かっこいい学生になる方法

かっこよくなることが目標なら、既に「かっこいい人になる方法」を読んでそのヒントは掴めているでしょう。ただ、それをどのように学校生活に適用させれば良いのかと悩んではいませんか。学校はプレッシャーの多い場所ですが、どんな人を「かっこいい」と見るのかが再認識できれば少しは楽になるかもしれません。かっこよくなるのは意外に簡単です。身だしなみを整え、誰にでも親切に親しみやすく心を開いて接し、趣味を広げ、あるがままの素晴らしい自分を維持するだけです。これらすべてを満たせれば、かっこいい学生になるのは想像以上に簡単です。その具体的な方法を紹介しましょう。

パート1(全3パート):好印象を与える

  1. 1
    清潔さを保つ 最も簡単に高い評判を得るには、清々しさを保ち、良い香りを漂わせることが大切です。生徒は一般的に見かけで人を判断します。悪臭はすぐに敬遠される条件の1つです。定期的にシャワーを浴び歯を磨きデンタルフロスで歯間を清潔に保ち、体臭防止剤を使いましょう。男の子でも女の子でも一層魅力的に見えます。
    • 顔も定期的に洗いましょう。思春期間近また思春期にはニキビや黒ニキビが増殖します。こまめに顔を洗ってニキビ対策をしましょう。
    • 天気が良い時や体育の授業がある時には汗をかいてしまい体臭が気になるなら、体臭防止剤を携帯しましょう。汗止めのタルカムパウダーや香りの良いスプレーをロッカーやバッグに入れておきましょう。抗菌効果のある体臭防止剤は特に効果的です。
  2. 2
    髪型を整える 清潔でないことに加えて、寝起きのままでは年齢に関係なく敬遠されます。朝、数分程費やして最高の自分に見えるように髪型を整えましょう。スタイリング剤を使ったり、ドライヤーで髪の毛をまっすぐに整えたり、きちんと乾かすなど小さな努力が大きな効果をもたらします。
    • 髪型が気に入らなければ、カットしてもらいましょう。どんなカットが似合うか分からない時にはヘアスタイリストに相談すれば、自分の顔形にあったカットを勧めてくれるはずです。髪の色を変えたり、ハイライトを入れたりすると新しい自分が見つかるかもしれません。
  3. 3
    服装に注意を払う 学校によって異なりますが、かっこよいとされるスタイルは1つだけに限りません。ある学校では反逆的な格好が「かっこいい」とされ、別の学校ではスポーツ万能のたくましそうな外観が「かっこいい」とされます。あなたが唯一できることは、着る服に注意を払い、自分に満足して登校することです。服は清潔ですか。コーディネーションは決まっていますか。その服装で自信が持てますか。これらを全て抑えれば大抵の場合上手く行きます。
    • 自分が「イケてる」と思えると自然にそのように振る舞え、他の人たちも皆あなたの後に続くでしょう。個性はほとんどが自信で決まります。抜群の美しさや鋭い賢さはそれ程重要ではなく、妙に可笑しく振る舞う必要もありません。 自信を持って行動する人は「自信のある人」だとみなされます。
  4. 4
    外見で自分の個性を引き出す 服、アクセサリーに関しては堂々と自分のスタイルを持ちましょう。着たい服、好きなブランドやアクセサリーを見つけ自分のスタイルを確立しましょう。気に入った服で登校し、独自性を楽しみましょう。「おしゃれ番長」になってみんなを引っ張ることになるかもしれません!
    • かっこいい人はリーダー役がこなせて、進んで物事を進めて行ける人です。人に追従しません。あなたの格好を批判する人や周囲に溶け込もうと必死になっている人(前者も後者も大抵、同じ人たち)を気にする必要はありません。自分のスタイルを持っていれば、同じように自分のスタイルを持っている人を惹きつけます。
    広告

