ウィスキーを楽しむ方法

共同執筆者 Tom Blake

ウィスキーは、すりつぶした穀物や麦芽を蒸留し、木の樽で醸造させたアルコール飲料のひとつです。ウィスキーが好きな人は、軽くフル-ティな味わいから豊かでスモーキーな味わいまでウィスキーの様々な味わいを楽しんでいます。ウィスキーを飲んだことがない人も、個性、年代、アルコール度数も様々なウィスキーを試し、お気に入りを見つけましょう。ウィスキーをストレートで飲むにせよ、香り豊かなカクテルにして飲むにせよ、様々な種類のウィスキーを学び、その種類に合った楽しみ方がわかれば、ウィスキーの注文は難しいことではなくなります。

5の方法1:
ウィスキーをストレートで飲む

  1. 1
    ウィスキーをグラスに注ぐ 背の低いグラスなど小さめのグラスを選びます。ウィスキー本来の香りと味を最大限に引き出すためには、チューリップ型のウィスキーグラスが良いでしょう。[1]
    • グラス以外の容器に入れると、ウイスキーの風味に影響する可能性があるため、プラスチック製またはポリスチレン製のカップなどの使用は避けましょう。
    • 金属の味があまり気にならない人なら、ウィスキーをスズのカップで飲むと、古ながらの味わいを経験することができます。
    • 少しずつゆっくりと飲みましょう。まずは、指1本分(約30~50mL)のウィスキーを注ぎます。人さし指を横にしてグラスの底に巻きつけるように当て、ウィスキーが人さし指の一番上に来るまで注ぎます。
  2. 2
    水または氷を加える前にウィスキーをストレートで飲む ウィスキーに何かを加える前に少しだけテイスティングし、ウィスキーそのものの味を確認します。こうすることでウィスキーの味と香りがよくわかるだけでなく何を混ぜればよいかも決めやすくなります。[2]
    • アルコールの味わいを楽しみたい場合は、ウィスキーをストレートで飲みます。
  3. 3
    テイスティングする前に、2~3回ウィスキーの香りを嗅ぐ 鼻をグラスの中に近づけ、深く呼吸をします。最初はアルコールの香りに圧倒されることもありますが、繰り返すうちにウィスキーの香りが感じられるようになります。そのうちに、スパイスや木など特徴的な香りに気づくでしょう。[3]
    • ウィスキーの香りを嗅ぐ時に口を開けておくと、嗅覚と味覚が鋭くなり、ウィスキーの香りがよくわかります。

    ポイント:チューリップ型のウィスキーグラスのような口が狭いグラスは、香りを含んだ蒸気がグラスの上部に集中し、逃げだしにくくなるため、ウィスキーの香りを強く感じることができます。

  4. 4
    ウィスキーを飲み込む前に、口の中でウィスキーを転がすようにする ウィスキーは一気に飲んではいけません。ウィスキーを少しだけ口に含み、ウィスキーを舌の周りにまとわせるようにします。[4]一口飲んだ後、もう一口飲む前に少し時間を空け、飲み込んだ後の香りを楽しみます。
    • キャラメル、タフィー、バニラのような香りに気がつくこともあります。
    • 飲み込む前に、ウィスキーが口と舌の全体に行き渡るようにウィスキーを「噛んで」味わうのを好む人もいます。[5]
    • ウィスキーを飲み込んでから、鼻で呼吸するとウィスキーの香りを十分に楽しむことができます。[6]
    • 最初の一口を飲んだ時に、好みの味でなくてもがっかりしてはいけません。最初の一口はアルコールの香りに圧倒されることもありますが、2~3口目からウィスキーの香りに気づくことができます。こうした香りは慣れると味わいがわかってくるものなので、ウィスキーの複雑な味と香りが本当に美味しいと感じるには時間かかります。
  5. 5
    水を加えて香りを高める ウィスキーに新鮮できれいな水を2~3滴の加え、ストローで素早くかき混ぜます。こうすることでアルコールのとげとげしさが和らぎ、ウィスキーの繊細な香りをさらに引き出します。理想の味になるまで、少しずつ水を加えます。[7]

    注意事項:ウィスキーに水を加えるとなぜ美味しくなるかはわかっていませんが、水が不快な味の原因となる科学物質を閉じ込めるため、または、美味しさを感じる物質が表面に浮き出てくるためと考えている科学者もいます。[8]

