グリーンカードを取得する方法

グリーンカード及び米国永住権を取得すると、合法的に米国内で居住および就労することが可能になります。永住権の取得は米国市民になる第一歩です。家族や雇用主を通じての申請や、その他の特別な理由に基づいた永住権申請が可能です。手続きには時間がかかりますが、それだけの価値があります。永住権取得に必要なステップをこれからご紹介します。

3の方法1:
自分の立場に合った適切な申請カテゴリーを調べる方法

  1. 1
    親族を通じての永住権申請が可能かどうかを判断しましょう。親族経由での永住権の申請は、最も一般的な永住権の取得方法であり、いろいろな意味でも特に取り易い方法です。米国市民である親族が、その直近親族の米国居住を可能にするために、米国移民法で認められた嘆願書提出を行います。
    • 米国市民の直近親族として永住権を取得している人はたくさんいます。21歳以上の米国市民であれば、その配偶者、21歳以下の未婚の子供、両親のために、外国人親族用の嘆願書であるI−130フォーム(Form I-130)を提出することができます。[1] その後「Adjustment of Status」と呼ばれる在留地位変更の手続きを行い、米国の永住者となります。[2] アメリカ国外在住の申請者は、通常の手続きとはやや異なる「consular processing」、つまり自国の米国大使館での手続きを行います。米国務省からビザが発給され、米国への入国が許可されると同時に、申請者は永住者となります。
    • 米国市民ではない、米国永住者の直近親族を通じて永住権を申請する場合は、時間はかかりますが、同様の手続きを行います。
    • 申請者が21歳以上、または既婚者になった時は、直近親族としての申請地位が変更され、「家族」区分での永住権の取得が遅れる原因となります。
    • 米国市民から虐待を受けた配偶者や子供、米国市民の寡夫及び寡婦、米国内で生まれた外交官の子供は、特別家族区分に基づく永住権の申請が可能です。
  2. 2
    雇用に基づく永住権申請が可能かどうかを調べます。様々な区分に分類される一般カテゴリーとはいえ、本質的には、求人、投資、専門職に関連した目的で発給される事例のほとんどがこのカテゴリーに当てはまります。自分自身が以下の区分に当てはまるかどうかを判断して下さい。
    • 米国内の雇用先に就職が決まっている場合 該当する方は、雇用主が労働証明書を取得する必要があります。[3] 雇用主は外国人従業員に対する移民嘆願書であるI−140フォーム (Form I-140)を記入します。[4]
    • 投資ベースの永住権申請 100万 ドル以上の投資、または雇用促進地域では50万ドル以上の投資を行い、最低10人以上のアメリカ市民を直接雇用する予定のある起業家は、投資ベースの永住権申請を行う事ができます。[5] その際、外国人起業家のための移民嘆願書であるI−526フォーム(Form I-526)を記入する必要があります。
    • 卓越技能保持者が自分自身による永住権の嘆願書提出を希望する場合 優れた才能を持つ人またはその分野でトップレベルだと考えられている人(ノーベル賞受賞者やトップアスリートなど)は、個人で永住権の嘆願を行う事ができます。これは非常に稀なカテゴリーです。 [6]
    • 特別職カテゴリーに該当する場合 アフガニスタン人及びイラン人通訳、または米国政府や米国空軍人の補佐を行ったり、その他の特別カテゴリーに属するアフガニスタン人及びイラン人は、この区分からの永住権取得が可能です。[7]
  3. 3
    自分自身が難民や政治亡命者の永住権申請カテゴリーに該当するかどうかを調べます。難民及び政治亡命者として、または政治亡命者の家族として入国した場合は、米国入国後1年で永住権の申請を行う事ができます。
    • 難民として米国に入国して一年が経過すると、必ず永住権の申請を行わなければなりません。[8]
    • 政治亡命者として米国に滞在している場合は、永住権の申請は必須条件ではありません。
    広告

3の方法2:
嘆願書の記入とビザの発給数の上限を確認する方法

  1. 1
    適切な嘆願書を提出してください。自分がどの移民カテゴリーに属するのかが分かったら、家族または雇用主に嘆願書の提出を依頼する必要があります。自ら嘆願書を提出するという稀なケースもあります。
    • 家族ベースの永住権申請を行う時は、外国人親族のための嘆願書であるフォームI−130( Form I-130)を申請者の親族が提出しなければなりません。。
    • 雇用ベースの永住権申請を行う時は、外国人従業員のための嘆願書であるフォームI−140(Form I-140)を申請者の雇用主が提出しなければなりません。
    • 投資を行う起業家は、外国人投資家のための嘆願書であるフォームI−526(Form I-526)を提出しなければなりません。
    • 寡婦及び寡夫枠などの特別カテゴリーに該当する場合は、フォームI−526(Form I-526)を提出します。[9]
    • 難民や政治亡命者が在留地位変更の必要条件を満たしている時は、大抵の場合、嘆願書提出の必要はありません。[10]
  2. 2
    該当するカテゴリーのビザ発給数の上限を確認してください。申請者の親族、雇用主、及び申請者自身が最初に必要となる嘆願書を提出し、残りの申請書類すべてを提出する前に、ビザの発給が可能かどうかを必ず確認します。該当カテゴリーや出身国ごとにビザの発給数は異なります。
    • 直近親族を通して行う永住権申請にはビザ発給数の制限はありません。[11]
    • 直近ではない家族や雇用先を通じての永住権申請に対するビザの発給数には上限があります。申請者には優先日(Priority date)が与えられ、ビザ発給までの待ち時間が始まります。[12]
    • 申請者にはビザ取得までの順番待ち状況を表したビザ官報(Visa Bulletin)が送付されます。
  3. 3
    登録永住者または在留地位変更のための申請書であるI−485フォーム (Form I-485)を提出します。ビザの優先日が来るのを待ってからフォームを提出してください。フォームの記入方法を読み、必要な書類や記入事項すべてを確認してから提出します。すべてのフォームが正しい住所に送付されたかを確認してください。
    • 直近家族を通じての永住権申請にはビザの発給数の上限がありません。親族の嘆願書提出と同時にフォームI-485(Form I-485)を提出する事ができます。
    • この手続きにかかる費用は1070ドルです。[13]
    広告

