セクシーかつカジュアルな服装をする方法

共同執筆者 wikiHow編集チーム

誰でも自分がセクシーと感じたい時があります。いくつかの手順を踏むと、こなれ感のあるセクシーでカジュアルな装いができます。コーディネートとカジュアルでセクシーな心構えをマスターしてしまえば、どこに行っても誰もが振り向くようになるはずです。

パート1(全2パート):クローゼットの中を刷新する

  1. 1
    カジュアルな服をセクシーな服と合わせます。セクシーさとカジュアルさのバランスは、長さ、スタイル、シルエットの組み合わせによって決まります。とろみ素材のものを着てカジュアルさを出しつつ、そこにタイトなものを組み合わせて色気を足したり、控えめなトップスとセクシーなスカートを合わせて脚を見せたりしましょう。
    • ミニスカートなどの短いボトムスに、タートルネックやロングスリーブのトップスを合わせましょう。
    • 胸元あるいは背中が大きく開いたシャツをおしゃれなワイドパンツとコーディネートしましょう。
    • 体のラインを強調するデニムパンツには柔らかい素材のトップスを選びます。トップスの上にベルトでウエストマークをして、くびれを強調することもできます。
    • レースやレザーなどの素材をコーディネートに取り入れましょう。レザーの黒いパンツは普通の黒いパンツよりセクシーです。レーストップスを着るとリラックスしたカジュアルな雰囲気を出しながらも絶妙な肌見せが叶います。[1]
  2. 2
    体のラインを強調しましょう。色気を足す秘訣として、体のラインを引き立てる服をあげることができます。ダボダボな服で体のラインを隠すのもいけませんが、極端にタイトな服を着るのも避けるべきです。誰しも自分特有の美しさがあるので、自分の魅力を一番よく見せる服を選びましょう。
    • 二の腕がセクシーだと思うなら、ノースリーブトップスのバリエーションを増やしましょう。背中に自信があるなら、背中が開いているトップスやワンピースを買います。自分の体の中で脚が一番好きなら、丈の短いスカートやワンピースがたくさんあるとよいでしょう。
    • 分厚いニットの代わりにほっそり見える深い色のタートルネックを、ゆるめのスカートの代わりにはタイトなペンシルスカートを、そしてダボダボなTシャツはやめてタイトなVネックを着ましょう。わかりにくい変化ではありますが、目標にしているカジュアルでセクシーなコーディネートとしては十分でしょう。
  3. 3
    自分に合ったサイズを見つけます。大きすぎたり小さすぎる服を着ると、体のラインを引き立てるどころか、好ましくない所に目を引くことになります。自分に合ったサイズがわからないという人は、セクシーな服を買いに出かけた際に、店員にアドバイスを求めるとよいでしょう。[2]
  4. 4
    妄想をかきたてる服装をします。肌をたくさん露出すればセクシーになれると誤解する人は少なくありません。自分の体を愛することは決して悪いことではありませんが、特にカジュアルな場面では、肌をたくさん露出すると度が過ぎると思われがちです。大胆に露出するのはやめ、体のラインがわかるタイトなチラ見せ服で妄想をかきたてましょう。[3]
    • 長袖の体にぴったりとフィットするひざ丈ワンピースを着ます。これなら肌を露出せず、体のラインを見せつけることができます。
    • ハイウエストパンツを柔らかい素材のクロップ丈トップスとコーディネートしましょう。肌をたくさん露出することなく、脚やお尻を引き立たせることができます。
  5. 5
    赤い色をもっと取り入れましょう。赤色の効果は本物で、研究で何度も実証されています。いくつかの生物学的要因によって、女性が赤い服を着ているとより魅力的に見えること、男性をより優位な存在として認識することが科学的な研究によってわかっています。ということで、たとえオーバーサイズのニットのようにカジュアルなものでも、赤い色を着るとセクシーになれることが科学的にも証明されています。[4]
  6. 6
    古い、地味な服は手放しましょう。何年も同じ服を着ているなら、持ち服に色気を足すためクローゼットの中身を刷新しましょう。着ていい気分にならない服は手放し、代わりにセクシーと感じる新しい服を買いましょう。ずっと自分だけのシンプルなデザインの黒いドレスがほしいと思ってきたなら、今が買い時です!出勤時にいつも同じスーツを着ていて飽きたなら、大胆な色や違うデザインのものに変えましょう。[5]
    • 古い服を着ても新鮮な気持ちになったりわくわくはしません。着ているものにわくわくすると自信に繋がります。また、自信がある人はいつもセクシーです。昔ほど魅力的に見えない古いデニムパンツより、新しく買った手袋のように体にぴったりとフィットするデニムパンツを履いた方が自分のことをセクシーと感じられるはずです。
  7. 7
    ファッションブログや雑誌を見て閃きを得ましょう。クローゼットの中身を変える時は、失敗しないために少々の指針が要るかもしれません。ファッションブログや雑誌を見るとあなたが目指しているセクシーでカジュアルな服を見つけたり、理想的なコーディネートの仕方を学べるでしょう。
    • Pinterestでセクシーだと思うカジュアルなコーディネートを集めたピンボードを作成しましょう。ピンボード上でトレンドを見つけ、トレンドのアイテムをクローゼットに足しましょう。ピンボード上でパンプスが頻繁に登場しているなら、パンプスを買い足す時です。ピンボードがダメージデニムパンツでいっぱいなら、新しいデニムパンツを手に入れましょう。
    • 自分が大好きなセクシーでカジュアルなコーディネートを研究し、真似しましょう。セクシーかつカジュアルな雰囲気を作り出す技をマスターするのは、バランスを取ることが全てです。セクシーなトップスにはカジュアルなパンツを合わせて、Tシャツとデニムのコーディネートには13センチヒールを履いて色気を足します。[6]

