まつ毛を自然に伸ばす方法

共同執筆者 Laura Martin

長さも量もたっぷりとある自然なまつ毛を手に入れるには、やるべきことが多々あります。それらの多くは科学的に実証された方法ではないものの、代替医療を行う医師や手作りのスキンケア用品を好む人の間で大きく指示されています。こうした方法を試したことのある人は、1か月以内で効果が現れたと証言しています。

4の方法1:
まつ毛の健康を維持し清潔に保つ

  1. 1
    毛髪の健康的な成長を促す食品を摂取する 下記の食品に効果があることが実証されています。[1]
    • 鮭にはオメガ3脂肪酸が含まれていて、豊かでつややかな毛髪が伸びるでしょう。
    • ギリシャヨーグルトにはビタミンB5が含まれているので、血行が促進され、毛髪の量が増えます。
    • ほうれん草にはビタミンA、鉄分、ベータカロチン、葉酸、さらにビタミンCが含まれていて、毛が強くなるだけでなく潤います。
    • かんきつ類やグアバはビタミンCを豊富に含んでいて、切れ毛を防ぎます。
    • 肉、鉄分が強化されたシリアル、葉物を通して、毛髪の成長に必要な鉄分を摂取することができます。
    • 脂肪分の少ない鶏肉といった低脂肪のたんぱく質の摂取源となる食品もまた毛髪の成長を促します。たんぱく質が不足すると毛髪の成長が止まります。
    • シナモンには循環を助ける効果があるので、毛包まで酸素や栄養素が行き渡ります。
  2. 2
    緑茶を摂取する 緑茶に毛髪の成長を促す効果があるということを示唆する研究結果も存在します。例えば、毛の禿げた部位があるネズミに6か月間緑茶を摂らせたところ、著しく生え戻ったとされています。[2]
    • 経口摂取だけでなく外用する(肌や髪に塗る)ことによっても毛髪の成長を促し、髪質を柔らかくする働きをします。[3]
  3. 3
    ニンニクを取り入れる ニンニクにも毛髪の成長を促す効果があることが研究結果によって判明しています。毛髪の禿げていた部位に局所的にニンニクを用いたところ、その患者には2~4週間で効果が現れたと発表した研究もあります。[4]
    • ニンニクの錠剤が健康食品を取り扱う店舗や薬局などで販売されています。ニンニクのクリームやジェルは取り扱っている店舗が少ない可能性もあるので、見つからなかった場合は医師や皮膚科医に相談してみましょう。[5]
    • 生のニンニクを直接まつ毛につけないようにしましょう。ニンニクの臭いがついてしまうだけでなく、炎症が起きる恐れもあります。
  4. 4
    毎晩メイクを落とす メイク用品が付着していることで、まつ毛が乾燥してしまうことがあります。その結果、もろくなり、切れたり抜けたりする可能性が高まります。メイクを落とさずに眠ってしまうと、目が炎症を起こす恐れがあります。場合によっては、ものもらいになるかもしれません。
    • ものもらいとは、特にまつ毛の生え際に発生する小さなふきでもので、皮脂腺の詰まりや細菌が原因で発症します。ものもらいによる負担によってまつ毛が抜けてしまうこともあります。[6]
    • ウォータープルーフのマスカラは簡単に落ちないこともありますが、完全に取り除くことが大切です。残っていると、まつ毛が乾燥し、もろくなります。毎日使用しないようにするとよいでしょう。
  5. 5
    まぶたやまつ毛の汚れは優しく落とす 目元には刺激の少ないメイク落としを使用しましょう。例えば、ココナッツオイルには、メイクを落とし、まつ毛に潤いを与える効果があります。また、抗菌成分も含まれています。
    • ココナッツオイルでまぶたとまつ毛を優しくマッサージし、コットンでオイルとメイクを拭き取りましょう。
    • この時、強くこすらないよう注意しましょう。まつ毛が抜けてしまう恐れがあります。
  6. 6
    低刺激の洗顔料で洗顔する メイクを落とすことができたら、刺激の少ない洗顔料でまぶたを含む顔全体を洗いましょう。残っていたオイルもきれいに落とすことができます。
    • メイクを落とした時点で、まぶたは比較的きれいな状態になっているはずなので、洗顔料を軽くつける程度で充分でしょう。しっかりとこする必要はありません。
  7. 7
    メイクをしない日を設ける 毎日メイクをしないようにしましょう。特に目元のメイクやマスカラには休息日を設けることが必要です。毎日メイクをしているとまつ毛が乾き、目が炎症を起こします。その結果、まつ毛が切れたり抜けてしまう恐れがあります。[7]
    • 通勤、通学のためにメイクをしなければならない場合は、メイクなしで週末を過ごしましょう。
    • 少なくとも、帰宅して、その後外出する予定が無いのであれば、すぐにメイクを落とすようにしましょう。
  8. 8
    まつ毛をケアする成分が含まれたマスカラを使う マスカラを使用する際は、ただまつ毛に塗るだけでなく、まつ毛をケアすることのできる(トリートメント成分が含まれている)製品を選ぶようにしましょう。こうした製品にはまつ毛の成長を助ける成分が含まれているので、長くふさふさとしたまつ毛を手に入れたい人に適しています。
    • 植物エキス、ビオチン、アミノ酸といった成分が含まれています。[8]
    • 実際に効果が現れるまで継続して使用する必要があり時間も要します。ただ、すでにマスカラに使い慣れていれば、簡単に導入することができる方法です。
  9. 9
    ウォータープルーフマスカラを使用しない ウォータープルーフマスカラは、まつ毛を乾燥させるだけでなく、通常のマスカラよりも落としにくいという特徴があります。マスカラを落とそうとしてこすればこするほど、まつ毛に負担がかかり抜ける可能性が高まります。[9]
  10. 10
    つけまつ毛やビューラーは気をつけて使う どちらの製品も使用時にまつ毛が引っ張られ負担がかかるので抜けてしまう恐れがあります。どうしてもビューラーを使用しなければならない場合は、力を入れずに優しく複数回カールさせましょう。[10]
    • ビューラーを使う際は、必ずマスカラの前に使うようにしましょう。濡れたまつ毛にビューラーを用いると、まつ毛がビューラーにくっついてしまい、結果的に抜けてしまうかもしれません。[11]
  11. 11
    まつ毛をこすったり引っ張ったりしない 目元の汚れを落としたり、目に入った埃を取り除こうとしている時でも、まつ毛をこすったり引っ張ったりしないようにしましょう。切れたり抜けてしまう恐れがあります。
    • まつ毛をこする時、指先や何らかの器具が前後、上下に動くことで、まつ毛が傷みます。
    • まつ毛をこすることと、まぶたを優しくマッサージすることは大きく異なります。後者には、まぶただけでなくまつ毛の健康を改善する効果があります。
    Advertisement

