アメリカツタウルシを見分ける方法

共同執筆者 Chris M. Matsko, MD

ハイキングをしたり、自然に触れるのは楽しいことですが、ポイズンオーク(アメリカツタウルシ)に触れると、とても痒い水膨れの発疹ができ、せっかくの楽しみがあっという間に台無しになってしまいます。この植物の葉には特徴があり、何に注意すればいいのかさえわかっていれば見分けることができます。ポイズンオークに接触した経験のない方も、ポイズンオークを避けることができるように植物を見分ける方法を知っておきましょう。

パート1(全2パート):ポイズンオークを見分ける編集

  1. 1
    ポイズンオークについて学ぶ ポイズンオークは、同じ植物の科に属している近縁種のポイズンアイビーやポイズンスマックに似ています。もっともよく見られるポイズンオークは、ウェスタンポイズンオークと呼ばれる種類で、アメリカのオレゴン州やワシントン州、カリフォルニア州の太平洋沿岸によく生育しています。広い場所では小さな低木として、陰の多い森の中ではつる草として成長します。[1]
    • ポイズンオークには他に、アトランティックポイズンオークという種類もあり、これはアメリカの東南部に生育しています。ウェスタンポイズンオークに比べると、この種を目にする機会はあまりありません。[2]
  2. 2
    植物を観察するときは気を付ける ポイズンオークによる発疹を防ぐ最善の方法は、ポイズンオークと思われる植物に絶対に触らないことです。見分けるために植物に近づくときは、木の枝を使ったり、手袋を着用した上でよく観察してみましょう。
    • ポイズンオークが見つかった場合、ポイズンオークに触れたものは必ず全て石鹸と水で洗いましょう。
  3. 3
    葉をよく見る 低木、あるいはつる草として生育しているかに関わらず、ポイズンオークの葉は三つ葉の構成になっています。つまり、一本の枝から三枚の葉が生えているということです。葉の端は波形をしています。
    • 名前からもわかる通り、オーク(楢や樫など)の木の葉に少し似ています。 [3]
  4. 4
    色を確かめる 葉の表面は多くの場合、艶のある緑色をしています。しかし、ポイズンオークの生育状態や季節によっては、黄色、赤色、あるいは茶色がかった色をしていることもあります。葉の裏側は、艶が少なく薄い緑色で、柔らかそうな外観をしています。[4]
  5. 5
    枝を調べる 枝の色は灰色がかっている傾向がありますが、木のしげる薄暗い場所では見にくいかもしれません。また、枝は細かい毛やとげのようなものに覆われています。[5]
  6. 6
    花や実を確かめる ポイズンオークは、春になると黄色がかった緑色の小さな花を咲かせます。夏の間中から秋にかけて、薄緑色の実もつけます。 [6]
    • 他の植物にないものを見つけることで、他の植物と見分けることができます。葉の先端がとがっていなかったり、とげがなければ、それはポイズンオークではありません。
  7. 7
    ポイズンオークの他の形態についても学ぶ 
    • 冬になると、ポイズンオークは葉を落とし、交互に枝が生えた赤茶色の棒のようになります。(地面から数本が出ているだけのことも、大きな塊になっていることもあります。)
    • 木をつたって上る太いつるになっていることもあります。季節によっては、小さなポイズンオークの葉がついていることもあります。
    Advertisement

パート2(全2パート):ポイズンオークの発疹を見分ける編集

  1. 1
    発疹を起こす原因を学ぶ ポイズンオークの葉や枝にはウルシオールが含まれています。これは油状の植物由来の物質で、ポイズンオーク発疹としてアレルギー反応を引き起こします。ウルシオールは、ポイズンオークの根や枯れた植物中にも含まれています。[7]
    • さらに、ポイズンオークを燃やすとウルシオールが空気に飛散することもあり、ウルシオールは簡単に物から他の物へと運ばれていきます。
    • ポイズンオークによる発疹は、本来の意味では感染するものではありませんが、ウルシオールのついた手で他の人を触るとその人も反応を起こすかもしれません。
    • 毒性のウルシオールは、ポイズンオークのどの部分にも含まれています。冬になって葉が落ちても、植物に触るのは危険です。[8]
  2. 2
    発疹を見分ける ウルシオールに対する敏感さは個々人で異なるため、ポイズンオークとの接触による発疹の程度も人によって違います。一般に、発疹は非常に痒く、赤くなり、赤い腫れは水分が滲み出る水泡になることもあります。発疹は線状や斑状にできて、比較的軽度のものから非常に重度なものになることもあります。[9]
  3. 3
    肌と服を洗う ポイズンオークに触れてしまったときには、まず、可能なかぎり早く、できれば30分以内に、触れた部分を石鹸と温かいお湯で洗い流します。[10]また、ポイズンオークに触れた可能性のある服や道具も洗います。[11]
  4. 4
    痒みを緩和する 発疹の痒みを緩和するには、カラミンローションを患部に塗りましょう。クロベタゾールなどの局所ステロイドや、組織ステロイド、抗ヒスタミンを塗ることもできます。また、冷たいものを当てたり、オートミール風呂も試してみましょう。[12]
    • オートミール風呂をいれるには、ナイロンの靴下またはストッキングにオートミールを 2 カップ入れ、それを蛇口に結びつけて、お湯がオートミールを通るようにします。入浴するか、患部を30分以上はお湯に浸けます。
    • 温かいお風呂に重曹を入れても効果があります。[13]
  5. 5
    発疹が他の人にうつらないようにする ウルシオールは人、動物や物に簡単に付着します。ポイズンオークに触った可能性のある人と物は全て、必ず石鹸と水で丁寧に洗うようにします。[14]
    • ほとんどの発疹は5日から12日程度で治りますが、発疹が1ヶ月以上続くこともあります。[15]
  6. 6
    医療機関で手当てを受ける ポイズンオークへの反応が重度な場合には救急サービスに電話をしましょう。飲み込み、呼吸が困難な場合や、接触した箇所あるいは体の他の部分が過度に腫れている場合も、救急サービスに電話をします。[16]
    Advertisement

ポイント編集

  • ポイズンオークとの接触を避ける最善の方法は、外を歩く際に長いズボンと袖の長い服を着用することです。
  • ポイズンオークの毒性残留物を洗い流すためには、すぐに使える場合は特に、食器用洗剤が最適です。ポイズンオークに触れる可能性のある場所に出かける際には、見分けるのに失敗した場合に備えて、食器用洗剤と水、ペーパータオルを持参しましょう。


Advertisement

このwikiHow記事について

家庭医(かかりつけ医)
この記事はChris M. Matsko, MDが共著しています。 マイケル・R・ルイスはテキサス州在住の企業幹部(引退済み)起業家、そして投資アドバイザーです。
カテゴリ: アウトドア

この記事は役に立ちましたか?

はい
いいえ
Advertisement