クレジットカードを使ってドアを開ける方法

共同執筆者 wikiHow編集チーム

家の鍵をまた忘れてしまったけれど鍵がなくても家に入りたい場合、ドアを開けるのにクレジットカードが使えるかもしれません。この方法は、ばねのラッチか斜めのラッチの、シンプルなドアノブのロックにのみ通用します。ドアを開けるには、ドアとドアフレームの隙間にカードを入れて小刻みに動かします。この方法が使えない場合は、別の解決法に頼りましょう。

2の方法1:
基本のテクニックを使う

  1. 1
    クレジットカードをドアとフレームの間に差し込みましょう。ドアノブとドアフレームの隙間にカードを差し込み、ドアノブの横に来るまで下にスライドさせます。カードとドアが90度になるようにして、カードをできる限り奥に押し込みます。[1]
    • ドアフレームの位置が見にくい時は、もう一方の手でドアを押せるところまで押しましょう。
  2. 2
    カードをドアノブの方へ傾けましょう。自分の方に出ているカードの片側を、ドアノブに当たるくらいまで傾けます。そうすると、ドアとフレームの間の奥の方までカードを押し込めるようになります。[2]
  3. 3
    カードを反対方向へ曲げましょう。カードを反対側へ曲げると、斜めのラッチの先までカードが入り込み、ラッチがドアの方へ押し込まれます。すばやくドアを開け、解錠しましょう。[3]
  4. 4
    ドアに寄りかかり、カードを前後に動かしてドアを開けましょう。ドアが簡単に開かない場合は、ドアに寄りかかってカードを前後に数回動かします。これによりラッチにかかる圧力が強くなり、ドアが開きやすくなります。[4]
    広告

2の方法2:
別の解決法を探す

  1. 1
    鍵のかかっていない窓を探しましょう。家の周りを歩いて1階のすべての窓を、開いていないか確認します。開いている窓があれば、網戸を外して窓を全開にします。そして、よじ登って中へ入りましょう。[5]
    • 窓によじ登るのは危険なことです。登って安全に中に入れるという自信がある場合のみ実行しましょう。
    • 勝手口などがある場合は、そこも確認します。同居人が鍵をかけ忘れているかもしれません。
  2. 2
    ルームメイトに連絡しましょう。友人や配偶者・パートナーと一緒に住んでいる場合は、その人たちに電話をするかメッセージを送り、近くにいないか確認します。誰かが近くにいるなら、家に立ち寄って中に入れてもらえないか頼んでみましょう。この場合、玄関の前で数分待つことになりますが、鍵やドアを壊すことも業者に高い費用を支払うこともありません。[6]
    • 家の近くにカフェがあるなら、カフェへ行って時間を潰すことも考えましょう。
  3. 3
    家主に連絡しましょう。同じ場所に家主が住んでいる場合、これが最善の方法です。電話をかけて在宅かどうか確認し、鍵を開けてもらえないか礼儀正しくお願いしましょう。別の場所に住んでいるとしても、近所で仕事をしている可能性もあり、家まで来て助けてくれるかもしれません。[7]
  4. 4
    最終手段として鍵屋を呼びましょう。ルームメイトがいない、また家主も捕まらないということになれば、いよいよ鍵屋に連絡します。鍵屋を家まで呼んで、中に入れるように鍵を交換してもらいましょう。これで効率的に問題は解決しますが、高くついてしまいます。そのため、他の手段がない場合にのみこの方法を使うのが賢明です。[8]
    • 鍵を交換したりドアを壊したりすると、家主からお金を請求される可能性があることを覚えておきましょう。
    広告

ポイント

  • 同じ状況に陥らないように、予備の鍵を作っていつも持ち歩くようにする、また家の近くに隠しておくなどしましょう。
  • 少し努力しなければ開かないドアもあれば、カードをドアノブと同じ高さのところへ差し込むだけで、傾けたり曲げたりしなくても開くドアもあります。
広告

注意事項

  • ドアを開ける権利があることを証明できるようにしておきましょう。さもないと、クレジットカードでは開かないドアの後ろに閉じ込められるかもしれません!
広告

このwikiHow記事について

共著:
wikiHowスタッフ編集者
この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

この記事は役に立ちましたか?

はい
いいえ
広告