キボウシを植える方法

共同執筆者 Katie Gohmann, 園芸家

キボウシは豊かに生えた大きな葉と小さな花が特徴的な多年草です。キボウシは日陰でも生育しますが、一定量の日光を必要とする品種もあります。園芸家の多くは園芸専門店から既に成長したキボウシを苗で購入することが多いものの、1株から分けたり種から育てることも可能です。

パート1(全3パート):苗代を準備する

  1. 1
    適した時期まで待つ キボウシは寒さに対してある程度の耐性があるので、春になり地面が充分暖かくなったタイミングで植えることが可能です。春から夏はキボウシの成長が活発になり根付きやすいので植える時期として理想的です。
    • 夏後半に植える場合は少なくとも初霜よりも6週間前までに植えるようにしましょう。[1]
  2. 2
    適度な日陰のある場所を選ぶ キボウシは日陰に対する耐性もあり最低限の日光が当たれば成長します。ただし、完全な日陰になってしまうと生育できなくなります。風や雹といった天候条件から守り、正午から午後4時の時間帯に日陰になり、間接的に日光がある程度当たる場所が最も理想的です。[2]
    • 大きな木の下にキボウシを植えると、日光、風、雹から守ることができます。ただし木の根から少し離して植えなければ栄養が木に奪われてしまうこともあるので注意しましょう。
    • キボウシの日陰に対する耐性は品種によって違いがあります。一般的に、葉が黄色い品種は葉が緑、青、白の品種よりも日光に強く、葉の青い品種はより注意深く日光から守る必要があります。[3]
    • ある程度の日が当たる建物の角といった環境でも生育可能です。
  3. 3
    土を改良し耕す キボウシを植える予定の場所の土は、手動の耕運機、回転式耕運機、あるいはくわを使って20センチ程の深さに耕しましょう。[4]土壌改良、齧歯動物除け、さらに土壌を少し酸化させるために、地面をほぐす働きをする有機物を加えましょう。
    • キボウシに適した良質な有機物として、肥しあるいは堆肥、ピートモス、葉の腐葉土などが挙げられます。
    • 6~6.5が理想的なpH値です。
    • キボウシは比較的狭い場所でも植えることができます。植える時は、1つ1つの苗の根と同程度の幅の穴を掘れば充分でしょう。
    広告

パート2(全3パート):キボウシを植える

  1. 1
    水につける キボウシを園芸店から購入すると、根がむき出しの状態で袋に入れて持ち帰る場合もあります。こうした時は特に、根を水に浸して植え替えに備えることが大切です。[5]
    • 樹冠よりもわずかに小さいバケツあるいはボウルを選びましょう。
    • バケツに冷水を入れます。樹冠の部分をふちに休ませるようにして、根を水に浸しましょう。苗1つ1つに同じ手順を行いましょう。
    • 植え替える前に少なくとも1時間は水に浸しておくようにしましょう。すぐに植え替えないのであれば、水に浸したままにして根の水分を保ちましょう。
  2. 2
    根の絡まりをほぐす 植え替える直前にバケツから苗を取り出し、手で根の絡まりをほぐしましょう。指を使って注意深くほぐし、根のどの部分も伸びていく方に真っすぐ向かっているようにしましょう。[6]
    • 植木鉢に入っていたキボウシは特に根が絡まりやすくなっています。絡まったまま地面に植えてしまうと自らを窒息させてしまうこともあります。
  3. 3
    穴を掘る 苗1つ1つに、幅75センチ、深さ30センチ程の穴を掘りましょう。その中に苗を置きます。このとき根が折れ曲がったり絡まっていないことを確認しましょう。優しく土をかけていきます。根の周りにきつく土を敷き詰めないよう注意しましょう。根の部分のみが土に掛かれ、樹冠は完全に地面の上に出ているようにしましょう。[7]
    • 植えた直後にたっぷりと水やりをしましょう。
    • 苗にはこれから成長していくための十分な場所を残しましょう。品種によって差異があります。分からない場合は苗同士の間に75センチ程の間隔を残すようにしましょう。
    広告

パート3(全3パート):キボウシの世話をする

  1. 1
    地面の表面を覆い根覆いをする 苗の周りの表面を覆うことで地面の湿度が保たれ、雑草や齧歯動物を防ぎます。苗を植えた後、根覆いを行い苗の周りに8センチ弱の厚みの層を作りましょう。
    • 小さく刻まれた樹皮、松葉、マルチ処理された葉などが理想的です
  2. 2
    湿度を保つ 苗を植えたらすぐに水やりをしましょう。その後も土の湿度を保ちましょう。日光にさらされている苗ほど、焼けてしまわないよう多めに水を与えましょう。
    • 春から夏の成長期は毎週2.5センチ程の水を与えましょう。[8]
  3. 3
    秋は死んだ葉を剪定する 秋と冬の間キボウシは冬眠するため成長速度が落ちます。つまり栄養も春から夏の季節ほど必要としなくなります。秋になったら死んでしまったり黄色くなってしまった葉を剪定しましょう。[9]
    • 死にかけている葉でも栄養を吸収しているので、こうした葉を秋口に取り除くことで、苗は冬に向けてより多くの力を蓄えられるようになります。
  4. 4
    冬に備える キボウシはたくましいので冬も生き延びる可能性が高いものの、冬支度をすることが大きな助けとなります。地面が凍結するようになったら、苗の周りを落ち葉などで覆い、樹冠の間にも落ち葉を詰めましょう。[10]
    • 最後の霜が終わるまで、このように落ち葉で覆った状態を維持しましょう。
    • こうした有機物で覆うことで、地面の温度と湿度も保たれます。
    広告

ポイント

  • キボウシは一般的に肥料を必要としません。また、必要な栄養素は窒素のみです。
  • キボウシを植木鉢で育てることも可能です。苗の大きさに合ったサイズの鉢を用いましょう。少なくとも、最も大きな根よりもさらに5~8センチの余裕がある大きさを選びましょう。底に石あるいは砂利を敷き詰め、水通りを良くしましょう。
広告

このwikiHow記事について

園芸家
この記事はKatie Gohmannが共著しています。 キャサリン・ゴーマンはテキサス州に住む園芸家です。2008年より家庭菜園を始め、プロの園芸家としても仕事を請け負っています。

この記事は役に立ちましたか?

はい
いいえ
広告