キンカンを食べる方法

一般的なキンカン(金柑)は、小さな楕円形のミカンのような形をしています。柑橘類のような酸味と苦味があり、なかには柑橘類との交配種もありますが、異なる属として分類されることもあります。[1]不思議なことに、キンカンの皮は甘く美味で、丸ごと食べると果肉の苦味と皮の甘さが混ざり合い、思いがけない味わいを楽しむことができます。

2の方法1:
キンカンを食べる

  1. 1
    熟したキンカンを選ぶ 熟したキンカンは、品種によって鮮やかなオレンジ色から黄みがかったオレンジ色をしています。緑色のキンカンはまだ熟していないため避けましょう。皮が適度に硬く、キズやしなびた部分のないキンカンを選びましょう。[2]
  2. 2
    キンカンを洗って乾かす 手に入れた場所に関わらず、冷たい流水でキンカンを洗います。皮も食べられるため、表面に付いている殺虫剤や汚れをきれいに洗い流しましょう。洗った後はペーパータオルで軽くたたいて乾かします。
  3. 3
    キンカンを揉む(お好みで) キンカンを指で揉んだり、押し潰したりすると、皮から甘い柑橘系の香りが放たれます。[3]
  4. 4
    種を取り除く(お好みで) 種は食べても安全ですが、オレンジの種のような苦味があります。[4]苦味がお好みでなければ、キンカンを半分に切って種を取り除きましょう。キンカンを丸ごと食べて種を吐き出したり、苦味が気にならなければそのまま食べても構いません。
    • キンカンのヘタも取り除きましょう。
  5. 5
    キンカンを食べる キンカンは甘い皮と酸味のある果肉を持つ珍しい果物です。まずはキンカンの端をかじって皮の味を試してみましょう。そして、口をすぼめてしまうような酸っぱい果汁を味わったら、ゆっくりと噛み続けるか、丸ごと口に放り込んでみましょう。そのまま食べ続けることができたら、果物には珍しく酸味と甘味の融合を味わうことができます。
    • キンカンの品種によって、酸味の少ないものや、皮が厚いものもあります。ひとつの品種を試して好みに合わなければ、他の品種を試すか、料理に使いましょう。
    • キンカンの酸味が苦手な場合は、果汁を絞り出して皮だけを食べましょう。
  6. 6
    残ったキンカンを保存する キンカンは室温で2日ほど、密閉容器に入れて冷蔵すると2週間ほど日持ちします。[5]お好みで、冷蔵庫から出して冷たいまま、または室温に戻して食べましょう。
    広告

2の方法2:
キンカンを料理に使う

  1. 1
    スライスしてサラダに加える キンカンの際立つ風味は、エンダイブやアルグラなどのほろ苦い葉野菜によく合います。鋭いナイフでキンカンを円形に薄くスライスしましょう。種を取り除いてサラダに載せると、鮮やかなオレンジ色が引き立ちます。
  2. 2
    キンカンのママレードを作る キンカンを使うと、一般的なママレードより甘味が強く、苦味が少ないママレードを作ることができます。作り方は、通常のママレードやジャムとほぼ同じです。
    • キンカンの種にはぺプチンが含まれているため、果実と一緒に煮ると濃いママレードになります。種がママレードに入らないように、チーズクロスまたは清潔なガーゼに包んで煮ます。[6]
  3. 3
    キンカンの甘いピクルスを作る キンカンを酢と砂糖に漬け、カルダモン、ターメリック、クローブ、シナモンなどのスパイスを入れてもよいでしょう。ピクルスが出来上がるまで最低3日はかかりますが、ユニークな一品を楽しめます。スパイスに漬けても、キンカンの甘味はいくらか保たれます。
  4. 4
    キンカンを肉料理に使う キンカンの酸味がラムや鳥料理に風味を添えます。肉を煮込み、出来上がる30分前にキンカンを加えます。[7]キンカンとシーフードの相性は抜群ですが、漬け込む必要はありません。キンカンを仕上げに加えるか、飾り付けに使ったり、ビネグレットに入れてもよいでしょう。
  5. 5
    キンカンをウォッカに漬ける 適量のキンカンを洗って半分に切ります。ウォッカ240mlに対して、最低10個のキンカンが必要です。[8]キンカンをウォッカに漬けて涼しい暗所に置き、日に1度容器を振ります。ほのかな風味が2~3日でウォッカに移り、1~2週間経つとより風味は強くなります。数週間または数か月漬け込み、さらに香りを引き出すこともできます。
    • 甘いお酒がお好きであれば、ウォッカ240mlに対して、砂糖をお好みで25gまで加えましょう。[9]
  6. 6
    キンカンを煮る アメリカでは、キンカンは感謝祭の料理の食材として初めて登場したと言われています。これを参考に、キンカンをクランベリーソースに入れて一味変えてみたり、チャツネやデザートに加えてみるのもよいでしょう。
    • キンカン1½カップをスライスし、種とヘタを取り除きます。
    • 60mlの水に入れて蓋を閉め、キンカンが柔らかくなるまで弱火で煮ます。[10]
    • 以下のいずれかひとつを加えます。
      • クランベリーソース 1缶
      • またはドライチェリー、すりおろしたショウガ、黒コショウ、シナモン[11]
      • または砂糖150~200g(キンカンの砂糖漬け用)
    • 蓋をせずに、チャツネがやや透明になるまで10~15分弱火で煮ます。煮汁がなくなってきたら、水を足します。
  7. 7
    キンカンをカップ状にして冷凍する 大きめのキンカンを横半分に切ります。細いティースプーンかグレープフルーツ用のスプーンを使い、酸味のある果肉をすくい出します。果肉はスムージー、フルーツサラダ、アイスクリームに加えることができます。果肉を取り出した皮を密閉容器に入れて冷凍し、シャーベットなどのデザートの容器として利用しましょう。
    • 果実を半分に切ってそのまま食べる方法もあります。卵白とハチミツを混ぜ、キンカンの端に付けます。さらに、粗糖(精製していない砂糖)とシナモンを混ぜたものを付けます。冷凍すると素敵なデザートになります。[12]
  8. 8
    キンカンのさわやかな風味を楽しみましょう。
    広告

ポイント

  • 数種類のキンカンがあり、形(球形または楕円形)や色(黄色またはオレンジ色)が異なります。[13]メイワキンカンは最も甘く、マルミ、ナガミ、ホンコンキンカンの順に酸味が増します。[14][15]
  • 種の大部分は、ヘタの反対側の花床(花が付いていた部分)側にあります。花床側の端を切り取ってナイフで軽くつつくだけで、ほとんどの種を取り除くことができます。[16]
  • キンカンの旬は冬です。他の季節に出回っていたら、おそらくそれは輸入品で、あまりみずみずしく新鮮ではないかもしれません。
広告

必要なもの

  • ナイフ(任意)
  • キンカンを洗う水
  • キンカン
  • 砂糖(任意)

このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む21人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。

この記事は役に立ちましたか?

はい
いいえ
広告