ギターでコードを弾く方法

共同執筆者 Nate Savage

ギターの練習は実に楽しいものだが、コードと聞くと少し躊躇してしまう人もいるかもしれない。だが、恐れてはいけない。コードは単音を弾くのと同じようなものだ。それを複数の単音で一気にやっているだけでしかない。この記事では、ギターの指使いを理解するところから、実際に基本のコードをいくつか弾けるようになるまでを、順番に追っていく。

パート1(全3パート):コードを理解する

  1. 1
    まずは、弦について知る。始めの一歩として一番いいのは、指で実際に確かめながら、ギターの弦に慣れることだ。より分かりやすくするために、ここでは、弦と指に番号を振ろう。弦の番号はこうだ:
    • 垂直だと、一番下の最高音が1弦で、一番上の最低音が6弦だ。
    • 水平での番号は、フレットの位置に呼応する。
    • 弦を押さえる場所に気を付けよう。例えば「3フレットを押さえる」という場合、実際に指で押さえるのは、2フレットと3フレットの「間」だ。3フレット目に触れていなければいけないのは、指ではなくて弦そのものだ。
  2. 2
    番号は指にもふろう。左手を眺めて、指に番号が押されていると想像してみる。人差し指が1で、中指が2、薬指が3で、小指が4だ。親指は「T」だが、この記事では親指を使うコードは登場しない。
  3. 3
    Cコードから始めよう。最初に紹介するのは、曲などで最も一般的に使われるコードの一つ、Cコードだ。だがその前に、コードについて少し説明したいと思う。コードは、日本語で言う和音のことだ。ピアノであれ、ギターであれ、よく訓練されたネズミであれ、3つ以上の異なる音から構成されていれば、それは和音だ(2つの音から成る「ダイアド」は、音楽的には便利だが和音ではない)。この記事では難易度が高いので扱わないが、3音より遥かに多くの音から成るコードも、もちろん存在する。Cコードはギター上だとこんな感じだ:

    • 最低音は、A(5)弦3フレット:C(ド)
    • D(4)弦の2フレットを押さえて、一つ高い:E(ミ)
    • G(3)弦には、指を置かないように注意しよう。Cコードを弾くとき、この弦は「開放弦」として押さえない。
    • 最高音は、B(2)弦の1フレットを押さえて:C(G?=ソ)
    • 基本的なCのメジャーコードは、ギターの両端にある2弦を使わない。
  4. 4
    音を確認してみよう。今の3音を低音から高音の順に、一つ一つ鳴らしてみる。時間をかけてじっくりとだ。弦をフレットまでしっかり押し下げて、弾く。できるだけ長く音を響かせてから、次に移ろう:
    • さっきと同じように、A(5)弦の3フレットを薬指で押さえる。それから、弾く。自然に音が止むまで、そのまま鳴らそう。今のが、C(ド)だ。
    • D(4)弦の2フレットを中指でしっかり押さえて、弾く。E(ミ)もそれだけだ。
    • ここで休憩!試しに、指で押さえていない開放弦のG(3)弦を弾いてみよう。
    • さあ、B(2)弦の1フレットを人差し指で押さえて、高らかにC(ソ)を!
    • それぞれの音を数回ずつ、単独で練習してみよう。十分準備ができたら、ピック或いは指で、真ん中の4本の弦を素早くかき鳴らす。これでCコードは完璧だ!
    • 初めの数回は、指が少し痛むかもしれない。でも皮膚が固くなるにつれて、痛みは無くなる。
    広告