パート2(全2パート):自信が持てるよう自分磨きをする

  1. 1
    自信を持ちましょう。自分のことをセクシーと感じているなら、セクシーに見えるはずです。自分がセクシーではないと感じているなら、その自信のなさも他の人に伝わります。自信は服装を引き立たせるもっともセクシーな方法の一つでもあるので、自信を持ちましょう!自信たっぷりな態度で買ったばかりのセクシーな服を着ると、立派な色気を醸し出すことができるはずです。[7]
  2. 2
    清潔感のある見た目を心がけましょう。セクシーでカジュアルなスタイルは清潔な見た目なしでは完成しないので、新しいスタイルにあった美しさを磨く習慣を作ります。
    • カジュアルでセクシーなスタイルはカットやヘアスタイルによって大きく左右されます。無造作なナチュラルな髪形が好きにしろ、シンプルで上品なお団子ヘアが好きにしろ、自分のことをセクシーと感じられるヘアスタイルを選びましょう。街の中を黒いパンツとニットで駆け回るなら、大きいカールを作ってセクシーさを足します。短い丈のワンピースを着るなら、ハーフアップやお団子ヘアでかわいらしさを出しましょう。セクシーさとカジュアルさのバランスを取るのが全てです。[8]
    • 歯磨きとフロスをして輝きのある笑顔を手に入れましょう。美しい笑顔はいつでもセクシーなので、必ずお口のお手入れに力を入れましょう。清潔で白い歯は自信に繋がります。そして、すでに言及した通り、自信はとても重要です。
    • 肌のお手入れをしましょう。洗顔料を使って顔を明るく保ち、お気に入りの保湿剤を使って肌を柔らかくしましょう。肌を見せる服装をするなら、肌の状態を完璧に仕上げることが大事です。
  3. 3
    適切なメイクと香水でもっと魅力的になりましょう。適切なメイクと香水を使うと、素敵な服をセクシーな服に一変させることができます。視覚と嗅覚という複数の感覚にアピールすると、さらに魅力度をあげることができるでしょう。
    • メイクはコーディネートを完成させるとてもよい方法です。ただし、カジュアルでセクシーなスタイルを目指すなら、メイクは軽めに仕上げましょう。たとえば、アイラインを引くなら、唇はヌードカラーまたはリップグロスのみで仕上げましょう。アイメイクは控えめにする予定なら、赤い口紅で唇に色を足しましょう。上述したテクニックでこなれ感のあるセクシーさを作ることができます。
    • 自分だけのお気に入りの香水を選びましょう。コーディネートを完璧に仕上げるためにお気に入りの香水やコロンを使います。出かける前に軽く付けて色気をさらに足すとよいでしょう。[9]
  4. 4
    無理をするのはやめましょう。自分らしさを隠して別の人になりきろうとしても、うまくいかないのはもちろん、周りにすぐバレてしまいます。自分を変えようとする代わりに、自分の持つありのままのセクシーさを受け入れましょう。どんなにカジュアルな服装をしていても、ありのままの自分でいて自然に見えるほど、セクシーに映るはずです。
    • 普段ワンピースをあまり着ない人なら、セクシーになるためにワンピースを着る必要はありません。代わりに、体のラインがわかるパンツに胸元が開いたトップスやクロップ丈トップスを合わせて、自信を持って出かけましょう。
    • ドレッシーな服装が苦手な男性の場合は、ジャケットとスウェットパンツを合わせるとカジュアルでセクシーな今風のコーディネートができます。動きやすいだけでなく、かっこよく決まるはずです。[10]

このwikiHow記事について

共著:
wikiHowスタッフ編集者
この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。
カテゴリ: ファッション

この記事は役に立ちましたか?

はい
いいえ