へそピアスの炎症を手当てする方法

共同執筆者 Sarah Gehrke, RN, MS

へそにあけたピアスホールの傷が 治るまでは、その部分に身体的刺激を与えないように気を付けましょう。さらに、ピアスホールに関連した炎症を最小限に抑えるためには、感染症の予防が重要です。へそピアスの感染予防と治療において最も大切なことは徹底した洗浄です。ピアスホールを消毒および保護して、感染症に伴う炎症を最小限に抑えましょう。

パート1(全3パート):ピアスホールを清潔に保つ

  1. 1
    毎日ピアスホールを洗浄します。ピアスホールの施術を受けた後、傷の回復を促進する最善の方法は規則的な洗浄です。こうすると、患部が傷つきやすく炎症を起こしやすい期間を短縮できます。定期的に洗浄すると、感染症などの深刻な刺激を防ぐことができます。[1]
    • 温水と石けんで手を洗い、[2] 綿棒やコットンに生理食塩水や低刺激の抗菌石けんを含ませて、ピアスホールとへそを洗いましょう。
    • 洗った後、ピアスを約4回やさしく回します。
    • 生理食塩水を手作りするには、温水240mlに塩小さじ½杯を加えて混ぜます。
    • へそピアスのピアスホールをあけた後に通常起こる発赤、腫れ、分泌物などが治まるまで、ピアスホールのその周囲を1日1~2回洗浄し続けます。
  2. 2
    シャワーの度にピアスホールを洗いましょう。へそピアスの傷が治った後も定期的に洗うことが大切です。浴槽には、ピアスホールに感染する恐れがある雑菌が潜んでいる可能性があるので、シャワーで洗うほうが無難です。[3]
    • へそピアスを洗う際に、タオルやボディスポンジを使うのはやめましょう。それらにも雑菌が付着している恐れがあり、ピアスに引っかかったり刺激になったりする危険もあります。
    • 低刺激の石けんで両方のピアスホール、へそ、その周囲を洗いましょう。
    • シャワーをかけて石けんを洗い流します。
  3. 3
    体液がピアスに触れないように注意します。へそピアスの一般的な刺激物および潜在的な感染源の1つは体液です。これには自分自身だけでなく他の人の体液も含みます。唾液、汗、その他の体液がへそピアスの上や周囲に付着しないように気を付けましょう。[4]
    • 汗をかいたらできるだけ早く、必ずへそピアスを洗浄します。
  4. 4
    水が貯まっている場所を避けます。ピアスホールの傷や感染症が治るまで、プール、浴槽、自然に水が貯まっている場所などに入るのはやめましょう。たとえ化学処理され、清潔で手入れが行き届いたプールであっても、感染症や治癒の遅れにつながる雑菌が含まれている場合があります。[5]
  5. 5
    洗浄の指示に従います。ピアスホールの施術を受けた後、適切な洗浄方法や傷の回復を促す方法について、施術者から指示を受けるでしょう。指示されたことすべてを必ず実行し、忘れないようにその指示を書き留めておきましょう。
    • ピアスホールに関連した不快な症状や感染症が起こったら、施術を受けたところに連絡して、手当の方法についてアドバイスを受けましょう。
    広告

パート2(全3パート):身体的刺激を最小限に抑える

  1. 1
    2週間は身体的接触を伴う運動を避けましょう。へそピアスをあけた後数週間は、特に刺激を受けやすい状態です。傷の治癒に重要なこの時期は、身体的接触を伴う活動を避けましょう。さらにより重要なことは、治癒を阻害するような激しい運動を避けることです。[6]
    • ピアスホールの傷が完全に治るまで、サッカーやバスケットボールなどの団体競技を控えましょう。
    • 登山やヨガなど、体の広範囲を伸ばす運動を2週間避けましょう。
  2. 2
    ゆったりしたシャツを着ます。ほんの少しの摩擦や擦れでもへその刺激になります。特にピアスホールの施術を受けた後や感染症の治癒過程では、常にピアスをこすったり圧迫したりする心配のないゆったりした服を着ましょう。[7]
  3. 3
    仰向けに寝るようにします。寝ている間もへそを刺激しないように気を付けましょう。横向きに寝るのは問題ありませんが、仰向けで寝るのが最善です。最も重要なのは、うつぶせに寝ないことです。[8]
  4. 4
    ピアスをいじらないようにします。へそピアスをいじると炎症を起こし、感染症につながる恐れもあります。とりわけ無意識にへそピアスを引っ張ったり触ったりしないように気を付けましょう。[9]
    • ピアスの調整または別の理由でその部分に触れる場合は、はじめに必ず手を洗いましょう。
    広告

