シャボン玉を作る方法

共同執筆者 wikiHow編集チーム

シャボン玉を作るのはとても楽しく、簡単です。市販のシャボン玉液を購入するか、家にある材料で自家製のシャボン玉液を作ってみましょう。お好みの大きさと形の吹き棒を用意し、片方の端をシャボン玉液に浸けます。小型の吹き棒なら、口にくわえて吹くと小さいシャボン玉が出てきます。大きな吹き棒は空中で振って特大のシャボン玉を作ることができます。

材料

基本の自家製シャボン玉液

  • ぬるま湯 950ml
  • 白糖 120g
  • 食器用液体洗剤 210ml
  • 植物性グリセリン 60ml (任意で)
  • コーンスターチ 60g(任意で)
  • 食紅(任意で)

パート1(全3パート):シャボン玉液を買う・作る

  1. 1
    手っ取り早く市販のシャボン玉液を買いましょう。多くのスーパーや玩具店では、小さなプラスチックボトルに入ったシャボン玉液が売られており、そのまますぐに使えます。ほとんどのボトルには蓋の部分にプラスチックの吹き棒が付属しています。それを使うか、オリジナルのものを作りましょう。
  2. 2
    自家製のシャボン玉液 を作りましょう。食器用液体洗剤、白糖、水があれば、自分でシャボン玉液が作れます。ぬるま湯950mlに白糖120gを混ぜ、食器用液体洗剤を120ml入れて混ぜればできあがりです。[1]
    • 残ったシャボン玉液は、蓋つきのガラスまたはプラスチック容器で保存します。
    • 作ったシャボン玉液を数時間~一晩おくと、割れにくいシャボン玉が作れるようになります。1週間待つと、さらに強い液になります。[2]
  3. 3
    色や質感を変えてみましょう。基本のシャボン玉液ができたら、質感や色を変える材料を加えるとオリジナルのものが作れます。例えば次のようなものがあります。
    • 植物性グリセリン60ml、あるいはコーンスターチ60gを混ぜるとシャボン玉液が粘性をもち、割れにくいシャボン玉が作れます。[3]
    • 食紅を数滴加えると、シャボン玉液をお好みの色にできます。
    • 異なる色の食器用洗剤を使って色をつけられます。
    広告

パート2(全3パート):吹き棒を用意する

  1. 1
    手っ取り早くスーパーや玩具店で吹き棒を購入しましょう。お店で市販のシャボン玉液を買った場合は、蓋にプラスチック製の吹き棒が付属しているはずです。これは通常数センチの長さで、片側は持ち手であり、もう片側にはプラスチックの輪っかがついています。異なる形や大きさの吹き棒も玩具店で売られています。
    • 特大のシャボン玉を作るためのキットも購入できます。これには、特大のシャボン玉が作れる、網のついた大きな棒が入っています。
  2. 2
    手芸用モールを使って簡単に作りましょう。片方の端を曲げて輪にするだけで、シンプルな吹き棒が作れます。輪の大きさが大きいほど、シャボン玉も大きくなります。[4]
    • 輪の他に、ハート、星、四角形などを作り、様々な形を試してみましょう。
  3. 3
    穴の開いたスプーンやクッキー型を使いましょう。スプーンの穴やクッキー型で簡単にシャボン玉が作れます。スプーンには持ち手があるのでそのまま使えます。クッキー型は棒の先に粘着テープで取り付け、持ち手を作りましょう。[5]
    • プラスチック製のじょうご、円錐型の紙の濾紙、ストローなど、台所にあるものも使ってみましょう。
  4. 4
    ワイヤーハンガーで特大のシャボン玉を作る吹き棒を作りましょう。大人に頼んで、ワイヤーカッターでワイヤーハンガーのフックの部分を切ってもらいます。そして、ハンガーを円、星、ハート、その他作りたい形に変形しましょう。変形したハンガーを粘着テープで棒に取り付けて、持ち手を作りましょう。[6]
    • 持ち手に羽をつけたり色つきのより糸を巻いたりすると、吹き棒がおしゃれに仕上がります。
    広告

パート3(全3パート):シャボン玉を作る

  1. 1
    広い場所に吹き棒とシャボン玉液を持ってきましょう。シャボン玉が割れると液が飛び散って床が滑りやすくなるため、庭や公園などの屋外で行うのが最適です。また、太陽の光でシャボン玉が虹色に映ると非常にきれいです。
  2. 2
    ビンや大きな容器にシャボン玉液を入れましょう。吹き棒の種類に関わらず、シャボン玉を作るには棒の端の部分をシャボン玉液にたっぷりと浸ける必要があります。シャボン玉液を大きなボウル、バケツに入れる、また大きな吹き棒を使う場合は口の広いプランタートレーに入れる必要があるかもしれません。吹き棒が小さいなら、グラスやプラスチック容器で十分でしょう。[7]
    • 子ども用のプールとフラフープがあるなら、プールにシャボン玉液を入れてフラフープで特大のシャボン玉を作ることができます。
    • 吹き棒と容器が大きい場合、2倍の量のシャボン玉液が必要になるかもしれません。
  3. 3
    吹き棒の端の部分をシャボン玉液にしっかりと浸けましょう。シャボン玉を作る方の端が完全に浸るようにします。液から棒を出した時、穴の部分に薄い膜が張っているように見えるはずです。
    • 穴の部分にきちんと液の膜が張っている場合、ラップのように見えます。
    • 穴の部分に一度で適切に液がつかなかった場合は、再度浸します。必要に応じて繰り返しましょう。
  4. 4
    口で吹いて小さいシャボン玉を作りましょう。吹き棒を口にくわえて優しく吹きましょう。液の膜がシャボン玉になり、棒から離れて風に乗って飛んでいきます。
    • 素早く吹くと小さなシャボン玉がたくさんでき、ゆっくり吹くと大きなシャボン玉ができます。
  5. 5
    吹き棒を空中で振り、特大のシャボン玉を作りましょう。特大のシャボン玉用の吹き棒を使う時は、口で吹くことはできません。代わりに空中でそっと振ります。シャボン玉液が吹き棒の後ろ側へ膨らみ、離れ、波のようにうねる大きなシャボン玉になります。[8]
    • 穴に風が通るようにして、どんなシャボン玉ができるのか見てみましょう。[9]
    • 吹き棒を持って歩いたり走ったりして、より大きなシャボン玉を作りましょう。
    • その場で回転すると、シャボン玉に囲まれます。[10]
    • 頭の上で吹き棒を持つと、シャボン玉が空中を漂い地面に落ちて割れるまでの時間が長くなります。
    広告

ポイント

  • 口で吹かずにシャボン玉を楽しむには、バブルマシーンを買いましょう。
  • 遊び心と創造力を取り入れて、シャボン玉で遊びましょう。例えば、誰が一番多くシャボン玉を吹き出せるか、誰のシャボン玉が一番大きいか、誰が一番多くシャボン玉をつぶせるか、誰のシャボン玉が最後までつぶれないか、などを競うゲームをすることができます。
広告

注意事項

  • シャボン玉がつぶれると、液のせいで敏感な肌や目の周りがかゆくなることがあります。
広告

必要なもの

  • シャボン玉液
  • 吹き棒
  • ボウルまたは皿
  • 穴の開いたスプーン(任意で)
  • 手芸用モール(任意で)
  • クッキー型(任意で)
  • ワイヤーハンガー(任意で)

このwikiHow記事について

共著:
wikiHowスタッフ編集者
この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。
カテゴリ: 趣味・工芸

この記事は役に立ちましたか?

はい
いいえ
広告