  6. 6
    大ききめの氷を加えてキリっと冷えたウイスキーを楽しむ ウィスキーをもっと冷たくして楽しみたい場合は、グラスに大きめの角氷または丸氷を入れます。[9]ウィスキー愛飲家の中には、オン・ザ・ロック(ウィスキーに氷を入れて飲むこと)を軽視する人もいますが、お好みで氷を入れて飲んでも少しもおかしいことはありません。自分が飲むものです。好きなように楽しみましょう!
    • 氷が溶けるとウィスキーが薄まることを忘れてはいけません。氷の冷たさによって味蕾が少し麻痺するため、微妙な味わいが感じにくくなることがあります。
    • 大きめの氷を使えば、小さい氷よりもゆっくりと溶けるため、ウィスキーがすぐに薄まることはありません。
    • または、冷やしたウィスキーストーンを使うとよいでしょう。ウィスキーストーンは滑石の塊でできており、ウィスキーを薄めずに冷やすことができます。
  7. 7
    ゆっくり味わって飲む ウィスキーの魅力のひとつは香りです。ショットで一気に飲むのではなく、少しずつゆっくり飲むと、その魅力を最大限に楽しむことはできます。30~60分くらいかけてゆっくりとウィスキーを飲みましょう。[10]
    • ウィスキーをショットで飲みたければ、それもよいでしょう!ウィスキーをゆっくりと飲んでみたり、一気に飲んでみたりして、どちらか好きな方法で飲みましょう。[11]
    広告

5の方法2:
ウィスキーカクテルを作る

  1. 1
    伝統的なオールドファッションカクテルで甘くてシンプルなカクテルを楽しむ このカクテルは、最初に考案されたウィスキーカクテルです。好みによりますが、甘いバーボン(伝統的な材料)から繊細でスパイシーなライウイスキーまで様々なウィスキーを使うことができます。オールドファッションカクテルの作り方は以下の通りです。[12]
    • ロックグラスの底に角砂糖とビターズを3振り(約3ml)加えて混ぜ合わせます。
    • 1ショット分(約30ml)のウィスキーと氷を加えます。氷が溶け始めるまでかき混ぜます。
    • さらに1ショットのウィスキーを加えます。
    • 仕上げにサクランボまたはオレンジツイスト(オレンジの皮をねじったもの)で飾りつけします。
  2. 2
    冷やしたミントジュレップを加えて軽く爽やかな風味を楽しむ この古典的なケンタッキーカクテルは、甘いバーボンで作ります。上等のバーボンを使うとさらに美味しくなります。ミントは必ず新鮮なものを使い、バーボンを加える前にグラスの底でミントを潰すように混ぜ合わせます(角砂糖を使う場合は角砂糖で軽く潰す)。60mlのバーボン、角砂糖、潰したミントと砕いた氷を混ぜ合わせます。
    • 霜がつくまで冷やしておいた背の高いグラスや銀のカップを使うと美味しく飲むことができます。霜がついたグラスを素手で触れると霜がとれてしまうため、ナプキンや布巾などを使いましょう。[13]
  3. 3
    甘くて少し苦いマンハッタンを試す マンハッタンは少し苦いため、苦手な人もいますが、甘さと苦みの組み合わせをこよなく愛している人もいます。オールドファッションカクテルのように、強めにしたいときはライウイスキー、甘めにしたいときはバーボンを使うなど、好みに合わせて調節することができます。マンハッタンの作り方は、下記の材料を水と一緒にミキサーにかけ、グラスに注ぎます。
    • ウィスキー60ml
    • 甘口のベルモット酒30ml
    • ビターズ(アンゴスチュラ(Angostura)など)1~2振り(約1~2ml)
    • 短いオレンジの皮
    • ライウイスキーと香り豊かなビターズの代わりに、スコッチウイスキーとオレンジビターズを使ったカクテルは、ロブ・ロイと呼ばれます。[14]
  4. 4
    ウイスキーサワーで酸味のあるフルーティなカクテルを楽しむ ウイスキーサワーは、少ない材料で簡単に作ることができるシンプルなカクテルです。フルーツポンチのような美味しさにすぐに夢中になることでしょう。作り方は、下記の材料とたっぷりの氷をミキサーにかけます。
    • ウィスキー60ml
    • 生のレモン果汁30mlまたは酸っぱいフルーツグミ1箱
    • 砂糖小さじ1杯(約4g)
    • 泡立てた卵白(1個分)をカクテルの上に注ぐと立体的なボストン・サワー(Boston Sour)になります。
  5. 5
    甘くてスパイシーなホット・トディーで暖まる ホット・トディーは、ウィスキーでスパイスを煮出した温かい飲み物です。寒い日や雨の日にホッとしたい時にぴったりです。通常、アイリッシュウイスキーを使って作ります。ホット・トディーの作り方は、ウィスキーをカップに注ぎます。下記の材料を鍋に入れて火にかけ、一度に煮立たったらウィスキーの入ったカップに注ぎます。
    • 水60ml
    • クローブ3本
    • シナモン・スティック1本
    • 皮をむき、スライスしたショウガ1.5㎝分(お好みで)
    • 細長く切ったレモンの皮1枚
    • ウィスキー60ml
    • はちみつ小さじ2杯(10ml)(好みの甘さに合わせて量を調整する)
    • レモン果汁小さじ1~2杯(5~10ml)
    • ナツメグ少々[15]
    広告