4の方法2:
まぶたをマッサージする

  1. 1
    手を洗い水気をとる 目に炎症を起こしたり、ふきでもの(ものもらい)が出てしまわないよう、乾いた清潔な手でマッサージするようにしましょう。
  2. 2
    まぶたに温湿布をする ぬるま湯に浸した清潔なフェイスタオルを使用してもよいでしょう。水温が高すぎると火傷をしてしまう恐れもあるので注意しましょう。こうしてマッサージすることで、毛穴が開き、まぶたとまつ毛の生え際のより深くまで汚れを取り除くことができます。[12]
  3. 3
    まぶたとまつ毛の生え際を優しくマッサージする 目に向かってまぶたを指先でなぞりましょう。つまり、上まぶたの場合は下向きに、下まぶたは上向きに指を動かします。[13]こうした部位をマッサージすることで、毛穴の汚れが取り除かれ、血行がよくなり、まつ毛を刺激して成長を促します。
    • マッサージする際は力の加減に注意しましょう。まぶたや眼球を傷めてしまうような強い力は必要ありません。[14]
    • オイルは使っても使わなくても構いません。オイルを用いる場合は、目に入らないように注意しましょう。また、オイルが毛穴をふさいでしまわないよう、マッサージ後はしっかりと洗顔しましょう。抗菌作用のあるココナッツオイルを試してみましょう。
  4. 4
    30秒ほどかけて5~10回繰り返す[15] 指でなぞる動きを左右それぞれの目で、30秒ほど続けましょう。不快感がある場合は力を弱めるか、一旦指を止めましょう。
  5. 5
    週2~3回行う 1日1回このマッサージを行っている人もいます。[16]
    Advertisement

