ウサギを訓練する方法

共同執筆者 Pippa Elliott, MRCVS

ウサギはとても知能が高く社会性のある動物で、簡単に訓練することができます。正しく訓練できない人がたくさんいるのが残念ですが、その原因はアプローチが間違っているか、トレーニングに十分な時間を費やさないためです。この記事ではペットのウサギとより良い関係を築く方法、また正しく訓練する方法を紹介します。

4の方法1:
ウサギの習性を理解する

  1. 1
    ウサギの動機を理解する ウサギはとても知能が高く、報酬が得られると分かれば忠実に反応します。逆に、罰を受けたり叩かれたり大きな声を出されると言うことを聞きません。正しく動機付けをすれば指示通りに反応するでしょう。
    • 動機付けには食べ物がよく使われますが、おもちゃも効果的です。
    • ウサギは餌動物なので、怖い思いをすると逃げ出し隠れてしまいます。そういう行動が見えたら、まず安心できる環境を整えてから訓練を始めましょう。
  2. 2
    ウサギの視覚や臭覚を理解する ウサギは目の前にある物がよく見えません。ウサギの目は離れているため、左右や遠くを見るのに優れていますが、真正面の物を見るのが苦手です。
    • ウサギはまた、視覚よりも臭覚や頰ひげについたセンサーを使って周りの物を認識します。ウサギの鼻や口下にご馳走を用意して実験してみましょう。
    • ウサギに近づくとウサギは近づくものを認識しようとして頭を動かします。遠近両用眼鏡をかけると視点が定まるのに似ています。
    • ウサギは餌動物なので、いつでも安全な場所に身を隠せるように、遠くにいる肉食獣でも察知できなければなりません。[1]このような習性から、触る前にウサギに臭覚と視覚で貴方の存在を分からせることが重要です。そうすればウサギを比較的簡単に扱うことができます。ウサギが目と鼻で近づく貴方を肉食獣ではない、危険ではないと判断することが先決です。
  3. 3
    ウサギを優しく扱う ウサギは思いやりのある態度に良い反応を示すため優しく接すれば貴方に好意的な態度を示し、素晴らしいパートナーになるでしょう。ウサギを訓練するにはウサギの敬意を得ることが大切ですが、同時に愛情と優しさを持って接すると更に言うことを聞くでしょう。
    • 撫でられることを嫌うウサギもいますが、食べ物よりも撫でられることが好きなウサギもいます。撫でて指示に従わせることもできます。時間の許す限り撫でて可愛がり、ウサギのニーズを考えながら世話をすれば、ウサギは貴方の家に安心感と心地よさを覚えるでしょう。
    • ウサギの耳を持ってはいけません。ウサギが傷つきます!優しく接しましょう。そうすれば訓練にも前向きな反応を示すでしょう。
    広告