パート2(全3パート):知っているコードの種類を増やす

  1. 1
    さあ、ギターでもっと豊かに表現できるようになろう。Cコードを弾くのはなかなか素敵だし、さらに深く音楽を知るために絶対に欠かせない音だ。けれど、音楽はCコードだけじゃあ、終わらない!これから紹介するFとGはCコードとともに、Cメジャーを弾くときによく使われる。Fコードの一般的な弾き方はこうだ:
    • Fコードの構成音は、F(ファ)、A(ラ)、そしてC(ド)だ。FとCが、同じ指で押さえられていることに注意しよう。つまり人差し指だけで、1弦・2弦の1フレットを「両方」押さえるのだ。
    • 通常は、最も低い音がコードの基準音になる。だが今回の場合、F(ファ)は1弦の1フレットで鳴らされる。これが「転回形」と呼ばれる変形だ。
  2. 2
    Fコードを少し発展させてみよう。Fコードには、さっき紹介した以外の弾き方もある。薬指でD(4)弦の3フレットを押さえて、ルート音(根音)のFを低くするのだ。コードの音自体はあまり変わらないが、響きがずっと「まろやか」になると思う。これがFの発展形だ。"
  3. 3
    次はGコードを試そう。CやFと共に、GコードはCメジャースケール(音階)の3大コードの1つだ。Gコードを弾く方法はたくさんあるが、ここでは2つだけ紹介する。大丈夫、どっちも難しくない。まず、一つ目の方法だ。Fコードの発展形と同じ指使いのまま、左に2フレットずらすだけ。簡単だね?:
  4. 4
    実は、もっと簡単な弾き方もある。これがなんと、指一本でGコードを弾く方法だ。:
  5. 5
    まとめて弾いてみよう。ここまでで、キーC(ハ長調)の基本となる3つのコードが分かった。今度は、3つ合わせて弾いてみよう。耳にしたことのある多くの曲が、同じ調を使っていることに気づくはずだ。さあ、Cコードを4回鳴らす。続いてFコードを2回、Gも2回だ。そして、またCに戻る。
    • それぞれのコードの後にローマ数字が続いていると気付いただろうか。この数字は、指使いに関係なく、コードの基準となるルート音(根音)が、スケール(音階)上でどこに来るかを示している。全ての調における基本コードが一度分かってしまうと、コードをいちいち羅列するより、楽譜を見るほうがずっとシンプルだと分かるはずだ。
    • 指が疲れるまで練習しよう。一休みをして、戻ってくる。なぜかって?そうしたら、EとAの基本コードを教えてあげるからね!
  6. 6
    今からやるのが、キーE(ホ長調)だ。キーEはロック音楽だけでなく、ブルースにもよく使われる。構成コードはEメジャー(I)、Aメジャー(IV)、それからBメジャー(V)だ。さあ、Eメジャーコードを弾いてみよう:
    • このコードは、指の皮が厚くなってからのほうがずっと弾きやすい。というのも、弦をいっぺんに全部鳴らすからだ。『スパイナル・タップ』さながら、Marshallのボリュームを最大限にして、このコードを目いっぱいかき鳴らそう!ロックの神様みたいな気分がしてきたかな?
  7. 7
    どんどん行こう。今度のAメジャーもまた、音楽的に大事なコードだ。Aメジャーを弾く方法はいくつかある。例えば、B(2)、D(4)、G(3)弦の2フレットを指一本で押さえる(音はそれぞれ、C(ド)シャープ(#)、A(ラ)、E(ミ)だ)こともできれば、他の指を使うのも可能だ。その場合、B弦には小指、G弦には薬指、そしてD弦に中指がくる。
    • 素早くコードチェンジをした時などに、変な指使いをしていてもきちんと弾けることがある。上達するにつれ、そうしたアドリブの指使いはどんどん出てくるはずだ。キー(調)はあくまでも、指を最大限活用するためでしかない。基礎が分かったら、わざと脱線するのもありだ。色んな指使いで実験することを、恐れちゃいけない。
  8. 8
    さあ、Bメジャーだ。このコードには、簡単な弾き方と難しい弾き方がある。黒の数字が簡単なほうだ。挑戦者は音をもう一つ加えて、灰色の数字が示す通りに弾いてみよう。
  9. 9
    試してみよう。これは、短めのストロークパターンの一つだ。キーE(ハ長調)で使えるだろう。:
    • ギターをかき鳴らす際のストロークパターンも、色々変えてみるといい。いつまでも楽譜通りじゃ、面白くないだろう?
  10. 10
    キーA(イ長調)も弾いてみる。ここまで来たら、残りはもう全体の30%だ!キーA(イ長調)は、Aコード(Ⅰ)、Dコード(Ⅳ)、そしてお馴染みの我らが友人、気勢溢れるドミナントのEコード(Ⅴ)が構成している。それでは、Dコードを弾いてみよう:
    • 気を付けたいのは、人差し指が1弦から3弦までを全て、指一本で押さえているという点だ。この技法は「バレー・コード」といって、通常は、一本の指で全弦を押さえる。とはいえ、土台の多くは、この記事で紹介しているような基本的な指使いだ。
  11. 11
    Aコードには、別の指使いもある。この変形は、DやEコードと一緒に、Aを弾く時に便利な形だ:
  12. 12
    さあ、実践だ。新しく習ったコードを使って、ちょっとした曲を弾いてみよう。:
    • クリーデンス・クリアウォーター・リバイバルの「ダウンオンザコーナー(Down on the Corner)」を思い出せるだろうか?思い出せたら、さあ、弾いて![1][2]
    広告

