パイ記号の入力方法

キーボードでπ(パイ)を入力することは、πが含まれる方程式を解くのと同じくらい難しいと感じることがあるかもしれません。しかし、実際は見かけほど困難ではなく、MacまたはWindowsのどちらを使っていても、容易にπ記号を入力することができます。πを素早く入力できる簡単な方法を以下にご紹介します。なお、パソコンの環境によってはこの方法で入力できない場合もあります。

6の方法1:
Macでパイ記号を入力する
編集

  1. 1
    キーボードの Optionを長押しする キーボードの右下にあるキーです。左矢印キーの直ぐ左にあります。
  2. 2
    キーボードのPを押下する 瞬時にπ記号が入力され、画面に表示されるはずです。
  3. 3
    OptionおよびP両方のキーを放す
    Advertisement

6の方法2:
Windows版デスクトップでパイ記号を入力する
編集

  1. 1
    キーボードのNum を押下する このキーは、キーボードの右側にあります。
  2. 2
    キーボードのAltを押下し続ける キーボード最下段のSpaceを挟んで右側と左側にあるキーです。
  3. 3
    数字入力キーパッド(テンキー)を使って227と入力する 通常、数字キーはキーボードの右側にあり、0から9までのキーを備えています。960と入力してもπ記号を入力できます。
  4. 4
    押さえていたAltキーを放す 数字を入力してAltキーを放すと、π記号が表示されます。
  5. 5
    最後にNum をオフにする 再度Num を押下してオフにします。キーボードの設定が以前の通りに戻ります。
    Advertisement

6の方法3:
ノートパソコンでパイ記号を入力する
編集

  1. 1
    キーボードのNum を押下する キーボードの右上あたりにあるキーです。多くのノートパソコンでは、Num キーをオンにしたときに有効になる「隠れ」キーが存在します。
    • 自分のキーボードにこの機能が備わっている場合は、キーの下側などに小さいサイズで数字や文字が書かれているはずです。また、本来のキーの表示とは異なる色で記載されていることもあります。
  2. 2
    キーボードのAltを押下し続ける Spaceを挟んで右側または左側にあるキーのどちらかを使います。
  3. 3
    Altコードを使って227と入力する これがπを入力するためのAltコードです。入力する際には、アルファベットキー上部にある通常の数字キーを使用するのではなく、Altコード(7、8、9、U、I、O、J、K、L、Mキーの表記の脇に、水色や黄色などキーボード全体の表記とは異なる色で書かれている番号)を使用することに注意しましょう。
    • たいていのキーボードでは、通常のキー表記で言えばKK7または9OMという入力になりますが、間違いがないように実際のAltコードを見ながら入力しましょう。
  4. 4
    押さえていたAltキーを放す π記号が表示されるはずです。
  5. 5
    最後にNum をオフにする 再びNum を押下してオフにします。キーボードの設定が元に戻ります。
    Advertisement

6の方法4:
インターネットからπをコピーする
編集

  1. 1
    インターネットでπを見つける 「パイ」を検索すると直ぐに見つけられるはずです。もしくは、単純にこのwikiHowのページ内にあるπ記号を使っても良いでしょう。
  2. 2
    π記号を選択する π記号の左横にカーソルを合わせてマウスをクリックし、記号を横切るようにマウスをドラッグさせてハイライトします。
  3. 3
    π記号をコピーする キーボードのCtrl+Cを押下してコピーします。
  4. 4
    π記号を使用したい場所をクリックする Word文書、メール文面、その他のアプリケーションで使用できます。
  5. 5
    必要な場所にπ記号を貼り付ける キーボードのCtrl+Vを押下して貼り付けると、π記号が表示されるはずです。
    Advertisement

6の方法5:
Windowsでπを入力する(小さく低い位置にあるπ)
編集

この方法で入力するパイ記号は、上記の方法で入力するパイ記号とは少し異なる表記となります。通常の文字の大きさに比べて小さく低い位置に表示されるパイ記号を入力します。

  1. 1
    数字入力キーパッド(テンキー)が有効になっていることを確認する 有効になっていない場合は、数字キー上にある「Num Lock」キーを押下して有効にします。数字入力キーパッドは、通常キーボードのメイン入力部分の右側に位置しています。
  2. 2
    「Alt」キーを押下してそのまま押さえる キーボード最下段のスペースを挟んで右側と左側にあるキーです。
  3. 3
    数字キーを使って「210」と入力する
  4. 4
    「Alt」キーを放す π記号が表示されます。
    • 任意:最後に「Num Lock」を押下して数字入力キーパッドを無効にします。
    Advertisement

6の方法6:
Word文書でπを入力する
編集

この記事で紹介する方法の中で一番簡単なπの入力方法です。

  1. 1
    文書作成プログラムでWord文書を開く LibreOffice、OpenOffice、またはMicrosoft Officeのいずれでも実施可能です。
  2. 2
    フォントを「Symbol」に変更する
  3. 3
    「p」を入力する 半角小文字のpを入力するだけで、πが入力されます。とても簡単な方法です。
    Advertisement

ポイント編集

  • 従来のやり方ですが、この「π」をコピーして、自分の文書に貼りつけて使いましょう。
  • Altコードについてさらに調べて、キーボードで入力できるπ以外の文字や記号を学びましょう。

この記事は役に立ちましたか?

はい
いいえ