ドングリを食べる方法

ナッツ類に分類されるドングリは、栄養豊富な食材となり、昔は様々な方法で食べられていました。今日、ドングリは低脂肪なうえに、豊富なビタミンBやタンパク質を含む、良質な複合炭水化物として注目されています。また、ドングリには血糖値をコントロールする働きもあります。[1]しかし、ドングリをおいしく食べるには、淡白な味と渋みを改善する必要があります。ここでは、ドングリの食べ方をいくつかご紹介します。

ステップ

  1. 1
    熟したドングリを集めます。緑のドングリはまだ熟しておらず、食用には向いていません。それでも、十分に生長した緑のドングリは、乾燥した清潔な場所で成熟させることができます。生のドングリには多量のタンニンが含まれているため、渋みがあります。また、大量に摂取すると、人間に害となる場合があります。[2]熟した茶色いドングリだけを水でアク抜きします。カビが生えていたり、汚れていたり、黒ずんだドングリは避けましょう。良質な果肉は、黄色味がかった色をしています。[3]アク抜き前のドングリの特徴は以下の通りです。
    • ホワイトオークは、淡白な味の実を付けます。北米に自生する樹木で、食用に適した実を付けるのは、スワンプオーク、ギャリーオーク、バールオークなどです。[4]これらの種類のドングリは、通常アク抜きをする必要はありません。日本に自生する樹木では、タンニンの含有量が少ない、スダジイ、ツブラジイ、マテバシイの実が食用に向いています。
    • レッドオーク(北米原産)は渋い実を付けます。
    • エモリーオーク(北米原産)の実は渋みが少なく、下処理をする必要はありません。[5]
    • ブラックオーク(北米原産)の実は渋みが強く、何度もアク抜きをする必要があります。
  2. 2
    ドングリのアク抜きをして、木の実の風味とほのかな甘みを引き出します。水に浸して渋みを抜くと、ドングリをおいしく食べることができます。[6]殻をむいたドングリを水に浸すか、加熱します。ボウルのお湯を何度も替えながら、熱湯をドングリに注ぎかけます(湯通し)。ボウルのお湯が透明になるまで、この作業を繰り返します。
    • 他の方法として、1リットルの水に大さじ1杯の重曹を入れ、ドングリを12~15時間浸します。
    • アメリカの先住民は、殻をむいたドングリを袋に入れて清流に浸け、茶色い水が見えなくなるまで数日間かけてアクを抜く、素朴な方法を使っていました。[2]
  3. 3
    アク抜きしたドングリは乾燥させて使うか、お好みで乾燥後にローストします。また、生のドングリは腐ることなく何か月も保存が可能で、必要な時に使うことができます。ただし、その都度アク抜きをする必要があります。
  4. 4
    ドングリの「コーヒー」を作ります。熟したドングリの殻をむいてアク抜きをします。実を割って耐熱容器に入れ、アルミホイルを被せます。低温のオーブンで、頻繁にかき混ぜながらゆっくりと乾燥させます。焙煎(ロースト)し終わったら(お好みでライト、ミディアム、ダークロースト)、ドングリを挽きます。挽いたドングリを市販のコーヒーに混ぜたり、そのまま淹れてドングリコーヒーとして楽しむことができます。
  5. 5
    ドングリの粉を作ります。全粒紛を作ったり、さらにふるいにかけて繊維を取り除き、粒子の細かいケーキ用の「ドングリ粉」を作ることができます。まず、殻をむいたドングリの実を水と一緒にブレンダーにかけてボウルに移します。砕いたドングリが沈んだら上澄み液を捨てます。これを2~3回繰り返してアクを抜きます。次に、沈殿したドングリをふきんで絞り、天板に広げて天日、食品乾燥機、またはオーブンの予熱で乾燥させます。粉が粗い場合は、清潔なコーヒーミルやフードプロセッサーでさらに細かく挽いてもよいでしょう。ドングリ粉を使って、パンやマフィンなどを作ってみましょう。
    • 韓国料理は、ドングリ粉を主材料に使う唯一の料理かもしれません。韓国料理で使われる麺やゼリーのなかには、ドングリ粉で作られる物もあります。韓国料理では一般的にドングリ粉が使われているため、韓国食料品店でドングリ粉を購入することができます。また、インターネットでも販売されています。[2]
  6. 6
    アク抜きしたドングリを酢漬けにします。オリーブの酢漬けを作る要領で、代わりにドングリを使い、珍しいおやつを作りましょう。
  7. 7
    煎ったドングリをナッツや調理した豆の代わりに使います。挽いたり、細かく砕いたドングリは、チックピー、ピーナッツ、マカデミアナッツなどの代わりに使うことができます。レシピに従い、ドングリで代用しましょう。大抵のナッツ類と同様に、ドングリは栄養価の高い食べ物です。
    • ドングリのデュカ(中東のスパイス)を作ることもできます。デュカは乾燥したスパイスを混ぜ合わせたディップで、主にオリーブオイルやバターを塗ったパンにつけて食べます。
    • 煎ったドングリを細かく砕き、ドレッシングと一緒にサラダにふりかけてもよいでしょう。
  8. 8
    ドングリを煎ります。ドングリを煎った後、濃いシュガーシロップに浸けます。
    • ピーナッツブリトルを作る要領で「ドングリブリトル」を作り、バターを塗ったお皿に広げて冷まします。
    • ピーナッツバターやアーモンドバターのような、「ドングリバター」を作ってみましょう。
    • 小麦粉の代わりにドングリ粉を使い、低炭水化物のパンケーキ、クレープ、ビスケットを作りましょう。ドングリバターを塗り、カロリーゼロの天然甘味料ステビアや、生ハチミツをふりかけましょう。
  9. 9
    豆やポテトの代わりに、ドングリをシチューに入れます。ドングリのナッツの風味とほのかな甘みが、シチューにコク深い味わいを加えます。
  10. 10
    挽いたドングリをクリームポテト、マッシュポテト、ポテトサラダに入れます。いつものレシピにドングリを加えると、一味違った料理になり話題となるでしょう。
    Advertisement

