インフルエンザを治す方法

インフルエンザは通常1年の中で寒い時期に流行するウイルス性の病気です。この病気は免疫機能に支障のある病状を持つ人にとっては危険な場合もありますが、殆どの場合は約1週間で完治します。この記事では自然療法や投薬によるインフルエンザの治療法と最初からインフルエンザにかからないようにする予防法をご紹介します。

ステップ編集

  1. 1
    インフルエンザの症状を認識しましょう。病気を効果的に治療する前に、本当にインフルエンザかどうか知る必要があります。インフルエンザの症状は一般的な風邪の症状に似ていますが、より重い病状が特徴的です。
    • インフルエンザの症状は突然やってきます。そしてその日のうちに症状は悪化します。その一方、風邪の症状はゆっくりと重くなるのが特徴的です。病状は予測通りのパターンをたどって悪化し、回復へと向かいます。
    • インフルエンザの初期症状として、鼻水、咳、倦怠感、筋肉痛などが挙げられます。
    • 一般的な風邪とは異なり、インフルエンザには通常熱が伴います。寒気、頭痛、吐き気、嘔吐などの症状が見れらることもあります。
    • 極端な場合、インフルエンザが極度の脱水症状や高熱を引き起こし、入院が必要となることもあります。もし、あなたやお子様に次のような症状が見られる場合、すぐに医師による治療が必要です。[1]
      • 息切れや呼吸困難が見られる時。
      • 重度の嘔吐が続く時。
      • 突然めまいがした時。
      • 顔色が青ざめてきた時。
      • 回復に向かっていたインフルエンザのような症状がぶり返し、さらに悪化してきた時。
    Advertisement

3の方法1:
自然療法でインフルエンザを治療する
編集

  1. 1
    体を休めましょう。一般的な風邪なら、仕事や学校へ行くことも可能かもしれませんが、インフルエンザの時は体を休めることが不可欠です。何日か休みを取って体をしっかり回復させて下さい。[2]
    • インフルエンザは感染力の強い病気です。自宅での療養は、症状の回復に必要なだけではなく、周囲の人のためにも配慮のある行動だと言えます。
    • どうしても運動がしたくなったときは、軽い散歩、サイクリングなどが適しています。胸部に症状がある場合は激しい運動はしないで下さい。
  2. 2
    頻繁に鼻の粘液を取り除きましょう。副鼻腔や耳の感染症を防ぐためにも、鼻づまりの時に鼻腔から頻繁に粘液を除くことはとても重要です。粘液の取り方については以下を参考にして下さい。
    • 鼻をかんでください。鼻をかむことにより、簡単に、効果的に粘膜を取り除くことができます。鼻が詰まっていると感じた時、鼻をかんで鼻腔をすっきりさせましょう。
    • ネティポットを使いましょう。ネティポットは自然療法に用いられ、鼻腔から粘液を取り除きます。
    • 熱いお風呂に入りましょう。お湯から出る蒸気によって粘液が緩くなります。
  3. 3
    水分補給を心がけて下さい。熱が出ると、脱水症状を起こしてしまいます。病気を治すために、いつもよりしっかりと水分を取るようにしましょう。
    • お茶やお湯にレモンを入れるなどして温かい飲み物を飲みましょう。このような飲み物は体に水分を補給しながら、喉を癒し、鼻道をすっきりとさせます。
    • カフェインを含む飲み物、アルコール類や炭酸飲料は避けて下さい。このような飲み物は体の栄養やミネラルを消耗してしまいます。栄養分を取り戻すことができる飲み物を選びましょう。
    • 温かいスープを飲みましょう。インフルエンザになると、吐き気を感じたり食欲不振に陥ったりすることもあるかもしれません。温かいスープやだしを飲めば、胃を荒らさずに体に食べ物を補給することができます。[3]
  4. 4
    電気座布団を使用しましょう。体を温めることによって、インフルエンザからくる体のあちこちの痛みが緩和されます。電気座布団、あるいは湯たんぽにお湯を入れて、胸や背中など痛みを感じる部分に当てて下さい。
  5. 5
    エキナセアや朝鮮人参を摂取しましょう。インフルエンザに感染する前、あるいは感染している時にエキナセアや朝鮮人参を摂取すると、いち早く症状が治癒すると信じられています。カプセル剤、あるいはお茶から摂取して下さい。[4]
  6. 6
    オシロコシナムを摂取しましょう。オシロコシナムは、天然のインフルエンザ薬の代用品です。アヒルの内臓から作られており、ヨーロッパでも広く用いられている療法です。[5]
    Advertisement

3の方法2:
医薬療法でインフルエンザを治療する
編集

  1. 1
    市販薬でインフルエンザを治療しましょう。お近くの薬局で販売している薬で、一般的なインフルエンザの症状を効果的に治療することができます。
    • インフルエンザによる体の節々の痛みには、イブプロフェンやアスピリンなど非ステロイド性の抗炎症剤(NSAID)が効果的です。推奨投与量については箱に記載された内容をきちんと確認して下さい。
    • 経口抗ヒスタミン薬や鼻炎薬を摂取して鼻づまりを緩和させましょう。[6]
    • 去痰薬と咳止め薬で咳を治療しましょう。コホコホと空咳が出る場合は、デキストロメトルファンが入った咳止め薬が非常に効果的です。粘液が絡んだ咳が出る時は、より痰を出すために、グアイフェネシンを含む去痰剤がより良い選択だと言えます。[7]
  2. 2
    処方薬を投与して治療しましょう。インフルエンザにかかって病院へ行った場合、以下のような薬を処方されることがあるかもしれません。これらの薬を48時間以内に投与すると、病気の兆候が弱まり、いち早く治癒することができます。
    • オセルタミビル(タミフル)は経口摂取して下さい。
    • ザナミビル(リレンザ)は吸入薬です。
    Advertisement

3の方法3:
インフルエンザを予防する
編集

  1. 1
    インフルエンザが流行り出す前に、予防接種を受けましょう。予防接種はかかりつけの医院や医療機関で受けることが可能です。仮に予防接種を受けたとしても、インフルエンザの流行時期に絶対に病気にならない、という保証があるわけではありませんが、多くの異なるウイルス種から体を保護することは可能です。
  2. 2
    良い衛生状態を保って下さい。頻繁に手を洗うように心がけましょう。特に公共の場所に出かけて帰宅した時など、手を洗うことによって非常に効果的にインフルエンザを予防することができます。万が一せっけんで手を洗える場所がない時のために、抗菌作用のあるウェットティッシュを持ち歩きましょう。
  3. 3
    日ごろからしっかり健康管理をしましょう。きちんとした食事を取る、ビタミンや栄養の推奨量を摂取する、運動をして体調を維持する、などといった心がけは、インフルエンザの予防につながります。万が一、インフルエンザにかかってしまったとしても、体が病気と戦う準備は十分にできているはずです。
    Advertisement

ポイント編集

  • 枕を使って頭を高くして寝ると、鼻づまりが緩和されます。

注意事項編集

  • 38度9分以上の発熱、胸の痛み、呼吸困難、めまいなどのインフルエンザの症状が見られる時は、医師に連絡しましょう。10日経っても症状が回復しない、あるいは症状が著しく悪化した場合も医師の指示を受ける必要があります。

この記事は役に立ちましたか?

はい
いいえ