トウモロコシを丸ごと電子レンジで調理する方法

熱々ジューシーで歯ごたえのあるトウモロコシはいかがですか?大きなお鍋で茹でる必要もなく、グリルで焼く必要もなく、トウモロコシを簡単に丸ごと調理できる方法があります。電子レンジです。トウモロコシのさやが蒸気を閉じ込めて、素早く簡単に、しかも栄養価を失うことなく調理するのです。もちろん洗い物も出ません。ステップを読んでやり方を覚えましょう!

2の方法1:
トウモロコシをさやごとレンジで調理する

  1. 1
    さやの付いている新鮮なものを選ぶ 夏の間はさや付きの新鮮なトウモロコシがスーパーで手に入ります。朝市でも手に入りますし、熱意があれば自分で育ててみても良いでしょう。トウモロコシはどこで手に入れてもかまいませんが、さやが付いていて、食べごろな物を選んでください。以下の方法で食べごろかどうかの見分けが付けます。
    • ヒゲが黄色く乾燥している物でなく、茶色でみずみずしい物を選びます。 茶色でみずみずしいヒゲは食べごろのサインです。[1]
    • さやの上からやさしく粒を押し潰してみます。粒が石のように固くなっているのではなく、丸々と引き締まっていれば食べ頃です。
    • 買ってから2、3日以内に食べられる分だけを買い、トウモロコシの粒に含まれる糖分がでんぷん質に変化するのを防ぐために冷蔵庫で保管します。[2] 収穫しすぎてしまったトウモロコシは冷凍することもできます
  2. 2
    切り整える さやは剥かずに、レンジに入る大きさに端を切り整えます。取れそうなさやや、乾燥しているさやを取り除きます。ヒゲも切り落として、湿ったキッチンペーパーでさやに付いている汚れも拭き取ります。
  3. 3
    レンジに入れる 普通のレンジは1度に3本までトウモロコシが入ります。大きいレンジがあれば、もう2ー3本 入れることができるでしょう。均等に調理されるように、トウモロコシを中央近くに置き、個々が触れ合わないようにします。
    • 全てのトウモロコシに均等に熱が加わるように、3本あれば3角形、4本あれば4角形を作ります。
    • トウモロコシが1本1本バラバラになるように置きます。加熱不十分にならないように、積み重ねたり、重ね合わせないようにします。
  4. 4
    レンジで調理する 本数にもよりますが、レンジの強で3ー5分調理します。1本だけ調理する場合は3分、4本ある場合は5分調理します。
    • 一度に何本ものトウモロコシを調理する場合は、途中で裏返して均一に調理されるようにします。
    • トウモロコシの大きさにもよりますが、1本に付き2ー4分の計算で調理します。
  5. 5
    レンジから出して冷ます 1、2分トウモロコシをさやのまま冷まして、熱で全体を調理するようにします。さやは水分がほとんど無いので、熱くはなりません。
    • さやを剥いて出来上がり状態を見ます。粒を触ったり、2、3粒食べてみて温度と弾力性をチェックします。必要であれば、さやを被せてレンジに戻します。
    • トウモロコシが焦げたり柔らかすぎたら、加熱し過ぎということです。次回は調理時間を短縮しましょう。
  6. 6
    さやとヒゲを取り除く 実と水分の多い芯は調理後もさやの中で熱い状態で保たれています。さやを剥くときは、火傷をしないように気を付けましょう。さやとヒゲは簡単に取れます。
  7. 7
    味付けをする バターを塗ったり、塩、コショウで味付けをすることもできます。少し冷ましてから食べるようにしましょう。
    • レンジで作ったトウモロコシは新鮮で美味しいです。手掴みで食べることも、コーンホルダーを使っても食べることもできます。
    • 粒を取り除いて副菜として食べたり、他の料理に使うこともできます。トウモロコシの先を上にして立てて、包丁で側面を切り落として実を取ります。
    広告

2の方法2:
さや無しトウモロコシをレンジで調理する

  1. 1
    さやを取る タマネギを剥くようではなくバナナの皮を剥くように、さやを実の部分から、一気に剥がし取ります。さやはまとまって取れます。 残ったヒゲもきれいに取り除きます。
    • さやとヒゲは繊維質なので、流しのディスポーザーには捨てないでください。ゴミ箱に捨てるか、生ゴミとして処分しましょう。
    • 調理されて熱くなる茎の部分は、残すかさやと一緒に取り除きます。
  2. 2
    トウモロコシを包む 濡れたキッチンペーパーで包むか、皿にのせてラップをします。小さじ1の水を皿に加えて、調理中に乾燥するのを防ぎます。 A
    • この地点で、好みの味付けをして、トウモロコシに味を染み込ませることもできます。刻みチーズ、レモン、絞りライムなどの風味を試してみてください。
    • キッチンペーパーにレモンやライムの絞り汁を染み込ませれば、手を汚さずにやさしい風味を加えることができます。
  3. 3
    レンジで調理する 均等に調理されるように、重ねず1本1本がバラバラになるように置きます。本数にもよりますが、レンジの強で3ー5分調理します。1本に付き2ー4分の計算で調理し、本数が多ければその分調理時間を増やします。
  4. 4
    レンジから出して冷ます バター、塩、コショウ、刻みチェダーチーズやコティハチーズを表面にかけて味付けをします。
    広告

ポイント

  • 軍手や防水加工してあるシリコン製の鍋摑みは、熱いトウモロコシのさやを剥くときに役に立ちます。
  • バターの塊を先を少し剥いて、ペンを持つようにして熱いトウモロコシに塗ります。縦向きに塗ると、バターが粒の間にもきれいに浸透します。
  • さやが全体についていないトウモロコシを買ったときは、さやを全て剥いてきれいに水洗いしてください。
  • トウモロコシのヒゲの簡単な取り方はさやごと調理して、調理後に下の部分を丸く切り取ります。 さやを上から引っぱり取るとヒゲがきれいに取り除けます。
  • 食事の最後にトウモロコシを食べる人には、さやの付きのままをキッチンペーパーで包んでおきます。そうすることで、食べるときまで熱と水分を保つことができます。
広告

注意事項

  • レンジから出したばかりのトウモロコシは、火傷をしないように少し冷ましてから食べましょう。
  • 熱々のトウモロコシが食べられる「コーンホルダー」を使う場合は、レンジに入れないように気を付けしましょう。
広告

必要なもの

  • 電子レンジ
  • キッチンペーパー(オプション)
  • 包丁とまな板


このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む32人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。
カテゴリ: 食・おもてなし

この記事は役に立ちましたか?

はい
いいえ
広告