ギブスをつけた状態でシャワーを浴びる方法

共同執筆者 Luba Lee, FNP-BC, MS

脚や腕を骨折すると、どのように入浴すべきなのか悩むかもしれません。ギブスをつけた状態でのシャワーは苦労する点もあるものの可能です。ただし、シャワーを浴びている間にギブスが濡れてしまわないよう注意する必要があります。浴室を使う際は予防策を講じましょう。また、万が一ギブスが濡れてしまった場合は担当の医師に連絡し対処方法を確認しましょう。

4の方法1:
ギブスに防水措置を施す

  1. 1
    ギブスカバーを購入する 様々な手間が省けるので防水方法としては最も簡単な選択肢と言えるでしょう。医師や薬剤師にギブスカバーについて聞いてみましょう。複数のメーカーが製造、販売をしています。[1]
    • 一般的に防水素材で作られた袖(長そで)のような作りになっています。装着して引き伸ばしギブスを覆います。異なる種類のギブスに対応できるよう様々大きさのカバーが販売されています。破れにくい素材が用いられているので、他の方法よりも安心感があるでしょう。
    • 内部の空気を抜くためのポンプがついているカバーもあります。カバーの内側が真空状態になるので、より防水効果が高まります。
  2. 2
    プラスチック製の袋を用いる ギブスカバーがない場合は家に常備されているもので代用しましょう。例えば、密閉式のプラスチック製袋でギブスを覆ってみましょう。[2]
    • 新聞が入っていた袋、パンが入っていた袋、あるいは小さなゴミ袋なども使用することができます。袋を被せ、口の部分を輪ゴムやガムテープなどで固定しましょう。輪ゴムの方が肌に優しいく、袋も再利用できます。
    • ギブスに被せる前に穴が空いていないか、よく確認しましょう。
  3. 3
    食品用ラップを使う しっかりときつく巻くことができれば食品用ラップを使ってギブスを水から守ることもできます。ギブス全体に隙間なく巻いていきましょう。剥がれたり緩むことがないよう、最後にガムテープや輪ゴムで固定します。[3]
    • ラップは他の方法よりも効果が低いという点に留意しましょう。比較的安価な選択肢ではあるものの、隙間から水が入ってしまうかもしれません。
  4. 4
    ギブスの端にタオルや布を巻く 上記のどの方法を用いても、この手順は大切です。ギブスの上の端をタオルや布で巻き、肌とギブスの隙間からの水の侵入を防ぎましょう。ギブスの内側に水が入ると、皮膚感染につながる恐れがあります。[4]
    広告

4の方法2:
その他の方法も試してみる

  1. 1
    ギブスを水から遠ざける どんなにしっかりと防水措置を施していても、水が入ってきてしまう可能性はゼロではありません。ギブスをつけて入浴する際は、水からできるかぎり遠ざけましょう。[5]
    • シャワーではなく、湯船に浸かりましょう。腕の骨折であれば、湯船の方がギブスを水から守りやすいでしょう。浴槽のへりに腕を休ませて、ゆっくりと浸かることができます。
    • シャワーを好む人は、流水がギブスにかからないよう工夫しましょう。脚や腕であれば、シャワーからの水がかからない位置に突き出した状態を維持しなければならないかもしれません。
    • このように水がかからないように注意している場合でも、ギブスは何らかのカバーで覆うようにしましょう。少量の水でも悪影響を及ぼす可能性があります。[6]
  2. 2
    シャワーを浴びる代わりに体を拭く 怪我をした状態でシャワーを浴びると、ギブスが濡れてしまう恐れがあるだけでなく、動きが制限されているためシャワーが扱いづらい可能性もあります。特に脚を怪我していると不便です。可能であれば、体を拭く「スポンジバス」に切り替えてみましょう。[7]
    • 小さな子供がギブスをつけている場合は、本人がギブスに慣れるまで大人が体を拭いてあげましょう。
    • 大人であれば、シンクのそばで自分で自分の体を拭いてみましょう。気兼ねなく頼ることのできる相手がいる場合は、手助けを求めても良いでしょう。
  3. 3
    防水ギブスを使えないか医師に相談する 防水ギブスであれば水がついてしまった時も、より安心です。高い確率でギブスを濡らしてしまいそうな時は、医師に相談してみましょう。[8][9]
    • 防水ギブスには素材別にいくつかの異なる種類があります。どの素材が自分に最も適しているのか医師と相談してみましょう。より合っている素材、合わない素材とがあるので、説明してもらうと良いでしょう。
    • 防水ギブスは100%安全というわけではありません。普通のギブスと比べて耐水性は高いものの、入浴、シャワー、水泳といった場面では十分な予防措置を取る必要があります。できる限り濡らさないようにしましょう。
    • 治すために患部を動かさなければならい骨折もあります。こうした場合、防水ギブスは適さないかもしれません。
    広告

