シャイな性格でも片思いの相手に話しかける方法

共同執筆者 wikiHow編集チーム

片思いの相手に話しかけるのは、誰にとっても緊張することかもしれませんが、シャイな人であれば尚更です。しかし、会話のきっかけとなる話題を知っていれば、恥ずかしがり屋の人でも簡単に相手に話しかけることができます。自信を持つことが大切です。深呼吸をして、自分らしく振る舞えばよいのです!

パート1(全2パート):勇気を出す

  1. 1
    人に挨拶をする 練習すればするほど、自己紹介をすることに慣れ、それを難しいと思わなくなるでしょう。少なくとも1日1人の人に挨拶をしたり、その人のことを褒めるなどして、会話のスキルを身につけていきましょう。クラスメートに挨拶をし、座席が近い人と会話してみましょう。自信がついてきたら、片思いの相手にも挨拶してみましょう。[1]
    • 少しずつ進めましょう。まずは、シンプルに「こんにちは」と言うことから始めましょう。自信がついてきたら、「調子はどう?」などと聞いてみましょう。これを繰り返せば片思いの相手に話しかける勇気が出るでしょう! 
    • 「こんにちは」と言わなくてはいけない訳ではありません。「やあ!」や「ねえ!」など、自分にとってより自然な言い回しでも構いません。
  2. 2
    話す内容をいくつか考えておく 相手のことを少し知っているのであれば、相手の趣味や、お互いに関心のある事について話をするとよいでしょう。相手のことを何も知らないのであれば、最近の流行やイベントなど、気軽に話せる話題を考えましょう。
    • 例えば、相手がスポーツや音楽活動に参加していることを知っているのであれば、「昨晩の試合はどうだった?」や「あなたのバンド、すごく上手なんだってね!次のライブはいつなの?」などと聞いてみるとよいでしょう。
    • 同じ授業を取っていたり、同じ部活動に参加しているならば、そのことを話題にしたり、冗談を言ってみましょう。そうすることで、内輪ネタができ、次に話す時の話題にもなるでしょう。
    • 準備すると言っても、会話の内容全てを書いた台本を前もって用意しておかなければいけない訳ではありません。片思いの相手に話す時は、存在感を示し、自分らしく振る舞いましょう。
  3. 3
    深呼吸して心を落ち着かせる シャイな性格の人は、時に、強い不安を感じることがあります。しかし、深呼吸をすることで身体的緊張をほぐし、心を落ち着かせることができます。恥ずかしすぎて一杯いっぱいになってしまったら、2、3回大きく深呼吸をしてみるとよいでしょう。[2]
    • 深呼吸をしてみましょう。4つ数えながら息を吸い、息を止めながら7つ数え、8秒かけて吐き出しましょう。
  4. 4
    自信があるように見せるため笑顔でいる 笑顔でいると、自分の気持ちを高めることができ、より友好的かつ魅力的な印象を与えます。 笑顔でいることで身体をリラックスさせ、物の見方を変えることさえできてしまうのです。片思いの相手を前に緊張してしまうのであれば、自信のある笑顔を見せましょう。[3]
    • だからといって、バービー人形のように常に笑顔でいなくてはいけない訳ではありません。さっと微笑みかける程度でも、その相手といると居心地が良いと感じていることが伝わるでしょう。
    • 微笑む時は目も使いましょう。そうすることで、より自然な表情を作り出すことができます。
    広告

パート2(全2パート):会話をする

  1. 1
    褒め言葉で始める その相手と一度も話したことがないのであれば、お互いの共通点や会話を始めるきっかけとなる話題を見つけるのは難しいでしょう。話しかけるきっかけが欲しいならば、その人について何かを褒めたり、その人が着ている物についてコメントしてみるとよいでしょう。[4]
    • あなたの好きなバンドのロゴが描かれたTシャツや、あなたが訪れたことのある場所の写真が描かれたTシャツを着ていたら、それは会話を始めるのに最適な話題と言えるでしょう。例えば、「そのバンド大好きなの!コンサートに行ったの?」や「この時期のニューヨークってとても素敵だよね。最近ニューヨークに行ったの?」などと聞いてみましょう。
    • 褒め言葉を言った後は必ずしも会話を続けなければならない訳ではありませんが、続けたいのであれば続けることもできるので、便利な方法と言えます。一度会話してしまえば、あとは相手に会った時に微笑みかけるなどして、その人との繋がりを深めていくことができるでしょう。
  2. 2
    小さな頼み事をする 鉛筆を借りたり、ノートのページを1枚もらえないか頼んでみると、気軽に会話を始めることができます。人は頼まれて助けた相手を好きになってしまうという現象があり、「ベン・フランクリン効果」として知られています。[5]
    • 当然、いつも頼み事をしていては、相手をイライラさせてしまうかもしれませんので、やり過ぎは禁物です。1、2回程度で十分でしょう。
  3. 3
    一緒に勉強しないか誘う 同じ授業を取っている場合、一緒に勉強すれば長い時間相手と気軽に会話をすることができるでしょう。小テストや試験の前に、一緒に勉強しないか、それとなく誘ってみるとよいでしょう。[6]
    • 例えば、親し気に「ねえ、明日のテストの準備できてる?今日の夜にでも、単語の確認し合わない?」などと言ってみましょう。
    • 片思いの相手をどれ程知っているかにもよりますが、図書館やカフェなどの公共の場、または、あなたの家で勉強するとよいでしょう。
    • 片思いの相手と一度も話したことがないのであれば、他のクラスメートを誘って勉強仲間を作り、片思いの相手もさり気なく誘ってみましょう。そうすれば、「突然どうしたんだ?」と思われることなく、気軽なお誘いと受け取られるでしょう。
  4. 4
    質問する 始まった会話を続かせたいのであれば、質問をするのが最も簡単な方法です。質問をすることで、相手に寄せるあなたの関心は本物であることが伝わり、緊張も少しは和らぐでしょう。相当恥ずかしくなってしまったら、質問をして、相手に話をしてもらい、その間にあなたは気分を落ち着かせましょう。[7]
    • 相手の関心事や趣味、仕事、週末の予定、本や映画など、流行っているものについて聞いてみましょう。
  5. 5
    アイコンタクトをしっかり取る シャイな人はアイコンタクトを取るのが苦手かもしれませんが、目を逸らしたくなる衝動に負けてはいけません。会話の最中はしっかりとアイコンタクトを取り、相手の言っている事に興味を示していることを伝えましょう。あまりじっと相手のことを見つめ過ぎても、それはそれで良いとは言えません。自分が話している時は3分の1の時間を、聞き手に回っている時は3分の2の時間をアイコンタクトに使うと覚えておくとよいでしょう。[8]
    • 相手の話をきちんと聞いていることが伝わるので、アイコンタクトを取ることは大切です。
    • 常にアイコンタクトを取るべきではない理由は、そうされると相手は恐怖心を感じてしまうからです。
    • 数秒間何か他のことに視線を向けるなどして、相手から目を逸らすようにしましょう。相手の肩の後ろにある物でも、座った状態であれば自分の膝などでも構いません。
    広告

このwikiHow記事について

共著:
wikiHowスタッフ編集者
この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。
カテゴリ: 社交関係

この記事は役に立ちましたか?

はい
いいえ
広告