コマンドプロンプトを使ってWiFiアクセスポイントを作成する方法

この記事では、コマンドプロンプトを使ってWiFiアクセスポイントを作成する方法を紹介します。使用するコマンドには、Windows 7 またはWindows 8でのみ使用可能なものが含まれているので注意が必要です。

ステップ

  1. 1
    「ファイル名を指定して実行」を起動します。「Windows」キーと「R」キーを同時に押します。「ファイル名を指定して実行」ウィンドウが表示されます。
  2. 2
    コマンドプロンプトを開きます。入力フィールドに「cmd」と入力し、「Enter」キーを押すか「OK」ボタンを押します。コマンドプロンプトが管理者権限で立ち上がります。
  3. 3
    パソコンの状態を確認します。コマンドプロンプトで netsh wlan show drivers と入力します。
    上記の画像に表示されているような内容が表示されます。
    出力結果に Hosted network supported :Yes と表示されていれば、パソコンがアクセスポイント化をサポートしていることを意味します。これを確認しましょう。
  4. 4
    作成します。コマンドプロンプトで netsh wlan set hostednetwork mode=allow ssid=アクセスポイント名 key=パスワード と入力します。これでアクセスポイントが作成されますが、まだ接続はできません。
  5. 5
    開始します。 netsh wlan start hostednetwork と入力し、作成したアクセスポイントの動作を開始しましょう。
  6. 6
    停止します。コマンドプロンプトで netsh wlan stop hostednetwork と入力し、アクセスポイントの動作を停止しましょう。
  7. 7
    詳細を確認します。コマンドプロンプトで netsh wlan show hostednetwork と入力し、アクセスポイントの状態を確認しましょう。
  8. 8
    インターネット接続を設定します。作成したアクセスポイントを使用してインターネット接続を共有させるため、「ネットワークと共有センター」で「アダプタの設定変更」をクリックします。使用する接続を右クリックし「プロパティ」を選択します。(ネットワーク接続で「Microsoft Hosted Network Virtual Adapter」と表示された接続を探しましょう) プロパティの「共有」タブを選択し、 「ネットワークのほかのユーザーに、このコンピューターのインターネット接続をとおしての接続を許可する」のチェックボックスをチェックし、アクセスポイントで使用するネットワーク接続名を選択します。そして保存します。これで、インターネット接続が共有できるようになりました。
    広告

ポイント

  • コマンドプトンプトでの入力が多すぎると思った方がいるかもしれませんが、ほかのやり方もあります。「メモ帳」を開き、全てのコマンドを入力して「.bat」という拡張子で保存します。例えば「hots.bat」などです。
  • .batファイルにコマンドを書いておき、すぐに開けるようにデスクトップ上に保存しておくことができます。
  • そして管理者権限で実行すると、アクセスポイントが使用可能な状態となります。
広告

注意事項

  • コマンドを実行するためには、コマンドプトンプトを管理者権限で起動しなくてはなりません。管理者権限なしではエラーが表示されます。
広告

このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む25人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。

出典

  1. 以下のリンクは、ワイヤレスネットワーク機能について、その他の役に立つコマンドがまとめられているMicrosoft MSDNのページです。"http://msdn.microsoft.com/en-us/library/windows/desktop/dd815243(v=vs.85).aspx"

この記事は役に立ちましたか?

はい
いいえ
広告