カップルを別れさせる方法

カップルを別れさせるのは危険な試みです。それでも、あなたが心から一緒にいたいと思う相手が他の誰かと交際しているのであれば、試してみる価値はあるかもしれません。2人の破局を決定的なものとするためには、慎重に、疑いの種を植え付けることから始めます。その方法を知りたい方は、以下のステップに従いましょう。

パート1(全3パート):不信感を抱かせる

  1. 1
    自分の行動がもたらす影響を理解する あなたは、自分と好きな人が幸せになるためなら、カップルを別れさせてもいいと思っているかもしれませんね。しかし、世間はそんな風には見てくれません。ましてや、大人で良識のあるカップルであれば、あなたの意図をいとも簡単に見抜いてしまいます。特に、あなたが嫉妬をあらわにして、自分は親友だと主張したり、相手の元恋人だったりすると、なおさら簡単に見抜かれてしまうでしょう。
    • カップルを別れさせたいのであれば、本当にそれが良いことなのかをしっかり自分自身に問いかけましょう。自分の行動と引き換えに尊厳を犠牲にしてもいいのですか?また、破局が自然に起きたのではなく、外からの圧力(あなた)による場合、カップルはお互いへの気持ちを抱いたまま別れることとなり、時間とともにその思いが強くなる可能性もあることを分かっておきましょう。
  2. 2
    本当に一緒にいたい相手なのかを見極める 自分の憧れの相手とその恋人を別れさせたいのであれば、シェイクスピアの悲劇『オセロ』のイアーゴーのように(ただ、悪質さはだいぶ抑えて)、少しずつ確実にカップルの間に入っていく必要があります。その手始めとして、好意を抱いている相手にあなたのことを信用させ、心を開いてもらわなくてはいけません。相手の気持ちに理解を示し、否定をせず、思いやりをもって接することで、あなたが聞き上手だという印象を与えましょう。最初は恋愛の話をしてくれないかもしれませんが、時間とともに打ち明けてくれるはずです。
    • 注意するべきことが1つあります。好きな人と親しくなることと、その人の友達ゾーンに入ってしまうことには、大きな違いがあるのです。必要以上に友達らしく振る舞うと、恋愛対象とは見られなくなってしまうので気を付けましょう。また、相手の恋人に気付かれたら、必ず失敗します。99%の確率で上手くいかなくなるでしょう。
  3. 3
    今の恋愛の欠点を打ち明けさせる どんな恋愛でも上手くいかないことはあります。ただ、付き合い始めのラブラブ期間を過ぎてから何年も一緒にいるようなカップルが別れることは、なかなかありません。ここであなたが一番やってはいけないのは、相手の恋愛を真っ向から批判して、恋人の文句を言うことや、相手の恋愛は最悪だと思わせてしまうことです。そんなことをすれば、相手はむきになって反発し、何としてでも今の恋愛を修復しようとします。自分の恋愛が失敗だなんて誰も思いたくないのですから、相手が自分で問題に気付くまで待ってあげましょう。[1]
    • 相手に恋愛の話してもらうところから始めます。無邪気に質問をしてみましょう。例えば、前夜に彼女のバンドが地元でライブをしていたのに、彼女の恋人は来ていなかったという情報があるなら、「彼氏はライブを楽しんでいた?」と聞いてみましょう。
    • どんな夜になったのかを聞いてみます。何か悩んでいるようであれば、「週末は何をしていたの?」と聞き、あとは相手が話すのを待ちましょう。
    • 「それでどんな気持ちになったの?」と聞いてみましょう。答えやすい無難な質問をして、相手から話させます。そうすれば、恋愛関係の亀裂が見えてきます。
    • あなたが別れさせたいカップルの関係が健全であれば、相手が否定的な意見を口にする可能性は低くなります。しかし、意中の相手があなたと親しくなりたいと思った時点で、その人の恋愛関係が何の問題もなく順調である可能性は低いといえるでしょう。
  4. 4
    話し続けさせる 相手が恋愛で上手くいっていないことや恋人との問題を話し始めたら、むやみに同意して「君にはもっといいが人いるよ」とは言わないようにしましょう。あなたに下心があると気付かれてしまいます。代わりに、一歩引いてみるか、理解ができていないように装い、なぜそんなに悲しいのか、ひいては、なぜ恋人が完璧ではないのかを相手に話させましょう。
    • 相手は、恋愛に関する不満を話せば話すほど、もっとたくさんの問題に気付いていくはずです。
    • 何か否定的な話がでてきたら、とりあえず話し続けさせましょう。なぜそう思ったのかを聞いてみると、相手がより深く考えるきっかけになります。
    • 相手の恋愛関係を否定しなければ、後々自分が得をします。いつか相手と付き合えたときに、あなたが破局の原因だとは誰も思わないでしょう。あからさまに恋人を批判すると、特に計画が失敗した時に、あなたが破局の元凶だとバレてしまいます。
    広告