パート2(全3パート):友達をたくさん作る

  1. 1
    サークルに参加する かっこいい人は単に人気があるだけでなく、多くの人に知られ認められています。名前と顔を認識してもらうのに一番簡単なのは、学校のサークルに参加することです。種類の異なるサークルにいくつか参加すればほとんどの学生に出会え、趣味も広げられます。
    • 様々な種類のアクティビティーに参加するのも1つの方法です。運動系、学術系、アート系などの分野から1つずつサークルを選びましょう。バスケットボールのチーム、学校新聞を発行する活動、コーラス部などに参加すれば、立派な経歴が作れます。
  2. 2
    観察する 学校社会で誰がどの「ランク」にいるのかを特定しましょう。それほど大したことではありませんが、誰がどの「ランク」にいるかが把握できると便利です。ちなみに、かっこいい人はみんなに好かれている人で、単に人気者というわけではありません。あなたの学校でかっこいい子とはどんなタイプの生徒でしょうか。スポーツが得意なタイプでしょうか、勉強ができるタイプでしょうか、それとも反逆児タイプでしょうか。「中間層」の子たちはどう振舞っていますか。かっこいい子たちの後を常に追いかけていますか。それとも自分のすべき事に集中していますか。「下のランク」にいる子たちはどうでしょう。どのランクの誰と友達になりたいですか。最終的に自分がどの「ランク」の仲間入りを果たすのか分かりません。ですから全てのランクの子たちと友達なるのが最も効果的です。
    • 人気者になりたいなら、親切で人気のある子と友達になりましょう。そうすればそのグループの仲間に入ることができます。学校社会の「ランク」を上がっていく段階で人に意地悪をしてはいけません。ある子と友達になりたくても上手く行かない場合があります。そこで他の子に声をかけても、あなたにいじめられた経験があればあなたとは友達になりたいと思わないでしょう。[1]
  3. 3
    みんなと親しくなる  「かっこいい」と「人気がある」は違います。人気があっても意地悪なため、みんなに嫌われている子もいます。そうなったら、行き場が無くなります。みんなに好かれ且つかっこいい人気者になれるように努めましょう。会う人みんなに親しみやすい態度で親切に接するのが最善かつ唯一の方法です。他には何もありません。そうでしょう?
    • 誰とでも仲良くする方法は既に理解しているでしょうが、心に留めておくべき点が1つあります。かっこいいとは思えない子とも仲良くしましょう。また、彼らが困っている時には手を貸しましょう。廊下であったら声をかけましょう。数ヶ月後には学校で一番かっこいい子になっている可能性もあります!
  4. 4
    これまでの友達を捨てない かっこいい子たちのグループに入りたいからと、これまでの友達を蔑ろにしてはいけません。彼らを見捨てれば、仲間に入りたいと思っているグループの人たちにもそれは伝わります。友達を捨てるような子とは誰も友達になりたいとは思いません。これまでの友達を大切にしつつ新しい友達も作りましょう。
  5. 5
    自然に振る舞う ヘアスタイルやメイクに実際には何時間もかけていても、友達には「さっと指を通しただけよ」などと言いましょう。身支度に何時間もかけている人たちは、あなたがたったの5〜6分で済ませているのを知って「ああなりたい」と憧れを抱くでしょう。ただその気持ちを声高に人に伝えません。
  6. 6
    頑張り過ぎない ほぼ全ての大人から、「大人になれば、かっこいいことはそれほど重要ではないことに気づくよ。『あの時、頑張り過ぎないことがかっこいいことだと気づいていたら、ストレスも感じなかっただろうな』と、いつか分かるさ」などと言われる機会があるでしょう。もちろん「言うは易し行うは難し」ですが、少し力を抜きましょう。頑張り過ぎは興ざめです。人はあなたを自信がなくて自分のことも嫌いなのだろうと思うでしょう。仮に自分が嫌いだとしたら、誰があなたを好きになってくれますか。
    • 例えば、次のようなシナリオを考えましょう。知らない人からデートに誘われて「ノー」と答えたとしましょう。それでも相手は諦めず、ラブレターを送り続けますが、あなたの返事は変わらず「ノー」。相手は益々頑張ろうと花束を送り続け、ついにある夜あなたの家の玄関先まで尋ねてくる、としたらどうでしょう。あなたをデートに誘おうと、かなり一生懸命に頑張っています。頑張り過ぎています。でも上手く行っているでしょうか。逆です。あなたは「自分のプライバシーを尊重して欲しい」「ただ去って欲しい」と願うでしょう。一生懸命が過ぎると上手くいかないどころか嫌われ者になる恐れもあります。
  7. 7
    誰よりも自分の意見を大切にする 他人の意見に惑わされないように最善を尽くし、後は自然の流れに任せましょう。何故なら、全員に好かれることは不可能だからです。私たちは皆欠点があり、個性も多様なため誰を好きになるかも人によって異なります。誰かに否定されたら相手に立ち向かって自分を擁護し、後は気にかけずに先に進みましょう。もう終わったことです。気にしてはいけません。このように考える練習をすると自己受容を通じて自信を高められます。自尊心の高いあなたを見て学校のみんなは羨ましがるでしょう。
    • ここで自分のスタイルの出番です。フィギュアスケートの選手は皆スタイルを持っています。オタクにもそれぞれに独自の個性があり、プラスチック製品の形態も様々です。私たちは全員が異なるスタイルを持っていますが、どれが優れていてどれが劣っているということはありません。他人のスタイルを批判する人は、狭い世界で立ち往生しているだけです。その態度を変えなければ彼らは成長できません。彼らと交わるのは避けましょう。いつか行き詰まります。
  8. 8
    いじめ行為を避ける かっこよく見せようとして人をいじめてはいけません。実際に人はいじめっ子が好きではありません。ただ面と向かって言うのが怖いので本人に言わないだけです。[2]いつかいじめっ子は力を失い友達も去ってしまうでしょう。いじめたい衝動に駆られることがあるでしょうが、最終的には害にしかなりません。
    • 悪口や噂話をしてはいけません。
    • 否定的な意見を言ってはいけません。苦手な人がいても、彼らの行動が気に入らなくても不満を言ってはいけません。
    • 人を仲間外れにしてはいけません。この記事を読んでいるのはみんなに好かれたいからではないですか。
  9. 9
    いじめっ子に思い通りにさせない これも「言うは易し行うは難し」ですが、ユーモアのセンスと優れた社交術が学校生活を上手く運ぶ鍵です。友達がたくさん味方にいれば誰もあなたに意地悪をしようと近づきません。事態が悪化したら、信頼できる大人に伝えて対処しましょう。
    広告

