トマトのブランチングをする方法

トマトのブランチング(短時間茹でてから氷水に浸すこと)は、トマトを柔らかくすることなく皮をむきやすくする方法です。トマトスープやトマトソースのレシピでは、最初のステップとしてブランチングを行うことがよくあります。短時間でトマトのブランチングをする方法をご紹介しましょう。

  • 準備時間:10〜20分
  • 調理時間:1分
  • 合計時間:10〜20分

2の方法1:
丁寧なブランチングの方法
編集

  1. 1
    トマトを洗いましょう。調理をする前に泥や汚れをしっかりと落としておきましょう。
  2. 2
    へたを取り除きましょう。茹でる際にへたは要らないので、へたを取り除きましょう。
  3. 3
    トマトの下側に十字に切れ目を入れましょう。十字に切れ目を入れると、沸騰した湯の熱が通り、皮が柔らかくなります。これにより、とても簡単に皮がむけるようになります。切れ味の良い包丁を使って、ブランチングをするトマトに一つ一つ十字に切り目を入れましょう。
  4. 4
    大きな鍋で水を沸騰させましょう。すべてのトマトが入りきる大きさの鍋を使い、4分の3の深さまで水を入れます。味付けに塩を加えて沸騰させます。
  5. 5
    氷水を入れたボウルを用意しましょう。大きなボウルに水と氷を入れます。余熱による茹ですぎを防ぐために、トマトを茹でた後で氷水に浸します。こうすると、トマトが柔らかくなりすぎません。
  6. 6
    沸騰した湯にトマトを入れましょう。30秒間茹でます。
  7. 7
    穴開きおたまでトマトをすくいましょう。湯をたくさんすくわないように注意しましょう。
  8. 8
    氷水にトマトを入れましょう。30秒間浸します。
  9. 9
    皮をむきましょう。切れ味の良い包丁ではがすと簡単にむけます。実の部分まで切らないように注意しましょう。
  10. 10
    これで完成です。
    Advertisement

2の方法2:
レストランで使われる手軽なブランチング方法
編集

より短時間でブランチングをしたい時は、レストランで使われる方法を試してみましょう。

  1. 1
    沸騰した湯にトマトを入れましょう。トマトに切り込みを入れる必要はありません。洗ってから入れるだけです。
  2. 2
    トマトを茹でましょう。数分以上茹でないようにしましょう。
  3. 3
    皮が剥がれてきたら、冷たい水を貯めたシンクにトマトを入れましょう。氷を入れても構いませんが、氷がなければ冷たい水だけでも十分です。
  4. 4
    トマトが冷えたら皮をむきましょう。必要な数のトマトを使います。
    Advertisement

注意事項編集

  • 切れ味の良い包丁を使いましょう。切れ味の良い包丁を使うと、切れ味の悪い包丁を使う時に比べて弱い力で切ることができます。このため、手を滑らせて怪我をする危険が減ります。切れ味の良い包丁を使う際も、注意をして指を包丁から離しておきましょう。
Advertisement

必要なもの編集

  • 大きな鍋
  • 中くらいのボウル
  • 切れ味の良い包丁
  • 穴開きおたま


このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む16人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。
カテゴリ: 調理法 | 野菜と果物

この記事は役に立ちましたか?

はい
いいえ
Advertisement