バナナを冷凍する方法

バナナが熟しすぎてしまったら、捨てずに冷凍しましょう。バナナは簡単に冷凍でき、冷凍庫で数ヶ月間保存が可能です。

ステップ編集

  1. 1
    完熟、もしくは熟し過ぎのバナナを選びましょう。熟していないバナナを冷凍しても冷凍庫内で熟すことはありません。バナナが熟したらすぐに冷凍できます。完熟直前、または少し熟し過ぎたくらいのバナナは風味が持続して冷凍に適しています。
    Advertisement

3の方法1:
スライスしたバナナを冷凍する
編集

  1. 1
    バナナの皮を剥きます。バナナをスライスや塊の状態で冷凍保存する場合はまず皮を剥きます。冷凍してから皮を剥くのは困難だからです。
  2. 2
    バナナをお好みの大きさにスライスします。大きさは自由ですが、2、5−5センチに切って冷凍保存するとスムージーやシェイクに簡単に使用できます。
  3. 3
    切ったバナナをクッキーシートに並べて冷凍します。冷凍する時にバナナ同士がくっつかないように、硫酸紙を載せたクッキーシートにきれいに並べます。それぞれが触れないように間をあけて並べましょう。トレイを冷凍庫に入れ20−30分もしくはバナナがしっかり凍るまで待ちます。
  4. 4
    冷凍したスライスバナナは冷凍保存用ビニール袋で保存します。冷凍バナナスライスはクッキーシートから直接ビニール袋に入れましょう。冷凍保存用のビニール袋にバナナスライスが何個分入っているかを記入しましょう。または、1本分ずつ小分けにして保存し、どのくらい残っているのかが分かるようにしてもよいでしょう。ビニール袋の中の空気をしっかり抜いて、袋の表面には保存開始日を記入しましょう。この方法で3−4ヶ月は保存できます。
  5. 5
    バナナは冷凍したまま、もしくは解凍して利用しましょう。シェイクやスムージーに使う場合は凍ったままご使用できます。焼き菓子などのベーキングに使う場合は最初に解凍してからご使用ください。
    Advertisement

3の方法2:
バナナを丸ごと冷凍する
編集

  1. 1
    皮を剥くか剥かないかを決めましょう。バナナは皮つきのままでも皮を剥いても冷凍できます。皮のまま冷凍するほうが簡単ですが、これにはいくつか欠点があります。皮を剥いたバナナのほうが皮付きのバナナより1ヶ月ほど長く冷凍保存ができます。また、冷凍バナナの皮を剥くのも大変です。皮を剥くにはバナナの解凍を待たなければならず、解凍したバナナはグニャグニャした状態になってしまいます。
    • 冷凍バナナをつぶしてバナナケーキや他の料理に使う場合は皮付きのまま冷凍するのが適しています。ただし冷凍バナナを丸ごと使う予定ならば、皮を剥いて冷凍することをお薦めします。
    • 皮付きでバナナを冷凍すると、皮が黒く変色しますが、中のバナナは食べられます。
  2. 2
    皮を剥いたバナナはクッキーシートの上に並べて冷凍します。バナナ同士がくっつかないように、最初は個々に冷凍し、その後まとめて保存します。クッキーシートの上にくっ付かないようにバナナを置き、硫酸紙で覆います。約30分間、もしくはしっかりと凍るまで、バナナを置いたクッキーシートを冷凍庫に入れておきます。
    • 皮を剥いていないバナナは離して冷凍する必要はありません。
  3. 3
    丸ごと冷凍したバナナは、丈夫な冷凍用ビニール袋で保存しましょう。冷凍したバナナを厚みのある密封式ビニール袋(可能なら冷凍保存専用のビニール袋)に保管しましょう。 保存開始日を袋に記入し、保存した日が一目で分かるようにします。[1] 皮を剥いて冷凍保存したバナナは約3−4ヶ月保存できますが、皮を剥いていないまま冷凍したバナナの保存期間は通常2ヶ月程度です。
  4. 4
    皮を剥く前に解凍しましょう。皮をつけたままバナナを保存した場合は、皮をむく前にある程度解凍する必要があります。皮を剥くときはややぐちゃっとしていますが、バナナの品質に問題はありません。
  5. 5
    皮を剥いて保存したバナナは凍ったままでも解凍してからでも使用可能です。冷凍バナナをスムージーなどに使う場合は、完全に凍った状態や少し解けた状態でそのままブレンダーに入れて混ぜてください。お菓子作りに使うときは最初にバナナを解凍します。
    Advertisement

3の方法3:
冷凍バナナピューレを作りましょう
編集

  1. 1
    バナナの皮を剥きます。皮をつけたままバナナをつぶさないように。
  2. 2
    フォークやスプーンを使うか、機械を利用してバナナをつぶしましょう。よりきめの細かいピューレにしたい場合はフードプロセッサーかブレンダーを使うのが最も簡単な方法ですが、バナナは十分に柔らかいのでスプーンやフォークを使ってつぶすこともできます。フォークかスプーンでバナナを押してつぶし、お好みの柔らかさになるまで繰り返しましょう。
  3. 3
    バナナ1カップ(250ml)につきレモン果汁大さじ1(15ml)を加えましょう。大きなバナナ一本で1カップ(250ml)程度のピューレになります。レモンがバナナの長期保存を可能にします。アスコルピン酸小さじ1/4(1、25ml)と水大さじ1(15ml)を混ぜた物でも代用できます。使用するのはレモンでも酸でも構いませんが、どちらの場合もしっかりと混ぜ合わせてください。[2]
  4. 4
    密封容器で冷凍保存しましょう。冷凍保存用の密封プラスチック容器に冷凍バナナを入れます。それぞれの容器に保存開始日とバナナ何本分、もしくは何カップ分のピューレが入っているかを記入します。この方法で4ヶ月は保存が可能です。
  5. 5
    使用前に解凍しましょう。まず最初に解凍しないと計量ができません。冷凍したままの状態で使う場合も一部解凍しましょう。凍っていないピューレを使用する場合は完全に解凍するまで待ちましょう。
    Advertisement

注意事項編集

  • 冷凍前にビニール袋や容器から空気を出来る限り抜いて密閉するのはとても大切です。空気が入りすぎた状態だと、たとえ冷凍されていても腐敗が速く進みます。
Advertisement

必要な物編集

  • ナイフ
  • クッキーシート
  • 硫酸紙
  • 冷凍保存用ビニール袋
  • 蓋付きプラスチック容器
  • 油性ペン
  • ブレンダー、フードプロセッサーもしくはフォーク
  • 製氷皿、カップケーキ型、マフィン型

このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、著者の皆さんがボランティアで執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。
カテゴリ: 食・おもてなし

この記事は役に立ちましたか?

はい
いいえ
Advertisement