4の方法2:
ウサギが指示を聞くように訓練する

  1. 1
    訓練に多くの時間を割く 最初は毎日少しずつ時間を割いて訓練しましょう。1日に5〜10分の訓練を2〜3回行うとウサギの興味を引き続けることができます。[2]
  2. 2
    ウサギの好きなご褒美を用意する 訓練はご褒美にかかっているためウサギが積極的な反応を見せるご褒美を用意するのが重要です。好物が分からない場合は、色々と試して適切なものを選びましょう。ウサギが食べたことのない物は、消化不良をおこさないように少量を与え反応を見ましょう。手をつけないなら興味がなく、すぐに食べ始めるなら大好物の証拠です。ご褒美に使えます。
    • 特定の食べ物がウサギにとって安全かどうか迷う場合は、ウサギに詳しい獣医に相談しましょう。野菜、緑の葉野菜、果物以外を与えてはいけません。
    • たくさんの果物や新鮮な緑の野菜に食べ慣れていないなら、下痢や消化不良を起こさないように最初の数週間は少量ずつ与え様子を見ましょう[3]
    • ブルーベリー、ケール、細長く切ったニンジンなどが好きかもしれません。[4]
  3. 3
    訓練のためにウサギを定位置に置く 訓練のための状況作りをしましょう。ウサギを呼んだ時に自分の膝の上に飛び乗って欲しいなら、まずウサギをソファの近くに座らせます。また夜、木箱に戻って欲しいなら、木箱を常に定位置におき、決まった時間に木箱に入る訓練をさせます。
  4. 4
    計画を立てる 訓練の内容をシンプルに分かり易くしましょう。ウサギに何をさせたいのかを明確にし、目的に到達するまでの行程を小分けにしましょう。小さな行程で成功するたびにご褒美をあげましょう。ウサギが確実に指示を遂行できるようになったら、その指示に名前をつけましょう
  5. 5
    ウサギが指示に反応したら即ご褒美を与える 頭の上に手を上げ、その手に対してウサギがご褒美を欲しがるように上半身をまっすぐに立てたら、すぐにご褒美を与えましょう。そうすることで「上半身を起こす」ことを覚えます。ご褒美を与えるタイミングはその動作の2〜3秒後が望ましいでしょう。
    • ご褒美の前にウサギが指示以外の行動をとるなら、訓練の仕方が間違っています。
    • 「貴方がウサギを呼び、ウサギが貴方の元へ来る」という一連の流れを実行したいなら、まずウサギを貴方の近くに座らせましょう。呼ばれた後でウサギが貴方の元に来たらご褒美を与えましょう。ご褒美をもらえるタイミングが分かるように、指示出しとご褒美を与えるタイミングに一貫性をもたせましょう。
    • 「おすわり、ウサギちゃん(ペット名)」「立って、ウサギちゃん(ペット名)」などと、決まった文法で指示を出しましょう。ウサギは指示を認識し、その言葉とその後のご褒美を関連づけるようになります。
    • 「いいお座り!」「いい立っち!」などとご褒美を与える時に褒めましょう。
  6. 6
    ウサギが毎回正しく反応できるまでご褒美を与え続ける 新しいスキルを教えたい時はご褒美を惜しんではいけません。徹底してウサギを条件づけましょう。
    • ハーネスをつけるための訓練ではまず、ウサギが自らハーネスが置いてある場所まで行き、匂いを嗅いだり触ったりしたらご褒美を与えます。次に、ウサギの背中にハーネスをつけている間、じっと静かにしていたら再びご褒美を与えます。前足を取らせハーネスをつけさせたら、またご褒美を与えます。1つ1つゆっくりと前進するたびに報酬を与えましょう。ウサギを驚かせたり急がせたりしてはいけません。ハーネスがきちんとウサギにつけられたら数分間着用させ、その後で取り外します。最終的にウサギ自らがハーネスを取りに行き、貴方の元に引きずってこられるようになるまで訓練しましょう。
  7. 7
    クリックカー(音が鳴る躾用の道具)を使う クリッカーを使って指示とご褒美との関連づけを行う人がたくさんいます。[5]ご褒美を与えるたびにクリッカーを鳴らすと、ウサギは音と食べ物を関連して考えます。訓練中にクリッカーが鳴れば、ウサギはご褒美がもらえると判断します。
    • 望ましい行動のすぐ後でクリッカーを決まった方法で鳴らしましょう。ウサギはどんな行動がご褒美と繋がっているのかを認識します。クリッカーを鳴らして数秒後にウサギの好物を与えましょう。間違ってクリッカーを鳴らした場合も好物を与えましょう。ウサギはクリッカーの音がご褒美につながると理解し、音をたくさん出そうとします。
  8. 8
    徐々にご褒美を与える頻度を減らす ウサギがスキルをマスターしたら、ご褒美を与える頻度を一回おきにするなど減らしましょう。ご褒美の頻度を、数回のスキル実行毎に一度だけにして行くと、最終的にはご褒美なしで指示に応えるでしょう。
    • しばらくの間は撫でたりおもちゃを与えることをご褒美とし、時折食べ物を与えるようにしてスキルを強化しましょう。
    • ウサギは頭を優しく撫でられるのが好きです。体を触れると危険信号だと感じるため体を撫でるのを避けましょう。ウサギに恐怖を与えないように忍耐強く時間をかけて訓練しましょう。
  9. 9
    必要に応じて訓練を強化する 再度スキルを教えなければならない時は、お預けにしていたご褒美を用意しましょう。二の足を踏んではいけません。
    • 訓練中、叱りつける、罰を与える、大声で怒鳴る(大声で「ノー」と言う)などの行為を避けましょう。生産性が上がらない上にウサギに恐怖感を植え付け、訓練がスムーズに進みません。
    広告

