スキンアイシングを行う方法

共同執筆者 Joanna Kula

ケイト・モスやローレン・コンラッドといった海外の著名人も美容ケアとして顔面にスキンアイシングを行っていることを公言しています。顔のスキンにアイシングをする(冷やす)と目が覚め、その後まるでスパでフェイシャルを受けた後のようにさっぱりとします。アイシングのを行うことで毛穴やシワが目立ちにくくなり、血行も良くなるので、より健康的で輝くような見た目になるでしょう。皮膚の刺激をを和らげる効果もあるので、ニキビや傷も改善されるでしょう。さらに、捻挫、体の痛み、怪我に対する処置として用いることも可能です。

3の方法1:
氷を顔にあてる

  1. 1
    氷を作る 氷結皿を洗って清潔な状態にして水を入れましょう。冷凍庫の中で水平に置きます。一晩、あるいは水が凍るまで冷やしましょう。
    • ローズウォーターや新鮮なレモン果汁を薄めたものを凍らせると、さらに効果が高まります。ローズウォーターには肌を柔らかくして潤いを与え、さらに皮脂を抑える働きがあります。また、ニキビ、日焼け、年齢肌に効果的です。[1]
    • レモン果汁を用いると年齢肌、そばかす、染み、ふきでもの、オイリー肌といった症状が改善されることもあります。[2]
    • 作りたての緑茶やカモミールティーなどを凍らせても良いでしょう。[3] お茶類には炎症を和らげる働きがあるだけでなく、年齢肌に対する効果も期待できます。[4]
  2. 2
    氷をあてる時間帯を考える 顔全体に氷をあてるのであれば朝、メイクをする前に済ませましょう。ニキビといった特定箇所に氷をあてる場合は就寝前が良いでしょう。どちらの場合も、まず通常通りに顔を洗います。[5]
    • 夜にニキビケアを行うことで皮膚の治癒と再生が促されます。[6]
    専門家情報

    "スキンアイシングを行うと炎症や赤みが軽くなります。さらに、循環や血行が良くなるため、むくみ対策にもなります。"

    Joanna Kula

    Joanna Kula

    Rescue Spaペンシルバニア支店代表エステティシャン
    ルーシー・イェはヒューマンリソース部門責任者、リクルーター、また認定ライフコーチ(CLC)として20年以上にわたる
    Joanna Kula
    Joanna Kula
    Rescue Spaペンシルバニア支店代表エステティシャン
  3. 3
    氷を布で包む 氷を2~3個、ガーゼやハンカチなどの柔らかい布に包みましょう。[7] 氷が溶け始め、水分によって布が濡れてきたところで、肌にあてましょう。[8]
    • 布を使う代わりに手袋を着用しても良いでしょう。
    • 冷凍庫から取り出したばかりの氷を肌にあてないようにしましょう。毛細血管が破損する恐れがあります。
    • 別途、柔らかい布を手元に用意しておきましょう。水が流れ出てしまった時は、この布でさっと拭き取ります。
  4. 4
    氷を顔にあてる 氷を肌にあてて1~2分程、優しく円を描くように動かしましょう。この要領で顎、顎の線、頬、額、鼻、鼻の下にあてましょう。[9]
    • 15分を超えないように注意しましょう。
  5. 5
    スキンケア用品を用いる スキンアイシングを行ったあとは、お好みで保湿液、トナー、あるいはニキビケア用品などを肌につけましょう。[10] 乾燥肌の人はローションよりも保湿効果の高いクリームを用いると良いでしょう。トナーはオイリー肌に有効な洗顔剤です。[11]
    広告

3の方法2:
顔を水につける

  1. 1
    シンクや洗面器を水で満たす まずシンクの掃除を行いましょう。つぎに排水口を閉じます。シンクに水道水を注ぎ、氷をいくつか入れましょう。シンクや洗面器の内側が氷よりも水が多くなっているようにしましょう。[12]
    • より大きな洗面器を用意すると、顔面を完全に水に浸すことができます。
    • 薄切りにしたキュウリやスイカの欠片もお好みで加えましょう。[13]
  2. 2
    顔を水の中に沈める 息を止めて顔を氷水の中に沈めて10~20秒待ちましょう。[14] 数秒から数分の間隔を空けて5~6回繰り返します。[15]
    • 顔が氷水に触れる時はかなり冷たく感じられるでしょう。温度が突如下がることで一時不快感や痛みが伴うかもしれません。逆に、あまりこうした感覚がない場合は氷を少し増やしましょう。
    • 一時的な不快感を除き、スキンアイシングは一部のスキンケア製品に見られるような有害な副作用を含みません。[16]
    • 15分を超えて続けないようにしましょう。
  3. 3
    スキンケア製品でさらにお手入れをする アイシングが完了したら、お好みでスキンケア製品でお手入れをしましょう。例えば、保湿液、トナー、ニキビケア用品があると良いかもしれません。肌が乾燥しやすい人は保湿液を用いましょう。[17]どちらかというとオイリー肌、という人はトナーが良いでしょう。トナーは収斂剤なので、洗顔料に含まれる油分の残留物の薄い膜が取り除かれます。[18]
    • こうしたスキンケア製品をコットンに染み込ませ、顔や首元に塗りましょう。
    広告

