ケンタッキーフライドチキンの味を再現する方法

共同執筆者 wikiHow編集チーム

ケンタッキーフライドチキンの味が無性に恋しくなっても、作り方が分からなくて困ったことはありませんか?このKFCを再現したレシピには、見慣れない材料も使われていますが、家族全員が自家製のテイクアウトメニューを楽しめること請け合いです。フライドチキンを作るには、KFCで使われているような圧力鍋で揚げるのが理想的ですが、一般的な鍋やスキレット(鋳鉄製フライパン)を使うこともできます。

材料

  • 鶏肉 1.5kg、10個に切り分ける
  • バターミルク 240ml
  • 卵(大)1個
  • 小麦粉 200g
  • ベジタブルオイル(フライ用)2L

スパイス・ハーブ

  • コーシャーソルト(または自然塩)大さじ2/3
  • ドライタイム 大さじ1/2
  • ドライバジル 大さじ1/2
  • ドライオレガノ 大さじ1/3
  • セロリソルト 大さじ1
  • 挽いた黒コショウ 大さじ1
  • ドライマスタード 大さじ1
  • パプリカパウダー 大さじ3~4
  • ガーリックソルト 大さじ2
  • グラウンドジンジャー 大さじ1
  • 挽いた白コショウ 大さじ3
  • うま味調味料(任意)小さじ2

4人分

パート1(全3パート):スパイスと衣を準備する

  1. 1
    同じ大きさになるまでスパイスを混ぜ合わせる ハーブが同じ大きさに砕けるまで、上記のすべてのスパイスとハーブをフードプロセッサーで混ぜ合わせます。[1]
    • さらに実際の味に近づけるには、500gの鶏肉に対して小さじ1/2杯のうま味調味料(グルタミン酸ナトリウム、MSG)を加えます。ただし、グルタミン酸ナトリウムは食品にうま味を加えるものの、健康にはあまり良くないとされています。
    • オレガノまたはタイムが手に入らない場合は、マジョラムとセージでも代用できます。[2]
  2. 2
    混ぜ合わせたスパイスを小麦粉に加える 小麦粉を大きめのボウルに入れ、スパイスを加えます。泡だて器で材料をよく混ぜ合わせたら、ボウルはいったん脇に寄せておきます。[3]
    • 後で鶏肉をこのボウルに入れて衣を付けるため、最低でもむね肉またはもも肉がひと切れ入る大きさが必要です。
  3. 3
    別のボウルで卵とバターミルクを混ぜる 小麦粉とスパイスが入ったボウルに直接入れてはいけません。別のボウルに卵を割り入れ、次にバターミルクを加えます。卵が完全に混ざるまで泡だて器で材料をかき混ぜます。[4]
    • 鶏肉がすべて入る深さのボウルを使いましょう。
    Advertisement

パート2(全3パート):鶏肉を漬け込んで衣を付ける

  1. 1
    鶏肉を10切れにカットする 手羽肉2本、足(ドラムスティック)2本、もも肉2枚、むね肉2枚を用意します。むね肉はそれぞれ半分に切り、合計4枚にします。[5]1.5kgほどの鶏を使いましょう。[6]
    • すでにカットされた鶏肉を使うこともできます。例えば、10切れのむね肉でも構いません。
    • 皮は残しておきましょう。皮が付いていると、パリパリと香ばしい仕上がりになります。
  2. 2
    鶏肉をバターミルクに20~60分間漬け込む 時間がない場合は、20~30分でも構いません。[7]それでも、1時間が理想的です。鶏肉は室温で漬け込みます。冷蔵庫に入れると、冷たい鶏肉が熱した油の温度を下げてしまいます。[8]
    • 漬け込んだ肉が傷まないように、ボウルにラップをかけます。
    • キッチンの温度が高い場合は、浸け込む時間の半分を冷蔵庫で保存し、残りの半分は冷蔵庫から出しておきます。
  3. 3
    鶏肉に小麦粉とスパイスのミックスをまぶす バターミルクから鶏肉をひと切れ取り出し、余分な水気を切ります。鶏肉を小麦粉とスパイスのミックスに置き、次にひっくり返して両面に衣を付けます。それから、鶏肉を天板に載せます。[9]
    • この手順で残りの鶏肉も準備します。ひと切れずつ衣を付けていきましょう。
    • 衣を付ける直前まで、鶏肉はバターミルクに浸けておきましょう。
  4. 4
    天板の上で鶏肉を5分ほど休ませる 残った粉は捨てましょう。粉は生肉に触れたため、安全に使うことはできません。[10]
    • 生肉を漬け込んだバターミルクも再度使うことはできないため、廃棄しましょう。
    Advertisement

