アスパラガスのブランチングをする方法

ブランチングは、食材を短時間茹でて、素早く氷水で冷やす調理方法です。ブランチングは、アスパラガスを含む青野菜に特に適しています。ブランチングをすると、食材の味や歯ごたえのある食感、鮮やかな緑色を保つことができます。主要な調理方法、または野菜のソテーや炒め物の下ごしらえとして使われる方法です。ここでは、アスパラガスのブランチングをする方法をご紹介します。

ステップ編集

  1. 1
  2. 2
  3. 3
    氷水を入れたボウルを用意しましょう。大きなボウルに3分の2まで水を入れ、氷を6〜10個入れて置いておきます。
    • この方法は「アスパラガスを驚かす」と呼ばれることもあります。氷水に入れることでアスパラガスに余熱が通るのを防ぎます。冷却時間は茹で時間と同じにします。
  4. 4
  5. 5
    火を止めましょう。アスパラガスが鮮やかな緑色になり、程よく柔らかくなったら[2]、穴開きおたま、または小型のすくいざるを使って鍋からアスパラガスを取り出します。取り出したら、氷水の入ったボウルに素早く移しましょう。
  6. 6
    水気を切りましょう。キッチンペーパーを敷いたバットの上にアスパラガスを載せ、余分な水気を完全に取ります。
    • アスパラガスをすぐに使わない場合や、どこかに持ち運ぶ場合(ピクニックや持ち寄りパーティーなど)は、キッチンペーパーを敷いたビニール袋に入れて冷蔵庫で冷やしましょう。
  7. 7
    お皿に盛り付けましょう。ブランチングは主要な調理方法として行ったり、風味豊かな炒め物やソテーを作る際に野菜を加える前の下ごしらえとして行ったりすることができます。
    • ブランチングは、野菜を冷凍保存する前の処理としても重要です。湯に通すことで酵素の働きを止め、野菜の細胞が壊れるのを防ぎます。これにより、味や食感、色合いを保つことができます。
    • 冷凍前にブランチングを行うと、野菜の表面についた泥や汚れを取り除くことができます。また、ビタミンが残りやすくなる、野菜が軟らかくなり保存しやすくなるなどの利点もあります。
    Advertisement

ポイント編集

  • ブランチングをしたアスパラガスに少量の粗塩をかけてオリーブオイルを垂らすと、美味しい一皿が簡単にできあがります。


Advertisement

注意事項編集

  • 新鮮なアスパラガスを買う時は、2〜3日以上経つと鮮度が落ちることを覚えておきましょう。買ったらすぐにブランチングをするのが理想的です。
Advertisement

必要なもの編集

  • アスパラガス
  • ボウル
  • ざる
  • 穴開きおたま
  • トング

このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む10人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。
カテゴリ: 調理法 | 野菜と果物

この記事は役に立ちましたか?

はい
いいえ
Advertisement