キーボードの「Print Screen」機能を使う方法

共同執筆者 Jack Lloyd

この記事ではWindowsの「Print Screen」キーを使って、パソコン画面のスクリーンショットを撮る方法を説明します。スクリーンショットを撮ったら、ペイントやMicrosoft Wordなどのプログラムに貼り付けられます。

パート1(全2パート):スクリーンショットを撮る

  1. 1
    Print Screenキーを探します。たいていはキーボード上部の「ファンクション」キー(F5など)が並ぶ列の右端にあります。
    • 多くの場合、「Print Screen」キーの下には「Sys Req」と書かれています。
    • 「Print Screen」キーは「prt scr」「prnt scrn」「prt sc」などと表記されている場合もあります。
    • 「Print Screen」キーの「Print Screen」という文字が他の文字列(「Sys Req」など)の下に記載されている場合、プリントスクリーン機能を使用するにはFnキーも押す必要があります。
  2. 2
    スクリーンショットを撮る対象を開きます。「Print Screen」キーを使ってスクリーンショットを撮る場合、初期設定では画面上のすべてのもの(マウスカーソルを除く)がスクリーンショットに含まれます。
    • スクリーンショットを撮る際は、画面上に個人情報などが出ていないかどうかを確認しましょう。
  3. 3
    Print Screenキーを押します。コンピュータ画面のすべてのものがスクリーンショットとして撮影され、クリップボードに保存されます。
    • Print Screenキーを押しながらAltキーを押すと、前面のウィンドウのみをスクリーンショットに撮ることができます。
    • Windows 8および10では、 Win+ Print Screenキーを押してスクリーンショットを撮ると、コンピュータの「ピクチャ」フォルダにある「スクリーンショット」フォルダに保存されます。
    広告

パート2(全2パート):スクリーンショットを貼り付ける

  1. 1
    スクリーンショットを使うプログラムを開きます。プログラムの一例にはMicrosoftペイント、Word、PowerPoint、メール、ソーシャルメディアなどが挙げられます。
    • WordやPowerPointなどのMicrosoft Officeプログラムを開く場合、新しい空白のドキュメントを開く必要があります。
    • 既存のドキュメントにスクリーンショットを貼り付けることもできます。
  2. 2
    スクリーンショットを貼り付ける場所をクリックします。例えばTwitterに貼り付ける場合、新規のツイートボックスを開きます。Microsoft PowerPointの場合は、空白のスライドをクリックします。
  3. 3
    Ctrl+Vキーを押します。選択したプログラムにスクリーンショットが貼り付けられます。
    • ソーシャルメディアやメールクライアントを使用する場合、この操作によって画像が自動的に添付ファイルとして追加されます。
    広告

ポイント

  • 「Print Screen」キーはオンラインの領収書など、重要な文書を紙に印刷せずに保存しておくのに便利です。
広告

注意事項

  • 紙に印刷する際は、「Print Screen」キーは使用しません。
広告

関連記事

How to

DLLファイルを開く

How to

DNSサーバーが応答しない問題を解決する

How to

コマンドプロンプトでプログラムを実行する

How to

Windowsのライセンス認証の通知を停止する

How to

コマンドプロンプトからタスクマネージャーを起動する

How to

USBメモリを使ってWindows7をインストールする

How to

Windows 7で言語を変更する

How to

WindowsでユーザーのSIDを確認する

How to

コマンドプロンプトでディレクトリを変更する

How to

Internet Explorerを完全にアンインストールする

How to

Windows 10でActive Directoryをインストールする

How to

削除できないファイルを削除する

How to

Windows7でスクリーンショットを撮る

How to

Windows 7でMP3音楽のアルバムジャケット画像を変更または追加する
広告

このwikiHow記事について

wikiHow共著者の一人、Jack Lloydがこの記事を共著しています。wikiHow共著者は、可能な限り正確でわかりやすい記事を提供するため、wikiHow編集者と緊密に協力しあっています。

この記事は役に立ちましたか?

はい
いいえ
広告