バンダナを巻く方法

共同執筆者 wikiHow編集チーム

バンダナは変幻自在な装飾品で、様々な方法で着用することができます。伝統的な三角折りの巻き方、さらにヘッドバンド、海賊巻き、バンダナブレスレットを試してみましょう。巻き終えたら堅結び、もしくは必要に応じてヘアピンで固定しましょう

4の方法1:
三角折の巻き方

  1. 1
    バンダナを三角形にたたむ テーブルのような平面にバンダナを広げましょう。布に折り目やしわがないよう伸ばします。二つの角を合わせて三角形を作りましょう。
  2. 2
    バンダナを頭にあてる 髪の毛は後ろに流し、バンダナの外に突き出たり、内側で一か所に不自然にかたまったりしないようにしましょう。折り合わせたバンダナを三角形の頂点が上を向くように手に取ります。底辺の部分をおでこ、あるいは生え際付近に合わせます。[1]
  3. 3
    二つの角を結び合わせる 頭に沿って二つの角を後ろに持っていきます。この時バンダナは耳上の高さを保ちましょう。二つの角を堅結びします。
    • 巻いたバンダナがきつすぎたり、緩すぎたりすることがないよう確認してから固定しましょう。
  4. 4
    三角形の頂点部分をしまいこむ 結んでいない角を堅結びの下にしまい込みましょう。こうすることで風に飛ばされたり緩んでしまうことを防ぎます。後ではみ出してしまいそうなほつれ毛を整えましょう。[2]
    広告

4の方法2:
バンダナヘッドバンド

  1. 1
    髪の毛を整える バンダナをつける前に髪の毛をお好みのスタイルに整えましょう。後で整えようとするとバンダナがほどけたり落ちてしまうことがあります。
  2. 2
    バンダナをヘッドバンド状に折りたたむ 平面にバンダナを広げましょう。5センチ程度の幅で折りたたんでいきます。細長くリボン状になるまで、この手順を続けましょう。[3]
  3. 3
    ヘッドバンドにヘアスプレーをかける ヘッドバンドが崩れないようにするために、着用する前にヘアスプレーをかけましょう。折ったバンダナを内側(角が見える側)が上を向いた状態に置きます。ヘッドバンドの中央部から端に向かってヘアスプレーをかけましょう。[4]
  4. 4
    ヘッドバンドを頭に巻いて結ぶ バンダナを生え際に沿ってあるいは生え際に近い高さにあてましょう。頭の左右それぞれの側にバンダナの端が来るようにしてバンダナを引きおろし、髪の毛の下、首の付け根の位置で結びます。[5]
  5. 5
    バンダナを上向きに結ぶ バンダナの中央部を髪の毛の下の首の付け根の位置にあて、バンダナの両端を持って耳の上から頭を包むように巻き、頭のてっぺん部分、生え際の少し上の高さまで引き上げます。両端を堅結びにしてヘッドバンドを固定しましょう。[6]
  6. 6
    ヘッドバンドを固定する ヘッドバンドがずれないようにボビーピンなどで固定しましょう。耳の後ろ、頭の後部などでピンを使うと良いでしょう。頭のてっぺんにピンを用いると目立ちやすくなります。[7]
    広告

4の方法3:
海賊巻き

  1. 1
    バンダナを完全な三角形になる手前の位置でたたむ バンダナを平らに広げましょう。三角形の頂点の一つをバンダナの中央に向かって持っていきます。完全な三角形でなく、5センチメートルほどずらした位置でたたみましょう。[8]
  2. 2
    バンダナをおでこの中央にあてる バンダナの両端を手に取り、おでこに持っていきましょう。三角形の底辺のラインが眉毛のわずかに上に来るように調整します。耳と同じ高さで頭の後部に向かって巻きましょう。[9]
  3. 3
    バンダナを結ぶ 頭の後部でバンダナの両端を堅結びしましょう。余っている角が結び目の下に来るようにします。てっぺんの髪の毛を整えてバンダナがピッタリ巻かれているようにしましょう。
    広告

4の方法4:
バンダナブレスレット

  1. 1
    バンダナをたたむ バンダナを三角形に折り合わせます。その三角形をお好みの幅でくるくると折りたたんでいきましょう。この際、幅は均等に、ピシッとたたむようにしましょう。[10]
    • 縁が整って見えるように、折りたたみながらアイロンをあてても良いでしょう。
  2. 2
    バンダナを手首に巻く 折りたたんで細長くなったら、手首に巻きます。きつくなりすぎないよう、バンダナと手首の間に指が1本通せる程度の隙間を空けておくと良いでしょう。両端が2.5センチメートルほど残るように巻きます。[11]
  3. 3
    ブレスレットを固定する 両端を堅結びします。緩んだりしないよう、2度結びをしたりピンで固定しましょう。余った端の部分は手首の内側のほうにしまい込みましょう。[12]
    広告

ポイント

  • 56センチ×56センチの標準サイズのバンダナが使いやすいでしょう。
  • 子供には46センチ×46センチのバンダナを試しましょう。
  • 髪の毛が長い場合、バンダナをあてる際に頭を下に向けて髪の毛を前に向かって流し、首にかからないようにすると良いでしょう。こうすることでバンダナが結びやすくなり、髪の毛が結び目に絡まってしまうことも防げます。
  • 前髪がある人は少量の髪の毛を顔の両側に残すと、自然な見た目になります。
  • 色々なカラーバリエーションをそろえておくと、どんな服装の時でもピッタリのバンダナが見つかります。
広告

このwikiHow記事について

共著:
wikiHowスタッフ編集者
この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。
カテゴリ: ファッション

この記事は役に立ちましたか?

はい
いいえ
広告