5の方法3:
スコッチウイスキーを選ぶ

  1. 1
    甘い香りが好みの場合は、スペイサイド(Speyside)またはハイランズ(Highlands)を選びましょう。スコッチウィスキーの味は、スコットランドのどの地域で製造されたかによって苦さが異なります。厳密な決まりはありませんが、通常、スペイサイドとハイランズは他の地域のスコッチウィスキーよりも甘くフルーティです。[16]
    • スペイサイドとハイランドには多くの蒸留所があるため、様々なウィスキーを飲み比べることができます。スペイサイドとハイランドのウィスキーを飲み比べ、お気に入りの1本を見つけましょう。

    ポイント:スコッチウイスキーを初めて試す時は、スペイサイド地方のグレンフィディック(Glenfiddich)、ハイランド地方のグレンモーレンジィ(Glenmorangie)を選ぶとよいでしょう。こうしたスコッチウイスキーはどちらもアルコール度数が低く、アルコール含有量は約40%(80プルーフ)です。価格は3000~4000円程度です。

  2. 2
    軽めのウィスキーが好みの場合は、ローランドのスコッチウィスキーを試す ローランドのスコッチウィスキーは、軽く滑らかな口あたりで、後味に花や草の香りを感じることができます。こうしたモルトウイスキーは、一般的なスコッチウイスキーよりも風味が穏やかであることが知られています。また、アペリティフ(食前酒)として楽しむことができます。[17]
    • 現在、ローランドには稼働している蒸留所はわずかしかありません。現在稼働中の最も古く有名な蒸留所は、オーヘントッシャン(Auchentoshan)とグレンキンチー(Glenkinchie)の2つです。
    • 多くのスコッチウィスキーと同様、ローランドウィスキーもシングルモルトウィスキーです。シングルモルトウィスキーとは、単一の蒸留所で大麦麦芽から作られたウィスキーを意味します。麦芽製造では、大麦を発酵する前に水の中で発芽させます。
    • スコッチウィスキーの多くは、他のモルトウイスキーより多く2回または3回も蒸留を繰り返すため、香りが穏やかな傾向があります。アルコール含有量は、一般的に約40%(80プルーフ)です。[18]
  3. 3
    香りの強いウィスキーやピート(ウィスキーの製造過程で使われる泥炭と呼ばれる燃料)の香りがあるウィスキーが好みの場合は、アイラ島(Islay)、アイランズ(Islands:アイラ島を除くスコットランド周辺の諸島)、キャンベルタウン(Campbeltown)のウィスキーを選ぶ この地方のウィスキーは主に、強い複雑な味とスモーク、ピート、海塩の香りが特徴です。甘く花の香りがするウィスキーが好みでない場合は、こうしたウィスキーがよいでしょう。ただし、ウィスキー初心者にはクセが強いと感じる可能性があります。[19]
    • アイラ・スコッチウィスキーは強い香りで知られています。麦芽の製造過程中に使用する泥炭燃料から来る香りです。有名なアイラ・スコッチウィスキーの蒸留所には、ラガヴーリン(Lagavulin)、アードベッグ(Ardbeg)、ラフロイグ(Laphroaig)などがあります。ブルックラディ(Bruichladdich)のスコッチウィスキーは少し軽めの味わいです。[20]
    • アイランズ・スコッチウィスキーにもピート香がありますが、アイラ・ウィスキーよりも甘くピート香が穏やかです。トバモリー(Tobermory)かハイランドパーク(Highland Park)を試してみましょう。軽くフルーティーな味わいのアラン(Arran)を選んでもよいでしょう。[21]
    • キャンベルタウン(Campbeltown)・スコッチウィスキーは複雑で、わずかに塩味があり、アイラ・ウィスキーと同様にピート香があります。主な蒸留所は、グレンスコシア(Glen Scotia)、ロングロウ(Longrow)とスプリングバンク(Springbank)などです。[22]
    広告

