バナナを保存する方法

1年中手に入り持ち運びにも便利、甘くてクリーミーなバナナは、重要な栄養素を摂るのに手ごろな食物です。バナナはビタミン、カリウム、水溶性食物繊維、プロテアーゼ阻害成分が豊富で、胃の細菌を除去する効果があります。バナナを日常的に食べると、心機能、血圧、骨密度、視力、消化機能、腎臓の健康に効果があるという研究結果もあります。新鮮なバナナを買って保存しましょう。

パート1(全2パート):熟成しながら保存する

  1. 1
    熟度でバナナを選びます。食べる時期や保存方法を考慮して、熟れていない又は熟れたバナナを選びましょう。自分一人が食べるためにバナナを買うのなら、まだ熟れていないものが適当でしょう。緑のバナナは、すぐに全部が熟すということはありません。家族やグループなどに買う場合は、すぐに食べきれそうなので熟れたバナナが適しています。バナナを選ぶ際に注意する点は次の通りです。
    • 緑のバナナはまだ熟していません。しかし、冷凍せずに一番長く保存できます。皮に黒ずんだ箇所や傷がなく、硬いものを選びましょう。
    • 熟れたバナナは成熟した色になります。ほとんどのバナナは熟れると黄色になりますが、茶色や赤になる種類もあります。皮の色が成熟するほど、実の熟度が高いでしょう。
    • 茶色い斑点があるのは、最も甘いバナナです。皮に茶色の斑点が出ると、実が非常に熟れた状態です。皮の黒や茶色の部分が、黄色い部分より多くなると、熟れすぎです。
    • 灰色っぽい、くすんだ色のバナナを避けましょう。バナナが冷蔵保管され、適切な熟成の過程が阻害されると、このような状態になります。
  2. 2
    バナナを買って家に持ち帰ったら、直ちにビニール袋から出しましょう。バナナをビニール袋に入れて保存すると、湿気過多になり腐敗が進みます。
    • ただ、異説を唱える人もいます。バナナは袋に入れて保存すると長持ちするというのです。1本だけ袋から出して、残りは袋の中で保存して比べてみましょう。袋から出したバナナが先に熟れたら、袋に入れて保存するほうが長持ちするという結果になります。ただし、これはバナナを保存している部屋の温度や湿度によって異なります。
  3. 3
    緑のバナナを室温で保存します。熟す前のバナナを冷蔵庫や冷凍庫に入れると、適切な熟成過程が阻害され、たとえその後室温に戻してもうまく熟成できなくなります。
    • 緑のバナナを茶色い紙袋に入れて熟成を促します。リンゴやトマトを1個その袋に入れると、バナナが1日で熟成します。
    • また、緑のバナナをボウルに入れ、熟れたバナナや他の熟れたフルーツをすぐ横に置くと、早く熟成します。
  4. 4
    黄色と緑の部分があるバナナは、室温で数日間空気にあてます。焦らずのんびり待ちましょう。暖かい部屋で保存するとより早く熟成するのは事実ですが、直射日光に当てるのはやめましょう。
  5. 5
    バナナスタンドにバナナを吊るします。頻繁にバナナを食べる場合は、バナナスタンドを用意すると便利です。キッチンのワークトップに置ける自立式のバナナスタンドや、壁などに設置できるバナナハンガーがあります。バナナスタンドやバナナハンガーを使うと、風通しがよく、バナナを置いて保存した時のような傷がつくことがありません。
  6. 6
    熟れたバナナは、2~3日中に食べるつもりなら室温で保存します。茶色い斑点が出たら、すぐに食べるか冷蔵庫で保存して熟れすぎないようにします。
  7. 7
    切ったバナナを新鮮に保ちます。冷蔵庫で保存するために、又は、おいしいフルーツサラダを作るためにバナナを切ったら、レモンやパイナップルのしぼり汁又は酢をかけましょう。切ったバナナを長く新鮮に保てます。[1]
    Advertisement

パート2(全2パート):熟れたバナナを保存する

  1. 1
    バナナを1本ずつ房から外します。よく熟れたバナナは、1本ずつ房から外すと、黄色いまま長く新鮮に保てます。
  2. 2
    熟れたバナナを、熟していないフルーツと一緒に保存します。熟していない梨やアボカドを熟れたバナナの近くに置きましょう。こうすると、熟れていないフルーツが早く熟し、バナナは熟すスピードが遅くなります。どちらの果物にも有益な方法です。
  3. 3
    クラウン(バナナ1本1本が束ねられている房の上の部分)にラップフィルムを巻きましょう。果物が熟す過程で自然に発生するエチレンガスがバナナに届きにくくなり、熟成のスピードが遅くなります。ラップフィルムの上からテープで巻くと、しっかり密封できます。バナナを房から外す度に、注意してラップを巻きなおします。または、房からバナナを外して、バナナ1本1本のクラウンにラップを巻く方法もあります。多少手間がかかりますが、効果があります。[2][3]
  4. 4
    バナナが完全に熟したら、冷蔵庫の野菜室に保存します。冷蔵庫に入れると熟成のスピードがかなり遅くなりますが、熟成が止まることはありません。皮は茶色に変色しますが、実は硬く新鮮なまま1~2週間保存できます。ドールバナナによると、熟れたバナナを冷蔵庫で保存すると、皮が黒っぽく変色しても実のおいしさは変わらず、長く保存できるそうです。[4]
  5. 5
    バナナを冷凍する前に皮をむきます。ジッパー付き冷凍保存袋やプラスチックの保存容器にバナナを入れて冷凍庫で保存します。皮付きのまま冷凍すると皮がむけなくなり、解凍するとべたべたで扱いにくくなります。皮をむいて冷凍したバナナは、スムージーなどに使えます。
  6. 6
    バナナを冷凍庫で数か月保存します。解凍して、お菓子、料理、フルーツソース、スムージーなどに使えます。また、レモンのしぼり汁少量をバナナにかけると、変色を防げます。[5]
    • バナナの皮をむいて、乱切りにしたり、つぶしてから冷凍します。
    • 調理やお菓子に使う分量ずつバナナを分けましょう。
    • 分けたバナナをジッパー付き冷凍保存袋やプラスチック容器に入れて、冷凍します。
  7. 7
    熟れすぎたバナナを使って、バナナブレッドを作りましょう。熟れすぎたバナナを使うと、とてもおいしいバナナブレッドが作れます。保存や食べるには熟しすぎたバナナを使って、おいしいおやつを作りましょう。とにかく、買ったときはおいしいバナナだったのですから、無駄にせず使い切りましょう。バナナブレッドは、バナナ、ナッツ、小麦粉、卵、バター、シナモンなど手ごろな材料で作れます。
    Advertisement

注意事項

  • バナナを室温で保存すると、ミバエが寄ってくることがあります。気になる場合は、バナナを紙袋に入れて封をしたり、冷蔵庫で保存しましょう。
Advertisement

このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む29人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。
カテゴリ: 野菜と果物

この記事は役に立ちましたか?

はい
いいえ
Advertisement