コマンドプロンプトからタスクマネージャーを起動する方法

共同執筆者 wikiHow編集チーム

この記事では、Windowsパソコンで、コマンドプロンプトを使ってタスクマネージャーを開く方法を紹介します。

ステップ

  1. 1
  2. 2
    下にスクロールしてWindowsシステムをクリックする  Windowsシステムのフォルダは、スタート画面の一番下の方にあります。
  3. 3
  4. 4
    コマンドプロンプトにtaskmgrと入力する このコマンドを入力すると、パソコンの任意のディレクトリからタスクマネージャーを開くことができます。
  5. 5
    Enterを押す  Enterを押すと、コマンドが実行されます。コマンド実行後すぐに、タスクマネージャーの画面が開くはずです。
    広告

ポイント

  • Ctrl+ Shift+Escを同時に押せば、簡単にタスクマネージャーを開くことができます。
  • Windowsを搭載しているパソコンであれば、どのパソコンでもコマンドプロンプトを開いて、taskmgrのコマンドを実行してタスクマネージャーを起動することができます。ただし、Windows XPを搭載しているパソコンの場合は、このコマンドの代わりにtaskmgr.exeというコマンドを入力する必要があるかもしれません。
  • [ファイル名を指定して実行]にcmdと入力するか、スタート画面の検索バーにcommand promptと入力してコマンドプロンプトのアイコンをクリックすれば、通常どのWindowsパソコンでもコマンドプロンプトを開くことができます。
広告

注意事項

  • パソコンの管理者権限がなくても、このコマンドを実行することはできますが、ネットワークに接続しているパソコンでは、コマンドプロンプトを開くこと自体が制限されている場合があります。
広告

関連記事

このwikiHow記事について

共著:
wikiHowスタッフ編集者
この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。
カテゴリ: PC/Windowsシステム

この記事は役に立ちましたか?

はい
いいえ
広告