アニメ中毒を克服する方法

アニメに夢中になるあまり、アニメ中心の生活を送っていませんか? アニメのDVD、漫画、フィギュア、イベントばかりにお金を費やしていませんか? 中には、お気に入りのアニメを観過ぎて、学業が疎かになったり、人付き合いもままならない人もいるかもしれません。アニメ中毒を治さなければと思っていても、何から手を付けたらいいのか分からない人もいるでしょう。そんなみなさんのために、アニメ中毒を克服する方法をいくつかご紹介します。

パート1(全3パート):アニメ中毒を自覚する

  1. 1
    アニメにどの程度の時間を費やしているかを考えましょう。周りの人からは「アニメ中毒」だと言われているかもしれませんが、みなさんは実際にアニメ中毒でしょうか? アニメ観賞に費やす時間と、その他の活動に費やす時間を把握できれば、本当に中毒かどうかが分かるでしょう。
    • アニメを観るために、友達からの誘いを断っていませんか? 内向的な性格自体は問題ではありませんが、アニメを観るために友達を無視してしまうと、その後の友情関係が崩壊する恐れがあります。友達よりもアニメを優先しているみなさんは、アニメ中毒の可能性があります。[1]
    • アニメを観るために、睡眠や食事、お風呂にかける時間を犠牲にしていませんか? アニメを観すぎて、風呂に入る回数が減ったり、健全な食事を取らなくなったりすると、だるさや疲れを感じやすくなります。わざわざリンゴを切って食べるより、お菓子をつまんだ方が楽かもしれませんが、そのような食生活を続けていると、健康に悪影響を及ぼします。実際、風邪を引きやすくなったと感じていませんか?
    • アニメが学校の成績に影響を及ぼしていませんか? 学校から帰ったらすぐに宿題に取り掛かっていますか? それとも、録画したアニメを観てしまいますか? 学校の成績はとても大切です。一定の評定平均がないと、特定の大学や会社には入れません。
    • アニメに夢中になりすぎて、他の趣味への興味が薄れていませんか? 以前はサッカーやピアノを楽しんでいたのに、アニメ観賞のせいで、それらの習い事に通わなくなったという人は、おそらくアニメ中毒でしょう。 [2]
  2. 2
    趣味にいくらお金をかけているかを計算してみましょう。アニメ関連の出費が増えて、食事、衣服、学用品、家賃のためのお金が不足していませんか? 紙に表を書き、「アニメ」、「食品」、「衣服」、「学用品」などの項目を作りましょう。買い物をするたびに、それらの項目に支出額を記入します。項目の隣に本来必要な金額を書いておき、実際に使った金額と見比べてみましょう。
    • ほとんどの出費が「アニメ」の欄に記載されていれば、アニメ中毒の可能性があります。
    • アニメグッズを買うために、食事を抜いたり、洋服や日用品を諦めたりしているのであれば、ほぼ間違いなくアニメ中毒です。[3]
  3. 3
    自分がどれほどアニメに依存しているかを考えてみましょう。中毒と単なる強い興味を区別するのは難しいかもしれませんが、アニメが観られなかった日に、自分がどれほど悲しい気持ちになったかを思い出してみましょう。アニメを観られなかったときに強い悲しみに襲われるのであれば、それも立派なアニメ中毒のサインです。[4] 例えば、親に叱られ、罰としてその日のアニメ観賞を禁止された際に、抑えきれない怒りを感じたとしたら、それは中毒のせいかもしれません。アニメが観られないと思うだけで辛くなる人は、間違いなくアニメ中毒に罹っています。
  4. 4
    アニメへの思い入れがどの程度かを判断しましょう。アニメ中心の生活を送っていませんか? 判断しにくい場合は、少し客観的に考えてみましょう。以下の質問を自分に投げかけてみることで、自分がどれほどアニメに入れ込んでいるかが分かります。
    • 生身の人間よりも、アニメのキャラクターに惹かれていませんか? 好きなキャラクターがいること自体は全く問題ありません。問題なのは、架空のキャラクターに入れ込み過ぎて、現実世界での人間関係が疎かになることです。生身の人間の愛情や思いやりは、架空のキャラクターでは補えないという事実を理解しましょう。
    • アニメについて、本気で誰かと喧嘩したことはありませんか? 節度をわきまえていれば、アニメについて人と意見が分かれるのは悪いことではありません。しかし、アニメを愛するあまり、そのアニメを貶されると、思わず怒鳴ってしまうのであれば、それは不健全なこだわりです。そのような態度は友人関係を台無しにします。
  5. 5
    普段の態度がアニメの影響を受けていないかを考えましょう。自分の好きなアニメキャラクターの口癖や話し方を真似していませんか? 往々にしてアニメや漫画のキャラクターは、独特で大げさな話し方をします。現実世界では、そのような話し方が不適切な振る舞いとみなされる場合も少なくありません。自分はお気に入りのアニメのキャラクターと同様に扱われても気にならないでしょう。しかし、アニメのキャラクターと同じ調子で生身の人間に接すると、相手を不愉快な気分にさせる場合があります。混乱して苛立った相手は、すぐにみなさんへの敬意を失うでしょう。
    Advertisement

