バストを大きくする方法

胸が小さいことで悩む必要はもうありません。一時的な解決策を探している人も、豊胸手術を考えている人も、バストサイズを大きくする方法はたくさんあることを知っておきましょう。ただし、心身の健康を守るために、新しくエクササイズや食事制限を取り入れる際には医師に相談しましょう。

4の方法1:
食事制限とトレーニング
編集

  1. 1
    腕立て伏せをする 腕立て伏せは、腕の筋肉を鍛えるトレーニングだと思われがちですが、実は胸筋(胸の筋肉)にもピンポイントで効果があります。胸筋とその周囲を鍛えることで、胸を強くし、サイズを大きくすることができます。これにより、胸のサイズにボリューム感が出るでしょう。さらに、腕が細くなり、腕周りに筋肉がつくというおまけもあります。まずは、2日に1回でいいので、15回の腕立て伏せを3セットこなすことから始めてみましょう。腕と胸の筋肉が強くなるにつれて、セットごとの腕立て伏せの回数を増やしていきます。
    • 床にうつぶせに寝そべって、体の横で両方の腕を曲げます。手は広げて床にくっつけましょう。
    • 腕を使って胴体を床から押し上げます。膝はまっすぐに伸ばして、つま先を床につけたままにします。腕が完全にまっすぐになるまで、体を押し上げましょう。このやり方が上手くできない人は、膝を床につけた状態で腕立て伏せをしてみましょう。
    • ゆっくりと床に体を下ろして、以上の動作を繰り返します。体を動かしながら、胸筋が収縮する動きに集中しましょう。
  2. 2
    ダンベルを使った胸筋トレーニングをする 胸筋を強く、大きくするこのトレーニングも、バストアップには効果的です。[1] 8〜12回ずつの3セットを楽にこなせる重さのダンベルを選びます。まずは、3キロ、4キロ、5キロのダンベルから自分に合ったものを選ぶのが良いでしょう。1週間に2回か3回、ダンベルを使った胸筋トレーニングを10回x3セットこなしまします。慣れてきたら、セットごとの回数を増やしていきましょう。
    • インクラインベンチ(傾斜のついた椅子)に寝そべり、ダンベルを体の横で持ちます。
    • 両方のダンベルを持ち上げ、胸の上部で突き合わせましょう。この時、ダンベルの端同士がちょうどぶつかるように、腕はまっすぐに伸ばします。
    • ダンベルをゆっくりと下ろして、同じ動作を繰り返します。
  3. 3
    アイソメトリックトレーニングを行う 筋肉の長さを変えずに力を加えるこのトレーニングは、バストアップには特に効果的な方法です。[2] このトレーニングに必要なものはハンドタオル1枚のみです。最大限の効果を得るためにも、1週間に3回はトレーニングを行いましょう。
    • 肩幅に足を開いて立ちます。
    • 胸の前方に向けて腕を伸ばし、両手でタオルを握ります。
    • タオルの両端を同時に外側に向けて引っ張り、瞬発的な動作で胸筋を収縮させます。
    • タオルがピンと張った状態で、一定のリズムで3分間この動作を繰り返します。
  4. 4
    エストロゲンを摂取する 思春期になると分泌を開始するこのホルモンは、女性の乳房の発達を手助けします。エストロゲンの分泌は18〜19歳で自然に止まってしまいますが、この年齢以降は、豆乳、豆腐、大豆、大豆製チーズなどの食物を多く摂取することでエストロゲンを補充することができます。[3]バストアップサプリメントには植物性エストロゲンの成分が含まれており、同様の効果が期待できます。[4]
  5. 5
    体重を増やす 体を細くするためにダイエットやトレーニングをする場合、食事制限が胸の大きさに影響を及ぼすことがあります。カロリーの高い食事をすれば体の他の部分にも多少脂肪はつくかもしれませんが、バストアップも同時に期待することができます。妊娠することも、自然なバストアップにつながる1つの方法です。