パート3(全3パート):鶏肉を揚げる

  1. 1
    鍋または電気フライヤーに少なくとも15cmのベジタブルオイルを入れる 鶏肉が完全に浸るほどの油が必要です。[11]2L程度の油を用意しましょう。[12]
    • 味がしなければ他の食用油を使うこともできますが、オリーブオイルは香りが強すぎるため、このレシピには向いていません。
  2. 2
    180℃になるまで油を中火から強火で熱する 油が適温になるまで数分かかりますが、鍋から離れてはいけません。油は熱し始めると、急激に温度が上昇します。製菓用温度計やクッキング温度計を使って油の温度に注意を払いましょう。[13]
    • 温度計が手元にない場合は、木製しゃもじの柄の部分を油に入れます。柄の周りに泡が立ってきたら、油の温度は適温です。[14]
  3. 3
    鶏肉を数個ずつ12~18分揚げる むね肉と手羽肉は約12~14分で揚がります。[15]足やもも肉は約15~18分かかります。[16]
    • 内部の温度が75℃になったら、鶏肉は中まで火が通っています。肉用温度計を使って内部温度を計りましょう。
    • 鶏肉が均等に揚がるように、十分な量の油を使いましょう。こうすると、鶏肉を裏返す必要がありません。
    • 鶏肉を揚げ物用のバスケットに入れてそのまま揚げると、後で簡単に取り出せます。
  4. 4
    金属製のトングを使い、フライドチキンを網状のクーリングラックに移す カウンターが油で汚れないように、ラックの下にベーキングシートを敷きましょう。フライドチキンが室温まで冷めたら、食卓に出しましょう![17]
    • フライドチキンを新聞紙やペーパータオルの上に載せてはいけません。蒸気が内部にこもり、衣がふやけてしまいます。
    • 揚げ物用のバスケットを使った場合は、持ち上げた後、電気フライヤーの縁にかけて油を切りましょう。揚げた肉をトングで取り出します。
    Advertisement

ポイント

  • スキレットで鶏肉を揚げることもできます。鋳鉄製のスキレットは熱が均等に伝わり、冷める速度も遅いため、揚げ物には理想的な調理器具です。
  • フライドチキンにマッシュポテト、 グレービーソース、コールスロー、軸付きコーン、自家製フライドポテト、ルートビールを添えて、KFCの代表的なメニューを楽しみましょう。
  • スパイスミックスの量を倍にしておくと、上記のレシピに半分使い、残りの半分を後で使うことができます。スパイスミックスは容器に入れて3か月間保存できます。[18]
Advertisement

注意事項

  • 熱した油は常に慎重に扱いましょう。
  • 排水口に熱い油を流してはいけません。金属の缶に注ぎ入れましょう。
Advertisement

必要なもの

  • ボウル 2個
  • フードプロセッサー
  • 鍋または電気フライヤー
  • トング
  • 網状のクーリングラック
  • ベーキングシート

このwikiHow記事について

共著:
wikiHowスタッフ編集者
この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

この記事は役に立ちましたか?

はい
いいえ
Advertisement