スターバックスで注文する方法

共同執筆者 wikiHow編集チーム

スターバックスで注文する際に、緊張する方はいらっしゃいますか?普段からスターバックスに通っている方やコーヒーに特別詳しい方以外は、注文の際に緊張する方が多いのではないでしょうか?ご安心ください。スターバックスではどのようにコーヒーが作られているのか、という基本的な点をご理解いただければ、次回からの注文はとても簡単になります。

パート1(全2パート):飲み物をカスタマイズして注文する方法

  1. 1
    自分の身体が求めている飲み物。楽しみながら味わえるような飲み物を注文するためには、自分の身体が何を求めているのか考えて飲み物を選びましょう。「スターバックスでの注文は絶対にコーヒー」というわけではありません。実際スターバックスは、紅茶やお茶類、スムージーやココアなど、コーヒー以外の商品を多く取り揃えています。季節や気温も考慮にいれ、自分が飲みたい物は何か、何が今の自分に一番合うのか考えて、注文しましょう。
    • 何を飲んだらいいかわからない時は、バリスタにお薦めを聞きましょう。怖がらなくても大丈夫です。バリスタは、お薦めのドリンクやお客様にピッタリ合ったカスタマイズ商品の選び方などを教えてくれます。
    • 注文の際には、温かい飲み物、冷たい飲み物、ブレンドされた飲み物、甘さ、カフェインの量なども選択しなくてはいけません。
  2. 2
    サイズの選択。スターバックスは独自のサイズ表記があることでも知られています。まずはその独自のサイズ表記を覚えましょう。トールサイズは360ml、グランデは470ml 、そしてベンティサイズは温かい飲み物で590ml、冷たい飲み物では770mlです。240mlのショートサイズや約916mlのトレンタサイズをご用意している店舗も一部あります。
    • トールサイズは基本的にはエスプレッソショットが1杯、グランデサイズは2杯、そしてベンティサイズにも2杯です。冷たいベンティサイズにはエスプレッソショットが3杯入っています。
    • エスプレッソショットは追加注文が可能です。追加料金はかかりますが飲み物のサイズを変更せず、エスプレッソショットのみを追加することで、自分の好みの味に仕上げることができます。
  3. 3
    フレーバーの追加。コーヒー、紅茶やお茶、その他のどんな飲み物にも、砂糖やフレーバーシロップを追加注文することができます。フレーバーの追加をすると、飲み物にシロップが二押し分追加され飲み物がさらに甘くなります。砂糖の追加は無料ですがフレーバーシロップは追加料金がかかります。
    • どんなフレーバーを追加したらよいかわからないときは、フレーバーメニューを見せてもらうか、バリスタに人気のフレーバーの中でその日注文できるフレーバーは何か聞きましょう。フレーバーの選択肢はたくさんありますので、単に「砂糖あり」「砂糖なし」だけでなく色々なフレーバーをお試しください。
    • 人気のシロップはシュガーフリーのバニラ、キャラメル、ヘーゼルナッツなどです。少しでも健康的な飲み物を、とお考えの方はシュガーフリーシロップを選んで追加しましょう。
    • 季節限定のフレーバーがあるかどうか尋ねましょう。スターバックスでは一年を通じ、季節に応じた様々な限定シロップがご用意されています。秋から冬にかけてはパンプキン、夏はココナッツなどが用意される店舗もあります。
  4. 4
    飲み物のベースを選択。ベースとは簡単に言うと、スターバックスの飲み物には牛乳ベースか水ベースの2種類ありそこから選択できるということです。注文の時に自分好みのベースを伝えましょう。基本的に「ミルク」は無脂肪乳、2%低脂肪乳、豆乳、ハーフアンドハーフから選択します。一部の店舗ではアーモンドミルクやココナッツミルクを提供しています。
    • 温かい飲み物か冷たい飲み物を選択しましょう。多くのコーヒー飲料はベースと混ぜるブレンド飲料です。飲み物の種類を変える時は、ベースそのものも変更しなくてはいけない場合もあります。例えばブレンドされたコーヒーを注文する時は、水ベースではなく牛乳ベースで注文するのが正しい注文方法です。
    • 泡状になっているフォームミルクは、豊かな泡のような空気感があります。飲み物の上の温かいホイップミルクともいえます。フォームミルクをお好みの方は追加で注文できますし、苦手な方はフォームミルクなしで注文しましょう。
  5. 5
    カフェイン。エスプレッソとコーヒーには天然のカフェインが含まれています。同様に、紅茶と緑茶にも天然のカフェインが含まれています。カフェインの摂取量を低くしたい方は「ハーフカフェイン(通常の半量のカフェイン)」もしくは「ディカフェ(カフェイン抜き)」を注文します。エネルギーが多く含まれた飲み物をご希望の方は、コーヒーやエスプレッソショットの追加をしましょう。[1]
    広告