4の方法2:
美容整形・メイクアップを行う
編集

  1. 1
    豊胸メイク術について知る ほお骨やあごの輪郭を綺麗に出すためのメイクアップには馴染みがある人が多いかもしれませんが、胸元にもメイクを施すことができることはご存知ですか?一時的ではありますが、コストもあまりかからず、少し練習するだけで簡単にバストを大きく見せることができます。[5]
    • ブラジャーと、好きなトップスを着用します。この方法は、目の錯覚を利用するため、胸元が開いて、谷間がよく見えるような服を着ましょう。
    • 洋服にメイクが付いてしまうのが心配な人は、トイレットペーパーやテープを活用しましょう。この点を考えると、白い洋服は避けた方が無難でしょう。
    • 濃い色のファンデーションスティックを使い、両胸の谷間に色を加えます。ブラシを用意し、胸の中央から上方と外側に向かってラインを描くようにブラシを動かし、左右の胸の間に「V」の字を描きます。
    • 先ほど使ったファンデーションスティックよりも濃い色のフェースパウダーを、胸の上部半分に加えていきます。メイク用スポンジで色をなじませていくことで、不自然なラインが消えます。
  2. 2
    プッシュアップブラを買ってみる 最近のブラジャーの機能は以前と比べると随分と進化しています。豊胸手術やトレーニングに頼ることなく、本物そっくりの美しい胸の形を作ることができます。着用時に苦しくならず、胸をあなたの好きな形に見せることのできるプッシュアップブラを探してみましょう。良いプッシュブラの条件は、軽い着け心地であること、体を動かした時にずれないこと、そして、着用時に胸が不自然に尖ったり、変な形にならないことです。
    • 厚めのパッドが入ったプッシュアップブラを着ければ、胸を実際のサイズよりも数カップ上のサイズに見せることができます。1サイズと言わず、2〜3サイズ上のカップまでボリュームアップに挑戦してみましょう。
    • プッシュアップブラは、購入する前にトップスの下に試着してみましょう。このタイプのブラジャーを着けると、想像以上に胸にボリュームが出るので、なるべく自然に見えて、着け心地の良いものを選ぶ必要があります。
    • プッシュアップ用のパッドは、スポンジ、ジェル、水などを内部構造に使用することで、より自然に見せる工夫がなされています。
  3. 3
    シリコンパッドを活用する シリコンパッドをブラジャーの内側に入れて使用することで本物に限りなく近い形を再現することができます。重み、感触、見た目のすべてにおいて、本物そっくりにできています。肌色、または無色透明のものなど、様々なバリエーションから選ぶことができます。

4の方法3:
バストアップ製品
編集

  1. 1
    バストアップクリームの使用を検討してみる エストロゲンやコラーゲンを含む様々なバストアップクリームが市場には出回っており、バストアップやバストの形を整える効果があると言われています。このようなクリームは、胸部の脂肪細胞を増殖させ、バストアップする効果があると謳われていて、中には1本数万円もする製品もあります。ただし、このようなクリームのバストアップ効果は実証されておらず、副作用の危険性があるという意見もあります。[6]以上の点を理解した上で試してみたいと思う人は、シアバターやアロエなどの自然な成分のみで作られたクリームを探しましょう。バストアップ効果が得られなかったとしても、胸は保湿されて柔らかくなるでしょう。
  2. 2
    バストアップマシンの使用を検討してみる これは、バストアップ効果を期待できる吸引器具です。この器具を使用すると、胸部の細胞が肥大・増殖して、1サイズ以上のバストアップに繋がることが研究により分かっています。[7]この器具は、ブラジャーのように胸に装着することができます。カップでバストを吸引することで、胸部組織が刺激されます。この器具を継続して使用することでバストアップが期待できると言われています。通常、効果が出るまでに最低10週間以上かかります。
  3. 3
    ヒアルロン酸注入法について調べる ヒアルロン酸をバストに注射注入してバストアップを図る方法があります。ヒアルロン酸注入を複数回行うことで、1〜2サイズのバストアップできる施術です。1回の注入にかかる時間は30〜90分ほどで、施術の合計費用は数十万円になります。
    • ヒアルロン酸注入法は、非常に危険な副作用を伴う場合があります。この豊胸術に挑戦することを決める前に、慎重なリサーチを行いましょう。[8]
    • 場合によっては、胸の自然な形状を維持するために「調整」が必要となることもあります。
  4. 4
    脂肪注入法を検討する この施術では、腹部や臀部から摘出した自分の脂肪を胸部に注入してバストアップを図ります。注入された脂肪の一部は体内に吸収されてしまうため、効果が出るまでに施術を数度繰り返す必要があります。注入後の脂肪が石灰化して、深刻な副作用をもたらす可能性があるため、この豊胸術に挑戦する場合には慎重な決断が必要です。[9]
  5. 5
    バストアップの美容鍼灸 胸回りに挿入した鍼に電流を流すことで細胞を刺激する、セレブに人気の豊胸術です。効果が永久的に持続しない場合もあるので、1度だけでなく何度かにわたって施術を行う必要があるかもしれません。また、この豊胸術の長期的な効果は科学的に証明されているわけではありません。慎重に行動しましょう。