3の方法3:
炎症や怪我の処置として用いる

  1. 1
    アイシングが適しているか判断する 表面を氷で冷やすことで炎症が軽くなるだけでなく、捻挫や筋肉痛による痛みや腫れが和らぎます。[19] また、椎間板ヘルニア、骨折といった背中の怪我、注射部位の痛み、さらに足の様々な症状も楽になるでしょう。膝関節置換手術を受けた後の回復を促す効果もあります。[20]
    • 急性の炎症は、刺激、怪我、あるいは手術などに体が反応して起こります。炎症によって痛み、腫れが起こり、肌の熱っぽさや赤みが伴うこともあります。[21]
    • スキンアイシングを行うことで、被膜炎、ハグルンドの変形、踵骨骨端症に伴う足の症状も楽になります。[22]
  2. 2
    アイスバッグかジェル状保冷剤を用意する 早い効きを求めている時はアイスバッグを用いましょう。ジェル状保冷材に比べるとアイスバッグの冷却効果は極めて高いので、冷やし始めの効果も高くなります。[23]
  3. 3
    タオルで包む アイスバッグや保冷材はタオルに包んで怪我を負った箇所にあてましょう。筋肉痛や捻挫の場合は、1度に20分間あてて、1日を通して4~8回繰り返すようにしましょう。[24]
    • 薄手のタオルを用いましょう。1度冷やしたら少なくとも40分空けるようにしましょう。[25]
    • 膝関節置換手術を受けた人は、腫れを抑えるため、運動などで体を動かす前に30分間、さらに動かした後に30分間、膝を冷やしましょう。[26]
  4. 4
    アイシングを行っていない時は患部に圧を加え高く上げる 冷やしていない時は伸縮性のある包帯を怪我の患部に巻きましょう。睡眠の妨げにならない限り巻いたままの状態で就寝しましょう。腫れを抑え和らげるためにも、できる限り高く上げておくようにしましょう。[27]
    広告

ポイント

  • 顔にアイシングをする際は、まず髪をまとめて洗顔をしましょう。急いでいる時は、水につける方法ではなく、氷あるいはタオルに包んだ氷を直接顔にあてる方法を選択しましょう。[28]
  • 氷水に顔を沈めた後は、一時的に顔が腫れるかもしれないので驚かないようにしましょう。
  • アイシングには炎症や腫れを軽減する働きがあるため、目元の腫れぼったさや、二日酔いをしているときの顔全体のむくみにも効果的です。
広告

注意事項

  • レモン果汁を直接顔に塗らないようにしましょう。また、レモン果汁を用いたケアをした後は肌を日光に晒さないようにしましょう。[29]
  • 深刻な怪我を負っている可能性がある場合は医師の診察を受けましょう。例えば、手足に体重をかけることができなくなったり、動かせなくなった時は要注意です。[30]
広告

必要なもの

氷を顔にあてる

  • 水道水
  • 氷結皿
  • ローズウォーター、レモン果汁、お茶(お好みで)
  • ガーゼ
  • 柔らかい布
  • 手袋

顔を氷水につける

  • シンク、大き目の洗面器
  • 水道水
  • 薄切りにしたキュウリやスイカ(お好みで)

炎症や怪我の処置として冷やす

  • 氷の入ったアイスバッグあるいはジェル状保冷剤
  • 薄手のタオル
  • 伸縮性のある包帯

このwikiHow記事について

Rescue Spaペンシルバニア支店代表エステティシャン
この記事はJoanna Kulaが共著しています。 ルーシー・イェはヒューマンリソース部門責任者、リクルーター、また認定ライフコーチ(CLC)として20年以上にわたる
カテゴリ: 生活習慣
  1. https://www.magazinescience.com/en/health/6-benefits-of-skin-icing/
  2. http://www.today.com/style/6-reasons-why-you-should-use-facial-toner-t73941
  3. http://www.bodyandsoul.com.au/beauty/how-to/8-ways-to-fake-flawless-skin/news-story/bdd370bc5c82752cd9a5e541ec763b78
  4. http://www.stylist.co.uk/beauty/kate-moss-talks-holiday-beauty-and-style-inspirations-with-stylist
  5. http://youqueen.com/beauty/skin-care/benefits-of-ice-cold-facials/
  6. http://www.bodyandsoul.com.au/beauty/how-to/8-ways-to-fake-flawless-skin/news-story/bdd370bc5c82752cd9a5e541ec763b78
  7. http://www.mostinside.com/why-icing-your-face-should-be-a-part-of-your-beauty-regime/
  8. https://www.magazinescience.com/en/health/6-benefits-of-skin-icing/
  9. https://intothegloss.com/2014/01/what-is-toner/
  10. https://medlineplus.gov/sprainsandstrains.html
  11. https://medlineplus.gov/backinjuries.html
  12. https://www.foothealthfacts.org/conditions/acute-inflammation
  13. http://kidshealth.org/en/parents/severs-disease.html
  14. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/27900131
  15. http://kidshealth.org/en/parents/strains-sprains-sheet.html
  16. https://www.foothealthfacts.org/conditions/acute-inflammation
  17. https://medlineplus.gov/ency/patientinstructions/000170.htm
  18. http://www.acsm.org/docs/brochures/sprains-strains-and-tears.pdf
  19. http://youqueen.com/beauty/skin-care/benefits-of-ice-cold-facials/
  20. http://www.dermatocare.com/blog/-5-Rose-water-benefits-on-skin---know-from-dermatologist
  21. http://www.acsm.org/docs/brochures/sprains-strains-and-tears.pdf

この記事は役に立ちましたか?

はい
いいえ
広告