シナモンで髪の色を明るくする方法

共同執筆者 Ashley Adams

ブリーチで脱色すると髪が乾燥し、脆くなり傷みます。ブリーチではなく天然成分のシナモンを使って髪色を明るくしましょう。シナモン調合剤を手作りして使うと、髪の潤いを保ったまま、髪色を明るくすることができるうえ、髪に良い香りが残ります。

3の方法1:
準備する

  1. 1
    材料を用意します。買い物に行く前にキッチンの棚をチェックしましょう。自家製ヘアーライトナーに使う材料がすべて揃っているかもしれません。
    • シナモン。シナモンスティックやシナモンパウダーを使います。1度に大さじ数杯も使うので多めに用意します。
    • はちみつ。生はちみつが最適です。生はちみつが手に入らなければ、純度100% のはちみつを使いましょう。
    • コンディショナー。保湿成分入りのコンディショナーを使います。髪が化学物質を吸収しやすくなります。
    • レモンジュース。好みに応じてレモンを絞った汁を使うこともできます。
    • シャワーキャップ。わざわざ買うのが面倒なら、食品用ラップフィルムやレジ袋を使っても構いませんが、顔の周りに使うので気を付けましょう。
  2. 2
    シナモンミックスを作ります。ボウルに材料を入れ、よく混ぜ合わせます。
    • はちみつ240ml
    • ディープコンディショナー240ml
    • レモン汁小さじ1杯
    • シナモン大さじ2杯
    • そのまま少なくとも30分~1時間おきます。はちみつには過酸化水素が含まれており、シナモンを混ぜると過酸化水素が活性化します。シナモンを混ぜてからしばらくおくと、過酸化水素の活性化が進み、髪色を明るく変えられる溶剤になります。 [1]
  3. 3
    髪をとかします。シナモンペーストをおいている間に髪をきれいにとかしましょう。
    • 絡んだ部分をすべてほぐし、滑らかに整えます。こうするとシナモンペーストが髪全体に均等にいきわたります。[2]
    • このシナモンペーストは、洗髪前の汚れた髪や清潔な髪どちらにも使うことができます。
  4. 4
    どれくらい明るくなるかを知りましょう。シナモンペーストで髪色を明るくする場合は、過酸化水素をそのまま使った場合と結果が異なります。
    • 金髪:赤みがかった金髪、茶色のハイライト
    • 黒髪: 明るい茶色、数回行うとほのかな赤みがでます。
    • 赤髪:赤のハイライト、ほのかな茶色
    • 明るい茶髪:さらに明るい茶色およびほのかな赤み
    • 濃い茶髪:明るい茶色と赤
    広告

3の方法2:
シナモンペーストを塗る

  1. 1
    髪を軽く濡らします。髪をびしょぬれにする必要はありませんが、少し湿った状態にしておきましょう。
    • スプレーボトルを使います。シャワーを浴びたくなければ、小さなスプレーボトルを使って髪を濡らします。
    • ブラシを濡らして、濡れたブラシで髪をとかします。こうすると、シナモンペーストが髪の1本1本に浸透します。
  2. 2
    シナモンペーストをテストします。髪に使う前に、溶剤を手に少量塗って反応を確認します。肌に反応が出る場合は使うのをやめましょう。
    • シナモンアレルギーというものが存在します。シナモンペーストを手の甲に塗り、5~10分間待って反応を確認します。
    • シナモンで温かくほてることはありますが、焼けるような痛みを感じることはありません。頭皮が敏感なら、この方法で髪色を明るくするのはやめるほうが賢明です。
    • 焼けるような痛みが生じたら直ちに洗い流します。
  3. 3
    シナモンペーストを髪に塗ります。この手順は汚れやすいので、できれば友人に手伝ってもらいましょう。または、手で塗らずにヘアカラー用のブラシ付きアプリケーターを使うと、汚れが少なくて済むでしょう。
    • 手全体にシナモンペーストをこすります。
    • 髪の根元から毛先まで全体的に塗りましょう。髪全体にいきわたるように、シナモンペーストをたっぷり使います。
    • ペーストの粘度が強すぎる場合は、水60mlを加えて調整します。
    • 髪が多い場合は、塗る前に髪をいくつかのパーツに分けておきましょう。シナモンペーストを塗る時までヘアクリップで止めておくと邪魔になりません。
    • 皮膚がヒリヒリ痛む恐れがあるので、シナモンペーストが首につかないように注意します。
  4. 4
    そのままおきます。シナモンペーストが髪に浸透し髪色が明るくなるまで、くつろいで待ちましょう。
    • 髪をお団子にまとめて覆います。シャワーキャップを使うと簡単に髪を覆うことができます。
    • シナモンペーストを髪につけたまま、少なくとも2~4時間おきます。できれば1晩おきましょう。
    • 枕をタオルで覆います。シャワーキャップで髪を覆っていても、就寝中に動くとシナモンペーストで枕が汚れる可能性があります。タオルで枕を覆って予防しましょう。
  5. 5
    髪を洗い流します。根気強くすすぎましょう。はちみつもベタベタしますが、髪を洗い流す際に一番厄介なのはシナモンです。
    • 髪をすすぎます。髪を洗う前にできるだけ多くのシナモンペーストを髪から洗い流しておきましょう。
    • シャンプーで洗います。シナモンペーストを流せるだけ洗い流したら、シャンプーで髪をしっかり洗います。
    • シナモンを完全に取り除くには、2回シャンプーする必要があるかもしれません。
  6. 6
    必要に応じて繰り返します。ブリーチと違って、このシナモンペーストで劇的に髪の色が変わるわけではありません。シナモンペーストは髪にやさしいので、髪を傷めず何度でも繰り返し使うことができます。好みの明るさになるまで繰り返しましょう。
    • シナモンで髪色を明るくする方法は、効果が少しずつ現れます。1回の施術では、色は少ししか変わりません。
    • 目に見えて明るくなるまでには3~4回繰り返す必要があります。[3]
    広告