パート2(全3パート):破局を決定的なものにする

  1. 1
    相手に好かれる人になる あなたの性格を根本から変えなくても、相手が求める恋人像に近づく努力をすることはできます。彼女が、「恋人は自分の気持ちに無関心だ」と愚痴をこぼしていたら、彼女の気持ちを聞き出してあげます。彼が、「趣味を恋人と共有できたらいいのに」と思っているなら、一緒にハイキングをしたり、彼が気に入っている新しいヴィーガンカフェに一緒に行ってみたりしましょう。
    • 人の心を操っているように見えるかもしれませんが、それは違います。きちんとした理由があって相手と一緒にいたいのであれば、良い恋人になりたいと思うのは当然のことですからね。
    • 大げさに扱いすぎないように気をつけましょう。相手が、「恋人が全然尽くしてくれない」と愚痴をこぼしたら、相手が仕事で忙しい日にランチやお茶に誘いましょう。ただ、これが裏目に出て、あなたが感情のはけ口の役目だけで終わってしまう可能性もあります。
    • 度を超えてやり過ぎないようにしましょう。好きな相手のために何かしたり、良い人になったりすると、まるで自分が恋人のような立ち位置になりますが、やり過ぎは禁物です。花束を贈ったり、容姿を褒めたりはしないようにしましょう。高価な物を贈るなど、ロマンチックなことをすると、露骨に意図が伝わり、相手につけこまれて利用される可能性があります。
  2. 2
    あなたの存在を確立させる 相手の好き勝手にさせて、言いなりになるということではありません。少しずつ、一緒にいる時間を増やしていくのです。授業に車で送っていくよと伝える、気軽にご飯に行く、テニスで楽しく試合をしようと提案する、など相手の日常にいつもあなたがいるようにしていきます。ただ、しつこくしすぎないように気をつけて、相手からも連絡がくるようにしましょう。
    • 「都合のいい人」にならないようにしましょう。あなたにはあなたの生活があると相手に分かってもらう必要があります。この「破局作戦」が全てではありません。
    • 一緒にいる時間が増えれば、相手は、あなたが恋人だったらどんな生活が待っているかをイメージすることができます。そうすれば、あなたに対して良い印象を持ち、信頼をおくようになるでしょう。
  3. 3
    カップルの弱点を利用する どんなカップルでも何かしらの弱点があります。例えば、大きな飲み会でケンカをしやすいタイプのカップルであれば、あなたが主催するパーティーに招待します。好意を抱いている相手の彼氏に浪費癖があるなら、その彼氏に絶対買いの新商品があると伝えます。見た目ばかりを気にする彼女持ちの相手なら、その彼女と一緒にショッピングに出かけましょう。
    • カップルの間に欠点が1つ見つかったら、実際はもっとたくさんの欠点が隠れているかもしれません。その欠点をどんどん悪化させていきましょう。小さな亀裂を、修復不可能な大きな穴に変えていくのです。
    • カップルの片方が結婚をしたくて、もう片方が渋っているような場合は、結婚を話題にあげましょう。自分の両親の結婚記念日について話したり、知り合いの婚約パーティーに招いたり、ダイヤモンドの指輪のカタログをメールで送ってもいいかもしれません。
  4. 4
