キャンドルのロウを落とす方法

キャンドルを灯したお部屋は一瞬ですてきな空間に早変わりしますが、その後始末はけっこう大変かもしれません。溶けたロウがテーブルクロスなどの布類やロウソク立てにくっついて取れなくなったことはありませんか? ご心配なく。きちんとした方法をとれば簡単にロウを取り除くことができます。それも、ロウを溶かしたり冷やして固めて取るだけです。まずはステップ1から見ていきましょう。

3の方法1:
ドライヤーを使う
編集

  1. 1
    ドライヤーのプラグをコンセントに差し込みます。この方法ではヘアドライヤーを使ってキャンドルのロウを溶かして取りやすくします。これはテーブルやロウソク立てなど硬いものにロウが付いてしまったときに便利な方法です。逆に布などには不向きで、特に色付きのキャンドルの場合は、溶けたロウの色が広がって布に染み付いてしまうので注意してください。
  2. 2
    ドライヤーの設定を「熱風」にしてロウが温まるまで吹き付けます。このときロウが広がらないように注意しましょう。ロウを一カ所に集めると拭き取りやすくなります。
  3. 3
    ロウを拭き取ります。溶けたロウを布切れやペーパータオルで拭き取ります。拭き取ったロウは布にこびりついて取れなくなるので、きれいなタオルは使わないようにしましょう。
  4. 4
    残った跡をきれいにします。薄い膜のようなものが残った場合、洗剤を吹き付けてぞうきんやスポンジで落とします。洗剤は掃除用の多目的洗剤でかまいません。木のテーブルなど傷つきやすい素材の場合には表面を傷つけないように注意して落としましょう。
  5. 5
    必要に応じて繰り返します。拭き取り終わってもまだロウが残っている場合には、再度ドライヤーで溶かしてから洗剤で拭き、ロウがすべて落ちるまでこれを繰り返しましょう。
    Advertisement

3の方法2:
アイロンを使う
編集

  1. 1
    アイロンを中程度の温度に温めます。ロウを熱で溶かすという点ではこれもドライヤーを使った方法に似ていますが、溶かしたロウを拭き取るのではなく吸い出します。そのため、この方法は布地や服についたロウを落とすのに適しています。
    • アイロンの取り扱いには十分に注意してください。温まったかどうか分からないときは、アイロンを触ったりせず、水を垂らしてみましょう。また、アイロンを温めたまま放置しないでください。特に熱い面を下にしたまま放置するのは危険です。
  2. 2
    ロウが付いた部分の上にペーパータオルを敷き、その上にキッチンタオルを置きます。ペーパータオルはアイロンと同じ、またはそれより大きいサイズにしてください。
  3. 3
    温まったアイロンをタオルの上から当てます。衣服にアイロンをかける時のようにアイロンを動かします。こうすることでロウをゆっくり溶かしてペーパータオルに吸収させます。タオルを焦がさないようにアイロンを一カ所で止めずに動かしましょう。
  4. 4
    必要に応じてペーパータオルを替えてください。どの程度しみ込んでいるかときどき確認します。ペーパータオルが溶けたロウを吸い取っていたら新しいものに取り替えます。完全にロウが取れるまで繰り返します。
    • ペーパータオルを取り替えることが大事です。ペーパータオルに完全にロウが染み渡った状態でアイロンをかけ続けると、逆にロウを広げて染みが大きくなってしまいます。
  5. 5
    アイロンのスイッチを切ります。これ以上吸い取れなくなったら、アイロンのスイッチを切ってペーパータオルを捨てます。この作業は10分以上かかります。辛抱強く行いましょう。色付きのロウの場合、吸いきった後は薄い染みが残ります。
  6. 6
    カーペット用洗剤で残りの染みを落とします。カーペット用もしくは布用の洗剤で残りの染みを落とします。布を傷めないように適切な洗剤を使ってください。その後、水に濡らした布で優しくこすって洗剤を浸透させます。
    Advertisement

3の方法3:
エアダスターで冷やしてこすり落とす
編集

  1. 1
    圧縮空気を吹き付けるスプレーを買います。この方法はロウを溶かすのではなく冷やして落としやすくします。これはテーブルやカウンターなど硬い物の表面にロウが付いたときに便利な方法です。ロウをが剥がすには柔らかすぎ、拭き取るには硬い場合や、レーヨンや絹など洗えない布にも有効です。
    • エアダスターはオフィス用品の売り場にあります。また、オフィスビルや学校などパソコンを使う場所には大抵置いてあります。
  2. 2
    ロウにスプレーを吹き付けます。圧縮された空気を吹き付けることでロウが冷えて硬くなり、落ちやすくなります。
  3. 3
    ロウをこすり落とします。ロウが硬くなったら、クレジットカードのようなプラスチック製のものの角を使ってこすり落とすと簡単に取ることができます。きれいになるまでスプレーとこすり落とす作業を繰り返します。
    • ロウをこすり取るのにナイフのような金属製の物は使わないでください。表面に傷がつき、修復できなくなります。
  4. 4
    多目的洗剤で仕上げをします。どんなにロウをこすり落としても、薄い膜のようなものが残っているかもしれません。その場合は少量の多目的洗剤を濡らした布に付けて拭き取ればきれいになります。
  5. 5
    上手く行かなければ氷を使うという方法もあります。少し水に濡れはしますが、手強いロウもエアダスターより強力に素早く落とせます。布などで氷をつかんで直接ロウに当てます。冷たくなればなるほどロウは脆くなり取れやすくなります。
    Advertisement

ポイント編集

  • 水は使わないでください。水で洗ってもロウは取れません。
  • ヘアドライヤーを近づけすぎると布などが焦げることがあるので注意してください。
  • ロウが小さなものに付いている場合は、それを冷蔵庫に1時間ほど入れてからフォークやスプーン、ナイフなどで剥がしてみてください。
  • ロウがガラスや鏡のテーブルに付いた場合は、なるべくよく拭き取った後、湯に浸した布で強くこすり落とします。次に乾いた布で拭き取ればきれいになります。
Advertisement

注意事項編集

  • エアダスターを肌に当てないでください。



Advertisement

この記事は役に立ちましたか?

はい
いいえ
Advertisement