3の方法3:
シナモンペーストをアレンジする

  1. 1
    コンディショナーの代わりにオリーブオイルを使います。100%天然素材にこだわるなら、コンディショナーの代わりにオリーブオイルを使うことができます。
    • オリーブオイルは保湿作用に優れているので、オイリーヘアに使うのはやめましょう。また、コンディショナーと比べると、オリーブオイルを洗い流すのは大変です。
    • この天然のコンディショナーはパーマをかけた髪に最適です。パーマをかけて乾燥した髪にオリーブオイルが浸み込んで保湿します。[4]
  2. 2
    カルダモンを使います。カルダモンは過酸化物を活性化するので、シナモンと同じように髪を明るくする作用があります。[5]
    • カルダモンをシナモンの代わりに使っても同様の効果を得られます。
    • シナモンのアレルギー反応が出た場合は、代わりにカルダモンを使いましょう。
  3. 3
    ビタミンCを加えます。簡単な方法で、シナモンペーストに栄養素を足しましょう。ビタミンCは髪の成長を促し、髪を強くする最も効果的な栄養素の1つです。[6]
    • ビタミンCの錠剤2個を砕いてシナモンペーストに混ぜます。
    • ビタミンCで髪色が明るくなり、髪の健康を維持することができます。[7]
    広告

ポイント

  • 髪を3つに分け、それぞれのパーツを2度塗りすると塗り残しを防げます。
  • カモミールシャンプーやカモミールティーバッグで髪を洗うと、髪色がより明るくなります。
  • 後ろ側の髪に塗るのは友人に手伝ってもらいましょう。塗り残しがないかを確認してもらうこともできます。
  • シナモンを自分で挽く場合は、塊が残らず完全に粉状になるようにしっかり挽きましょう。塊では髪色が明るくなりません。
  • シナモンペーストが滑らかな液体のようになるまでよく混ぜましょう。
  • シナモンペーストのダマをなくすと髪色を明るくする効果が増します。また、より明るくしたい場合は、髪に塗ってから少なくとも5時間おきましょう。
  • 髪色が濃い場合は、塗ってから1晩おくと明るくなります。
広告

注意事項

  • 金髪にこのシナモンペーストを使うと、赤みを帯びた髪色になります。
  • シナモンペーストで焼けるような痛みを感じたら、直ちに洗い流しましょう。アレルギー反応の恐れがあります。
広告

このwikiHow記事について

認定美容師
この記事はAshley Adamsが共著しています。 アシュリー・アダムスは2016年に美容専門学校、「John Amico School of Hair Design」を卒業しています。認定資格を取得した後、イリノイ州にて美容師、そしてヘアスタイリストとして働いています。

この記事は役に立ちましたか?

はい
いいえ
広告