ポイント

  • 熟したドングリを家畜に与えましょう。ただし、熟す前の緑のドングリは、家畜に害を与える恐れがあるため避けましょう。緑のドングリは、木から落ちて自然に熟します。ドングリが茶色く熟したら、人間の食用にも、家畜の餌としても使うことができます。
  • 樫の実は北半球では通常、9月から10月にかけて収穫することができます。
  • オイルプレス(油絞り器)をお持ちの場合は、ドングリオイルを作りましょう。ドングリオイルはオリーブオイルに似た性質があり、アルジェリアやモロッコではドングリオイルが使われています。
  • ドイツでは、ドングリを使った甘いEichel Kaffee(ドングリコーヒー)が飲まれています。トルコ近辺では、ドングリを使ったRacahoutと呼ばれる、スパイスの効いたホットチョコレートのような飲み物が飲まれています。
  • アメリカ先住民はドングリを挽いて粉にすることから、ドングリは「木に生る穀物」と呼ばれていました。[7]
  • ドングリの栄養素を摂り入れましょう。多くのナッツと同様に、ドングリはタンパク質を豊富に含んでいます。しかも、ある種のナッツに比べて低脂肪なうえ、ふるいにかけない全粒粉は良質な複合炭水化物や繊維の供給源となります。さらに、ドングリにはビタミンやミネラルも含まれています。[2]
    • 他のナッツ類のように、ドングリには血中の悪玉コレステロールと血糖値をコントロールする働きがあるという研究結果もあります。
Advertisement

注意事項

  • 傷んでいない健康なドングリだけを集めましょう。アメリカ先住民のように木の下に座り、ドングリを拾いましょう。後でまた拾ってしまわないように、穴の空いたドングリはゴミ箱に捨てましょう。同じ木から採れるドングリ(少なくとも同じ種類の木)ごとに分類しましょう。水が入ったバケツに集めたドングリを入れ、水に浮かぶドングリはコンポストに入れます。もしくは、水に浮かぶドングリには通常虫が入っており、後で這い出して来ることがあるため、乾かしてから燃やすとよいでしょう。ドングリが水に浮かぶのは、虫に喰われて中が空洞になっているためです。幼虫を減らすことで、卵を産む成虫も減少するため、さらに多くのドングリを収穫できます。水に沈むドングリは健康なドングリです。緑色のドングリは、茶色くなるまで乾燥した日陰で保管しましょう。
  • 虫に喰われて穴の空いたドングリや、黒ずんでいたり、汚れやカビが付着したドングリは避けましょう。
Advertisement

必要なもの

  • 熱湯
  • アク抜き用の容器
  • 焙煎器、オーブン
  • コーヒーミル、フードプロセッサー

このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、著者の皆さんがボランティアで執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。

出典

  1. Food from the oak, Growing Today, December 1994, pp. 20-21 – research source
  2. Jackie Clay, Harvesting the Wild, http://www.backwoodshome.com/articles2/clay79.html
  3. 2.02.12.22.3wisegeek.org -- "Can People Eat Acorns?" http://www.wisegeek.org/can-people-eat-acorns.htm
  4. Jackie Clay, Harvesting the Wild, http://www.backwoodshome.com/articles2/clay79.html
  5. Jackie Clay, Harvesting the Wild, http://www.backwoodshome.com/articles2/clay79.html
  6. Jackie Clay, Harvesting the Wild, http://www.backwoodshome.com/articles2/clay79.html
  7. Jackie Clay, Harvesting the Wild, http://www.backwoodshome.com/articles2/clay79.html
  8. Jackie Clay, Harvesting the Wild, http://www.backwoodshome.com/articles2/clay79.html

この記事は役に立ちましたか?

はい
いいえ
Advertisement