トレーシングペーパーを使う方法

共同執筆者 wikiHow編集チーム

トレーシングペーパーとは、写真や絵を敷き写すことのできる半透明の紙です。トレーシングペーパーを使って線を書き写すと、それをさらに別の紙やキャンバスに転写できるようになります。グラファイト鉛筆などの濃い鉛筆を使い、転写した線がはっきりと現れるようにしましょう。

パート1(全2パート):画像を敷き写す

  1. 1
    トレーシングペーパーを写真や絵の上に重ねる 元の画像が単純であるほど、写しやすくなります。また、トレーシングペーパーが画像全体を覆っていることを確認しましょう。[1]
  2. 2
    マスキングテープでトレーシングペーパーを固定する 元の写真や絵のふちの上からトレーシングペーパーのふちを折りたたみ、テープで固定しましょう。トレーシングペーパーの方が小さい場合は、トレーシングペーパーの四隅を元の写真や絵の上から固定しましょう。[2]
  3. 3
    鉛筆でトレーシングペーパーの上からなぞる ボールペン、マーカー、カラーペンなどを用いても、後で別の紙に転写することができません。元画像の線を注意深く鉛筆でなぞりましょう。また、元画像の陰影をなぞる必要はありません。線のみに集中しましょう。[3]
    • トレーシングペーパーがずれてしまった場合は、すでに写し終えている線を元に位置を合わせて作業を続けましょう。
    • 誤って線を引いてしまった場合は消しゴムで消しましょう。ただし、トレーシングペーパーが破れてしまわないよう優しくこすりましょう。
  4. 4
    トレーシングペーパーを取り外す マスキングテープを剥がし、トレーシングペーパーを外して元画像の横に並べましょう。2つを見比べてみましょう。色合いや陰影を除き、2つはほぼ同じに見えるはずです。写し忘れた箇所があることに気づいたら、再びトレーシングペーパーを重ねて修正しましょう。
    広告

パート2(全2パート):転写する

  1. 1
    転写先を決める スケッチブックの画用紙、水彩画用の紙、キャンバスなど、鉛筆の線を転写させることのできる素材を選びましょう。また、鉛筆の線が見えるように色が薄いものを選びましょう。
  2. 2
    なぞった線がある面を裏にして転写先の素材に貼りつける マスキングテープなどを用いましょう。写し終えたトレーシングペーパーを転写先の素材に重ねます。この時、なぞった線がある面を必ず裏にしましょう。[4]
  3. 3
    なぞった線を裏側からこすって転写する 鉛筆やマーカーの端、あるいは何らかの硬さのある素材を用いましょう。力を入れてこすり、線をすべて転写させましょう。力を加えることで鉛筆の黒鉛が新しい紙の方に移っていきます。[5]
  4. 4
    トレーシングペーパーを取り外す テープを剥がしましょう。新しい紙に、うっすらと線が転写されているはずです。転写し損ねた部分がある場合は、直接鉛筆で描き加えましょう。[6]
  5. 5
    絵を完成させる 転写した線にさらに手を加え、線をはっきりとさせましょう。これで完了としても、さらにペン、色鉛筆、絵の具などを用いても良いでしょう。
    広告

必要なもの

  • 鉛筆
  • トレーシングペーパー
  • マスキングテープ

このwikiHow記事について

共著:
wikiHowスタッフ編集者
この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。
カテゴリ: 趣味・工芸

この記事は役に立ちましたか?

はい
いいえ
広告