パート3(全3パート):誰からも好かれるように自信を持って親しみやすく振る舞う

  1. 1
    心を開く かっこいい人になるには、様々な人たちに好かれることが重要だと理解できたでしょうか。色々なタイプの人たちから好かれるように、どんな人でも好きになりましょう。心を開いて「かっこいい子だけではなく、皆一人一人に価値がある」ことを認識しましょう。そう思って行動すれば、親しみやすくて感じの良い、自分に満足した人だという印象になります。人は皆、そういう人と友達になりたいと思っています。
    • 米国のカントリーシンガーソングライターのテイラー・スウィフト、米国の女優セレナ・ゴメス、同じく米国の俳優ザック・エフロン、加えて女優のクリステン・スチュワート、歌手のレディー・ガガは今最高にかっこいいセレブ達ですが、学生の頃は全く「かっこよくなかった」のだそうです。少なくとも本人達はそう言っています。[3]このエピソードが示すのは、心を閉ざし周りに目を向けないと、素晴らしい人たちと知り合える機会を逃すかもしれないということです。
  2. 2
    人を尊重する 友人であってもそうでなくても人に敬意を払えば、差別なく人と接することができると示せます。頼りがいがあり人を一方的に判断しないので、親切で思いやりがあって誰とでも友達になれる人だという評判がたつでしょう。かなりかっこいいですね。
    • 友達を作るには相手を笑わせるのが一番上手く行くでしょう。ただし、誰かをネタに冗談を言う場合には、その相手が憤慨しないように「ただのお遊び」だと理解してもらいましょう。先生を冗談のネタにするのは避けましょう。「すぐに」裏目にでるかもしれません。
  3. 3
    前向きな態度を保つ 部屋の片隅でふてくされている子、上下真っ黒の服に身を包んでいる子、いつも眉をひそめて誰とも話さない子などを目にすることがあるかもしれません。彼らは全く幸せそうには見えません。暗い雰囲気を漂わせている子と友達になりたいと思いますか。なりたくはありませんね。人を惹きつけたい、周りの人全員に好きになってもらいたいなら、明るい姿勢を保ちましょう。顔を上げ、自分の失態やおっちょこちょいな行動を笑い、明るく、積極的で前向きなエネルギーを広めましょう。あなたの魅力に人が惹きつけられて寄ってきます。また、そのポジティブな態度は彼らにも良い影響を与えます。
    • ポジティブな姿勢は周りもポジティブにします!ある調査によれば、自分に満足している人の近くにいると幸せな気持ちになり、悲しそうな人の側にいると悲しい気持ちになるのだそうです。明るい態度を示して友達も幸せな気分にさせませんか。あなたならできます!
  4. 4
    笑顔を作る 私たち人間は非常に単純な生き物です。好きなものは好き、嫌いなものは嫌いです。好きなものの中でも、いつも笑顔を浮かべている人は特に好きです。笑顔は「自分は幸せだ」と周囲に示せるだけでなく、自分自身も更に幸せな気持ちになります(笑顔によって脳から幸せホルモンが放出されます)。加えて、笑顔は性的魅力度も上げます。[4]笑顔を作り気持ちがどう変化するか試しましょう。笑顔が習慣になれば、色々な成功を収められるでしょう!
    • 愛想笑いはいけません。自然な笑を見せましょう。愛想笑いは大方の場合見破られます。ポジティブな態度でいれば、純粋な笑顔を浮かべるのは難しくありません。
  5. 5
    自分に正直になる 「自分らしく」というフレーズは頻繁に使われますが、だからと言って、この言葉に意味がないわけではありません。実際に「自分らしく振舞う」ということは、自分のスタイルを蔑ろにせず、だからと言ってスタイルに固執し過ぎない姿勢、ちょうどその中間の絶妙なバランスのとれた状態を指します。もちろん、今の自分をかっこいいと思わないなら、かっこよくなれるように努力しましょう。自分らしく振る舞うと何故更にかっこよくなれるのかと言えば、自分に満足していて精神的にも安定している、自信溢れる人に見えるからです。別の人になろうとすれば、それは単に真似でしかありません。偽物は全くかっこよくありません。
    • 次のように考えてみましょう。あなたに成れるのはあなたしかいません。あなたは世の中で唯一無二の存在で、他の人にはない特徴やスキルを持っています。あなただけしかできない方法で世の中に貢献できます。誰かを真似たところで二番煎じでしかありません。自分らしくあり続けることが何よりもあなたをかっこよくします。
  6. 6
    学校生活(かつ、かっこいいこと)は永遠に続かない 最近の研究で、「一般的に、中学校でかっこいいと評判の子は、それ程かっこよくない子に比べて長期的には成功しない」という結果が示されました。[5]かっこいい人気者にならなければと悩んでいるとしたら、今学校で評判の「かっこいい」子たちの将来を考えてみましょう。彼らにとっては今が人生のピークで、後は坂を下って行くだけです。一方あなたはその真逆で、人生まだまだ上り坂です。これから益々良くなります。今はそのように感じられないでしょうが、最終的には勝利を手にできます。
    • 要するに、かっこいいのは短命だということです。やがて年を重ね「『かっこいい』なんてものは存在しない」と悟ることでしょう。その上で私たちは前に進み、幸せを感じていたいために好きなことをし始めます。かっこいい人になるのが難しいと感じるなら、少し待ちましょう。時間と共に楽になるでしょう。
  7. 7
    リーダーになる かっこいい人は自らが流行を作るため、人に追従しません。仲間と計画を立てる際には主導権を握りましょう。様々な音楽を聴いて友達に紹介しましょう。新しいゲームに挑戦し、新しいスタイルの服を身につけましょう。あなたの行い全てが流行るとは限りませんが、人の後を追うのはかっこいいあなたには相応しくありません。リーダーになったら、人気のない人にも支持してもらえるように、人にいばり散らしてはいけません。
    広告