3の方法3:
最終手続きとグリーンカード取得方法

  1. 1
    バイオメトリックス認証 指紋採取、写真撮影および署名のために、指定された時間にアプリケーション・サポート・センター(Application Support Center)に来るようにと示した通知が届きます。移民局側は これらの情報を元に申請者の身元調査を行います。最終的にこのセンターでは、バイオメトリクス認証を永住権申請の手続きに使用します。
  2. 2
    面接 米国移民局から面接の要請を受け、申請書に関するいくつかの質問に答えなくてはならない場合もあります。 通知が届いたら、予約の時間に間違いなく面接に行きましょう。通知には、面接の日付、時間、および場所が記載されています。
    • 永住権の嘆願書を提出した親族も、申請者と共に面談に呼ばれる場合もあります。
    • 面接には、渡航履歴、パスポート、その他の必要書類すべてを持参してください。
  3. 3
    最終決定と永住権の受け取りを待ちます。 米国移民局(USCIS)は申請者のすべての書類を参照し、必要に応じて面接を課して、永住者になるための必要条件をすべて満たしているかを確認します。最終決定が下されたら、郵送にて結果が届きます。
    • 申請書が却下された時は上訴も可能です。[14]
    • 申請書が承認されたら、永住権の更新に関する情報を含む、今後の永住権取得方法を記した書類が送付されます。
    広告

ポイント

  • 手続きを開始する前に、できる限り多くの項目に目を通してください。家族や恋人の政治活動や犯罪など、あなたがアメリカ市民や永住者になる妨げになるような事項がある場合は、自分は同様の行動を起こす可能性がないと証明するために、そのような生活環境を否認する準備を整えてください。
  • 市民権を確実に取得できるという詐欺商法に、高いお金を払わないでください。永住権申請の手続きを依頼したからといって、その後の市民権取得を確証できる人などは誰もいません
  • 全項目に目を通してください。読めない項目に関しては、信頼できる人に読んでもらいましょう。
広告

このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む13人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。
カテゴリ: 旅行

出典

  1. http://www.uscis.gov/portal/site/uscis/menuitem.eb1d4c2a3e5b9ac89243c6a7543f6d1a/?vgnextoid=f63da6c515083210VgnVCM100000082ca60aRCRD&vgnextchannel=f63da6c515083210VgnVCM100000082ca60aRCRD
  2. http://www.uscis.gov/portal/site/uscis/menuitem.eb1d4c2a3e5b9ac89243c6a7543f6d1a/?vgnextoid=f63da6c515083210VgnVCM100000082ca60aRCRD&vgnextchannel=f63da6c515083210VgnVCM100000082ca60aRCRD
  3. http://www.foreignlaborcert.doleta.gov/perm.cfm
  4. http://www.uscis.gov/portal/site/uscis/menuitem.5af9bb95919f35e66f614176543f6d1a/?vgnextoid=4a5a4154d7b3d010VgnVCM10000048f3d6a1RCRD&vgnextchannel=db029c7755cb9010VgnVCM10000045f3d6a1RCRD
  5. http://www.uscis.gov/portal/site/uscis/menuitem.eb1d4c2a3e5b9ac89243c6a7543f6d1a/?vgnextoid=cf54a6c515083210VgnVCM100000082ca60aRCRD&vgnextchannel=cf54a6c515083210VgnVCM100000082ca60aRCRD
  6. http://www.uscis.gov/portal/site/uscis/menuitem.eb1d4c2a3e5b9ac89243c6a7543f6d1a/?vgnextoid=4505a6c515083210VgnVCM100000082ca60aRCRD&vgnextchannel=4505a6c515083210VgnVCM100000082ca60aRCRD
  7. http://www.uscis.gov/portal/site/uscis/menuitem.eb1d4c2a3e5b9ac89243c6a7543f6d1a/?vgnextoid=a695a6c515083210VgnVCM100000082ca60aRCRD&vgnextchannel=a695a6c515083210VgnVCM100000082ca60aRCRD
  8. http://www.uscis.gov/portal/site/uscis/menuitem.eb1d4c2a3e5b9ac89243c6a7543f6d1a/?vgnextoid=4886a6c515083210VgnVCM100000082ca60aRCRD&vgnextchannel=4886a6c515083210VgnVCM100000082ca60aRCRD
  9. http://www.uscis.gov/portal/site/uscis/menuitem.eb1d4c2a3e5b9ac89243c6a7543f6d1a/?vgnextoid=2da73a4107083210VgnVCM100000082ca60aRCRD&vgnextchannel=2da73a4107083210VgnVCM100000082ca60aRCRD

この記事は役に立ちましたか?

はい
いいえ
広告