パート3(全3パート):感染症を手当てする

  1. 1
    感染症の兆候を理解します。施術を受けて数週間は、ピアスホールの周囲に発赤、圧痛、腫れが生じることがありますが、このような症状が3週間を超えて続く場合は感染症の疑いがあります。同じように、へそピアスをあけてから1週間は黄色い分泌物があっても正常ですが、その症状が続き、分泌物の色が緑に変わったり血が混じったりすると感染症の疑いがあります。[10]
    • その他、1方または両方のピアスホール周囲の過剰なかさぶた、痛みや触れたときの痛みが長引く、皮膚の過敏、皮膚が透けてピアスが見える、ピアス自体が動いたり緩んだりするという症状も感染症の兆候です。
    • これらの症状があれば医師の診察を受けましょう。
  2. 2
    生理食塩水湿布で患部を消毒します。生理食塩水湿布はへそのピアスホールを洗浄および消毒するもう1つの方法で、感染症による痛みや他の炎症を軽減する効果もあります。触れても安全な温度の温水に塩小さじ¼杯を溶かします。コットンや清潔なガーゼをこの食塩水に浸します。仰向けに寝て、食塩水を含ませたコットンやガーゼを患部に10分間そっとあてましょう。[11]
    • 1日2回繰り返し、患部を殺菌して炎症を和らげます。
    • キッチンぺーパーなど使い捨ての紙製品でへそを拭いて乾かします。清潔なタオルやガーゼを代わりに使うこともできます。
  3. 3
    ピアスを外したり、抗菌軟膏を塗ったりするのはやめましょう。このような手当をしたくなるかもしれませんが、実際には治癒を長引かせる行為です。それどころか、ピアスを外すと他の健康上の合併症につながる恐れがあります。同じように 抗菌軟膏を塗ると、そのつもりはなくても雑菌を患部に密封してしまいます。[12]
  4. 4
    補足的な治療を検討します。ティーツリーオイル、[13] aloe vera,[14] ホワイトビネガー、カモミールティー[15] はすべて感染症に効果のある成分を含むと言われています。ピアスホールの消毒には生理食塩水が最適ですが、これらを補足的に使用すると、感染症による炎症やその他の症状の緩和に役立つでしょう。[16]
    • アロエベラジェルは患部の炎症を和らげる効果があり、さらに傷跡が残るのを防ぐ作用もあります。アロエベラジェルはドラッグストアで購入できます。
  5. 5
    重篤な感染症の場合は医師の診察を受けましょう。ピアスホールの感染症が長引くと、自宅での手当だけでは不十分かもしれません。感染症が1週間以上続く場合は、クリニックや病院の予約を取りましょう。 [17]
    • へその腫れがひどくかなり痛む場合、また出血や分泌物の排出が続く場合は、できるだけ早く医師の診察を受けましょう。
    広告

このwikiHow記事について

正看護師
この記事はSarah Gehrke, RN, MSが共著しています。 セーラ・ゲールケはテキサス州在住の正看護師、および認定マッサージ療法士です。患者の身体、精神、気持ちのサポートを重視した静脈切開術と点滴療法の指導・実践を10年以上行っています。2008年にアマリロマッサージセラピー協会にてマッサージ療法士の資格を取得後、2013年にフェニックス大学にて看護学の修士号を取得しています。
カテゴリ: タトゥーとピアス

この記事は役に立ちましたか?

はい
いいえ
広告