カナダへ移住する方法

共同執筆者 wikiHow編集チーム

毎年およそ25万人がカナダへ移住します。合法的にカナダへ移住する方法は複数あり、多くの人がそのうち少なくとも1つの資格要件を満たしています。カナダへ移住するための方法について、段階的に詳しく説明します。

パート1(全2パート):カナダの永住権を手に入れる

  1. 1
    カナダへ移住する資格があるかチェックしましょう。移住計画を進める前に、資格を確認します。もしかすると何かの理由に引っかかり、移住できないかもしれません。その理由には以下のようなものがあります。
    • 人権や国際的権利の侵害
    • 犯罪歴
    • 健康上の理由
    • 経済的理由
    • 詐称
    • IRPA(移民・難民保護法)の不遵守
    • 家族として認められない人物の同行[1]
  2. 2
    カナダに合法的に居住する方法を検討しましょう。カナダの永住権を得るためには合法のルートを辿ることが大切です。そうでなければ法を犯すことになり、追放されるかもしれません。カナダの永住権を申請するには、次のような方法があります。[2]
    • 「技能移民」(エクスプレスエントリーへの登録が必要) 技能移民は、カナダの永住権を手に入れる最も効率的な方法と考えられています。マネージャー職や専門職、技能職でのフルタイムの職歴が少なくとも12カ月ある人がこのカテゴリーに当てはまります。[3] この方法で申請する場合は、年齢、職歴、学歴、就業予定の分野を基に、当局により検討されます。
    • 「企業家移民・投資家移民」 この種のビザは個人の企業家、事業家、あるいはプロの投資家のためのものです。投資家枠で申請を希望するには、少なくとも1000万カナダドルか、それ以上の純資産を保持していることが必要となります。[4]
    • 「州推薦プログラム」 州推薦プログラムは、カナダの特定の州が主催する移民の受け入れプログラムに申請し、推薦されたら移住できるというものです。これは比較的珍しい移住の形です。
    • 「家族移民」 家族移民は、すでにカナダに居住している家族が、カナダ国外に居住する親族の永住権をサポートするものです。
    • 「結婚移民」 配偶者が18歳以上のカナダ市民権保持者、もしくは永住権保持者である場合、相手の永住権のサポートができます。この場合、結婚に偽りがなく、永住権のためのものではないことを証明できる必要があります。
    • 「ケベック州移民プログラム」 ケベック州移民プログラムは、州推薦プログラムと同様のものですが、連邦政府ではなく州政府が候補者を選ぶという点で異なります。このプログラムは学生や職業人向けのものです。また、ケベック投資移民プログラム、一時就労者、家族、そしてケベック州に移住を希望する難民に対しても適用されます。
    • 「国際養子縁組」 国際養子縁組では、カナダの市民権保持者が他国から子どもを養子にした場合、その子の永住権を取得することができます。
    • 「介護福祉移民」 カナダ人の世話や介護をする目的でカナダに行く場合は、介護福祉移民ビザに申請することできます。
    • 「自営業者」 自営業を営んでいる場合は、自営業者としてビザを申請することができます。この場合、少なくとも年間4万カナダドルの収入があり、カナダに住みながら、この収入を維持できると証明する必要があることに注意します。[5]
  3. 3
    申請書類を完成させましょう。申請しようとしているビザに必要となる書類を揃えます。例えば、自営業者がカナダに移住しようとしている場合、介護者として移住を考えている人とは異なる書類を記入する必要があります。
    • 専門・技能職の人は、移住のプロセスを早めたい場合、オンラインでプロフィールを入力するエクスプレスエントリーを済ませましょう。このプロフィールには自分自身、語学力、経歴についての情報が含まれます。エクスプレスエントリーでのプロフィール入力が完了したら、カナダ政府のジョブバンクに登録する必要があります(雇用先がすでに決まっている場合を除く)。[6]
    • 自営業者ビザ、企業家ビザ、ケベック州技能移民、家族移民、あるいは州推薦プログラムに申請する場合は、申請書を郵送しなければなりません。[7]
  4. 4
    申請費用を支払いましょう。申請費用は、特に配偶者や家族の移住申請も同時に行う場合かなり高額になります。例えば、個人がエクスプレスエントリーを利用して申請を行う費用は550カナダドルです。しかし、夫または妻、子どもが一緒の場合は、申請費用は合計1250カナダドルとなります。
    • 申請費用は過不足なく支払いましょう。そうしなければ申請を進めてもらえません。
  5. 5
    ビザの到着を待ちましょう。申請に対する返答があるまでに時間がかかることを覚えておきます。エクスプレスエントリーを利用して申請する場合、返答までに最長6カ月待つ必要があります。[8] そのため、カナダに移住をしたいと思ったらできるだけ早く申請しましょう。気が向くまで1週間、1カ月待つのではなく、すぐに申請書を取りに行きます。
    • 申請が却下された場合、再申請する必要があります。ただし、再申請は自身の状況が大幅に変化した場合にのみ行いましょう。また、下された決定に不服申し立てはできません。[9]
    広告

