ひまわりの種を食べる方法

ひまわりの種は、まず口に含んで殻に舌を這わせて歯で噛み割り、殻を吐き出してから種を食べます。他のことをしながらでも巧くひまわりの種を食べることができる「種の達人」になる方法をご紹介します

2の方法1:
テクニックを身につける

  1. 1
    ひまわりの種が入った袋を用意します。既に殻が取り除かれた商品もありますが、種の殻を自分で取るのは楽しいものです。様々な味付きの商品が販売されているので、お好みのものを選びましょう。
  2. 2
    ひまわりの種を口に含みます。コツをつかむためにまずは一個ずつ口に含む練習から始めましょう。
  3. 3
    口の側面に種を移動させます。口の前側より側面の方が種を割りやすいでしょう。
  4. 4
    種を上下の歯の間に挟みます。舌を使って挟みやすい場所へ種を移動させます。挟む向きは縦あるいは横どちらでもかまいません。殻の外側の端の部分が歯に触れるようにします。
    • 臼歯(奥歯)を使うと殻を噛み割りやすいでしょう。奥歯にはひまわりの種が丁度良くはまる窪みがあります。
    • 前歯を使った割り方は難易度が高いでしょう。種がすべってしまい歯ぐきを傷つける恐れがあります。
  5. 5
    殻が割れるまで強く噛み続けてください。強い力を一瞬加えると殻は簡単に割れるはずです。ただし殻が砕けてしまうようでは力のかけ過ぎです。
  6. 6
    種を歯から舌の上に転がしてください。
  7. 7
    殻と種を分けます。舌と歯を使って触感を頼りに選り分けます。可食部である種の部分は滑らかですが、殻の部分はザラザラしています。
  8. 8
    殻を吐き出します。練習を積めば殻が貝のように割れるようになります。そうなれば殻を吐き出すのは容易になります。
  9. 9
    種を食べます。
    広告

2の方法2:
たくさんの種を一度に食べる

  1. 1
    一握りの種を口に含みます。野球選手の中には袋半分のひまわりの種を口に含んで、一時間ほどかけて食べる人もいます。コツは頬の内側に種をできるだけたくさん溜めることです。
  2. 2
    全ての種をどちらか片方の頬に移動させます。一か所にまとまっている方がコントロールしやすくなります。
  3. 3
    もう片方の頬に一つだけ種を移動させます。種を溜めている頬の反対側の頬の内側へ舌を使って種を移動させてください。
  4. 4
    殻を割ります。舌を使って上下の臼歯の間に種を移動させて噛み割ってください。
  5. 5
    殻を吐き出して種を食べましょう。
  6. 6
    くり返します。種を溜めている頬から反対側の頬へ種を移動させて、臼歯で噛み割り、殻を吐き出してから種を食べましょう。
  7. 7
    徐々に頬に溜める種の量を増やしていきましょう。種を溜める量が多ければ補充する回数を減らせます。これがプロフェッショナルなひまわりの種の食べ方です。
    広告

ポイント

  • 屋内でも種を吐き出したければコップやプラスチック容器などを使いましょう。ただし吐き出す時の音で周囲の人を不快にしないように注意しましょう。
  • 初めからうまくいかなくても落ち込まないでください。ひまわりの種割りのプロ達も長い練習を積んだ結果、造作もなく殻を割っているように見えるのです。「練習が完璧をつくる」とも言います。頑張ってください。
  • ひまわりの種がものすごく好きであれば自分でひまわりを育てて種を収穫するのも一考です。そうすれば味付けに使う塩の量を自分で決めることができます。
  • 口の中で殻を割るときに舌を噛まないように注意してください。
  • 車の運転中に殻を割る時は手元にコップかプラスチック容器を用意しておいて、手軽に殻を吐き出せるようにしましょう。
  • 口を閉じて殻を噛み割れば、周囲の人を不快にさせないように殻の割れる音を最小限に抑えることができます。
広告

注意事項

  • ひまわりの種を食べ過ぎると、種についている塩によって舌が痛くなることがあります。
  • ひまわりの種には繊維質が含まれているので、過剰に食べるとお腹が緩くなることがあります。
  • 種を喉に詰まらせないように注意してください。
  • 一度に110mg(ミリグラム)のナトリウム(食塩相当量約3グラム:ひまわりの種一食分に含まれる一般的な塩分の量)を摂取しても大丈夫かどうか、かかりつけの医師などに確認してください。また商品の栄養成分表を自分でも確認するようにしましょう。
広告

必要なもの

  • 袋入りひまわりの種
  • 器用な口

関連記事

このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む34人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。
カテゴリ: 菜食主義

この記事は役に立ちましたか?

はい
いいえ
広告