パート2(全2パート):注文する飲み物の選択方法

  1. 1
    淹れたてドリップコーヒー。基本的なドリップコーヒーは、家でも淹れることは可能です。しかしほとんどのスターバックスでは、一日を通じて常に数種類の淹れ立てコーヒーが用意されています。違う種類のコーヒー、つまり異なった配合や焙煎のコーヒーがあり、注文前に試飲もできます。スターバックスで一番安くそして一番注文しやすい飲み物が、この淹れたてドリップコーヒーです。
  2. 2
    ラテ。ラテとはエスプレッソショットとフォームミルクからできている、基本のエスプレッソドリンクです。ラテにはどんなフレーバーも追加可能ですし、お好みのミルクで注文もできます。温かいラテと冷たいラテを選べます。
  3. 3
    アメリカーノ。エスプレッソの味を強く味わえることから、コーヒー好きの人達の間で人気の高い飲み物です。エスプレッソと水のみでできている飲み物で、他の飲み物と比べ、エスプレッソショットが1杯余分に入っています。普通のコーヒーと同様に、クリームと砂糖を入れたり、フレーバーをお好みで追加することもできます。
  4. 4
    カプチーノ。フォームミルクとエスプレッソでできているのでラテに似ています。ただしカプチーノの主役はその泡です。カプチーノのを頼むと、出てくるのは液体というよりも軽くふわふわしたものです。カプチーノを注文する時は「ウエット」(それほど泡はない)か「ドライ」(ほとんど泡)を選択します。フレーバーや砂糖の代りに中に何か入れたいときは、注文に加えてください。
  5. 5
    キャラルマキアート。マキアートはイタリア語で「染み、マーク」を意味します。スターバックスでは、キャラメルをエスプレッソの中の混ぜるのではなく、上に回しかけるのでこの商品名がついたと言われています。バニラシロップ、フォームミルク、エスプレッソとキャラメルソースで構成された飲み物です。
  6. 6
    モカ。モカはチョコレートを追加したラテ(ミルクとエスプレッソ)です。モカには、ミルクチョコレートとホワイトチョコレートの2種類があります。ミルクチョコレートの方が味わいが豊かで、ホワイトチョコレートはより甘さを感じる仕上がりになります。フォームミルクではなく普通のミルクで作られることが多いですが、飲み物の上にクリーミーなミルクをのせて欲しいなど、自分の好みに応じ注文しましょう。
  7. 7
    特別なエスプレッソドリンク。心からエスプレッソを愛している方は、エスプレッソをストレートで注文しましょう!エスプレッソショットをシングル(1杯)またはダブル(2杯)で注文し、お好みでエスプレッソの上に何か追加しましょう。フォームミルクをのせてマキアートのような仕上がりにしたり、ホイップクリームを乗せて「エスプレッソコンパナ」にする人が多いです。
  8. 8
    お茶、紅茶類。コーヒーが苦手な方は、スターバックスの膨大なお茶メニューの中からお好みのお茶を選びましょう。ほとんどのお茶類はお湯と茶葉でできていますが、中には牛乳で作る「ラテ」もあります。人気の「チャイラテ」(シナモンのスパイスがきいたフレーバーティー)や「ロンドンフォグ」(甘いバニラとアールグレーティーのブレンド)などがそうです。どのお茶でも温かいか冷たいか、ミルクベースか水ベースを選択できます。
  9. 9
    フラペチーノ。フラペチーノとは基本的にコーヒーとその他の材料をミキサーで混ぜた飲み物のことです。スターバックスでは、多くのフラペチーノメニューや特別メニューを提供しています。お探しのフラペチーノが見つからない場合は、バリスタにどのようなフラペチーノがあるのか尋ねましょう。ストロベリークリームフラペチーノなどコーヒーが含まれないフラペチーノもいくつかあります。フラペチーノには、ホイップクリーム、チョコレートソース、キャラメルソースなどが、飲み物の上にかかっています。
  10. 10
    コーヒー以外の飲み物。コーヒーやお茶類に興味がない方もご安心ください。スターバックスではコーヒーが含まれない飲み物もいくつか提供しています。温かい飲み物ではココア、スチーマー(ミルクとフレーバーミルク)アップルサイダーなどです。コーヒーが入っていない冷たい飲み物なら、レモネードやスムージーをお試しください。
  11. 11
    実際の注文例。自分が注文するコーヒーとそれをどのようにカスタマイズするか決めたら注文しましょう。まずはコーヒーのサイズ、商品名、そして変更点や、希望のカスタマイズ方法を伝えましょう。例えば「グランデチャイティーラテ、フォームミルク追加で」など心配しないで、細かく指定して注文しましょう![2]
    広告

ポイント

  • わからない点は気軽に質問しましょう。
  • 店内でお召し上がりですか?紙のコップではなく店内用のカップも用意されていますので、「店内用カップで」と注文時に伝えましょう。(用意されていない店舗もありますのでご注意ください)
  • 飲み物を手渡された「後で」、自分の注文通りに仕上がっているかを必ず確認して下さい。バリスタがバーで飲み物を作成している時に、横から細かく注文をつけると飲み物の仕上がりの質が下がる恐れがあります。
  • 注文する時に携帯を使うのはやめましょう。非常に無礼です。
  • 自分が知らない飲み物を注文する時は、注文前に試飲可能か尋ねましょう。
  • 出てきた飲み物を確認もせず、そのまま持っていく人もいるので気をつけましょう。自分が注文した飲み物を再度作ってもらわなくてはいけなくなった時のためにも、レシートはなくさないようにしましょう。自分と同じ飲み物を注文した人が何人もいる場合もあります。繰り返しますが、「グランデカフェラテができあがりました!」などの言葉に対して、常に注意を払いましょう。グランデカフェラテはスターバックスで最も定番な注文ですのでお気をつけ下さい。
  • モカなど、フォームミルクが最初からついてくる飲み物を注文するときは、無脂肪牛乳などミルクの種類を指定しましょう。
  • スターバックスは飲み物の注文以外に、パンや焼き菓子類などの食品を提供していますのでぜひご覧ください。
  • 通常、パンや焼き菓子類が並んでいる棚の下の冷蔵コーナーには、様々な種類のボトル飲料が陳列されています。
  • 親切の輪を広げましょう。スターバックスでは自分の代金を支払う際、自分の後ろに並んでいる人の支払いも一緒に済ませるという親切行為が行われることがしばしばあります。皆さんもぜひ、この親切の輪を広げましょう!!!
広告

このwikiHow記事について

共著:
wikiHowスタッフ編集者
この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。
カテゴリ: 食・おもてなし

この記事は役に立ちましたか?

はい
いいえ
広告