的に選択する」にチェックを入れましょう。[15]
  10. 10
    パソコンにRAMを追加します。使用しているパソコンにRAMが必要かどうかを判断するには、Ctrl+Alt+Delを押して「Widows タスク マネージャ」を起動します。「パフォーマンス」タブで「物理メモリ」に関する項目を探します。「利用可能」の欄に表示されている数字がメモリ全体の25%以下なら、RAMを増設する必要があるかもしれません。[16]
    • メモリを増設すれば必ずパソコンの動作が速くなるとは限りません。画面やタスク間の切り替えが遅いときや一度にたくさんのブラウザタブを開いて使うことが多い場合に、RAMの増設が効果を発揮することがあります。[17]
    • 業者に依頼してRAMを追加することも可能ですが、自分で増設したいという人もいるかもしれません。その場合は必ず事前に調査を行いましょう。
  11. 11
    不要なガジェットを削除します。デスクトップ上で右クリックして、「ガジェット」をクリックします。削除したいガジェットを右クリックして「アンインストール」を選択しましょう。[18]
  12. 12
    一時ファイルを削除します。パソコンは、起動したりアプリケーションを使用するなどの際にたくさんの一時ファイルを作成します。これが結構な量のスペースを取り、パソコンの動作が遅くなります。いつもよりパソコンの動作が遅いと感じたら、一時ファイルを掃除しましょう。一時ファイルを削除するには Win+R を押し、「%temp%」(カギかっこは不要)と入力します。そして、 Shift+Deleteでフォルダ内のファイルをすべて削除します。「削除できません」と表示されたファイルはとばしましょう。
  13. 13
    ハードウェアのアップグレードを検討します。パソコンの動作が遅いのは、古いハードウェアで新しいソフトウェアを動かそうとしているからかもしれません。パソコンの発売時、ハードウェアはその時のOSやソフトウェアのバージョン用に作られています。 新しいバージョンのソフトウェアが発売されても、動かすハードはそのままです。パソコンの動作が遅い、固まるといった症状が出るのは、古いハードウェアが新しいソフトウェアを動かそうとして頑張っているからかもしれません。パーツを新しいものに取り換えることで、動作が速くなる可能性があります。
    広告