    それぞれ1人でいる時間を長くさせる 一緒にいない時に楽しい時間が多ければ多いほど、お互いへの関心は薄れていきます。好意を抱いている相手の恋人を楽しい夜の集まりに誘って、さらには意気投合しそうな人を紹介しましょう。2人が離れている時間をできるだけたくさん作って、お互い離れている時の方が楽しいと気付かせるのです。
    • あからさまにならないよう気を付けましょう。自然と2人が離れていくように、楽しい集まりがあると気軽に紹介します。
  5. 5
    付き合いたい相手の友達と仲良くなる 好きな人がひどい恋愛をしていて、あなたと付き合った方がよっぽど良いような状況では、きっとその人の友達も同じように考えてくれるはずです。その場合、自分からあまり目立つようなまねはせず、あなたは良い人だという印象だけを与えて、友達と仲良くなりましょう。その友達が、あなたの好きな相手に、「いつまであんな人と一緒にいるの?代わりに○○(あなたの名前)さんと付き合ったらいいのに」と言ってくれるかもしれません。
    • 好きな人の友達との集まりでは、好きな人に執着しすぎないように気を付けましょう。友達には、あなたがその人目当てで来ていると思われるのではなく、ただ2人がお似合いだと思ってもらうことが大切です。
  6. 6
    かまってほしがらない どんな間柄でも、いつでも頼れる親しい人と、いつでも一緒にいたいアピールをしている人は全くの別物です。あからさまな夜のデートに誘ったり、特別な行事やカップルならではの季節に一緒に出かけようとしたりするのはやめましょう。あなたと付き合ったら、いつもかまってほしいアピールをしてくるのではという誤解を与えてしまいます。誰でもそんな人は嫌ですよね。
    • 好きな人に5分ごとに電話やメッセージをしなくても、相手が必要な時にかけつけることはできます。あなたは罠を仕掛けて、相手が自分からかかるのを待てばいいのです。
  7. 7
    嫉妬させる 意中の人にあなたの大切さを気付かせたいなら、あなたに恋人候補がいるのを見せることが一番手っ取り早いでしょう。相手を嫉妬させるために、誰かを利用しなくてはいけないわけではありません。あなたの恋愛対象と同性の親友と過ごす時間を増やして、当たり障りのないデートに何回か出かけ、その報告をすればいいのです。相手は即座にあなたに対する見方を変え、必死になります。あなたがいつまでも当たり前にそばにいてくれるわけではないということを分からせましょう。[2]
    • これで相手は、「うそ!大事な親友を取られちゃったかもしれない…でも、何でそんなことが気になるんだろう。私、あの人の事が好きなのかな」と考えるようになるでしょう。
  8. 8
    別れが訪れたら適切な対応をする 相手が「あなたのために」関係を終わらせているのが明確でないかぎり、すぐに付き合おうとするのは良くありません。別れが必然的であったとしても、相手は悲しんでいます。まずは、良い友達として思いやりを持って話を聞き、頼りになる人として相手に寄り添いましょう。
    • 「話したいときはいつもそばにいるよ。きっと想像もできないほどつらいよね」と伝えましょう。
    • ここで、別れた恋人の悪口を言わないように気をつけましょう。別れた直後に元恋人のことを悪く言うと、相手を怒らせてしまうかもしれません。
    • 相手が元気になる方法を見つけましょう。まぬけな顔のぬいぐるみをあげたり、お笑いを見に連れて行ったりします。まだ、ロマンチックなことはしないように気をつけましょう。
    広告