ポイント

  • 人には優しく親切に接しましょう。挨拶も心がけましょう。相手と目が会い、挨拶をしてくれそうだと思ったら特に、挨拶は大切です。先生とも親しくなりましょう。
  • かっこいい人は面白い人にもなれます。冗談を言って人を笑わせましょう。
  • 最新の流行に敏感でいましょう。とは言え流行っているものすべてを持つ必要はありません。また、流行り物を一度に全部身につけて見せびらかすのは避けましょう。必死感が漂い、自分のスタイルが見えません。
  • 友達はたくさんいればいいというものではありません。困った時に手を差し伸べてくれる信頼できる友達を2〜3人見つけましょう。
  • 人が困っている時には手助けしましょう。
  • いじめ行為はいけません。人には優しく親切に接しましょう。あなたの優しさに人は好感を持つでしょう。
  • 他人の意見に左右されてはいけません。相手をけなして自分を有利に立たせようとする人がいます。
  • 何かに挑戦する時にはできるだけ楽しく振る舞いましょう。
  • 常に楽観的に行動しましょう。楽観主義の人は誰からも好かれます。また明るい物の見方や考え方をすると先生も見方にできます。
  • 良い個性の持ち主で、誰にでも親切に振る舞えることを周囲に示しましょう。つまり、人気がないという理由で人をいじめてはいけません。全員に親切に接しましょう。
広告

注意事項

  • お気に入りのスタイルで登校する前に、学校の服装規定を確認しましょう。確認を怠ると担任の先生や校長先生に呼び出される場合があります。
  • かっこよく見せようと、薬物やアルコール、暴力や喧嘩などの危険なことに手を出してはいけません。かっこいいと思われるには、自分の感性を信じ自信を持つことが何よりも重要です。また、自分を傷つけたり、人に品がないと思われたりするリスクを冒す価値はありません。
  • かっこ良さだけが全てではないことを再度強調します。多くの場合、高校の「基準」は危険なものです。基準は満たさなければいけないというプレッシャーに代わり、その結果、薬物やアルコールに手を出し、最終的に自分の人生を破壊することになりかねません。危険だとわかっている物事に手を出すことが「かっこいい」とされるのであれば、かっこよくなる必要などありません。
広告

このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む395人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。
カテゴリ: 学校・大学

この記事は役に立ちましたか?

はい
いいえ
広告