キスマークを偽造する方法

肌に強く吸い付かれたり歯で噛まれたりすると、皮下の血管が破れてキスマークができます。大半の人は消したいと思うでしょうが、逆に付けたいならば、実際に痣を付ける、もしくは単に偽のキスマークを描く方法をいくつか試してみましょう。

3の方法1:
ボトルを使ってキスマークを偽造する

  1. 1
    キスマークの位置を決める 概してキスマークは首のまわりに付けられるものですが、胸部の全域がその的になることもあります。
    • 首に付けるのであれば顎の真下は避け、首の側面の真ん中(もしくは食道の周囲)に付けましょう。首の側面に付けるとキスマークに真実味を持たせる効果があります。
  2. 2
    2リットルのペットボトルを入手する この方法ではペットボトルを用いてキスマークを偽造します。ペットボトルを両手で挟み、両側から中央部分を押しつぶしましょう。
    • これらの作業は鏡の前で行いましょう。自分の動作の一部始終を見届ける役に立ちます。
  3. 3
    ペットボトルの飲み口を体にあてがう キスマークを付ける位置に押しつぶしたペットボトルの飲み口をあてがいます。吸引力を働かせるためには飲み口と肌を密着させる必要があります。密着状態を15秒ほど保ったのち、ペットボトルを引き離しましょう。
    • ペットボトルの中の空気量が少なければ少ないほど(ボトルのへこみが大きければ大きいほど)吸引力が強まります。吸引力が強まると皮下出血を起こす速度が速まり、より強烈なキスマークができることを覚えておきましょう。
  4. 4
    キスマークの幅を広げることを考える ペットボトルの飲み口は完全に丸い形をしています。初めに作ったキスマークから飲み口を1、2cmずらし、キスマークをもう一つ付け足してみましょう。この2つ目のキスマークは、初めのものほどはっきりと付ける必要はありません。ペットボトルを押しつぶすさいには軽めに、また肌にあてがう時間も短めにしましょう。
    • 唇は楕円形に近い形をしています。キスマークの幅を広げると現実味を持たせることができます。
    広告

3の方法2:
アイシャドウを使ってキスマークを偽造する

  1. 1
    キスマークの位置を決める どの部位に付けてもかまいませんが、通常キスマークは首や胸部に付けられる傾向にあります。
    • 首に付けるのであれば側面に付けましょう。首の正面や、喉仏の近く、また顎の真下に付けるのは避けましょう。
  2. 2
    大きめのアイシャドウパレットを入手する 大きめの多色アイシャドウパレットを用意しましょう。濃いピンク、濃い紫色、そして濃いブルーのアイシャドウが必要となります。[1]
    • 細いメイクアップブラシを使ってアイシャドウを塗ります。
    • 地肌の色が濃い場合は、より濃い色のアイシャドウを厚めに塗り、キスマークを目立たせる必要があるかもしれません。[2]
  3. 3
    ピンクのアイシャドウを塗る メイクアップブラシにピンクのアイシャドウを少量(毛先を1、2度アイシャドウパレットに軽くたたきつける程度)つけましょう。鏡で確認しながらブラシをキスマークを付ける位置にあてがい、1.25cmから2.5cm程の楕円形の影を作りだしましょう。[3]
    • メイクアップブラシにアイシャドウをつけすぎないようにしましょう。キスマークの色合いはゆっくりと徐々に仕上げる必要があります。
  4. 4
    紫色のアイシャドウを重ねる 始めにメイクアップブラシの先端に紫色のアイシャドウをつけ、キスマークの中央部分に塗ります。[4]次にブラシの全体を軽くあてがい、小さな楕円形の形にのばします。キスマークの輪郭に向けて外側になじませていきましょう。
    • 色の加減に確信を持てないようであれば、やや薄目の色を使いましょう。アイシャドウは後からでも重ね塗りできますが、一度ついてしまうと拭うのが難しくなります。
  5. 5
    濃いブルーのアイシャドウを重ねる 紫色のアイシャドウと同様、メイクアップブラシの先端にブルーのアイシャドウを少量つけ、キスマークの中央部分に塗ります。[5] ブラシの全体を使って小さな楕円形の形にのばし、キスマークの輪郭に向けて外側になじませましょう。
    • この時点でキスマークはほぼ完成状態にあります。ブルーのアイシャドウをしっかりと塗る必要はありません。塗る前に指や物の角にメイクアップブラシを軽く打ち付け、余分なアイシャドウをはたき落としましょう。
  6. 6
    アイシャドウを定着させる ヘアスプレー、もしくはメイク用のセットアップスプレーを軽く吹き付けましょう。キスマークが衣服へ付着するのを防ぎ、長持ちさせることができます。アイシャドウで偽造したキスマークは洗い流すまで消えることはありません。
    広告