4の方法3:
まつ毛にオイルをつける

  1. 1
    まつ毛に効果的なオイルを把握する 代替医療を用いる医師や家庭で手作りされた美容品を好んで使う人の間では次のようなオイルに毛髪の成長を促す働きがあると考えられていま。ただし、実際の効果の科学的実証はまだありません。
    • キャスターオイル:ふさふさとした豊かなまつ毛を伸ばすために最も一般的に勧められているオイルの1つです。自然由来でヘキサンが混ざっていない製品を探しましょう。[17]
    • シダーウッドオイル:毛髪の成長を促進します。[18]
    • ラウリン酸配合のココナッツオイル:たんぱく質の損失を防ぐことで毛髪の健康と成長を助けます。[19]
    • エクストラバージン・オリーブオイル:保湿と抗菌効果があり、太くふさふさとしたまつ毛の成長を助けます。
    • ホホバオイル:自然の育毛成分として知られています。髪に水分と栄養を与え、成長を刺激します。[20]
    • モロッカンアルガンオイル:抗酸化物質が豊富に含まれていて、髪に水分と栄養を与えます。[21]
    • ローズマリーオイル:毛根を刺激し、毛髪の成長を助け、循環を活性化させる働きをします。[22]
    • ビタミンEオイル:これはサプリメントとして摂取しても、外用してもよいでしょう。[23]
  2. 2
    オイルを希釈する ココナッツオイルやオリーブオイルのように、薄めずにまつ毛につけることができるオイルもあります。ただしエッセンシャルオイル類には、キャリアオイルで薄めずに用いると目の炎症を引き起こす可能性のある香料が含まれています。
    • エクストラバージンオリーブオイルやホホバオイルがキャリアオイルとして最も一般的に用いられています。希釈する比率はそれぞれの好みにもよりますが、まず2~4滴のエッセンシャルオイルに対して小さじ1のキャリアオイルを合わせてみましょう。
  3. 3
    自分で調合できるようになる 小さじ半分のココナッツオイルと4滴のラベンダーエッセンシャルオイルを合わせると人気のセラムが出来上がります。手の平で直接混ぜ合わせて用いてもよいでしょう。[24]
    • 量を増やしたいのであれば、比率を変えずに分量を増やしましょう。出来上がったセラムは密閉式の容器にいれて、直射日光を避けて保管しましょう。
  4. 4
    目元を洗う メイクや埃、汚れが付着していないよう徹底しましょう。こすったり、力を入れすぎないよう注意しながら手で優しく目元を洗いましょう。
  5. 5
    オイルをまつ毛につける 指先や綿棒を使いましょう。まず、まつ毛の根元から始めて徐々に毛先までオイルをのばしていきましょう。
  6. 6
    オイルが目に入らないよう注意する エッセンシャルオイルによっては目に炎症が起こる可能性もあります。オイルを用いる際は目に入らないよう注意しましょう。入ってしまった場合は清潔な冷水で洗いましょう。
    • 目を洗う際は、手やたらいの中に冷水あるいはぬるま湯をためて、前かがみになって目を浸しましょう。何回か瞬きを繰り返して手元の水を流します。完全に洗い流すまでこの手順を繰り返しましょう。[25]
  7. 7
    一晩放置する 就寝前にセラムをまつ毛に塗り、一晩かけて浸透させることができれば理想的でしょう。
  8. 8
    翌日、目元をしっかりと洗う 毛穴や皮脂腺が油分で詰まらないよう、翌朝しっかりと目元を洗いましょう。この時、こすったりせずに必ず優しく洗い流すようにしましょう。
  9. 9
    週に2~3回繰り返す ただし、炎症が起きた場合は、直ちに使用を止めましょう。
    Advertisement

4の方法4:
ワセリンを使い、まつ毛を伸ばす

  1. 1
    ワセリンの効能を理解する ワセリンがまつ毛の成長に効果があるという考えは以前から存在しているものの、科学滴に証明されていません。ただ、多くの人が実体験に基づき、その効果を認めています。
    • ワセリンを塗ることで保護層が作られ、まつ毛が強くなり、切れてしまうことなく最大限伸びる、と広く考えられています。

