なくした物を見つける方法

共同執筆者 wikiHow編集チーム

物をなくすことは、厄介かつ不便であり、紛失した物によっては、本当に神経がいら立つものです。特にその紛失した物がもうすぐ使う予定の物であれば、なおさらです。財布や、お気に入りのネックレスをなくしたとしても、効果的な方法で探せば、短時間で紛失物を見つけられるでしょう。足取りをたどれば、紛失した場所の見当がつきやすくなりますが、各地点で徹底的に探す必要があるかもしれません。大切なのは、冷静さを保ち、紛失物を見つけるのがそれ以上困難にならないようすることです。

パート1(全4パート):足取りをたどる

  1. 1
    なくした物を最後に見た時のことを特定する 当たり前のようですが、なくした物を見つけ出すための第一段階は、なくした物を最後に手にしていた場所を思い浮かべることです。なくした場所が確実ではなくても、そこから記憶がよみがえり、次第に置いた場所が思い浮かぶかもしれません。もしそこになかったとしても、探す範囲を広げましょう。普段は鍵などを洗面所に持って行かない場合でも、念のため確認するのが得策です。[1]
    • なくした物を最後に見たのがいつ頃だったか、よく覚えていないこともあるでしょう。その場合は、自分が覚えている範囲で、最後にそれを見かけた数ヶ所をリストにして書きだしてみましょう。
  2. 2
    なくした物を最後に見た時の心の状況に戻る 少々ばかげているかもしれませんが、なくした物を最後に手にしていた時に考えていた内容を思い起こすと、手掛かりが見つかりやすくなる場合もあります。探している物を最後に持っていた瞬間に意識を戻しましょう。どんなに小さな事柄でも紛失物を取り戻す手掛かりになります。[2]
  3. 3
    物をなくしてから行った場所全てを通って歩く なくした物を最後に見た時のことを覚えている場合は、最後にそれを持っていた時点より後に訪れた全ての場所に戻ってみるとよいでしょう。運が良ければ、単純にどこかで落としただけで、その付近を通って歩くだけで偶然見つかることもあるでしょう。[3]
    • なくした物を最後に持っていた時以降の全ての足取りをたどるのが困難な場合は、各場所を訪れる代わりに電話をかけてみるとよいでしょう。例えば、ホテルでスマートフォンを手にしていたのが最後の記憶で、その後飛行機に乗って自宅に帰ったのであれば、ホテルと空港に電話をかけ、紛失した物が届けられているかを確認しましょう。
    広告

パート2(全4パート):系統的に捜索する

  1. 1
    冷静になる 財布やスマートフォンなどの大事な物をなくしたのであれば、興奮状態に陥るのは当然のことです。しかし、ストレスを抱えた状態では見つけるのが更に困難になってしまいます。探し始める前にはリラックスして、頭をすっきりさせましょう。[4]
    • 冷静になるのが困難な時もあるでしょう。何度かゆっくりと深呼吸をすると、リラックスできるでしょう。
  2. 2
    なくした物の所定の場所を確認する 紛失物を所定の場所に戻した記憶がなくても、そこから探し始めましょう。鍵などを普段からドア脇のかごに投げ入れるのであれば、そこが最初に確認すべき場所です。[5]
    • なくした物を普段しまっておく場所が数ヶ所ある場合は、全ての場所を探して見逃さないようにしましょう。
    • 時間をかけて慎重に探しましょう。パニックに陥り、物を放り投げ始めるような場合は、ますますその場が散らかるだけで、なくした物を見つけるのが更に困難になるでしょう。
    • 当たり前のようですが、ポケットやカバンを確認するのを忘れてはいけません。なくした物をとりあえず片付けようとして、ポケットやカバンに投げ入れた可能性もあります。
  3. 3
    捜索範囲を更に広げる 通常保管している場所で、なくした物が見つからなければ、更に範囲を広げて探すべきでしょう。探し始めた場所から少し範囲を広げ、探してみましょう。[6]
    • それでもまだ探し物が見つからなければ、再度捜索範囲を広げましょう。探し物が見つかるまで、捜索範囲を少しずつ広げていきましょう。
  4. 4
    探し物をしている空間を片付ける 捜索範囲を広げても、探し物が見つからない場合があります。残念ながら、このような状況に陥ると解決策は通常一つしかありません。その空間をきれいに片付けなければなりません。散らかっている部屋で探しても、紛失物を見落としてしまう可能性が高いでしょう。その空間を片付け、がらくたを処分すれば、意外とすぐに紛失物が出てくるかもしれません。[7]
    広告