5の方法4:
バーボンを選ぶ

  1. 1
    まろやかな味わいのバーボンから始める バーボンに慣れていない場合は、小麦使用量が多い種類のものから始めるとよいでしょう。小麦を使用すること、バーボンは優しく穏やかな味わいになります。こうしたバーボンは他のバーボンよりも口当たりが良いためウィスキーに慣れていない人にとって飲みやすく感じます。[23]
    • 人気の小麦バーボンには、メーカーズマーク(Maker’s Mark)、オールド フィッツジェラルド(Old Fitzgerald)、パピーヴァンウィンクル(Pappy Van Winkel)などがあります。
    • こうしたバーボンには、キャラメル、バニラ、パンのような奥深い香りが潜んでいる傾向があります。

    注意事項:バーボンウイスキーはどれも、トウモロコシ51%以上に大麦を合わせ、(通常)香り付けとして第3の穀類がブレンドされています。

  2. 2
    甘いウィスキーが好みなら、伝統的なバーボンを試す 伝統的なバーボンは比較的トウモロコシの使用量が多く(70%前後)、小麦の代わりにライ麦を使って作られます。[24]トウモロコシがウィスキーに甘さを添え、ライ麦がスパイスの風味を与えます。[25]
    • 人気の伝統的なバーボンには、ノブクリーク(nob Creek)、ジム・ビーム(Jim Beam)とワイルドターキー(Wild Turkey)などがあります。
    • トウモロコシの甘さが気に入ったら、オールド・チャーター(Old Charter)(トウモロコシ80%)タットヒルタウン・スピリッツ(Tuthilltown Spirits)蒸留所のベイビーバーボン(Baby Bourbon)(トウモロコシ100%)などトウモロコシ使用量がさらに多いバーボンを試してみましょう。[26]
  3. 3
    ライ麦の比率が高いバーボンでもっとスパイシーな香りを楽しむ ライ麦の比率が高いバーボンは、力強い味とスパイシーな香りが特徴です。力強いウィスキーを楽しむ場合は、オールドグランダッド(Old Grand-Dad)、フォア・ローゼズ(Four Roses)、ブレット(Bulleit)などのライ麦の比率が10%以上のバーボンを選びましょう。[27]
    • フォア・ローゼズは、最もライ麦の比率が高いバーボンでその比率は35%です。[28]
    • ライ麦の香ばしさだけでなくフルーティな味わいも楽しみたい場合は、ブレットを選びます。
  4. 4
    単一樽(シングルバレル)のバーボンを試し、独特の香りを発見する 冒険好きな人は、単一樽のバーボンをいろいろと試してみましょう。名前から連想できますが、こうしたバーボンは、様々な樽のバーボンをブレンドしたものではなく、ひとつの樽のバーボンだけを瓶詰めしたものです。ウィスキーの味は、熟成年数、樽の木の種類、保存状態などが影響しています。[29]
    • 人気の単一樽のバーボンには、エライジャ・クレイグ(Elijah Craig)18年、ワイルドターキーケンタッキースピリット(Wild Turkey Kentucky Spirit)、イーグル・レア(Eagle Rare)などがあります。
    • 味は、木や煙の香りがするものから口当たりが良くスパイスの効いた甘みがあるものまで様々です。
    • こうしたバーボンはとても高価ですが、「単一樽」のバーボンが全て手が出ないほど高いというわけではありません。イーグル・レア10年は5000円前後で入手可能です。
    広告

5の方法5:
その他のウィスキー

  1. 1
    アイリッシュウイスキーで軽い味わいを楽しむ アイリッシュウイスキーは、アメリカやスコットランドのウイスキーよりもフルーティで軽い味わいがあり、色味は焦げ色が薄く、ぼんやりとしています。この穏やかな味が、ウィスキーに慣れていない人がウイスキーを覚えるのに適しています。[30]
    • アイリッシュウイスキーは、樽で3年以上熟成させることで、特徴的な滑らかな口当たりになります。
    • ジェムソン(Jameson)とブッシュミルズ・ホワイト・ラベル(Bushmills White Label)はどちらも人気のアイリッシュウイスキーです。ウイスキーコニサー(ウイスキー文化研究所が認定するウイスキーの知識に精通した人)が勧めるアイリッシュウイスキーは、グリーンスポット(Greenspot)、レッド ブレスト(Redbreast)12年、クロンターフ(Clontarf)です。