パート3(全3パート):新しい恋愛を長く続ける

  1. 1
    事を急がない 好きな人と一緒にいるために、別れるまで何ヶ月も(もっと長いかもしれませんね!)待ってきたかもしれませんが、すぐに同居して、体の関係を持って、両親や親友みんなに紹介して、とはいきません。きちんと時間をかけましょう。すぐに付き合えることになったとしても、毎分毎秒一緒にいないようにします。会う回数は週2回ほどにとどめて、相手の傷が癒える時間を与えましょう。
    • 一番良いのは、相手が落ち着いて、心の準備ができるまでは一切デートをしないことです。ただ、本気で好きな相手を待つなんて、口で言うほど簡単ではないかもしれません。
  2. 2
    元恋人の話題は避ける あなたと恋人は今まで、何時間もかけて前の恋愛を細かく分析してきたことでしょう。しかし、この段階まで来たらもう過去を蒸し返さないようにしましょう。元恋人が存在しないかのように振る舞うのは不自然ですが、相手が十分な時間をかけて心の距離を置くまで、元恋人の事を話題に出さないようにしましょう。場合によって数ヶ月、または1年以上かかることもあります。[3]
    • もちろん、相手が前の恋愛について話したいのであれば、無理に話題を変える必要はありません。ただ、「今の自分たちの関係が安定するまでは、できる限り過去を忘れて今に集中した方がいいと思う」とあなたの気持ちを伝えてもいいでしょう。
  3. 3
    新しい恋愛を新しい形で楽しむ 過去にとらわれないようにしましょう。また、相手の理想の恋人にならなくてはいけないと思いつめたりせずに、あなたらしくいることが大切です。2人が運命の相手なら、お互いにとってしっくりくる方法で、本当の幸せを見つけることができるはずです。元恋人と自分を比較したり、正反対の人間になろうとしたりせず、素のあなたでいましょう。[4]
    • あなたが巧みに作戦を練って、今の関係を築いたのは事実かもしれませんが、このまま関係を続けたいのであれば、2人が一緒にいられることだけを考えていきましょう。
    • 付き合う前に一緒にやったこととはまた別に、新しく2人でできることを探しましょう。あなたが過去にとらわれず、自分が今の恋人だと思えるようなことを見つけるのです。
  4. 4
    過去に縛られないようにする あなたは複雑な心境かもしれません。今の恋人は、あなたのために元恋人と別れたのですからね。もしあなたより意気投合する人が現れたら、また同じことが起こるかもしれないのです。もちろん、そんなことが絶対に起きないとは言いきれませんが、今は気を取り直して、最高の恋愛を楽しみましょう。過去の別れは起こるべくして起こったもので、自分と恋人が一緒にいるべきだと自分に言い聞かせましょう。きっと、二度と起こることはありません。[5]
    • 元恋人の近況をしつこく聞いたり、相手が自分以外の人と会うたびに嫉妬をしたりしていると、自分の恋愛を破滅に追い込むことになります。
    • この恋愛が続く運命なら、長い目で見れば、元恋人や前の恋愛を気に病むことはなくなっていきます。ただ、それには数ヶ月、または数年かかることもあります。2人の関係を永遠に続けたいと思うなら、過去を葬り去ることが大切なのです。
    広告

ポイント

  • 元から壊れかけている恋愛関係は、何もしなくても崩壊していきます。その場合、あなたが手を加える必要はないかもしれません。そもそも他人の恋愛関係に首をつっこむことは道徳的に良くないので、何もしないのが得策かもしれませんね。
  • 別れさせたい2人のどちらとも友達である場合、あなたとの恋愛関係は秘密にしなくてはいけなくなるでしょう。
  • 必ずカップルのうち片方だけと出かけ、もう1人とは出かけないようにします。また、常に2人の会話に割って入りましょう!2人だけで話をさせないようにするのです。常に片方にメッセージを送って、2人だけで話す時間を与えないように計らいましょう。
  • 2人を別れさせる計画は、誰にも話さないようにしましょう。2人にバラされてしまうかもしれませんし、もしカップルが別れたとしても、意中の相手があなたと付き合う可能性はなくなってしまいます。
  • 相手が自分の事をどう思っているかを、大げさに捉えないようにしましょう。見つめられたり、電話番号を聞かれたりしても、友達として好きなだけかもしれません。早とちりしないように気をつけましょう。
  • 現在進行中の恋愛は壊さないようにしましょう。本来は、相手があなたと一緒にいたいなら、あなたが相手を別れさせたり、何か行動を起こしたりする必要はありません。他人の恋愛を壊そうとするのは、自分勝手だと理解しておきましょう。
  • この方法が記事になっているからと言って、実行に移すべきだというわけではありません。独身の人なんてこの世にたくさんいるのですから、わざわざ他人の恋愛を壊す必要なんてないのです!あなたらしく、誰の恋愛も壊さずにいれば、自分だけの恋人が見つかるはずですよ!
  • 計画実行のタイミングを見極めましょう。あなたの嫉妬だけを理由に、幸せなカップルを別れさせるなんて、とても良い考えとは言えません。ただ、今の恋愛がその2人にとってつらいものであれば、破局の計画も悪いものではないかもしれません。
  • 執着しすぎると良い結果を生みません。付き合いたい相手に、あなたがしつこく、面倒で、さらにはコントロール欲が強い人だと思われてしまうかもしれません。
広告

注意事項

  • 付き合ったばかりでラブラブ期間のカップルを別れさせることはかなり困難です。
  • 修羅場に巻き込まれないよう気をつけましょう。
  • あなたの計画がバレてしまう可能性もあります。
  • 道徳的には間違っていますが、罪悪感を抱くことはないかもしれません。
広告

このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む143人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。
カテゴリ: 人間関係

この記事は役に立ちましたか?

はい
いいえ
広告