シュガーリング用ペーストを作る方法

共同執筆者 wikiHow編集チーム

シュガーリングは古くから用いられている除毛方法ですが、最近人気が高まっています。一見するとワックス脱毛と似ているものの、シュガーリングは家庭にも常備されているような自然な材料が用いられています。[1]家庭に常備されているいくつかの材料とガスコンロがあれば簡単に家でペーストを作ることができます。

パート1(全3パート):材料を合わせる

  1. 1
    鍋を用意する シュガーリング用ペーストを作るのが初めてという人は、高価な鍋を使わないようにしましょう。作り方にはコツがあり、慣れるまでは鍋が焦げ付いて大変な思いをするかもしれません。[2]万が一廃棄することになっても構わない鍋を使いましょう。
    • 材料を合わせて火にかけると、沸騰し泡が発生します。泡があふれ出てくることがないよう充分な大きさの鍋を用意しましょう。
  2. 2
    2カップの上白糖を鍋に入れる これは各家庭に常備されているような最も一般的な砂糖です。スーパーなどでも簡単に購入することができます。このレシピを試す際は白い砂糖を使うようにしましょう。色の変化を頼りにペーストを作っていくので、砂糖の白が基準となります。[3]
    • 作る量を減らしたい場合は、分量を全て半分にしましょう。ただ、シュガーリング用ペーストは完成した後に容器に移して保管することができるので、1度に使い切れない量を作っても心配する必要はありません。
  3. 3
    レモン果汁と水をそれぞれ4分の1カップ加える 4分の1カップ分用意できれば、新鮮なレモンを絞っても、レモン果汁を購入しても構いません。これを鍋の砂糖に加え、さらに4分の1カップの水を注ぎ入れます。ゴムベラや大きめのスプーンを使って3つの材料をよくかき混ぜましょう。[4]
    広告

パート2(全3パート):材料を熱する

  1. 1
    鍋を弱火にかける 合わせた材料を沸騰させます。ただし、じっくりと注意深く温度を上げ鍋が焦げ付かないよう注意しなければなりません。特に初めて作っている人は鍋から目を離さないようにしましょう。焦げ付かせることなく充分に温度を高めるにはコツを要するので、油断は禁物です。[5] 焦げ付いてくると色が濃く黒っぽくなるのですぐに分かります。
  2. 2
    断続的に鍋をかき混ぜ沸騰させる 火にかけたあとは目を離さないようにしましょう。何度もかき混ぜ、材料が鍋底にくっついてしまわないよう注意しましょう。[6] 材料が沸騰してくると薄まったような質感になります。泡が出てくるようになれば、もうすぐで完成ですが必ず完全に沸騰させましょう。[7]
    • 調理用(キャンディ、揚げ物用)の温度計があれば活用しましょう。121度になるまで熱しましょう。水分が減り、砂糖が凝縮されて濃くなっているでしょう。[8]
  3. 3
    出来上がったペーストを白い表面に数滴落としてみる 皿、ペーパータオル、紙など、白いものであれば何でも良いでしょう。こうすることでペーストの色を確認します。黄金色になっているはずです。沸騰させ、このような色になっていれば火を止めましょう。止めた後もかき混ぜ続けましょう。
  4. 4
    電子レンジを用いる 電子レンジを用いる場合は、砂糖1カップ、ハチミツ4分の1カップ、さらにレモン半個分ほどの果汁(およそ大さじ2弱)を用意しましょう。電子レンジ使用可の容器で材料をよくかき混ぜましょう。次に2分間レンジにかけて加熱します。[9]
    • 加熱中はそばを離れないようにしましょう。20~30秒おきにかき混ぜる必要があります。
    • 2分が経過したら、冷ましてから使ったり保管しましょう。
    広告

パート3(全3パート):ペーストを保管する

  1. 1
    ペーストを冷ます 作ってすぐに除毛のために使う場合、特に注意して冷ましましょう。適度に温かく、暑すぎない温度になっていなければ火傷を負ってしまいます。[10] シュガーリングペーストの塗り方や使い方を覚えましょう。完成してすぐに使わない場合でも冷ましてから保存用容器に移しましょう。
  2. 2
    電子レンジ使用可の容器にペーストを移す 後日ペーストを使用する時にさっと温める必要があるので、加熱することのできる容器に保管しましょう。ペーストは室温で保管しましょう。ペーストを柔らかい状態で保管することで簡単に再加熱できるようになります。[11]
    • 電子レンジがない場合、容器を湯に浸して中身を温めましょう。
  3. 3
    使用直前に再加熱する すこし固くなってしまっている場合は、電子レンジにかける前に水を2~3滴加えましょう。熱くなりすぎないよう適度に温めましょう。火傷をする恐れがあるので注意深く取り扱いましょう。熱を加えるとペーストは少し濃さを増すでしょう。[12]
    広告

ポイント

  • 適切な濃度に仕上げることが重要です。ここで紹介している作り方に従いましょう。室温のペーストが肌にくっついてしまったり、体温ほどの温度で伸ばしにくい場合は正しく作れていません。もう一度作り直しましょう。色の変化を注意深く観察しながら火を止めるタイミングを決めましょう。
広告

注意事項

  • ペーストはベタついていて後片付けが大変です。鍋を洗う際は、残っているペーストが液体になるまで熱し、中身をゴミ箱に捨てましょう。【追記】ペーストが薄い層になって鍋に残っている時は、お湯を沸かし、熱湯で洗い流しましょう。より多くのペーストが鍋に残っている場合は、必要な高さまで水をはり、鍋を沸騰させましょう。熱湯でペースト分解されるので、流して捨てることができます。詰まる恐れのない排水口やトイレなどに捨てましょう。このように熱く、ドロッとした液体はシンクには流さないほうが良いでしょう。ふちなどに残っているペーストは上記にもあるように熱湯で洗い流しましょう。熱いペーストが入った重い鍋は、火傷をしないよう充分に注意して取り扱いましょう。
広告

このwikiHow記事について

共著:
wikiHowスタッフ編集者
この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。
カテゴリ: メイク

この記事は役に立ちましたか?

はい
いいえ
広告