    注意事項:アイリッシュウイスキーは、通常、発芽させた大麦と発芽させていない大麦を混ぜ合わせ、伝統的に「ポットスチル」という銅製の釜で蒸留されます。ポットスチルウィスキーは、特に力強く豊かな味わいがあると言われています。

  2. 2
    カナディアンウイスキーで独特のブレンドを楽しむ カナディアンウイスキーは通常ブレンドされたウィスキーです。グレーンウイスキー(トウモロコシ、小麦などの穀類と麦芽を発酵させたウィスキー)とモルトウイスキー(大麦の麦芽を発酵させたウィスキー)がブレンドされています。[31]ブレンドウイスキーの多くが、単式蒸留器(ポットスチル)で作られたものよりも口当たりが良いことに気付くでしょう。[32]カナディアンウイスキーは、グレーンウイスキーの他にワインや2年ものの蒸留酒などがブレンドされています。[33]
    • カナダではブレンド方法や蒸留技術が豊富なため、カナディアンウイスキーは実に様々な味わいを楽しむことができます。たとえば、煙や土の香りがするウィスキーが好みなら、J・P・ワイザーズ (J.P. Wiser's) 18年を試してみましょう。少しフルーティで甘く柔らかい口当たりのウィスキーが好みなら、コービーズのパイク・クリーク(Corby’s Pike Creek)が良いでしょう。[34]
  3. 3
    ライウイスキーで力強くスパイシーで味わいを楽しむ バーボンと同様に、ライウイスキーはアメリカンオーク樽で熟成させたアメリカの蒸留酒です。ライウイスキーとは、ライ麦の比率が51%以上のものです。[35]ライウイスキーは他のウィスキーよりピリッとした風味があるため、甘い蒸留酒が好みでない人にはぴったりのウィスキーです。[36]
    • 人気のライウイスキーには、オールド・オーバーホルト(Old Overholt)、ワイルドターキー(Wild Turkey)とブレット(Bulleit)などがあります。
  4. 4
    長期熟成させたウィスキーで滑らかな口当たりを楽しむ アルコールの焼けるような強い刺激が好みでない場合は、もっと熟成の進んだウィスキーを選びましょう。ウィスキーを熟成させると、樽から出る木の香りによってウィスキーのとげとげしさが和らぎます。[37]木の香りはウィスキーのとげとげしい味を取り除き、さらに独特の風味が加わります。[38]
    • 古いウィスキーが必ずしも美味しいというわけではありません。長く熟成させた(例えば、23年もの対15年もの)ウィスキーは、樽の木からタンニンという物質が混ざりすぎてしまい、不快な風味になってしまうことがあります。

    注意事項:ワインと違い、ウィスキーは瓶詰めされたものを保存しても美味しくなりません。ウィスキーは瓶詰めされる前に、樽の中で熟成することによって美味しくなります。

  5. 5
    スタイルに合わせて様々なウィスキーを試す 単一種類のウィスキーでも、様々な違いがあることに気付くことでしょう。たとえば、アイリッシュウイスキーを1種類試して自分には合っていないと判断してはいけません。同じ種類のウィスキーでも少し長めに熟成させたものやアルコール度数が違うと美味しいと感じる場合もあるのです。[39]
    • できれば、安いものと高いものとを飲み比べます。高いものの方が必ずしも自分の好みに合うというわけではないことに気付くでしょう!
    広告

ポイント

  • 真面目な愛飲家の中には、ウィスキーの1番良い飲み方について強いこだわりを持っている人もいますが、実際には厳格な決まりはありません。ウイスキーをオン・ザ・ロックで飲むのが好きな人も、フルーツカクテルにして飲むのが好きな人も、他の誰かが飲み方について文句を言ったとしても自分の好きな方法で楽しみましょう!
  • ウィスキーに合う食品を選びましょう。ダルウィニー(Dalwhinnie)グレンキンチー(Glenkinchie)などの軽く甘いウィスキーなら、寿司や鮭だけでなくヤギのチーズやクリームチーズと合います。ブルックラディ(Bruichladdich)などのミディアム・ボディーウィスキーとの相性が良い食品は、燻製の魚、鴨肉、鹿肉などです。ザ・マッカラン(The Macallan)のような芳醇な香りのウィスキーは、肉のたたきやグリルステーキ、豚肉のほか、チョコレートやジンジャーブレッドなどのデザートとも相性が良いウィスキーです。
  • 法律では、瓶詰めされたウィスキーのアルコール度数(ABV)は40%(80プルーフ)と決められており、ほとんどのウィスキーのABVは、40~60%です。[40]プルーフを2で割るとウィスキーのABVを算出できます。
広告

