きょうだいをイライラさせる方法

きょうだいは一番の親友になり得るものの、時にきょうだいをイライラさせるのは楽しいものです。昔ながらの面白い方法できょうだいをいらつかせて楽しみたいのであれば、様々な方法が数多く存在します。ただ、きょうだいからも不意に同じことを仕掛けられるかもしれないため、十分注意しましょう!

3の方法1:
きょうだいにしつこくする

  1. 1
    きょうだいの後をどこまでもついて行く 何をしているのかを聞かれても、単に無視するか「何も」と答えましょう。きょうだいが外出する際は外までついて行きましょう。きょうだいが部屋に隠れてしまっても部屋の外で待機し、自分がそこにいることを繰り返し伝えましょう。数分おきに「ねえ、まだここにいるよ。まだどっか行ってないから安心して!」などと言ってみましょう。[1]
    • 両親が来たら自分の部屋に行くふりをするか、台所のお菓子を取りに行くふりなどをしましょう。
  2. 2
    甲高い声できょうだいの言うこと全てを繰り返す きょうだいがそのことに気づき何をしているのかを聞かれたら、その質問をそのまま繰り返しましょう。きょうだいが苛立って「あんた本当にイライラするからやめて」と言えば、甲高い声で「あんた本当にイライラするからやめて」と言い返しましょう。また、あなたが繰り返すと予想してきょうだいが「私はバカ!」などと言えば、「あんたはバカ!」と言い換えましょう。きょうだいは発狂しそうになるはずです! [2]
  3. 3
    夕食の際、きょうだいが見ていないうちにお皿から食べ物を盗む 食べ物が消えたことにきょうだいが気づいたら、何の話だか全くわからないふりをしましょう。もし気づいていないようであれば、「もっとゆっくり食べて。どうしてそんなに急いで食べているの?」と言ってみましょう。
    • 親に見つからないように、必ずこっそりと実行しましょう!
  4. 4
    きょうだいが友人と一緒にいる時に邪魔をする きょうだいが友人とテレビを見ているのであれば、テレビが見えないように画面の前に立って注意を引いてみます。きょうだいが自分の部屋で友人と過ごしているのであれば、部屋に入れてもらえるまでドアを叩きましょう。入れてもらえなければ、きょうだい達に関係する適当な言葉や絵を紙に書いてドアの下から差し込みましょう。最終的にきょうだいは諦めて仲間に入れてくれるかもしれません。
    • 何をしても効果がない時は古い写真アルバムを取り出し、きょうだいが赤ちゃんの頃の恥ずかしい写真をきょうだいの友人に見せましょう。
    広告

3の方法2:
いたずらを仕掛ける

  1. 1
    きょうだいのスマートフォンを隠してから、ショートメールを送信するか電話をかける きょうだいがテレビや宿題に集中している時を見計らって、見つからないようにスマートフォンを素早く奪いましょう。それを見つかりにくい場所に隠します。その後スマートフォンに電話をして着信音を鳴らし、きょうだいが走り回って探しに行くまでひたすら鳴らし続けましょう。見つけるのに時間がかかるほど、きょうだいは苛立つはずです!
    • 食器棚の食材ケースの中か、引き出しの一番奥に隠してみましょう。
    • できるだけ長く見つからないように、着信音がかき消されるるような場所に隠しましょう。
  2. 2
    きょうだいの部屋に隠れ、飛び出して脅かす きょうだいがいない時に、ベッドの下に入るかクローゼットに入りましょう。その後、きょうだいが部屋に入ってひと息ついた頃、急に飛び出して「ひっかかったね!」と大声で叫んでみましょう。
    • ベッドの下に隠れているのであれば、きょうだいが近くにきた時に手を伸ばして足をつかみ、脅かしてみましょう。
  3. 3
    きょうだいがパソコンを使用している時にWiFiを切る 家の中のモデムを探し、電源を抜きます。そして、きょうだいから何か聞かれるまで待ちます。何か聞かれたら、何の話かわからないふりをしましょう。あなた自身はWiFiが問題なく使えていることを伝えましょう。最終的にきょうだいはパソコン本体に問題があると思うはずです!ただ、こうするとあなたや家の中にいる人もWiFiが使えなくなってしまうことを覚えておきましょう。
    • 10~15分くらいしてから、いたずらしていたことを打ち明けます。「あぁ、そうだ、WiFiを切ってたの忘れてた。うっかりしてた!」などと言ってみましょう。
    • 両親が確実にWiFiを使っていないことを確認しておかないと怒られる可能性があるため、注意しましょう!
  4. 4
    きょうだいが不在の時に、部屋の物の位置を変える 家具類を動かし、全てを別の場所に移動させます。棚や机から全ての物を取り出し、おかしな配置にしてみましょう。壁に貼ってあるポスターも取り外し、別の場所に貼りなおすこともできます。きょうだいが戻ってきて見つかる前に、できる限り早く済ませるようにしましょう![3]
    • ベッドメーキングをしなおし、枕をベッドの足元に置きましょう。
    • 部屋にある椅子を上下逆さまにしてもよいでしょう。
    広告

3の方法3:
騒がしく不愉快な行動をする

  1. 1
    朝早く大きな音できょうだいを起こす きょうだいが眠っている間に部屋に忍び込み、耳元に近寄ります。そして両手を叩くか大声で起こしましょう。きょうだいが起きたらすぐに部屋に戻り、ベッドに飛び込みます。きょうだいに問い詰められたら、「そんなことしてない。夢でも見てたんじゃないの?」とだけ言いましょう。
    • 更にイライラさせたい場合は、金属のスプーンか鍋を持ってきて叩きましょう。
  2. 2
    きょうだいが嫌いな曲をスピーカーで大音量で流す きょうだいがいる部屋にスピーカーを設置して、音が極端に大きく流れるようにしましょう。きょうだいが部屋に閉じこもっている場合は、スピーカーを部屋の外の廊下に設置します。両親がいる時にこのいたずらを仕掛けると両親を不快にさせ怒られてしまうため、両親が不在の時のいたずらとしてとっておきましょう。
    • きょうだいの嫌いな音楽がカントリーミュージックであれば、カントリーミュージックを探して大音量で繰り返し流しましょう。 
    • クラシック音楽を大音量で流すのも、きょうだいをいらつかせるにはよい方法です。
  3. 3
    きょうだいが電話している最中に耳元で叫ぶ こっそりときょうだいの背後に近寄って耳元で叫び、会話している相手の話が聞こえないようにします。きょうだいが立ち去れば、後を追ってしつこく繰り返しましょう。更にきょうだいの邪魔をしたければ、耳元で大声で喋りながらきょうだいをつつきましょう。きょうだいがあなたを阻止するには、空いているもう片方の手しかありません。
  4. 4
    きょうだいの前で歌を何度も歌い続ける 歌っている際にきょうだいのことは無視して、自分の好きなことをしているかのようにただ歌い続けます。反復的で単調な歌を歌うと、ひと際うっとうしいでしょう。最終的にはあなたに対して相当苛立つはずです。
    • 更にいらつかせるには、歌を最初から最後まで歌う必要はありません。「メリーさんの羊、メリーさんの羊、メリーさんの羊……」のように、曲の一部を何度も繰り返し歌うだけでよいのです。
    広告

このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む329人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。
カテゴリ: 家族 | ティーン

この記事は役に立ちましたか?

はい
いいえ
広告