パート2(全3パート):アニメと距離を取る

  1. 1
    アニメを観る時間を制限しましょう。[5] アニメ観賞を諦める必要はありません。ただ、毎日観るのではなく、2日おきや、1週間に1回といった制限を設けます。これまで1日数時間のペースでアニメを観ていたみなさんは、以下の方法を試してみましょう。
    • 1週間、あるいは1日に何話も観ていたみなさんは、1日1話、あるいは週2、3話だけ観るようにしましょう。
  2. 2
    番組の数を制限しましょう。全てのアニメ番組を観ないと気が済まないという人は、その衝動を抑えましょう。番組によっては、何クールにも及ぶため、すべての番組を観ようとすると、とんでもない時間を費やします。心底観たい番組を1つか2つ選び、それだけを観続けましょう。アニメファンだからといって、全てのアニメ番組を把握しなければならないという決まりはありません。
  3. 3
    ときには休息を取りましょう。アニメから離れるために、アニメも観ず、漫画も読まない期間を設けてみましょう。まずは、一週間試してみましょう。意外にも、新たな趣味や興味が見つかるかもしれません。
  4. 4
    自分へのご褒美としてアニメを観ましょう。アニメを観る前に、勉強や仕事を済ませます。そうすれば、アニメへの依存を抑制できるだけでなく、今まで以上にアニメ観賞の時間を楽しめます。例えば、以下の方法を試してみましょう。
    • 宿題が終わるまで、アニメ観賞を我慢しましょう。また、夜中にアニメを観てはいけません。そうすれば、早く宿題を終わらせるために、俄然やる気が湧いてくるでしょう。同時に、宿題の先延ばしを防ぐこともできます。その日はアニメを観られなかったとしても、がっかりしてはいけません。楽しみは次の日に取っておきましょう。
    • 週末に一気にアニメを観ましょう。週末に楽しみを取っておけば、1週間を通して期待と興奮が高まるとともに、平日は他の作業に没頭できます。
    • アニメを観る前に、全ての家事を終わらせましょう。「全ての家事(部屋の片づけ、洗濯、皿洗いなど)が終わるまで、アニメを観てはいけない」と自分に言い聞かせます。そうすれば、家事もはかどり、作業後は心置きなくご褒美のアニメを観ることができます。
  5. 5
    アニメグッズの購入を控えましょう。自分のコレクションを増やしたいという衝動だけで、アニメのピンバッジ、フィギュア、バッグなどを買っていませんか? 本当に欲しい物なのかを考えてから買いましょう。単にコレクションを増やしたいという理由でグッズを購入しているかどうかを判断するために、以下の質問を自分に問いかけてみましょう。
    • そのグッズは本当に必要ですか? キャラクターバッグがあれば、学用品を購入する際に便利かもしれませんが、フィギュアなどは必ずしも必要ではないでしょう。金欠に悩んでいる人は、本当に必要なグッズだけを購入しましょう。
    • 本当にそのグッズが好きですか? 自分の好きなアニメ関連のグッズだからといって、全てのグッズを買う必要はありません。心底気に入った物を見つけたときのために、貯金をするのも大切なことです。
    • 使い道はありますか? マグカップ、腕時計、バッグ、Tシャツなどは、日常生活でも役に立ちます。しかし、フィギュア、ワッペン、ピンバッジなどは、飾りにしかなりません。鑑賞するだけではなく、実際に使える物を買うように意識すると、少しは中毒症状を抑えることができます。
  6. 6
    ファンサイトの閲覧をやめ、「お気に入りリスト」からも削除しましょう。アニメ観賞を控えるだけでは、アニメ中毒は解消されません。ファンサイトでのファン同士の語らいは、アニメを観たい衝動を掻き立てるだけです。ファンサイトの閲覧を控えれば、アニメについて語る場がなくなります。したがって、アニメを観たいという気持ちを抑えることができます。
  7. 7
    現実と架空の世界はきちんと区別しましょう。好きなアニメの中のキャラクターに思い入れを持つのはごく自然なことです。恥ずかしがる必要はありません。しかし、アニメのキャラクターに本気で恋をしてしまうと、自分の中で混乱を招き、みじめな気持ちになりかねません。思い通りにならず、やがて苛立ちを感じるでしょう。アニメはフィクションに過ぎません。作者やアニメーターが作り上げた架空の世界です。アニメのキャラクターは、現実世界の家族や友達の代わりにはなり得ないということを肝に銘じましょう。
  8. 8
    グッズのコレクションを減らしましょう。時として、中毒を治すためには、関連するもの全てを排除しなければなりません。そうはいっても、これまでに収集したフィギュア、漫画、シャツ、バッグ、その他関連グッズを全て売却したり、寄付したりする必要はありません。しかし、それらの中で、今後使う予定のないものは、思い切って売り払うか、友人に譲り渡すのも一つの手です。新たにコレクションを増やさないように注意しましょう。
    • インターネットでのアニメ観賞が勉強や仕事の妨げになっているのであれば、パソコンからアニメ動画を全て削除し、「お気に入りリスト」から動画サイトを削除しましょう。
  9. 9
    自分の行動に注意しましょう。お気に入りのキャラクターの仕草や口癖を真似しているうちは、アニメ中毒は治りません。この癖に気付いた時点で、直しましょう。自分では気付きにくい場合は、友達に頼んで指摘してもらいましょう。
  10. 10
    アニメ関連のイベントに行く回数も減らしましょう。イベントへの参加がアニメ中毒を助長している場合は、イベントに行く回数を年に1、2回に抑えましょう。出費を抑えるだけでなく、アニメから意識を逸らすのにも効果的です。
    Advertisement