パート3(全3パート):コードダイアグラムを動画で見る

  1. 1
    Gメジャーを弾いてみよう。薬指は6弦3フレット、中指は5弦2フレット、そして小指は一番下まで下がって、1弦の3フレットを押さえる。弦を全て使って、音を鳴らしてみよう。もしできるなら、2弦の3フレットを組み込んでもいい。絶対ではないが、コードがずっと豊かに響くのだ。
    • --3--
    • --0--
    • --0--
    • --0--
    • --2--
    • --3--
  2. 2
    Cメジャーを弾く。まず、薬指が5弦の3フレット目にくる。次に、中指で4弦の2フレット目を押さえよう。気づいているかもしれないが、弦が下がっただけで、ここまではGコードの指使いと同じだ。最後に、人差し指で2弦の1フレットを押さえる。鳴らすのは、6弦以外の全ての弦だ。
    • --0--
    • --1--
    • --0--
    • --2--
    • --3--
    • --X--
  3. 3
    お次はDメジャー。このコードで使うのは、下4本の弦だけだ。始めに、人差し指で3弦の2フレットを押さえる。それから、薬指で2弦の3フレットを、中指で1弦の2フレットを押さえよう。小さな三角形が出来たね?Dメジャーは、この3本の弦と、開放弦である4弦だけを鳴らして弾く。
    • --2--
    • --3--
    • --2--
    • --0--
    • --X--
    • --X--
  4. 4
    今度はEマイナーとEメジャーだ。ここでは、Eメジャーの特徴である深くて低い音を出すために、全部の弦を弾かなければいけない。中指と薬指を使ってそれぞれ、4弦と5弦の2フレットを押さえよう。人差し指で押さえるのは、3弦の1フレットだ。そのまま、弦を全部鳴らしてみよう。
    • --0--
    • --0--
    • --1--
    • --2--
    • --2--
    • --0--
    • Eマイナーも難しくない。人差し指を外して、3弦を開放弦にするだけだ。'[3]
  5. 5
    Aコードも、メジャーとマイナーを弾いてみよう。とはいえAメジャーは、一番簡単なコードの一つで、人差し指、薬指、中指でそれぞれ2、3、4弦の2フレットを押さえるだけ。6弦以外を鳴らして、Aメジャーだ。
    • --0--
    • --2--
    • --2--
    • --2--
    • --0--
    • --X--
    • Aマイナーを弾くには、人差し指を2弦2フレットから2弦1フレットに動かそう。形そのものはEメジャーと似ている。
  6. 6
    最後にFメジャーだ。このコードは、少し潰れてしまっているけれど、Cメジャーとほとんど同じようなものだ。5弦と6弦は無視して、薬指で4弦の3フレット、中指で3弦の2フレットを押さえよう。最後に人差し指が2弦1フレットにくる。鳴らすのも、1弦から4弦までの4本だけだ。
    • --0--
    • --1--
    • --2--
    • --3--
    • --X--
    • --X-- [4]
    広告

ポイント

  • 一度基本が理解できたら、キー(調)におけるコードの役割を考えてみるといい。そのほうが、ずっと簡単かもしれない。例えば、キーE(ホ長調)のとき、E(Ⅰ)はトニック(主和音)と呼ばれる。トニックというのは、全コードの目標であると同時に、到達点でもある音のことだ。西洋音楽の動きあるメロディーも、トニックがあってこそ生まれる。一方、キーEにおけるA(Ⅳ)は、サブドミナント(下属和音)だ。この音は、受け身でどっちつかずの性格をしている。先に進んでもいいし、トニックに戻ってもいい。ドミナント(属和音)は、その正反対だ。まさしく音そのままの性格で、自分で指針をとってどんどん進んでいく。キーEの場合は、B(Ⅴ)がドミナントだが、音を聞けば自ずと納得できるだろう。トニックに戻りたくなること、間違いなしだ。コードに慣れてきて、自分でも旋律を作ってみたくなったら、E-A-B(または、その変形)の代わりに、今紹介したようなⅠ-Ⅳ-Ⅴを使ってみよう。そのほうが、転調がずっと簡単だからだ。歌い手が原曲のキーで歌えない時などに重宝するだろう。
広告

注意事項

  • スタジオでのきついセッションを終えた後、リンゴ・スターは叫んだ。「指にまめができた!」それと同じで、ギターの練習にまめは避けて通れないし、指だって痛むだろう。だけれど、何事も「オール・シングス・マスト・パス(全ては過ぎ去っていく)」だ。ギタリストのジョージ・ハリスンも、そう歌ったね。まめだって同じ。いつかは指の皮も厚くなるが、そのためには、練習を重ねるしかない。その内、指の痛みなんて全く気にならなくなるだろう。
広告

このwikiHow記事について

熟練ギタリスト
この記事はNate Savageが共著しています。 ネイト・サヴェージはプロのギタリストです。16年以上にわたり世界中の生徒にギターを教えてきました。ネイトが運営するYouTubeチャンネル、「Guitareo」の登録者は45万人を超えています。
カテゴリ: 音楽

この記事は役に立ちましたか?

はい
いいえ
広告