ウェブサイトをコピーする方法

HTMLとCSSを習得してウェブサイトを作成できるようになるまでには、大変な時間と忍耐を必要とします。特にゼロから取り組もうとするのであればなおさらです。HTMLコーディングを一通り説明する本を買って学習することもできますが、コーディングには、実際にコードが動作するのを見なければしっかりと理解することができない概念もあります。ウェブサイトをコピーする方法を身につけることは、コーディング作業を習得しなくても、HTMLコーディングがどのように動作するのかを徐々に理解していくのに役立ちます。

2の方法1:
Windows

  1. 1
    HTTrackをダウンロードしてインストールする ウェブサイト全体をコピーしたい場合や、ひとつのウェブサイトから一度に大量のページをコピーしたい場合は、自動サイトダウンロードソフトを活用する必要があります。ウェブサイトの各ページを手動でコピーする作業には膨大な時間がかかります。ウェブサイト自動ダウンロードソフトを使えば、この作業全体を自動化することができます。
    • HTTrackはウェブサイトをコピーするための非常に優れたプログラムで、最もよく使われています。また、このプログラムは、WindowsとLinuxで使用可能なオープンソースプログラムです。このプログラムを使ってウェブサイトを丸ごとコピーすることができます。さらに、適切に設定した場合は(あるいは間違って設定してしまった場合は)、インターネット全体さえもコピーされます。HTTrackは「www.httrack.com」から無料でダウンロードすることができます。
  2. 2
    コピーしたファイルを保存先を設定する HTTrackを開いたら、コピーしたウェブサイトファイルの保存先フォルダを設定する必要があります。後でファイルを見つけやすいように、必ずウェブサイトコピー専用のフォルダを作りましょう。
    • プロジェクト名を入力してウェブサイトコピーを探しやすくしましょう。HTTrackは、保存先ディレクトリの中にプロジェクト名のフォルダを作成します。
  3. 3
    ドロップダウンメニューから[ウェブサイトの自動ダウンロード]を選択する [ウェブサイトの自動ダウンロード]を選択すると、HTTrackは、画像やその他のファイルなども含めて、全てのコンテンツをウェブサイトからダウンロードします。
  4. 4
    コピーしたいウェブサイトのアドレスを入力する 同じプロジェクトのディレクトリに複数のウェブサイトをコピーしたい場合は、複数のウェブサイトを入力することができます。HTTrackは初期設定で、ウェブサイトと同じサーバー上のあらゆるリンクをウェブサイトから捕捉します。
    • ログインが必要なウェブサイトをコピーする場合は、[URLの追加]ボタンをクリックして、ウェブサイトのアドレス、ユーザー名とパスワードを入力しましょう。
  5. 5
    ウェブサイトのコピーを開始する URLを入力したら、コピーを開始できます。ウェブサイトの規模によって、ダウンロード処理の完了には膨大な時間と帯域幅を要する場合があります。HTTrack画面で、全てのファイルのコピーの進捗を確認できます。[1]
  6. 6
    コピーしたウェブサイトを確認する ダウンロードが完了したら、コピーしたウェブサイトを開き、パソコンで直接閲覧することができます。ウェブブラウザでHTMやHTMLファイルを開いて、あたかもオンラインで閲覧しているかのようにページを閲覧することができます。また、これらのファイルをウェブページエディタで開き、ファイルを機能させる全てのコードを確認することもできます。初期設定により、ファイルがローカル化されため、リンクはウェブサイトではなくダウンロードしたファイルに飛ぶようになります。これにより、コピーしたウェブサイトを完全オフラインで閲覧することが可能になります。
    Advertisement

2の方法2:
Mac

  1. 1
    Mac App StoreからSiteSuckerをダウンロードする SiteSuckerは、ウェブサイト全体のコピーをダウンロードできる無料プログラムです。SiteSuckerは「ricks-apps.com/osx/sitesucker/index.html」のウェブサイトからもダウンロードできます。
    • ウェブサイトからSiteSuckerをダウンロードする場合は、ダウンロードしたDMGファイルをダブルクリックしましょう。SiteSuckerアプリケーションのアイコンをアプリケーションフォルダにドラッグしてインストールします。
  2. 2
    コピーしたいウェブサイトのURLを入力する SiteSuckerの初期設定では、ウェブサイトの各ページがコピーされ、Macにダウンロードされます。SiteSuckerは発見したリンクを全て辿りますが、サイトと同じウェブサーバーにあるファイルしかダウンロードしません。
    • 上級者はSiteSuckerの設定を調整することができますが、ウェブサイトをコピーしたいだけであれば、設定を気にする必要はありません。SiteSuckerでは、初期設定のままでウェブサイトを丸ごとコピーすることができます。
    • ひとつだけ設定を変更するとすれば、コピーしたウェブサイトのMacでの保存先かもしれません。ギアの形のボタンをクリックして、設定メニューを開きます。[一般]の項目内にある[保存先のフォルダ]からファイルを保存したい場所を選択しましょう。
  3. 3
    [ダウンロード]をクリックしてウェブサイトのダウンロードを開始する SiteSucker は、URL入力欄に入力したウェブサイトから全てのコンテンツのダウンロードを開始します。ダウンロードには非常に時間がかかるかもしれません。SiteSucker画面の一番下の方でダウンロードの進捗を確認することができます。
  4. 4
    必要に応じてユーザー名とパスワードを入力する パスワードで保護されたウェブサイトからコンテンツをダウンロードしようとする場合は、ログイン情報の入力を要求されます。SiteSuckerは初期設定で、既にログイン情報が保存されていないか、まずキーチェーンを確認します。保存されていない場合は、ログイン情報を自分で入力する必要があります。[2]
  5. 5
    ダウンロード完了後にコピーしたウェブサイトを閲覧する ウェブサイトのダウンロードが完了したら、オンラインで閲覧するかのように、コピーしたウェブサイトをオフラインで見ることができます。コピーしたウェブページはSiteSuckerによりローカル化されるため、ページ内のリンクは元のオンラインアドレスではなく、ダウンロードしたファイルに飛びます。そのため、インターネットに接続していなくてもウェブサイト全体を閲覧することができます。
    Advertisement

注意事項

  • ウェブマスターの多くは、自分のサイトのコンテンツが他人のウェブサイトに掲載されたことを自動的に検知・通知する機能を利用しています。他人のコンテンツにアクセスできるからといって、それを勝手に利用してよいとは限りません。他人のウェブサイトのコンテンツを利用する前には、必ずそのサイトのウェブマスターや所有者に連絡しましょう。
  • 他人のウェブサイトをコピーして自分のものとして利用することは盗用に該当します。場合によっては、知的財産権の侵害とみなされこともあります。引用元を掲載すれば、他人のコンテンツの一部を引用することはできますが、他人のウェブサイトからコピーしたコンテンツを使用することは絶対にしてはいけません。
Advertisement

このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む26人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。
カテゴリ: インターネット

この記事は役に立ちましたか?

はい
いいえ
Advertisement