パート3(全3パート):他の趣味で気を紛らわせる

  1. 1
    新しい趣味を見つけましょう。アニメ好きだからといって、全ての時間をアニメに費やす必要はありません。かつて楽しんでいたスポーツや、アニメに夢中になるにつれて興味を失った趣味はありませんか? 昔の趣味にもう一度挑戦するのも一つの手です。または、以下の趣味を試してみましょう。
    • 武道(アニメや日本文化が好きなみなさんは、合気道や柔道などの武道に興味があるでしょう)
    • ギターやピアノなど、楽器の演奏
    • ジョギング、ハイキング、サイクリングなどの運動(これらの運動によって、体の健康を保つだけでなく、自然を楽しみ、心もリラックスできます)[6]
    • 編み物や裁縫(編み物や裁縫の最中はずっと手を動かす必要があるため、アニメについて考える暇もないでしょう)
  2. 2
    アニメ以外の物のファンになってみましょう。アニメ中毒を克服するためには、アニメ以外の物に同じだけの愛情を注ぐ必要があるかもしれません。本、映画、テレビ番組などは好例です。新たな興味が見つかれば、おのずとアニメに割く時間は減ります。何から始めればいいのか分からない人は、友達やクラスメートの意見も参考にしましょう。その際に、自分の好きな物(ホラー作品、中世ファンタジー、吸血鬼ドラマなど)を伝えると、妙案が出るかもしれません。
    • ロールプレイが好きな人は、アニメ関連以外の本や映画などからキャラクターを探しましょう。
  3. 3
    友達との時間を大切にしましょう。アニメのことを考える時間が減ります。また、友人関係を大切にしていることを相手に伝える良い機会です。日頃から人間関係を大事にすれば、自分が本当に悩んだときに、周りの人たちが支えになってくれます。
    • 友達がいない場合は、新しいコミュニティに参加してみましょう。学校の部活や図書館のサークル活動に参加してみましょう。また、公園に行って、散歩している人と交流するのも一つの手です。
  4. 4
    友達や家族の助けを借りてアニメ中毒を克服しましょう。友達や家族に悩みを打ち明ければ、きっと真剣に向き合ってくれます。そうすれば、例えば、誕生日プレゼントにアニメグッズをくれる人はいなくなるでしょう。アニメ好きの友達に悩みを打ち明ければ、みなさんの前でアニメを話題にしたり、新しいアニメシリーズを勧めたりするのは控えてくれるはずです。
    Advertisement

ポイント

  • 友達にもアニメ中毒者がいる場合は、その友達と一緒に依存症を克服しましょう。
  • 言葉の意味を理解せずに、アニメで聞いた単語を使うのは止めましょう。特に海外のアニメに登場するフレーズを安易に使うと、現地の人を侮辱する恐れもあります。異文化への敬意に欠ける行為は軽蔑の対象になります。
  • 「かわいい」や「先輩」はアニメや漫画でよく登場する単語ですが、実際に使い過ぎると、人によっては「うっとうしい」と感じるので注意が必要です。
Advertisement

注意事項

  • アニメ中毒の克服は、一日では成し遂げられません。ある程度の時間と労力が必要です。失敗を重ねても、諦めずに挑戦することが大切です。
Advertisement

このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む95人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。
カテゴリ: 自己啓発 | 生活習慣

出典

  1. Psychology Today, 6 Signs that You're Addicted to Something
  2. Medical News Today, Signs of Addictions
  3. Medical News Today, Signs of Addictions
  4. Indiana University, What are Addictive Behaviors?
  5. Addictions, Internet
  6. Addictions, Internet

この記事は役に立ちましたか?

はい
いいえ
Advertisement