3の方法3:
アルコールベースのペイントを使ってキスマークを偽造する

  1. 1
    キスマークの位置を決める どの部位に付けてもかまいませんが、定番の場所として首と胸部が挙げられます。
  2. 2
    アルコールベースのペイントを入手する 汗に強く、耐久性に優れたアルコールベースのペイントは、アメリカではよく映画や演劇の舞台メイクに用いられます。[6]
    • グリースペイント(ドーラン)を使う選択肢もありますが、体温が上がると溶けるため、あまり長持ちしない傾向にあります。[7]
  3. 3
    ペイントパレットに消毒用アルコールを少量加える 消毒用アルコールの蓋を開け、注ぎ口に綿球をあてがいボトルを反転させ、1秒後元に戻します。その後パレットの上でアルコール消毒液をふくんだ綿球をしぼり、小さな水たまりを作りましょう。
    • アルコールベースのペイントはアルコールに接触すると発色します。この小さな水たまりはペイント用のスポンジにアルコールを染み込ませるさいに必要となります。
  4. 4
    消毒用アルコールにスポンジを軽くひたす スポンジのへりをアルコールの水たまりにつけます。その部分をしぼりスポンジにアルコールを浸透させます。スポンジをペーパータオルに軽く押し付け、余分なアルコールを取り除きましょう。
    • キスマークを付ける準備が整ったら鏡の前に移動しましょう。
  5. 5
    一層目のペイントを塗る 湿らせたスポンジに赤色のペイントを少量つけます。[8] スポンジのはしを使って長さ1.25cm、横幅0.70cm程の小さな楕円形の影を作りましょう。
    • 点描の要領で塗りましょう。小さな点を重なり合わせるように塗るとキスマークを自然に、そして本物のように見せることができます。
  6. 6
    二層目のペイントを塗る 同じスポンジに今度はダークブルーのペイントを付けましょう。スポンジに残った赤色のペイントと混ざり合い、痣の色に非常に近い紫色が出来上がります。[9] キスマークの中央に軽く重ね、内出血しているように見せましょう。[10]
    • スポンジをアルコールにひたし、ペーパータオルに軽く押し付けて湿り気を調節したあとでペイントを重ねると、色を均等に混ぜ合わせることができます。[11]
    広告

注意事項

  • 自分にキスマークをつけるのは、自分に「痣をつける」行為です。空気を圧縮したボトルを肌にあてがうさいには十分に注意しましょう。時間が長すぎると見苦しい、そして場合によっては痛みを伴う痣ができかねないことを覚えておきましょう。
広告

必要なもの

  • 2リットルのペットボトル
  • アイシャドウパレット
  • メイク用ブラシ
  • ヘアスプレー、もしくはセッティングスプレー
  • アルコールベースのペイント
  • ペイント用パレット
  • メイクアップ用スポンジ
  • ペーパータオル

このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む13人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。
カテゴリ: 健康 | メイク

この記事は役に立ちましたか?

はい
いいえ
広告