エルボマカロニを調理する方法

エルボマカロニは、食料棚に置いておくと便利なパスタです。この万能パスタは、コンロや電子レンジで好みの硬さに調理できます。クリーミーに仕上げたい場合は、牛乳で煮て風味を吸収させます。エルボマカロニに火が通ったらマカロニチーズやパスタサラダ、キャセロールにすると美味しいでしょう。

材料

茹でエルボマカロニ

  • 乾燥エルボマカロニ450g パック
  • 水3.8~5.7リットル
  • 味付け用塩

8人前

エルボマカロニ牛乳茹で

  • 乾燥エルボマカロニ170g
  • 牛乳590~650 ml
  • 水60 ml

3~4人前

エルボマカロニレンジ茹で

  • 乾燥エルボマカロニ40~85g

1~2人前

4の方法1:
エルボマカロニを茹でる

  1. 1
    3.8~5.7リットルの塩水を沸騰させる 大きな鍋にたっぷりの水と少しの塩を入れ、蓋をして火を強火にします。水が沸騰して蓋の下から蒸気が出てくるまで加熱しましょう。[1]
    • 1人前は1.9~2.3リットルの水を沸騰させ、エルボマカロニの量は40~85gに減らしましょう。
  2. 2
    乾燥エルボマカロニ450gをかき混ぜる 火を通している間にマカロニ同士がくっつかないようにスプーンでかき混ぜます。[2]
    • マカロニを加えた後はグツグツとした沸騰はおさまるでしょう。
  3. 3
    再び沸騰させて7~8分マカロニを茹でる 蓋は外してマカロニを強火で茹でます。水は勢いよく沸騰するはずです。ときどきマカロニを混ぜながら、7分程度茹でてアルデンテにします。柔らかめのマカロニが好みなら1分長く茹でましょう。[3]
  4. 4
    マカロニの水気を切る コンロの火を消してシンクに水切り用ざるを用意します。マカロニを慎重にざるに入れ水を切ります。マカロニは熱いうちに使いましょう。[4]
    • マカロニを事前に準備したい場合は、密封できる容器に入れて冷蔵庫で3~4日保存可能です。好みのソースやキャセロールにして温め直すと良いでしょう。
    広告

4の方法2:
エルボマカロニを牛乳で茹でる

  1. 1
    牛乳と水を混ぜる 大きな鍋に牛乳590 mlと水60 mlを入れ、コンロの上に乗せます。[5]
    • 1人前を作るには、牛乳と水とマカロニの量を半分にしましょう。
    • 低脂肪乳を使用しても良いですが、全乳を使用した方がクリーミーな仕上がりになります。
  2. 2
    中火で沸騰させる 蓋は外して、勢いよく泡立ち始めるまで液体を加熱します。[6]
    • 牛乳がなべ底で焦げることがあるため、強火で加熱するのは避けましょう。
  3. 3
    火を弱めてマカロニをかき混ぜる 火を弱火にしてマカロニ170gを入れ、かき混ぜます。[7]
  4. 4
    20分煮る 鍋の蓋は外して、マカロニが好みの硬さになるまで、コトコトと煮ます。マカロニ同士がくっついたり、焦げ付いたりしないように、数分おきにかき混ぜましょう。[8]
    • 水分が蒸発して少なくなったら牛乳60mlを追加しましょう。
  5. 5
    マカロニの水気を切る 温めた牛乳を使うか捨てるか決めます。牛乳を取っておく場合は、シンクに大きなボウルを用意してその上に漉し器や水切りざるを乗せます。牛乳を捨てて構わない場合は、水切りざるの下にボウルを置く必要はありません。火が通ったマカロニを慎重に水切りざるに入れましょう。[9]
  6. 6
    茹でたエルボマカロニを使う マカロニは熱いうちにすぐに使うか、密封できる容器に入れて冷蔵庫で保存し3~4日で使い切りましょう。[10]
    • 温めた牛乳を使いたい場合、小麦粉とバターでとろみをつけ、削ったチーズを入れて混ぜます。こうしてできたシンプルなチーズソースの中にマカロニを入れると、簡単にマカロニチーズが完成します。
    広告

