アイラインをきれいに落とす方法

アイラインは目を大きく見せたり、印象を変えたりするのに欠かせないアイテムです。でも、どんなメークも1日の終わりには落とさなくてはいけません。落としにくいアイラインをきれいに落とす方法をご紹介します。

4の方法1:
アイメイクリムーバーを使う場合

  1. 1
    アイラインの種類に合ったリムーバーを選びましょう。ウォータープルーフのアイラインならば、オイルタイプのリムーバーを使うと落としやすくなります。クレンジングウォーターとオイルがひとつになった二層タイプのリムーバーであれば、たいていのアイメイクを落とすことができます。敏感肌やリキッドアイライナーのように比較的落としやすいメイクには、クレンジングウォーターが最適です。[1]
  2. 2
    リムーバーをコットンにたっぷり含ませます。ボールタイプのコットンではお肌に繊維が残って目に入る場合があるので、パッドタイプを使いましょう。[2]
    • メイク中に失敗して、そこだけを直したい!というときは、綿棒をリムーバーに浸した後、一度ティッシュではさんで余分なリムーバー液を取ります。[3] 修正したい部分を綿棒で優しくふき取ります。
  3. 3
    リムーバーを含ませたコットンを20秒ほど目に当てます。まつ毛の間に入ったアイラインが落ちにくい場合はコットンを少し動かしてもかまいませんが、こすらないようにしましょう。[4]
    • しばらくコットンを当てておくと、リムーバーの成分によってアイラインが溶けて、落としやすくなります。
  4. 4
    コットンを下向きにすべらせてアイラインをふき取ります。このとき、お肌をこすらないように気を付けましょう。[5] コットンを裏返し、清潔な面を使ってもう一度ふき取ります。
    • 仕上げに洗顔料で洗顔します。
    Advertisement

4の方法2:
メイク落としシートを使う場合

  1. 1
    ノンアルコールで無香料のメイク落としシートを選びましょう。メイク落としシートは、アイメイクだけでなく顔全体のメイクを落とすための製品なので、目の周りのデリケートな部分には刺激が強すぎる場合があります。アイメイク専用のシートを探しましょう。
    • 肌に優しい赤ちゃん用のシートを使うこともできますが、これはメイクを落とすために作られたものでありません。メイクをきれいに落とせるように、専用シートを使いましょう。[6]
  2. 2
    シートの端を使い、まつ毛の根元に沿ってふき取ります。上まぶたのメイクを外側に向かって(目頭から目じりに向かって)ふき取ります。下まぶたのメイクも同じようにふき取ります。[7]
    • せっかくふき取った汚れがもう一方の目に付いてしまわないように、シートの汚れていない部分を使いましょう。
    • このときお肌を強くこすりすぎないようにしましょう。こすりすぎがしわの原因になることもあります。[8]
  3. 3
    すすいだら洗顔料で顔を洗います。化粧落としシートを使えば顔全体のメイクを落とせますが、メイクを落とせるからといって洗顔がいらないということではありません。まずメイクを落として、それから洗顔という2ステップできれいにしましょう。[9]
  4. 4
    これできれいに落とせました。
    Advertisement

4の方法3:
ワセリンを使う場合

  1. 1
    綿棒にワセリンを少量取ります。このときワセリンの量はごく少量にします。綿棒からこぼれ落ちるほど取ってはいけません。
    • 「精製度」が高い信頼のブランドのワセリンを使いましょう。ワセリンは石油を精製して作られるもので、製品によって精製度が異なります。適切に精製されていないとお肌によくない不純物が含まれていることもあります。[10]
  2. 2
    まつ毛の根元に沿って綿棒でワセリンを付けます。数秒待って、綿棒の反対側でアイラインとワセリンをふき取ります。[11]
    • 1本で取りきれない場合は新しい綿棒を使いましょう。
  3. 3
    アイラインが落ちたらマイルドな洗顔料で洗顔します。目の下やまぶたの上に残ったメイクは、綿棒を使ってふき取ります。
    • ワセリンが目に入ったら、ぬるま湯で洗い流します。この場合、一時的に視界がぼやける場合があります。
    Advertisement

4の方法4:
天然オイルを使う場合

  1. 1
    ココナッツオイルやオリーブオイル、ホホバオイルをアイラインとなじませます。こうしたオイルにはアイラインを溶かす作用があるため、アイメイクを簡単に落とせます。また、まつ毛の状態を整え、目の周りを保湿するうえでも効果的です。[12]
    • ウォータープルーフのアイラインを落とすにはオイルが最適です。ウォータープルーフのアイラインに含まれる油分は水を弾きます。だからこそ長時間崩れにくいのですが、落とすのが大変です。
  2. 2
    目を閉じて手で優しくマッサージしながらオイルをなじませます。アイラインを引いたまつ毛のきわにもなじませましょう。[13]
  3. 3
    10秒ほど置いたらコットンで下向きにふき取ります。[14] このとき、まぶたを強くこすってはいけません。目の周りはとてもデリケートなので、強くこするとしわの原因になります。[15]
  4. 4
    オイルとアイラインをすすぎ落とします。オイルは無害ですが、目に入ると一時的に視界がぼやける場合があります。
    Advertisement

注意事項

  • アイラインを落とさずに洗顔するのはやめましょう。顔中にアイメイクの汚れが広がり、落とすのが大変になります。
  • アイラインを落とす際、誤って手が目に入るといけないので、手が震えていたら一度そこでストップしましょう。
Advertisement

このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む36人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。

この記事は役に立ちましたか?

はい
いいえ
Advertisement