    “ワセリンを用いることで自然の水分をまつ毛に閉じ込めることはできますが、治療効果はありません。”

    Laura Martin

    Laura Martin

    認定美容師
    ローラ・マーティンはジョージア州に住む認定美容師です。2007年よりヘアスタイリストとして働いています。2013年からは美容術の講師も務めています。
    Laura Martin
    Laura Martin
    認定美容師
  2. 2
    リスクを理解する ワセリンは一般的に安全に用いることのできる製品ではあるものの、原料の油分が発がん性物質のある科学物質によって汚染されているのではないかという懸念が最近になって浮上しています。[26]
    • ワセリンは再生することができない資源を成分(石油由来)として用いていることから、健康上ではなく倫理上の理由でワセリンを使用しない人もいます。[27]
    • ワセリンに対してアレルギー反応が起こることも稀にあるので、注意して使用しましょう。また、ワセリンは油を含み、べたべたとしているので、まつ毛に用いることで、まぶたやまつ毛の生え際の毛穴が塞がれ炎症やものもらいが生じる恐れもります。
  3. 3
    ワセリンを購入する 「ヴァセリン」が広く知られていますが、こうした有名メーカーでない製品を使ってもよいでしょう。石油由来の保湿剤を使用したくないという人は、オーガニックスーパーなどで別の製品をを探してみましょう。人工の成分を用いたものもあります。
    • 自分でワセリンの代替品を手作りすることも可能です。すりつぶした蜜ろうをカップで30ミリリットル分、さらにオリーブオイルを120ミリリットル用意して、小鍋に入れましょう。弱火にかけるか、ダブルボイラーの上段で加熱して中身を溶かしましょう。最後に中身を瓶に注ぎ込み、冷まします。[28]
  4. 4
    マスカラブラシあるいは綿棒を用意する どちらでもドラッグストア、美容品専門店、あるいは100円均一ショップなどで簡単に見つかるでしょう。
    • マスカラブラシを新しく購入したくないという人は、メイク用品を取り扱っている店舗を訪れ、テスター用あるいは美容部員が用いる使い捨てのマスカラブラシが欲しいと頼んでみましょう。
    • こうした使い捨てのブラシを用いる場合、使用後は必ず低刺激の洗顔料(ベビーシャンプーでもよいでしょう)で汚れを落とし、ぬるま湯で洗い流しましょう。
  5. 5
    まぶたとまつ毛の汚れを落とす 力を入れてこすらないよう注意しながら、低刺激、無香料の洗顔料を使ってまぶたとまつ毛を洗いましょう。汚れやメイク用品の残留物がすべて落ちます。
  6. 6
    ワセリンをまつ毛につける ワセリンの中に綿棒を差し込み、眼球を避けながらアイライナーを使う時の要領でまつ毛の生え際をなぞりましょう。次に、親指と人差し指の指先に少量のワセリンをつけて、まつ毛の上から優しくなぞります。
    • 清潔なマスカラブラシを使って、マスカラをつける時と同じ要領でワセリンをまつ毛につけてもよいでしょう。
  7. 7
    就寝前につけるか、マスカラの代わりに用いる 就寝前にワセリンを塗ることで、まつ毛にしっかりと浸透します。また、マスカラの代わりとして用いてもよいでしょう。マスカラほど劇的な変化はないものの、存在感のある見た目になります。
    • マスカラの下地としてワセリンを塗っておくと、まつ毛に潤いが閉じ込められマスカラの持ちがよくなるという人もいますが、マスカラがにじみやすくなるという意見もあります。
  8. 8
    週3回繰り返す 就寝前に塗る場合は、少なくとも週3回繰り返しましょう。
  9. 9
    まぶたやまつ毛からワセリンを完全に落とす 低刺激の洗顔料を使って、まつ毛やまぶたにワセリンが残らないよう、しっかりと洗い流しましょう。[29]
  10. 10
    常に塗らないようにする ワセリンを使う際は、まぶたやまつ毛に休息を与えることも必要です。頻繁に使いすぎると毛穴が詰まり、結果的にまつ毛が抜け落ちたり、成長が妨げられます。
    • マスカラの代わりとして塗っている人は、夜はワセリンを使用しないようにしましょう。
    • ワセリンを塗ってから就寝している人は、日中は使用しないようにしましょう。
  11. 11
    効果が現れるまで2~4週間待つ ワセリンを用いることで、まつ毛が長く、ふさふさとした印象になると広く考えられています。定期的に用いていれば、使用を開始して2~3週間で効果に気がつくでしょう。 
    • ワセリンを使うことで、長く、ふさふさとしたまつ毛が生えてくると信じている人は多いものの、科学的には実証されていません。
    Advertisement

