ドアのサイズを測る方法

共同執筆者 wikiHow編集チーム

ドアのサイズは、採寸と基本的な計算で簡単に測定する事ができます。メジャーでドアの高さと幅を測るだけで大丈夫なのです。正確な計測ができれば、ドアの張り替えや新しいタイプのドアの取り付け、今あるドアの飾り付けなど、家の改装が何でも可能になります。

パート1(全2パート):長さを測る

  1. 1
    ドアの幅を測りましょう メジャーでドアの左端から右端の長さを測り、長さを記録しましょう。長さを測る際は、ドアのみを計測し、隙間充填材などの他の部分は含まないようにしましょう。[1]
    • 特に古いドアでは、形が真四角でないこともあるため、何ヶ所か計測することが重要です。場所によって数値が変わる場合は、いちばん大きな数値を使用します。
    • 幅が76cm、81cm、91cmのドアは標準サイズとみなされます。
  2. 2
    ドアの高さを測りましょう メジャーでドアの上端から下端までの長さを測り、記録します。計測の際には、イスや友達の助けが必要かもしれません。この時もドアのみを計測し、隙間風防止カバーなどの他の部分は含まないようにしましょう。[2]
    • ここでも同様に、形が真四角でないことがあるため、数ヶ所計測した方がいいでしょう。古いドアでは特によくあります。場所によって数値が変わる場合は、いちばん大きな数値を使用します。
    • 最も一般的な高さは200cmです。
  3. 3
    ドアの厚さを測りましょう メジャーをドアの端で固定して、厚さを測ります。ドア枠(別称わき柱)の厚さも測りましょう。ほぼ同じ長さのはずですが、念のため両方計測しましょう。[3]
    • 最も一般的な厚さは4.4cmです。
  4. 4
    ドア枠内の高さと幅を測りましょう 念のため、新しいドアが入る部分のサイズも測ります。ドア枠内の高さと幅の長さを測り、記録しておきます。この部分を測ることで、確実に正しいサイズのドアを選ぶことができます。[4]
    • 幅は3ヶ所測り、その中でいちばん小さい数値を使用しましょう。
    • 高さは中央で測りましょう。床からドア上枠の下端までの高さを測ります。
    • 必要であれば、数値は四捨五入ではなく切り捨てにしましょう。ドアのサイズを確実に合わせることができます。
    広告

パート2(全2パート):簡単な設計図を作成する

  1. 1
    ドアの写真を撮って、印刷しましょう 新しいドアを選びに行く際には、ドアの特徴や寸法が全て分かるような設計図を持参しましょう。ドアの写真を撮って印刷すれば簡単に作れます。
    • 紙にペンで設計図を描いても良いでしょう。
  2. 2
    ドアの開く方向を確認しましょう ドアを開け、自分の背中が蝶番側にあるように立ちます。このときドアが右側にあれば、右開きのドアです。左側にあれば、左開きのドアです。また、内開きのドアか、外開きのドアかという違いもあります。これらの特徴を確認し、作成した設計図に記録しましょう。[5]
    • 内開きのドアは家(または部屋)の内側に開き、外開きのドアは外側に開きます。
  3. 3
    寸法を全て設計図に記入しましょう ドアの高さ、幅、厚さを設計図に記録します。また、ドア枠の高さ、幅、厚さも設計図に記録します。[6]
  4. 4
    ドアを買いに行く際に、この設計図を持参しましょう 設計図があることで、新しいドアを見つける過程がぐっと楽になります。ドアを見る際には常に持ち歩き、購入の参考にしましょう。[7]
    広告


このwikiHow記事について

共著:
wikiHowスタッフ編集者
この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

この記事は役に立ちましたか?

はい
いいえ
広告