注意事項

  • ウィスキーを飲む時は、必ず責任を持って楽しみましょう。飲酒運転をしてはいけません。また、1日に飲むアルコール飲料の量は1~2杯を超えないようにしましょう。(ウィスキーの場合、約50mlが1杯分です。)[41]
  • ABVが1番低いウィスキーでも、他のアルコール飲料よりも高いということを忘れてはいけません。ビールのABVは平均約4.5%ですが、ワインは平均約11.6%です。[42]
広告

このwikiHow記事について

バーテンダー
この記事はTom Blakeが共著しています。 トム・ブレークはバーテンディング専門ウェブサイト、CRAFTY BARTENDING (craftybartending.com) のブログ管理を行っています。トムは2012年よりバーテンダーとして働いており、同サイトの公式マニュアル、「The Bartender's Field Manual」の著者でもあります。
カテゴリ: 食・おもてなし
他言語版
  1. https://www.artofmanliness.com/articles/how-to-drink-whiskey/
  2. https://www.businessinsider.com/8-whiskey-drinking-tips-2013-8
  3. https://craftybartending.com/cocktail-recipes/old-fashioned/
  4. https://www.esquire.com/food-drink/drinks/recipes/a3827/mint-julep-drink-recipe/
  5. https://www.liquor.com/recipes/rob-roy/
  6. http://www.theguardian.com/lifeandstyle/wordofmouth/2013/jan/02/how-to-make-the-perfect-hot-toddy
  7. https://scotchaddict.com/picking-first-bottle-scotch.html
  8. https://www.liquor.com/articles/lowland-whiskies-the-gentler-side-of-scotch/
  9. https://scotchwhisky.com/magazine/ask-the-professor/8796/does-triple-distillation-make-smooth-whisky/
  10. https://scotchaddict.com/picking-first-bottle-scotch.html
  11. https://www.islayinfo.com/islay_whisky_distilleries.html
  12. http://www.scotchmaltwhisky.co.uk/islands-region.htm
  13. http://www.scotchmaltwhisky.co.uk/campbeltown-region.htm
  14. https://www.liquor.com/articles/cheat-sheet-bourbon/
  15. https://www.liquor.com/articles/cheat-sheet-bourbon/
  16. https://www.epicurious.com/archive/drinking/spirits/bourbon?page=all
  17. https://www.epicurious.com/archive/drinking/spirits/bourbon?page=all
  18. https://www.liquor.com/articles/cheat-sheet-bourbon/
  19. https://www.epicurious.com/archive/drinking/spirits/bourbon?page=all
  20. https://www.epicurious.com/archive/drinking/spirits/bourbon?page=all
  21. http://whiskeyreviewer.com/2015/03/choosing-a-starter-irish-whiskey_032015/
  22. https://www.whisky.com/information/knowledge/production/overview/types-of-whiskies.html#c4020
  23. http://www.whiskyforeveryone.com/whisky_basics/blended_vatted_whisky.html
  24. https://www.liquor.com/articles/canadian-whisky-rules/
  25. https://www.liquor.com/slideshows/best-canadian-whiskies/
  26. https://www.liquor.com/spirit/rye-whiskey/
  27. https://www.tastingtable.com/drinks/national/difference-between-bourbon-rye-whiskey
  28. https://www.artofmanliness.com/articles/how-to-drink-whiskey/
  29. https://www.smithsonianmag.com/smart-news/heres-what-happens-when-you-age-whisky-180957440/
  30. https://www.artofmanliness.com/articles/how-to-drink-whiskey/
  31. https://www.ttb.gov/spirits/bam/chapter4.pdf
  32. https://www.niaaa.nih.gov/alcohol-health/overview-alcohol-consumption/what-standard-drink
  33. https://www.livescience.com/32735-how-much-alcohol-is-in-my-drink.html

この記事は役に立ちましたか?

はい
いいえ
広告