まぶたの痙攣を止める方法方法

まぶたが勝手に痙攣してうっとうしい経験をしたことはありませんか。最も予期していなかったタイミングで起こる時ほど不快なものはありません。

ステップ

  1. 1
    最初に、力を込めたまばたきをします。まぶたを出来るだけきつく閉じます。可能な限りきつく閉じた後、勢いよくまぶたを開きます。この動作を涙が出るまで繰り返します。痛みを感じたり、痙攣が悪化するようであれば、直ちに中止しましょう。
  2. 2
    中指を使い下まぶたに円を描くようにやさしくマッサージします。目の炎症や感染を防ぐために、顔と手が清潔であることを確認してから行いましょう。
  3. 3
    30秒間まばたきを繰り返します。適度な速さで、軽やかに行います。まつげを蝶の羽だと想像しながら動かしましょう。まばたきは、眼にとってとても重要な動作です。まばたきには、眼の筋肉をリラックスさせ、眼球を洗浄して潤す働きがあります。痛みを感じたり、痙攣がひどく悪化するようならば、直ちに中止しましょう。
  4. 4
    目を半分閉じます。上まぶたがそれぞれぷるぷると震えるのを感じるでしょう。震えを制御することに意識を集中します。
  5. 5
    目を閉じた状態で1分間まばたきを繰り返しましょう。
  6. 6
    2分間指圧マッサージを施します。目の炎症や感染を防ぐために、顔と手が清潔であることを確認してから行いましょう。
  7. 7
    自分で行える場合に限り、眼にハイドロセラピー(水治療法)を施します。
  8. 8
    以下の症状が現われる場合、他の病気の可能性が疑われるため、医師に相談しましょう。
    • 1週間以上痙攣が続く
    • 痙攣のせいでまぶたが完全に閉じてしまう
    • 顔面の筋肉も痙攣する
    • 眼の充血、眼の膨張、眼から分泌物が伴う
    • 上まぶたが垂れ下がる
    • 脳または神経の障害に関わる病気から発生した眼瞼痙攣が疑われる場合には、その他の一般的な徴候がないかを病院で検査してもらいましょう。神経科またはその他の診療科に紹介されることがあります。
    広告

このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む19人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。
カテゴリ: 健康

この記事は役に立ちましたか?

はい
いいえ
広告