4の方法3:
トイレの訓練をする

  1. 1
    どこで排泄するかを見極める ウサギはケージの中の一定の場所で排泄する習性があります。繰り返し同じ場所を使うので、その習性を都合よく使いましょう。
  2. 2
    トイレ用の箱に汚れた寝わらなどを敷く ウサギが排泄にトイレ用の箱を使うようになります。それ以外のケージの中を清潔に保ちましょう。
  3. 3
    トイレ用の箱はウサギが常に排泄する場所に置く ケージの角に設置できる小さなトイレ箱が市販されています。ケージが十分に大きいなら、長方形の大きなボックスを使ってもいいでしょう。トイレ箱がウサギの排泄場所に正しく設置されていれば、箱を排泄に使うようになります。
    • ケージの外で楽しんでいる時に、更に大きなトイレ箱を用意してもいいでしょう。
    広告

4の方法4:
ウサギの攻撃的な態度に対処する

  1. 1
    誰がボスかをはっきりさせる 時としてウサギが主人のように振舞うことがあるかもしれません。犬のように従順な態度が期待できない時はウサギとの主従関係を明確にして訓練を実行しましょう。
    • ウサギは一般的に自分の優位を主張しようとして噛む、人間が座っている場所を乗っ取ろうとするなどの行動に出ることがあります。そういう行動が見えたら大きな高い声を出してウサギを床に下ろすか、床にいる場合は、抱き上げて貴方の邪魔にならない場所に移しましょう。断固とした態度でかつ優しく行ないましょう。ウサギを傷つけたり恐怖を与えてはいけません。ボスは貴方だと主張するだけです。それでもウサギが不適切な行動を取り続けるなら、一時的にケージに閉じ込めてお仕置きをしましょう。
  2. 2
    ウサギの攻撃的な態度に対処する ゆっくりと静かにウサギに近づきます。決して恐怖を与えてはいけません。床にご褒美を用意し、ウサギが貴方に近づいてきたらご褒美を与えましょう。手を出してはいけません。ウサギが怖がらずまた噛む行為もないなら、数秒間優しく頭を撫でましょう。
    • ウサギの攻撃的な態度に対して引き下がらず反射的に逃げ出すこともしなければ、ウサギは自分の行動が貴方には効かないと知るでしょう。[6]
    • 決してウサギを殴ってはいけません。貴方の手はウサギにとっては頭を撫でてくれる気持ちのいいもの、食べ物を与えてくれる嬉しいものです。
    • 噛まれたり傷つけられたりするかもしれないと思う時は、長ズボン、靴、長袖の洋服、手袋を着用して体を保護しましょう。[7]
  3. 3
    ウサギの攻撃的な態度の根本原因を調べる 攻撃的な態度を見せるなどウサギの行動に変化が見られたら、原因が健康上の問題にないことを見極めるために徹底的に調べましょう。[8]ウサギの攻撃的な行動が痛みによるものではないことを確認するために、ウサギに詳しい獣医に相談しましょう。
    • ホルモンによってウサギの行動が変化します。避妊手術、去勢手術などを施すことで攻撃性を和らげることができます。
    広告