パート3(全4パート):協力を得て紛失物を探す

  1. 1
    友人、同僚、家族などに協力を求める 何かを紛失したと思っていたら、実際には誰かが借りていた、または動かしただけだったという場合もあります。なくした物の近くにいた人全員に、それを見かけたか、またはどこにあるか知っているかを聞いてみましょう。[8]
    • 友人や家族、同僚などが常にあなたの物を勝手に借りてしまうことが原因で、頻繁に物をなくしているのあれば、借りる前に声をかけるよう約束させるとよいでしょう。これが、自分の持ち物の場所を把握する唯一の方法です。
  2. 2
    公共の場にある遺失物取扱所を訪ねる 店やレストラン、公共の場などで物をなくしたのであれば、運よく誰かが見つけてくれていることもあるでしょう。遺失物取扱所を訪ね、なくした物が届いているかどうかを確認してみましょう。[9]
    • なくした物が遺失物取扱所にまだ届いていなければ、連絡先を伝えておきましょう。そうすれば、もしも見つかった時に連絡してくれるでしょう。
  3. 3
    なくした物に関するチラシを掲示する なくした物が見つからず、特定の場所で紛失したことが確実な場合は、重要な詳細を記載したチラシを作成しましょう(掲示する際は、自治体の規則に従いましょう)。なくした物の特徴を説明し、見つけた人から連絡をもらえるように連絡先を記載しましょう。紛失した場所付近にチラシを貼り、見つかることを祈りましょう。[10]
    • なくした場所付近の人々の目につきやすい電柱や掲示板にチラシを貼りましょう。
    • なくした物をどうしても見つけたい時は、賞金をかけると見つけた人が届けやすくなるかもしれません。
    広告

パート4(全4パート):今後は物をなくさないようにする

  1. 1
    日常生活を通して意識的に気をつける 一日の自分の行動を意識しないでいると、物を紛失しやすくなります。日常生活における自分の行動に関して、もう少し意識するようにして、鍵や財布、スマートフォンなどを、置くべきではない場所に置き忘れないようにしましょう。[11]
  2. 2
    自宅や職場を整理整頓する 家や机が常に散らかっていると、物を紛失しやすくなります。テーブル、作業机、食卓カウンター、その他の平らなスペースに無駄なものがあると、必要な物が埋もれてしまうため、整理整頓された状態を保ちましょう。[12]
    • 「山積みの雑誌や本など、物が何一つない状態のコーヒーテーブルに、スマートフォンを放り投げたとしても、いつでも見つけられるはず」というふうに考えてみましょう。
  3. 3
    物を保管する特定の場所を決める 物をなくさないようにする最も簡単な方法は、一日の終わりに物を片付ける特定の場所を決めておくことです。鍵であれば、ドア脇のフックにかける、スマートフォンであれば、ナイトテーブルの上で充電する、財布であれば、鞄の内側にある毎回同じポケットにしまうなどして、常に何がどこにあるのかを把握しておきましょう。[13]
    • 物を保管する際には、できるだけ具体的な場所を決めておきましょう。傘であれば、廊下にあるどれかのフックにとりあえずかけておくのではなく、「常に真ん中のフックにかける」、などと決めておきましょう。
    広告

ポイント

  • なくした物があるべき場所全てを探しても見つからない場合は、普段あるはずのない場所も探してみましょう。普段はスマートフォンなどを洗面所へ持ち込まない場合でも、他のどこにもないのであれば、念のため洗面台も確認しましょう。
  • 常に物をなくしてしまいますか?小さな硬貨大の忘れ物トラッカーを購入し、財布、鍵、スマートフォンなどに貼り付けると、それ以降何かを紛失した際には、スマートフォンのアプリで追跡することができます。
  • 財布などを紛失した際には、お金を保管している場所を探しましょう。スマートフォンをなくした場合は、最も頻繁にスマートフォンを使う場所を探しましょう。
  • 深呼吸をして冷静さを保ちましょう。
  • 友人に協力を求めましょう。一方で、常に他人を頼るべきではないことを心に留めておきましょう。人に声をかけて探してもらうのではなく、自分の目で見て探しましょう!
  • 探している最中に気が散ってしまう場合は、スマートフォンやその他の機器の通知をオフにしましょう。こうすれば、横道にそれずにすむでしょう。FacebookやInstagram、Snapchat、その他のSNSの確認を控えるようにしましょう。
  • なくした物がなかなか見つからない場合は、気持ちを落ち着かせてそのことを忘れてみましょう。きっと予期せぬ時に視界に飛び込んでくるかもしれません。
  • 息を吸って集中しましょう。どんな状況でも、パニック状態ではうまくいきません。図書館の本などを紛失した場合は、図書館のスタッフに返却を少し待ってもらえるかどうか聞いてみましょう。図書館のスタッフの教育がきちんとされていれば、最低でも数日は返却期限を延長してもらえるはずです。
  • 同居している両親や兄弟、友人に聞いてみましょう。彼らがあなたの物を持っている可能性もあります。最近家に来た親戚などにも確認してみましょう。
広告

このwikiHow記事について

共著:
wikiHowスタッフ編集者
この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。
カテゴリ: 趣味・DIY

この記事は役に立ちましたか?

はい
いいえ
広告