ノートパソコンをモニターに接続する方法

このwikiHowでは、WindowsまたはMacのノートパソコンを外部モニターに接続する方法をご紹介します。ほとんどの最新型ノートパソコンは、一旦モニターにつないでしまえば、最適な接続方法を自動的に特定してくれるため、紹介する手順の大半はノートパソコンとモニターを接続するのに適切なケーブルを探すことになります。

パート1(全3パート):モニターを接続する編集

  1. 1
    ノートパソコンの映像出力端子を特定する ほとんどのノートパソコンは、背面に映像端子が1つ付いていますが、中には、側面に端子が付いているパソコンもあります。お使いのノートパソコンにも付いている可能性の高い主要な接続端子は次のとおりです。
    • Windows:
      • HDMI - ほとんどのWindowsノートパソコンに付いている、六角形で下の方が少し細くなっている端子です。
      • DisplayPort - HDMIに似ていますが、長方形の1角が欠けたような形をしています。
      • VGA または DVI - VGA端子は、穴がいくつかある色付きの端子です。一方、DVI端子は、たいてい黒い端子で、穴があいており片方には溝があります。この2つの端子は、古いパソコンにのみ付いています。
    • Mac:
      • Thunderbolt 3USB-Cとも呼ばれます) - ほとんどの最新型のMacBookに付いている楕円形の端子です。
      • HDMI - 六角形で下の方が少し細くなっている形をした端子で、一部のMacBookに付いています。
      • Mini DisplayPort - 2008年から2016年に製造されたMacに付いている六角形の端子です。
  2. 2
    モニターの映像入力端子を確認する シンプルなパソコンモニターには、通常、入力端子は1つしかありませんが、テレビモニターには複数の入力端子があります。おそらく、モニターの背面にHDMIやDisplayPortの入力端子があるでしょう。
    • 古めのモニターであれば、背面にVGA端子やDVI端子が付いている可能性があります。
  3. 3
    パソコンの端子とモニターの端子を合わせる パソコンとモニターに少なくとも1つ共通の端子(HDMIである可能性大)があれば、2つを接続するために、同じ端子のケーブルを使用できます。
  4. 4
    必要に応じてアダプタケーブルを購入する モニターにノートパソコンとは異なる種類の端子が付いている場合、「ノートパソコンの接続端子」から「モニターの接続端子」へのアダプタケーブルが必要です。一般的なアダプタには、以下のようなものがあります。
    • HDMIからDisplayPort
    • DisplayPort(またはMini DisplayPort)からHDMI
    • Mini DisplayPortからDisplayPort
    • USB-CからHDMI(またはDisplayPort)
    • 必要であれば、VGAからHDMI、またはDVIからHDMIへのアダプタも購入可能です。アダプタは2種類のケーブルの橋渡し的な役割しかないので、VGAからHDMIへのアダプタを使用する際は、VGAケーブルとHDMIのケーブルが必要になります。
  5. 5
  6. 6
    ノートパソコンをモニターに接続する ケーブルの片方の端をノートパソコンに、もう片方をモニターにつなぎましょう。
    • アダプタ(アダプタケーブルではありません)を購入する必要があった場合は、アダプタの電源ケーブルも電源につなぐ必要があります。
  7. 7
    ノートパソコンの画面がモニターに表示されるのを待つ ノートパソコンのデスクトップやアイコン(または類似のもの)がモニターの画面に表示されたら、ノートパソコンのディスプレイ設定に進みましょう。
    Advertisement

パート2(全3パート):Windowsでディスプレイ設定を調整する編集

  1. 1
  2. 2
  3. 3
    設定ウィンドウの中のパソコンの形をした システム アイコンをクリックする
  4. 4
    システムウィンドウの左側にある ディスプレイ タブをクリックする
  5. 5
    ページの一番下付近にある「複数のディスプレイ」セクションまで下にスクロールする
  6. 6
    「複数のディスプレイ」ドロップダウンボックスをクリックする クリックすると、ドロップダウンメニューが表示されます。
  7. 7
    ディスプレイオプションを選択する ドロップダウンメニューで以下のいずれかのオプションをクリックしましょう。
    • 表示画面を複製する - ノートパソコンの画面内容とまったく同じものをモニターに表示します。
    • 表示画面を拡張する - ノートパソコンのデスクトップスペースの延長としてモニターを使用します。このオプションを有効にした場合、ノートパソコンのマウスカーソルを画面の右端まで移動すると、カーソルがノートパソコンの画面から消えて、モニターに現れます。
    • 1のみに表示する - ノートパソコンの画面をノートパソコンにのみ表示します。このオプションを選択すると、モニターの画面が消えます。
    • 2のみに表示する - ノートパソコンの画面をモニターにのみ表示します。このオプションを選択すると、ノートパソコンの画面が消えます。
    Advertisement

パート3(全3パート):Macでディスプレイ設定を調整する編集

  1. 1
  2. 2
    ドロップダウンメニューの中の システム環境設定… をクリックする システム環境設定… をクリックすると、「システム環境設定」ウィンドウが開きます。
  3. 3
    「システム環境設定」ウィンドウの真ん中にあるモニターの形をした ディスプレイ アイコンをクリックする
  4. 4
    ウィンドウの左上にある ディスプレイ タブをクリックする
  5. 5
    モニターの解像度を変更する 「変更」を選択して、解像度をクリックしましょう。
    • モニターが対応している解像度よりも高い解像度は使用できません(4Kなど)。
  6. 6
    画面のスケーリングを変更する ページの一番下にある「アンダースキャン」スライダーをクリックしてドラッグしましょう。左にドラッグすると、モニター画面いっぱいにMacの画面が表示されます(画面が縮小します)。右にドラッグすると、画面が拡大します。
    • モニターに表示される画像が大きすぎたり小さすぎたりする場合に、この設定を調整することで、Macの画面をモニターに合わせることができます。
  7. 7
    必要に応じてMacの画面を拡張する Macの画面の拡張としてモニターを使用したい(例えば、Macの画面の右側の拡張スペースとしてモニターを使用する)場合は、ウィンドウの一番上の「配置」タブをクリックして、ディスプレイ配置ウィンドウの下にある「ディスプレイをミラーリング」ボックスのチェックを外しましょう。
    • ディスプレイ配置ウィンドウの一番上にある白い長方形をクリックして左から右にドラッグすると、メニューバーの位置も調整できます。
    Advertisement

ポイント編集

  • DisplayPort、HDMI、およびUSB-Cはすべて、音声を送受信することもできます。つまり、いずれかの接続端子を使用していれば、ノートパソコンの音声出力をモニターのスピーカーから流すことができるはずです。
  • パソコンのドライバーを更新してディスプレイ検出の精度や接続されたディスプレイの画質を改善することができます。

注意事項編集

  • ノートパソコンの内容がモニターに表示されない場合、ケーブルに問題がある可能性があります。別のケーブルで接続してみるか、可能であれば別の端子を使って接続してみましょう。

この記事は役に立ちましたか?

はい
いいえ