4の方法3:
脚にギブスをつけた状態でシャワーを浴びる

  1. 1
    椅子を用意する 脚を骨折した状態でシャワーを浴びる際は椅子が必要です。庭やキャンプ用の折りたたみ椅子を推奨する人も少なくありませんが、実際に使用する前に医師の了承を得ましょう。また、どのような種類の椅子が自宅のシャワーに適しているのか医療従事者に相談しましょう。[10][11][12]
    • 安定性の高い椅子を選びましょう。浴室内で動いたりずれたりすることがあると、さらに怪我が増えてしまうかもしれません。
    • 滑り止めとして椅子の下にバスマットを敷いた方が良いかもしれません。
    • 怪我をしていない人に椅子を試してもらい、安定性を確認してから実際に使用しましょう。
  2. 2
    椅子に腰かける 杖や歩行器があれば、体を支えながら浴室内を移動しましょう。シャワーに背を向け、椅子に腰かけます。[13]
    • つかまって体を支えられるものは何でも利用しましょう。シャワーの両側、あるいは安定性が高ければシャワーバーにつかまっても良いでしょう。シャワーバーによっては壁に穴を開けて固定されていないものもあるので注意しましょう。実際につかまる前に安全かどうか必ず確認しましょう。
    • ゆっくりと椅子に腰かけ、流水から脚を遠ざけましょう。シャワーを調整できるよう体の向きを変えましょう。
  3. 3
    取り外し可能なシャワーホースを用いる シャワーヘッドを手で持つことができると、椅子に腰をかけた状態でのシャワーもぐっと楽になります。必要な部位のみにシャワーの水をあてられるので、ギブスを避けることができます。[14]
    • シャワーヘッドが固定されている場合は、ボディタオルも取り入れて工夫しましょう。ギブスが濡れてしまわないよう十分に注意しましょう。また、必ずカバーなどで覆ってからシャワーを浴びましょう。
  4. 4
    座った状態で水気を拭き取る シャワーを浴び始める前に、近くにバスタオルを用意しておきましょう。座った状態で水気を拭き取りましょう。手や脚が濡れていると、タオルを取ろうとして立ち上がった際に滑る恐れがあります。[15]
  5. 5
    椅子から立ち上がる 進行方向に身を向けて杖、松葉づえ、歩行器などにつかまり体を支えましょう。ゆっくりと椅子から立ち上がります。[16]
    • 車椅子がある人は、浴室やシャワーブースを出て、ゆっくりと体の位置を下げて車椅子に腰かけましょう。
  6. 6
    事前に医師に相談する 椅子に腰かけてシャワーを浴びる方法は比較的安全ですが、実際に試してみる前に必ず医師に相談しましょう。現在の怪我の状況をもとに安全かどうかの適切な判断を下すことができるのは担当医のみです。身をかがめて椅子に腰かける動作が好ましくないという理由で、他の方法を勧められるかもしれません。
    広告

4の方法4:
ギブスが濡れてしまった時

  1. 1
    ギブスを乾かす ギブスが濡れてしまった時は速やかに乾かすことが大切です。ギブスの効果を保ち、感染症のリスクも下がります。[17]
    • ヘアドライヤーを用いましょう。冷風に設定することがポイントです。温風を用いると火傷をする恐れがあります。
    • ヘアドライヤーがない場合は掃除機にホースをつけて代用してみましょう。
  2. 2
    医師に相談する 濡れてしまったギブスは交換しなければならないかもしれません。うっかり濡らしてしまった時は、すぐに医師に連絡しましょう。できるだけ早く診察を受けましょう。水がギブスに染み込み、肌が感染症を起こす恐れがあります。[18]
  3. 3
    ファイバーグラス製ギブスでも油断しない ファイバーグラス製ギブスは耐水性が高く、表面が濡れても簡単に水分を拭き取ることができます。ただし、内側が濡れて感染症を起こす可能性はゼロではありません。ファイバーグラス製ギブスだとしても、濡らしてしまった場合は医師に相談しましょう。
    広告

ポイント

  • シャワーホースを取り付け、シャワーヘッドを動かせるようにしましょう。特に脚を骨折してギブスをしている時に役立ちます。
広告

このwikiHow記事について

治験審査委員
この記事はLuba Lee, FNP-BC, MSが共著しています。 ルーバ・リーはテネシー州に住む家庭医療を専門とするナース・プラクティショナー(一定レベルの診断や治療を行うことが許可されている上級看護師)です。2006年にテネシー大学にて 看護学修士号を取得しています。
カテゴリ: 個人衛生

この記事は役に立ちましたか?

はい
いいえ
広告