4の方法3:
エルボマカロニを電子レンジで茹でる

  1. 1
    大きなボウルにマカロニと水を入れる 乾燥エルボマカロニ40~85gを電子レンジ対応のボウルに入れ、マカロニが水面下5cmになる程度の水を注ぎ入れます。[11]
    • 火が通ってくるとマカロニが水分を吸収するため、膨張してもいいように大きなボウルを使用しましょう。
    • この分量は1~2人前です。量を倍にしたい場合は、より大きなボウルを使用し、水も多く入れましょう。
  2. 2
    皿の上にボウルを置いて電子レンジに入れる 水が吹きこぼれたときのために、ボウルの下には電子レンジ対応の皿を敷きます。そして、皿とボウルを電子レンジに入れましょう。[12]
  3. 3
    マカロニを11~12分電子レンジで加熱する 水が沸騰し、マカロニが柔らかくなるように電子レンジで加熱します。タイマーの音が聞こえたら、好みの硬さになっているかマカロニをチェックしましょう。[13]
    • 柔らかめに仕上げたい場合は、1~2分長めに電子レンジにかけましょう。
  4. 4
    マカロニの水気を切る シンクに水切りざるか漉し器を用意します。キッチンミトンを付けて、火の通ったマカロニのボウルを電子レンジから取り出します。水切りざるにマカロニとお湯を注ぎ入れて水を切りましょう。[14]
  5. 5
    茹でたマカロニを使う 茹でたエルボマカロニを好みのソースやスープに入れて混ぜます。残ったマカロニは密封できる容器に入れて冷蔵庫で3~4日保存可能です。[15]
    広告

4の方法4:
茹でたマカロニを使う

  1. 1
    マカロニチーズを作る ソースパンでバターを溶かし、小麦粉を入れてペースト状にします。そこに、牛乳を入れて混ぜ合わせシンプルなホワイトソースを作ります。混ぜながら好きなチーズを削って入れ、茹でたマカロニと混ぜ合わせましょう。
    • 出来上がったマカロニチーズはすぐに食卓に出しても良いですが、オーブン皿に移してグツグツ音を立てるまで焼いても美味しいでしょう。
  2. 2
    キャセロールを焼く 茹でたマカロニと小さく切った鶏肉、刻んだハムまたはツナ缶を混ぜます。角切り野菜と好きな調味料を混ぜます。そして、全体がまとまるように缶のスープ、パスタソースまたは溶き卵を入れて混ぜ、油を塗ったオーブン皿に移して、グツグツと音を立てきれいな焦げ目が付くまで焼きましょう。[16]
  3. 3
    冷製パスタサラダを作る マカロニを冷やしてサラダドレッシングを入れて混ぜます。そして、シャキシャキした食感の野菜、削ったチーズ、ゆで卵、火を通した肉等を入れて混ぜます。食卓に出す前に冷蔵庫で数時間パスタを冷やしましょう。[17]
  4. 4
    マカロニにパスタソースをかける 手早く済ませたいなら、マリナラソースやアルフレイドウソース等の好みのパスタソースを温め、茹でたマカロニの上にスプーンで乗せて、上からパルメザンの粉チーズを振りましょう。
    • 火を通した牛ひき肉やソテーしたエビ、ミートボール等と混ぜても美味しいでしょう。
  5. 5
    完成 
    広告

ポイント

  • 乾燥エルボマカロニをそのままスープやキャセロールに入れるレシピもあります。スープを煮ている間、またはキャセロールが焼ける間にマカロニに火が通ります。
広告

必要なもの

茹でエルボマカロニ

  • 蓋つきの大きな鍋
  • スプーン
  • 水切りざる

エルボマカロニ牛乳茹で

  • 大きな鍋
  • スプーン
  • 計量カップ
  • ボウル
  • 水切りざるまたは漉し器

エルボマカロニレンジ茹で

  • 計量カップ
  • 電子レンジ対応のボウル
  • 電子レンジ
  • 電子レンジ対応の皿

このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、著者の皆さんがボランティアで執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。

この記事は役に立ちましたか?

はい
いいえ
広告