パート2(全2パート):移住の準備を進める

  1. 1
    移住する前に重要書類を集めましょう。移住する時には、カナダに入国するために特定の公式書類を揃える必要があります。以下のような書類が必要となります。
    • 移住する家族全員の移民ビザと永住権の確認書
    • 移住する家族全員の有効なパスポート、または渡航文書
    • 個人、あるいは家族の持ち込み荷物に関する詳細リスト2枚
    • 後日到着する荷物とその価格に関するリスト2枚
  2. 2
    住もうと考えている場所のアパートや家を探しましょう。カナダに移住する前に住む所を確保した方がよいでしょう。また、収入に合わせて住む家を決めます。移住に関わる費用がその他にも多く発生するため、家賃を支払ってもその月に使えるお金が残るようにする必要があることを覚えておきましょう。
    • 可能なら移住の1~2カ月前にカナダを訪れ、どのような家があるのか見ておくとよいでしょう。
    • 出国前に永く住める場所が見つからない場合は、家が見つかるまでの間ホテルに滞在することも検討しましょう。[10]
  3. 3
    民間の健康保険に加入しましょう。カナダでは居住者や市民に無料の健康保険が付与されますが、入国から3カ月間をカバーする民間の健康保険に加入する必要があります。保険会社は州によって異なります。
  4. 4
    語学力を上げましょう。コミュニケーション力は新しい土地で暮らしていくのに役立ちます。英語やフランス語が母国語でない場合は、語学力の向上のために時間と労力を費やしましょう。週末や夜間に受けられるレッスンを探し、語学力を強化します。
    • 英語よりもフランス語がよく使われている州もあります。移住予定の州で最も話されている言語を確認しましょう。
    • カナダの2大言語(英語とフランス語)のうち、すでに1つは話せるという場合はもう一方の言語を学ぶことを検討しましょう。[11]
  5. 5
    (まだ見つかっていなければ)仕事を探しましょう。仕事を確保せずにカナダの永住権を得た場合、移住後の職探しに膨大な時間と労力を費やすことになるかもしれません。カナダ政府のジョブバンクへ登録し、新しい求人募集を頻繁にチェックするようにしましょう。
    • 新しく移住した人はカナダでの職探しの際、障壁に直面します。経歴が認められない、言語能力が十分でない、あるいはカナダでの就業経験が必要となるかもしれません。[12]
    • 社会保険番号はサービスカナダセンター(Service Canada Centre)で取得できます。必要書類を忘れずに持って行きましょう。一時居住者であっても番号を取得することができます。
  6. 6
    カナダの市民権を申請しましょう。カナダに居住することを選び、カナダ市民としての権利を利用したい場合は、これが進むべき次のステップです。そもそもこのために移住したのではなかったでしょうか?
    • カナダに住んで4年目になれば、合法の市民となる申請ができます。カナダに3年間住んでいることに加え、18歳以上であり、英語かフランス語を話すことができ、カナダ社会の慣習を理解し、また政府や政治に関する試験に合格することも必要になります。
    • これらの条件を満たせば、合法のカナダ市民権が与えられます。市民権セレモニーへ招待され、そこでカナダの市民権証書が授与されます。
    広告

ポイント

  • 他の国への移住には、妥協やマイナス面があるかもしれないことに留意します。例えば、医療を無料で受けられたり生活費が安かったりする一方で、新しい文化に慣れ、社会で新しい人間関係を育まなければなりません。移住を決める前に、カナダに住むメリットとデメリットを検討しましょう。
広告

このwikiHow記事について

共著:
wikiHowスタッフ編集者
この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。
カテゴリ: 旅行

この記事は役に立ちましたか?

はい
いいえ
広告