2の方法2:
Mac

  1. 1
    ハードディスクの空き容量を確認しますアップルメニュー(画面左上にあるりんごの形をしたアイコン)から「このMacについて」→「詳しい情報」→「ストレージ」をクリックします。ハードディスクの空き容量が表示され、さらに動画や音楽、写真、アプリなどといったファイルによるハードディスクの現在の使用状況が詳細に表示されます。[19]
    • 削除もしくは外付けハードディスクへ移動するなどして消去するべきファイルを判断するには、場所を取っているファイルの種類を知ることが第一歩です。ハードディスクの大部分を占領しているのが膨大な音楽のコレクションであれば、iTunesライブラリを外付けのハードディスクに移すことですぐに問題を解決できます。
    • ハードディスクには少なくとも全体の15%に当たる空きを確保するように努め、パソコンが通常のメンテナンスを行える状態にしておきましょう。[20]
    • 十分な空きをとても確保できそうにない場合は、SSDを購入してインストールすることを検討しましょう。一般にSSDはHDDよりも頑丈かつ高速で、パソコンの動作が新品さながらに速くなります。[21]
  2. 2
    どのアプリケーションがメモリを最も使用しているのかを「アクティビティモニタ」上で調べてみましょう。「ライブラリ」→「アプリケーション」→「ユーティリティ」の順にクリックします。一覧から「アクティビティモニタ」をクリックして起動します。「% CPU」を選択して、一番上に表示されるプログラムを見ます。これがメモリを50%以上を使用していたら、そのプログラムがすべての動作を遅らせる原因となっている可能性があります。[22]
    • CPUの動作を遅らせている特定のアプリケーションを見つけたら、それを削除してより高速のものに交換したり、あるいはそのアプリケーションを使用する際には必ず他のプログラムを終了させたりするなどして動作を速めることが可能です。
    • CPUの使用量が大きいものとしては「Safari」があります。「Firefox」や「Chrome」といった別のブラウザに変更することを考えましょう。[23]
  3. 3
    不要なプログラムをアンインストールします。アプリケーションを「ゴミ箱」にドラッグして手動でアンインストールすることも、またプログラムをダウンロードしてアプリケーションの整理と削除を行うことも可能です。[24]使用する人が少ない「iMovie」や「GarageBand」、「iPhoto」といったプログラムはサイズが大きく、手始めに削除するものとしては最適です。
    • 自信がない場合には、よくわからないものは削除しないでおきましょう。パソコンや他のアプリケーションの動作に必要なプログラムである可能性があります。
  4. 4
    容量が大きく不要なファイルの削除や圧縮、移動を行います。「Finder」を開いて Command+Fを押すと大きなファイルを検索することができます。「種類」をクリックして「その他」を選択します。下にスクロールして「ファイルサイズ」を表示します。「メニューに表示」のボックスをチェックしてこの項目をプルダウンメニューに追加した後、「OK」をクリックします。これでサイズが大きなファイルを検索できるようになります。試しに「ファイルサイズが200 MBより大きい」という条件で検索をかけてみるとよいでしょう。プログラムの削除や圧縮を行い、保存しておきたいファイルはすべてバックアップ用のハードディスクに移動しましょう。
    • 圧縮をかけるにはCtrlボタンを押したまま対象項目をクリックし、「圧縮」を選択します。圧縮されたファイルはダブルクリックすれば解凍できます。
    • 「ダウンロード」フォルダを開きます。必ずファイルを一覧表示にしてから「サイズ」の項をクリックし、サイズが大きなファイルをリストの一番上に表示させます。不要なファイルはすべて削除しましょう。[25]
    • 通常、サイズが最も大きいのは動画ファイルであり、1、2 GBほどある場合もあります。観ない動画やそのうち観ようと思っている動画は削除することを検討しましょう。[26]
    • 「ゴミ箱」を忘れずに空にしましょう。「iPhoto」や「ApertureIf」の中の写真を削除したときには、各プログラムの中にある「ゴミ箱」も空にしなければファイルが完全に消去されません。[27]
  5. 5
    パソコンが起動すると同時に不要なプログラムが動作を開始してしまわないように設定しましょう。パソコンが起動するときに始動するプログラムが多いほど、すべての動作が遅くなります。アップルメニューから「システム環境設定」→「アカウント」→「ログイン項目」の順にクリックします。不要な項目をすべて選択したら、マイナス記号(-)をクリックして削除しましょう。
    • パソコンは起動時にデスクトップ上のアイコンも読み込む必要があるため、これらを削除することで処理速度を速めることもできます。デスクトップ上のアイコンは削除するかまたはフォルダに移動して、デスクトップには直接何かをダウンロードしないようにしましょう。 [28]
  6. 6
    ディスクのアクセス権を修復しましょう。「アプリケーション」→「ユーティリティ」→「ディスクユーティリティ」の順にクリックして、起動ディスクを選択します。「First Aid」を選択して、「ディスクのアクセス権を修復」をクリックします。この作業により、パソコンはハードディスクのアクセス権に関する設定を検索して、権限のあるユーザとアプリケーションのみがファイルにアクセスできる状態になっていることを確認します。[29]アクセス権を修復した後は必ずパソコンを再起動しましょう。
    • ディスクのアクセス権が正しく設定されていないと印刷やログイン、プログラムの起動といった基本的な操作に問題が生じることもあります。[30]
    • パソコンの使用に障害をきたさないよう、この作業を数か月に一度の頻度で実行して問題を事前に発見したほうがよいでしょう。[31]
  7. 7
    Dashboard上の不要な「ウィジェット」を削除します。こうしたウィジェットは、Dashboardを起動していなくても、ユーザが他の作業をしようとしているときに背後で更新を行い、RAMの大部分を使用してしまうことがあります。
    • パソコンのOSがOS X 10.4.2およびそれ以降である場合は、ウィジェットの管理ツールを使用しましょう。Dashboardの隅にある「+」をクリックして「ウィジェットバー」開きます。「ウィジェットを管理」をクリックし、ウィジェットを選択して無効にします。サードパーティ製ウィジェットの場合は、赤い円の中に線が引かれたマークをクリックして完全に削除します。「OK」ボタンを押して操作を確定します。
  8. 8
    不要な言語を削除しましょう。Mac OS Xを使用しているのであれば「Monolingual」という無料のプログラムをダウンロードしましょう。OS Xではハードディスクの大部分が仮想メモリに当てられており、利用可能言語に関するソフトウェアがディスク容量の大半を占めています。「Monolingual」を使えば、使用しない言語を削除してハードディスクの空きを確保することができます。
    • どの言語を使用していても、英語のファイルだけは絶対に削除してはいけません。OS Xが正常に動作しなくなるおそれがあります。[32]
  9. 9
    パソコンにRAMを追加しましょう。アプリケーションの起動時や実行中のプログラムを切り替える際にパソコンの動作が鈍くなる場合には、この方法が特に効果的です。[33]RAMを増設する必要があるかどうかを判断するには、「アクティビティモニタ」(「ライブラリ」→「アプリケーション」→「ユーティリティ」)を開き、「システムメモリ」をクリックします。円グラフの色を見てみましょう。大部分が緑色と青色であればパソコンのRAMに問題はありません。ほぼ赤色と黄色で占められている場合は、RAMを追加したほうがよいでしょう。[34]
    • パソコンに搭載されたRAMの種類を確認するには、アップルメニューから「このMacについて」をクリックし、さらに「詳しい情報」をクリックします。メニューの「ハードウェア」から「メモリ」を選択すると、使用しているパソコンのメモリや容量、RAMの種類がわかります。[35]
    • 自分でRAMを増設する場合は、使用しているパソコンの種類と「RAM」をキーワードにしてAppleのサポートページで検索してみましょう。Apple社製パソコンの多くにRAMを取り付けるための説明書を入手できます。[36]
    広告