ポイント

  • ウサギを抱いている時に甲高い声をあげたり身をよじらせたりしたら、ウサギが怪我をしないように床に下ろしましょう。ウサギをしっかりと抱いて怖がらせないようにしましょう。
  • ウサギの訓練の本には、バーニス・マンツ著「High Five With Your Rabbit」、パトリシア・バートレット著「Training Your Pet Rabbit」、ジョーン・オーア著「Getting Started: Clicking with Your Rabbit」などがあります。
  • 抱いている時にウサギが怖がったり神経質そうに見える場合は、タオルや毛布などでくるめば落ち着きを見せます。
  • ウサギには優しく接しましょう。母親から離れ全く異なる環境で生活するようになったウサギにとっては、全てが新しい経験で緊張の連続です。理解を示し環境に早く馴染むように飼い主として努力をしましょう。
  • ウサギが貴方の匂いを認識し貴方のことが理解できるようになったら訓練を開始しましょう。
  • 乱暴に扱うとウサギの骨を折ってしまう危険があります。乱暴は絶対にいけません。ウサギが興奮状態に陥ると逃げ出すことがあり、ウサギ自身の怪我に繋がる危険があります。
  • 訓練中や散歩中のリードの使用を避けましょう。リードによる事故死の報告がたくさんあります。ウサギの首はとてもデリケートなので、リードをしたまま身をよじって逃げ出すとリードが首を痛めてしまいます。
  • ウサギを逆さまにしてはいけません。ウサギに恐怖感を与えるだけでなく貴方との関係も台無しにします。ウサギにとって決して良くありません。
  • ウサギが仰向けに転がったらハッピーな証拠です。
  • 訓練中短い言葉を使うと習得も早いです。ウサギがトリックを成功させたら短い言葉で褒めてご褒美を与えましょう。
広告

注意事項

  • 訓練のためにウサギを飢餓状態にさせてはいけません。常に新鮮な干し草、普通の草、清潔な水を与えましょう。食べ物を与えないとウサギが傷つきます。
  • 訓練中はご褒美を与えすぎないようにしましょう。また不健康な食べ物をご褒美に使ってはいけません。特にウサギ用に製造された食べ物を多量に摂取すると健康に害を及ぶすことがあります。慎重に扱いましょう。
  • 毎回指示に従うとは限りません。完璧に訓練されているとしてもウサギは時として指示に従わないことがあります。怒ってはいけません。また訓練が失敗だったと落胆する必要もありません。大方指示に従うなら、たまに言うことを聞かなくても心配には及びません。動物なので気分が乗らず、指示通りに動きたくない時もあります。
  • ウサギを打ってはいけません。怪我をする恐れがあります。
広告

このwikiHow記事について

獣医、Royal College of Veterinary Surgeons(王立獣医師会)
この記事はPippa Elliott, MRCVSが共著しています。 Royal College of Veterinary Surgeons(王立獣医師会)のメンバーでもあるピッパ・エリオット獣医師は、30年以上にわたり、かかりつけ獣医師、そして獣医外科医として獣医療の実践に努めてきました。1987年にグラスゴー大学にて獣医科学と獣医外科学の学位を取得し、生まれ故郷の町にある動物診療所に20年以上勤務しています。
カテゴリ: ペット

出典

  1. http://www.crossroadsrabbitry.com/do-rabbits-have-good-vision/
  2. http://www.clickerbunny.com/article_clickerbunny.htm
  3. http://www.clickerbunny.com/rabbit_feeding.htm
  4. http://www.veterinarypartner.com/Content.plx?P=A&S=0&C=0&A=3337
  5. http://www.clickerbunny.com/
  6. http://rabbit.org/faq-aggression/
  7. Sharon L. Crowell-Davis, Behavior Problems in Pet Rabbits, Journal of Exotic Pet Medicine, Volume 16, Issue 1, January 2007, Pages 38-44, ISSN 1557-5063
  8. Sharon L. Crowell-Davis, Behavior Problems in Pet Rabbits, Journal of Exotic Pet Medicine, Volume 16, Issue 1, January 2007, Pages 38-44, ISSN 1557-5063
  9. http://www.rabbit.org/

この記事は役に立ちましたか?

はい
いいえ
広告