4の方法4:
豊胸手術によるバストアップ
編集

  1. 1
    インプラント(人工乳腺バッグ)の種類について知る 豊胸手術で胸部に挿入される人工乳房(バッグ)には生理食塩水でできたものとシリコンでできたものがあります。このうち、シリコンインプラントの方がより自然な感触を手術後のバストに期待できることが報告されているものの、シリコンバッグが体内で破損する怖れがあるため危険性が高いのは事実です。[10] シリコンインプラントの手術にかかる費用の相場は70万円前後となっています。
    • 過去に、米国の食品医薬品局(FDA)は、深刻な健康被害をもたらす可能性があるとしてシリコンインプラントを国内市場から排除すべきとの決定を下したことがあります。インプラント手術を受けた女性の中には、シリコンバッグが体内で「ずれ」、胸が不均等な形状になるなどの問題を経験している人もいます。その後、科学的にシリコンバッグの性能が改善され、現在では市場に出回っています。
    • 通常、豊胸手術には保険は適用されません。
  2. 2
    美容整形外科医に相談する 人工乳腺法での豊胸を決めたら、美容整形外科医と相談してどちらの種類の人工乳腺バッグ(インプラント)があなたに合っているかを判断します。具体的に、どれくらいのサイズの、どのような形状の胸にしたいのかを考えておきましょう。人工乳腺バッグ(インプラント)により、胸の形状をどんな風に変えることができるか、どのような手術のプロセスを踏むのかについて、医師からの説明があるはずです。
    • 口コミでの評判が良く、経験豊富な医師を選びましょう。経験の少ない医師の練習台になることだけは避けたいところです。
    • 普段あなたが服用している薬があれば、その種類を医師に伝えておきましょう。手術の前後に投与される薬との飲み合わせを調整し、安全を確認する必要があります。
  3. 3
    手術と回復のプロセス アンダーバスト、脇の下、または乳頭付近を切開する際には、あなたが同意した内容に基づいて麻酔投与が行われます。手術にかかる時間は通常1〜2時間です。術後の胸部は、包帯やテープで保護されます。ドレーンと呼ばれる装具で術後の浸出液や血液を体外へ排出する必要が出てくる場合もあります。
    • どのような手術にも、合併症や副作用の可能性はあります。出血、傷跡が残る、また、場合によっては深刻な問題が引き起こされることもあります。[11]
    • 年齢を重ねるにつれて胸の形は自然に変わっていくため、ほとんどの場合は術後数年でインプラントの入れ替えが必要になります。
    • 人工乳腺バッグ(インプラント)手術を受けると、ガン細胞が育ちやすくなる可能性もあります。さらに、産後の授乳に影響を与える可能性もあります。[12]

ポイント編集

  • 胸の成長を促すために、マッサージをしてみるのも良いでしょう。

注意事項編集

  • バストアップを謳う製品を使用する時は、事前に慎重なリサーチを行いましょう。値段だけ高く、効果がまったく出ない製品がたくさん市場には出回っています。

このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む53人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。

この記事は役に立ちましたか?

はい
いいえ