ポイント

  • マスカラを塗らなければならない場合は、トリートメント効果のある製品を使用しましょう。例えばリンメルの「Lash Accelerator」などが優れています。
  • まつ毛の成長を促すためのセラムも多数市販されています。効果には個人差があり、炎症やアレルギー反応が起きる可能性もあるので、特定の製品を購入する前にオンラインの口コミを読んでみましょう。
  • キャスターオイルをまつ毛に塗る際は、効果が現れるまで時間を要するので使用を継続しましょう。
Advertisement

注意事項

  • ものもらいなどの目の病気にかかっている場合は、まぶたやまつ毛に用いる商品は特に注意深く選ぶようにしましょう。どのような製品が自分の健康状態に適しているのかよく分からない場合は医師や皮膚科医に相談しましょう。
  • 目や目元の肌は敏感です。まつ毛に用いた製品やケア用品によって何らかの炎症が起きた場合は、直ちに使用を止めましょう。止めた後も炎症が長引く場合は医師の診断を受けましょう。
  • 目元にオイルを塗ると腫れぼったい見た目になったり、クマが生じることもあります。こうした状態にならないよう、しっかりと洗い流しましょう。
Advertisement

このwikiHow記事について

認定美容師
この記事はLaura Martinが共著しています。 ローラ・マーティンはジョージア州に住む認定美容師です。2007年よりヘアスタイリストとして働いています。2013年からは美容術の講師も務めています。
カテゴリ: メイク
  1. http://www.cosmopolitan.com/style-beauty/beauty/how-to/a4979/beauty-moves-that-might-be-hurting-you/
  2. http://www.cosmopolitan.com/style-beauty/beauty/how-to/a4979/beauty-moves-that-might-be-hurting-you/
  3. http://www.cosmopolitan.com/style-beauty/beauty/how-to/a4979/beauty-moves-that-might-be-hurting-you/
  4. http://patient.info/health/blepharitis-leaflet
  5. http://patient.info/health/blepharitis-leaflet
  6. http://patient.info/health/blepharitis-leaflet
  7. http://patient.info/health/blepharitis-leaflet
  8. http://www.healthextremist.com/ways-to-grow-longer-eyelashes-naturally/
  9. http://www.healthextremist.com/ways-to-grow-longer-eyelashes-naturally/
  10. http://www.webmd.com/beauty/hair-repair/natural-oils
  11. http://www.goodhealthacademy.com/beauty-tips/coconut-oil-for-eyelashes/
  12. http://www.webmd.com/beauty/hair-repair/natural-oils
  13. http://www.webmd.com/beauty/hair-repair/natural-oils
  14. http://www.webmd.com/beauty/hair-repair/natural-oils
  15. http://www.webmd.com/vitamins-supplements/ingredientmono-954-vitamin%20e.aspx?activeingredientid=954&activeingredientname=vitamin%20e
  16. http://www.healthextremist.com/ways-to-grow-longer-eyelashes-naturally/
  17. http://www.webmd.com/eye-health/tc/eye-flushing-topic-overview
  18. http://www.besthealthmag.ca/best-looks/skin/the-truth-about-petrolatum
  19. http://www.besthealthmag.ca/best-looks/skin/the-truth-about-petrolatum
  20. http://adelightfulhome.com/day-2-make-your-own-non-petroleum-jelly/
  21. http://www.onegoodthingbyjillee.com/2013/07/8-natural-ways-to-promote-longer-eyelashes.html

この記事は役に立ちましたか?

はい
いいえ
Advertisement