アニメ風に人間の体を描く方法

いわゆる「アニメ」とは、日本で作られたアニメーション作品のことを指します。この記事では、アニメに登場するキャラクターの体の描き方を男女別で紹介します。

5の方法1:
女性の体を描く

  1. 1
    棒人間を描きましょう。頭部は円、関節部分は小さな円、そして手足は小さな三角形で描き表します。それらの図形を線で結び、体の骨格を表現しましょう。
  2. 2
    頭と胴体を描きます。胸など、女性特有の体の特徴を描き加えましょう。また、腰のくびれは細く描き、お尻は少し大きく描くことを忘れないようにします。
  3. 3
    四肢を描きましょう。
  4. 4
    髪型や服など、更に細かいディテールを描き加えます。
  5. 5
    絵に色を塗れば、完成です。
    Advertisement

5の方法2:
男性の体を描く

  1. 1
    棒人間を描きましょう。頭部は円、関節部分は小さな円、そして手足は小さな三角形で描き表します。それらの図形を線で結び、体の骨格を表現しましょう。
  2. 2
    頭と胴体を描きます。女性のくびれたウエストラインに比べて、男性の胴体は大きく描きましょう。
  3. 3
    四肢を描きましょう。筋肉が付いているのが分かるように、四肢は太く描きます。
  4. 4
    髪型や服など、更に細かいディテールを描き加えます。できるだけ服が肌に密着するように描きましょう。
  5. 5
    絵に色を塗れば、完成です。
    Advertisement

5の方法3:
女性の体をアップで描く

  1. 1
    頭部を表す円を描きます。
  2. 2
    顔の形と体の主な骨格を下描きします。上半身は、湾曲した長方形で描き表しましょう。腰回りは、パンティーのような形で表現します。
  3. 3
    胸部を描く際のガイド線として、円を二つ描き加えます。
  4. 4
    腕や首、体のラインなど、女性の体の残りの部位を描き足しましょう。
  5. 5
    下描きを参考にしながら、体の基本的な特徴を描きます。
  6. 6
    更に細かいディテールや服を描き加えましょう。最初に描いた下描き用の線は消します。
  7. 7
    色を塗りましょう。
    Advertisement

5の方法4:
男性の体をアップで描く

  1. 1
    頭部を表す円と顔の形を描きましょう。
  2. 2
    頭の下に大きな長方形をスケッチします。この時、後から首を描き込めるように、十分なスペースを頭部と長方形の間に残しておきましょう。次に、長方形を四分割します。一番上に来る区分は、その他の三つの区分の約1/5の大きさで描くようにします。
  3. 3
    体のフォルムを表すガイド線を描き加えましょう。長方形の真ん中には縦線を引きます。また、長方形の上から三番目と四番目の区分には、腰のくびれを表す曲線を描き込みましょう。
  4. 4
    三本の縦線で首元を表現します。
  5. 5
    首元に二本の斜め線を描き足します。これら二本の線を使って、首の中間点と長方形の角を結びましょう。
  6. 6
    下描きを参考にしながら、体の基本的な枠組みを描きましょう。
  7. 7
    下描き用の線を消します。更に細かいディテールを描き込みましょう。
  8. 8
    自分の思いのままに体の色を塗りましょう。
    Advertisement

5の方法5:
別の手段で男性の体を描く

  1. 1
    頭部を表す円を描きます。
  2. 2
    顔の形をスケッチします。
  3. 3
    頭の下に大きな湾曲した長方形を描き、その下に同じ幅の円を描きます。頭と長方形の間には、首を描くために必要なスペースを残しておきましょう。
  4. 4
    ガイド線を描き足します。後で四肢を描く際にガイドとなるような線や円をスケッチしましょう。
  5. 5
    首と腰回りのディテールを描き込みます。
  6. 6
    足や腕の基本となるガイド線をスケッチします。この際、円や楕円形を使ってスケッチしましょう。手と関節部分は、円で描き表します。
  7. 7
    指の基本となる線も描き足しましょう。
  8. 8
    下描きを参考にしながら、体の基本的な枠組みを描きましょう。
  9. 9
    下描き用の線を消し、更に細かいディテールを描き込みます。上から服を描き足しても結構ですが、くれぐれも体型にフィットした服を描くように注意しましょう。
  10. 10
    服を描き足した際には、体のラインを消します。
  11. 11
    色を塗りましょう。
    Advertisement

必要なもの

  • 鉛筆
  • 鉛筆削り
  • 消しゴム
  • 色鉛筆、クレヨン、マーカー、または水彩絵の具

このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む20人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。

この記事は役に立ちましたか?

はい
いいえ
Advertisement