ポイント

  • OSをクリーンインストールすればパソコンの処理速度はぐっと速くなりますが、ファイルはすべて消去されます。
  • 原則として、よくわからないものには一切触れないほうがよいでしょう。どのような作業を試みるにしても、事前にインターネットで複数のガイド記事をよく読んで、これから行おうとしていることをきちんと理解した上で行いましょう。
  • プログラムをアンインストールしたり設定を変更したりする前には、システムの「復元ポイント」を作成したほうがよいでしょう。問題が生じた際にパソコンを復元することができます。
広告

注意事項

  • OSを再インストールする場合以外、Windowsの「system32」というフォルダに入っているファイルは絶対に削除してはいけません。これらはOSが正常に動作する上で必要不可欠なファイルであり、削除するとパソコンを使用できなくなります。
広告

このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む87人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。
カテゴリ: コンピューター
  1. http://windows.microsoft.com/en-us/windows-vista/start-disk-cleanup
  2. http://windows.microsoft.com/en-us/windows-vista/start-disk-cleanup
  3. http://windows.microsoft.com/en-us/windows/improve-performance-defragmenting-hard-disk#1TC=windows-7
  4. http://windows.microsoft.com/en-us/windows/improve-performance-defragmenting-hard-disk#1TC=windows-7
  5. http://windows.microsoft.com/en-us/windows/optimize-windows-better-performance#optimize-windows-better-performance=windows-7
  6. http://windows.microsoft.com/en-us/windows/optimize-windows-better-performance#optimize-windows-better-performance=windows-7
  7. http://www.pcworld.com/article/2691193/do-the-research-before-you-upgrade-your-ram.html
  8. http://www.pcadvisor.co.uk/how-to/pc-upgrades/should-i-boost-my-pcs-memory-3464779/
  9. http://windows.microsoft.com/en-us/windows7/desktop-gadgets-frequently-asked-questions
  10. http://www.cnet.com/news/options-for-checking-free-hard-drive-space-in-os-x/
  11. http://macs.about.com/od/faq1/f/How-Much-Free-Drive-Space-Do-I-Need.htm
  12. http://www.pcmag.com/article2/0,2817,2404258,00.asp
  13. http://www.macworld.com/article/2026650/mac-troubleshooting-what-to-do-when-your-computer-is-too-slow.html#tk.nl_mwhelp
  14. http://www.macworld.com/article/2026650/mac-troubleshooting-what-to-do-when-your-computer-is-too-slow.html#tk.nl_mwhelp
  15. http://www.maclife.com/article/howtos/ask-how-remove-unwanted-apps
  16. http://www.macworld.com/article/2599241/how-to-free-up-space-on-a-packed-hard-drive.html
  17. http://www.cnet.com/news/options-for-checking-free-hard-drive-space-in-os-x/
  18. http://www.macworld.com/article/2599241/how-to-free-up-space-on-a-packed-hard-drive.html
  19. http://www.hongkiat.com/blog/ways-to-speed-up-mac
  20. http://www.macworld.com/article/1052220/repairpermissions.html
  21. http://www.macworld.com/article/1052220/repairpermissions.html
  22. http://www.macworld.com/article/1052220/repairpermissions.html
  23. https://ingmarstein.github.io/Monolingual/faq.html
  24. http://www.macworld.com/article/1049263/speedram.html
  25. http://www.macworld.com/article/1049263/speedram.html
  26. http://www.macworld.com/article/1049263/speedram.html
  27. http://www.macworld.com/article/1049263/speedram.html

この記事は役に立ちましたか?

はい
いいえ
広告